ダービー惨敗を払拭する大勝のトッテナム、ヌーノ監督は勝利を喜ぶ「自信を取り戻すために重要だった」

2021.10.01 10:50 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トッテナムのヌーノ・エスピリト・サント監督が、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)のムラ戦について振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。

直近のリーグ戦では、アーセナルとの“ノース・ロンドン・ダービー”で3-1と完敗。リーグ戦3試合連続3失点で3連敗と絶不調に陥っていた。

そんな中迎えたムラ戦では、主力の一部を温存。FWハリー・ケインやFWソン・フンミンらはベンチスタートとなった。

圧倒的な実力差がある両チーム。トッテナムは4分にPKを獲得し、デレ・アリが決めて先制する。さらに8分には、3トップの一角で出場したジオバニ・ロ・チェルソが追加点。立ち上がりの連続得点で試合を優位に進める。

後半早々に1点を返され、少し嫌なムードが漂ったが、ケイン、ソン・フンミン、ルーカス・モウラを同時投入し流れを掴みに行くと、ケインがここからハットトリックを達成。結局5-1で快勝を収めた。

ヌーノ監督はリーグ戦での低調ぶりから抜け出すキッカケとなる勝利にコメント。途中出場の選手の力も重要だったと語った。

「良い試合をしたと思っている。我々はとても力強く始めた。そしてたくさんのエネルギーを持ってスタートするという考えだった。選手たちは上手くやった」

「唯一の時間は後半のスタートだった。ただ、ムラが得点した後、すぐに反応した」

「全体的にはとても良いパフォーマンスだった。また、チーム全員の力が必要になるため、日々努力している選手たちがピッチに立つ時間を確保することは重要だ」

「途中から入った選手たちのエネルギーは、その瞬間のチームにとっては重要だった。我々はそれを必要としていた」

「苦しい日々があったが、今日は自信を取り戻すために重要だった。このようにして回復力が高まり、次の試合に向けて、より良い準備ができる。準備するための最良の方法は、全員が一緒になってプレーすることだ」

また、この試合にセンターフォワードとして先発したデーン・スカーレットについても言及。高く評価し、いずれゴールやチャンスは来るとした。

「彼はとても才能があり、試合に出場することは重要なことだった」

「彼はとてもよく働き、とても才能があり、チャンスやゴールは彼の試合の中でやってくると思う」



1 2

関連ニュース
thumb

「プレミアリーグはトッテナムに大きなダメージを与えた」コンテ監督がNLダービー延期への不満表明

トッテナムのアントニオ・コンテ監督が、ノースロンドン・ダービー延期の判断を下したプレミアリーグに対して不満を露わにした。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 トッテナムは16日にホームでアーセナルとのノースロンドン・ダービーが開催される予定だったが、アーセナル側が新型コロナウイルス感染、負傷者、そしてアフリカ・ネーションズリーグへの選手派遣による選手不足を理由として、プレミアリーグに延期を要請。リーグ側がこれを受諾したことで、試合延期が決定した。 しかし、これに対してトッテナムは不満を表明。中止決定の時点でアーセナルの新型コロナウイルス感染者はMFマルティン・ウーデゴールのみであり、それを理由として延期を要請するのは不公平だと声明で怒りを示した。 19日に行われるプレミアリーグ第17節延期分のレスター・シティ戦の試合前会見に出席したコンテ監督も、プレミアリーグがノースロンドン・ダービー延期の決定をしたことについて、驚きがあったとコメントした。 「クラブは声明を出し、この決定についての我々の失望を表明していたね。あれは確かに、奇妙な決定だった」 「私の感覚で言うなら、プレーする状況があればプレーしなければならない。ケガや代表戦を理由として、試合を延期すべきではない。新型コロナウイルスについては解決すべき大きな問題であるが、パンデミックの状況でないならば延期はできないだろう」 また、コンテ監督は12月に新型コロナウイルスがチーム内で蔓延し、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)の試合が延期された際、プレミアリーグがレスター戦の日程変更を拒否したことで代替日を確保できず敗退した出来事に言及。その後、レスター側に感染者が続出したことで結局試合を延期としたプレミアリーグは、トッテナムに対して敬意を払うべきだと不満を示した。 「トッテナムがECLから外されたのは、プレミアリーグがレスターとの試合を動かしたがらなかったからだ。だが、レスターからの要請を受けた彼らは延期を決めた。そして我々は、欧州カップ戦から敗退したのだ。これはとても不思議なことだろう」 「我々はサッカーが好きであり、この大会に出場するため多くの努力してきた。だから、この決定を受け入れるのは非常に難しいものだった。プレミアリーグはトッテナムに大きなダメージを与えたね。ヨーロッパでは自国のチームを守るべきところで、我々は悪い意味でペナルティーを課されたのだ」 「我々は仕事をしている。好きでやっていることではあるが、彼らは我々の仕事に対して敬意を示さなければならないだろう」 2022.01.19 15:21 Wed
twitterfacebook
thumb

CBに負傷者相次ぐミラン、トッテナムの若手DFをレンタルで獲得か

ミランがトッテナムのU-21イングランド代表DFジャフェット・タンガンガ(22)の獲得に関心を示しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 現在セリエAで2位につけ、熾烈なスクデット争いを繰り広げているミランだが、センターバックが相次いで負傷。デンマーク代表DFシモン・ケアーはヒザを負傷して今季絶望となり、イングランド代表DFフィカヨ・トモリも13日に行われたコッパ・イタリアで左ヒザ内側半月板を損傷して、1カ月程度の離脱になると報じられている。 『スカイ・スポーツ』によると、スクデット争いで後れを取らないためにもセンターバックの補強が急務なミランは、タンガンガをレンタルで獲得するプランを持っているようだ。 トッテナムのアカデミー出身のタンガンガは、2019年9月に行われたEFLカップでファーストチームデビュー。翌年にはプレミアリーグデビューを飾るなど高い期待が寄せられているが、昨シーズンは度重なる負傷に悩まされ、公式戦13試合の出場に留まることに。今シーズンも公式戦17試合に出場しているが、プレミアリーグでの先発は8試合に留まっており、主軸の地位を築くまでには至っていない。 選手本人も、現在負傷中のDFクリスティアン・ロメロ、DFエリック・ダイアーが復帰した後の出場機会減少を危惧しているという。そのため、クラブ間でレンタル移籍に合意すれば、ミラン行きが実現する可能性は高まると見られている。 2022.01.19 13:01 Wed
twitterfacebook
thumb

エリクセンがプレミア帰還へ? 来週中にも複数候補から新天地決断か…

デンマーク代表MFクリスティアン・エリクセン(29)が、プレミアリーグ帰還を果たす可能性が高まっているようだ。イギリス『タイムズ』が報じている。 昨年6月に行われたユーロ2020のフィンランド代表戦で、試合中に卒倒したエリクセン。意識を失い、ピッチ上で心肺蘇生が行われるなどしたが、無事に一命を取り留めて回復した。 その後、エリクセンは手術により心臓発作の再発を防ぐための植え込み型除細動器(ICD)を装着。以降は母国デンマークで家族と共に療養生活を送る傍ら、ユース時代に在籍した古巣オーデンセで個人トレーニングを実施。現在はスイス3部のFCキアッソでより実戦的なトレーニングを積んでいる。 また、先日に『DR』のインタビューで、「目標はカタールのワールドカップでプレーすること」、「身体に違和感はないし、自分の中では復帰できると確信している」と、キャリア続行の意思を改めて明言していた。 先日にインテルとの契約を解消し、ICD装着でのプレーが可能なリーグへの移籍を検討しているエリクセンは、トッテナム時代に7年間プレーしたプレミアリーグ帰還を優先事項としているという。 『タイムズ』によると、すでに複数のクラブからオファーが舞い込んでいるとされるデンマーク代表MFは、来週中にも新天地を決定する可能性があるという。 現時点で移籍先は不明だが、古巣でありインテル時代に指導を受けていたアントニオ・コンテ監督が率いるトッテナムは、先日にイタリア人指揮官が「ドアは開かれている」とも語っており、確実に候補のひとつとなるはずだ。 2022.01.16 21:30 Sun
twitterfacebook
thumb

スパーズが物議醸すNLダービー延期に怒りの声明 「申請が承認されたことに非常に驚いている」

トッテナムが16日にホームで開催予定だったプレミアリーグ第22節のアーセナル戦の開催延期を受け、怒りの公式声明を発表した。 今回のノースロンドン・ダービーに向けては、新型コロナウイルス感染、負傷者、そしてアフリカ・ネーションズリーグへの選手派遣を理由に、トップチームで起用可能な選手が12名未満となっていたアーセナルが、14日にプレミアリーグの理事会に対して開催延期を申請していた。 ただ、アーセナルの新型コロナウイルス陽性者はその申請時点でMFマルティン・ウーデゴールの1名のみで、その他の欠場者はMFトーマス・パルティ、MFモハメド・エルネニー、FWピエール=エメリク・オーバメヤン、FWニコラ・ペペのアフリカ・ネーションズカップ参戦組。直近のEFLカップで退場したMFグラニト・ジャカ。DF冨安健洋、MFブカヨ・サカやDFセドリック・ソアレスら負傷組となっていた。 また、アーセナルは今月に入ってMFエインズリー・メイトランド=ナイルズ、FWフォラリン・バログンをそれぞれローマ、ミドルズブラにレンタルで放出しており、今回起用可能な選手が規定を満たせなかった理由は、クラブのマネジメントの問題による部分が大きかった。 そのため、他クラブのファンや多くの識者は今回の申請が却下されるとの見通しを持っていたが、プレミアリーグはトップチームプレーヤー13名+GK1名という試合決行の条件を満たさない点を重視する形で、“遺憾”ながらも申請を受け入れる決断を下した。 この物議を醸す決定を受け、コロナ禍において開催延期を申請しながらも却下された一部クラブやチャンピオンズリーグ出場を争うライバルクラブからは、アーセナル優遇とも捉えられる今回のプレミアリーグの決定に反発は必至と見られていた。 そういった中、試合前日のタイミングで急遽延期を強いられたトッテナムは、今回のプレミアリーグの決定に対して怒りの声明を発表した。 「日曜日のアーセナルとのノースロンドン・ダービーは、残念ながら延期となりましたのでお知らせします」 「これは、アーセナルがプレミアリーグに対して、新型コロナウイルス、既存および最近の負傷、アフリカ・ネーションズカップで国際任務に就いているプレーヤーなどの組み合わせで延期を申請したことを受けたものです」 「我々は、この申請が承認されたことに非常に驚いています」 「我々自身は、コロナウイルス陽性者の人数が多いため試合の日程を変更する必要が生じ、ヨーロッパ・カンファレンスリーグから敗退となりました。その際、レスターとの対戦を変更するための申請は承認されず、その後レスターの申請により延期されました」 「このガイダンスの本来の意図は、コロナウイルスのケースによって直接影響を受けたプレーヤーの出場機会に対処することであり、その結果、選手層が薄くなり、負傷者と合わせると、クラブがチームを編成できなくなることにあります」 「我々としてはコロナウイルスとは関係のないプレーヤーの可用性に対処することが意図されたとは考えていません」 「そして我々は今、このルールの意図しない結果を目の当たりにしているのかもしれません。このルールの適用について、明確さと一貫性を持たせることが重要です」 「またもや、我々のファンは容認できないほど短時間で計画が中断されるのを目の当たりにしています。また、容認できない廃棄物(フードロス)を出さないため、再び地元のフードバンクに食料を届けることにします。同時に遠方から来られるファンの方々には、本当に申し訳なく思っています」 2022.01.16 06:00 Sun
twitterfacebook
thumb

プレミアリーグ、アーセナル要請受け入れ16日のトッテナムとのNLダービー延期を発表

プレミアリーグは15日、16日に開催予定だった第22節のトッテナムvsアーセナルの開催延期を発表した。 今回のノースロンドン・ダービーに向けては、新型コロナウイルス感染、負傷者、そしてアフリカ・ネーションズリーグへの選手派遣を理由に、トップチームで起用可能な選手が12名未満となっていたアーセナルが、14日にプレミアリーグの理事会に対して開催延期を要請していた。 ただ、アーセナルの新型コロナウイルス陽性者はその要請時点でMFマルティン・ウーデゴールの1名のみで、その他の欠場者はMFトーマス・パルティ、MFモハメド・エルネニー、FWピエール=エメリク・オーバメヤン、FWニコラ・ペペのアフリカ・ネーションズカップ参戦組。直近のEFLカップで退場したMFグラニト・ジャカ。DF冨安健洋、MFブカヨ・サカやDFセドリック・ソアレスら負傷組となっていた。 また、アーセナルは今月に入ってMFエインズリー・メイトランド=ナイルズ、FWフォラリン・バログンをそれぞれローマ、ミドルズブラにレンタルで放出しており、今回起用可能な選手が規定を満たせなかった理由はクラブのマネジメントによる部分が大きかった。 そのため、他クラブのファンや多くの識者は今回の要請が却下されるとの見通しを持っていたが、プレミアリーグはトップチームプレーヤー13名+GK1名という試合決行の条件を満たさない点を重視する形で、“遺憾”ながらも要請を受け入れる決断を下した。 現在、トッテナムのヨーロッパ・カンファレンスリーグ敗退に伴い、両クラブは今後ヨーロッパコンペティションの戦いがなく、ミッドウィークに代替日程を組みやすい状況。 だが、コロナ禍において開催延期を要請しながらも却下された一部クラブやチャンピオンズリーグ出場を争うライバルクラブからは、アーセナル優遇とも捉えられる今回のプレミアリーグの決定に反発は必至だ。 2022.01.16 00:37 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly