アジアサッカー連盟は2年に1度のW杯開催案を歓迎「積極的に関与していきたい」

2021.09.14 17:45 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アジアサッカー連盟(AFC)は14日、ワールドカップ(W杯)の2年に1度の開催案を歓迎することを改めて発表した。

このプランは、今年5月にサウジアラビアが初めて提案した構想。国際サッカー連盟(FIFA)もこれに賛同し、元選手であるマイケル・オーウェンヤヤ・トゥーレなどを起用して支持を表明し、ジャンニ・インファンティーノ会長は実現可能性を探っている段階だ。

一方で、欧州サッカー連盟(UEFA)のアレクサンデル・チェフェリン会長は猛反対。また、南米サッカー連盟(CONMEBOL)も反対の姿勢を示していた。

賛否両論分かれているこの件について、AFCは改めて賛同することを発表。「新たな国際試合のカレンダーを最適化するための選択肢を検討する上で、FIFAが主導してスタートさせた協議プロセスを歓迎します」としており、2年ごとの開催の実現可能性を検討するようだ。

AFCはこの案については「ビジョンとミッションの中で、アジアのチームと選手が世界の大舞台で輝き続けることを目指し、ワールドクラスの大会を開催するとともに、加盟協会の発展を促進するためのオーダーメイドのプログラムを提供するという明確な目標を掲げています」としている。

また「同時に、AFCは、サッカーがアジアで最も人気のあるスポーツであり続けることを目指して、世界最大のスタジアムであるアジアの熱狂的なファンとの連携を強化することに引き続き取り組んでいます」としている。

最後には「全てのステークホルダーとの連携を重視しており、多様なニーズを反映し、世界中の全ての地域にとって潜在的な利益を引き出すような、インターナショナル・マッチ・カレンダーの未来を形成するために、積極的に関与していきたいと考えています」とし、2年に1度の開催に限らず、カレンダーの変更に取り組みたいとした。

関連ニュース
thumb

2026年W杯からアジア枠が「4.5」から「8.5」に増加…アジア予選の方式も大きく変更

アジアサッカー連盟(AFC)は1日、アメリカ、カナダ、メキシコが共催する2026年のワールドカップ(W杯)に関して、アジアの出場枠が「8」になることが決定。さらに、大陸間プレーオフの枠も「0.5」になることを発表した。 現在は「4.5」の枠があるアジア。予選で4枠と大陸間プレーオフで0.5枠がある状況。2022年のカタールW杯では、開催国のカタールとは別に、日本、サウジアラビア、韓国、イラン、そして大陸間プレーオフのオーストラリアが出場する。 W杯は32カ国が出場している中で、2026年大会からは出場国が48カ国に増加することが決定している。 またこれによりアジア予選の方式も変更。まずは合同予選ラウンド1としてFIFAランキングの26位か47位までの22カ国がホーム&アウェイで対戦し、11カ国が勝ち上がり。 次に合同予選ラウンド2として、1位から25位までの25カ国と、勝ち上がった11カ国の36カ国が4カ国ずつ9グループに分かれて予選を実施。上位2チームの18カ国がアジア予選に参加する。なお、この18カ国はアジアカップ2027への出場権も獲得する。 アジア予選は18カ国を6カ国3グループに分け、ホーム&アウェイ方式で総当たり戦を実施。上位2カ国が出場権を獲得する。 さらに各グループ3位と4位の6カ国が3カ国ずつ2グループに分かれ、1回戦総当たり。1位の2カ国がW杯に出場。2位同士がプレーオフを行い、勝利した方が大陸間プレーオフに進む。 2022.08.01 16:49 Mon
twitterfacebook
thumb

ACLが秋春制に…AFC、2023-24シーズンの日程発表

アジアサッカー連盟(AFC)は1日、2023-24シーズンにおけるAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の日程を発表した。 今大会まで春秋制で開催されているが、次回からは秋春制に移行され、2023年8月8日の予選ラウンドから開幕。プレーオフが同月22日に行われ、東西のグループリーグは9月18日から12月13日にかけて予定される。 決勝トーナメントは2024年2月12日から4月24日にかけて行われ、ホーム&アウェイ形式の決勝を同年5月11日、同月18日に開催。アウェイゴールも撤廃され、2試合で同点の場合は延長戦とPK戦で決着がつけられる。 春秋制のJリーグ勢は現状、次回大会からシーズンまたぎでアジアの頂きを目指すことに。AFC側は今年2月の段階で2023年から秋春制でのACL開催を発表済みだった。 2022.08.01 15:30 Mon
twitterfacebook
thumb

「やっぱりワクワクする」“規格外ストライカー”中島大嘉の“長距離ループ”にファンも期待大「こんなことまでできたんか!」

AFC U23アジアカップ2022 に参加しているU-21日本代表のFW中島大嘉(北海道コンサドーレ札幌)が大会初ゴールを決めた。 中島は、9日に行われたグループD最終節のU-23タジキスタン代表戦で、ここまでの2試合に続き途中出場。58分からピッチに立った。 するとまずは68分、いきなり中島がネットを揺らすもVARが入ってオフサイド判定となりノーゴールに。それでも、追加タイムに正真正銘のゴールを奪う。 GK小久保玲央ブライアンのフィードを胸でトラップしたMF半田陸のスルーパスに中島が抜け出すと、スピードで相手を置き去りに。ボックス外から、飛び出してきた相手GKの頭上を越す見事なループシュートを沈めた。 ストライカーらしい動き出しからのループシュートという流れには、ファンも「やっぱりワクワクする」、「ほんと見事なループ!」、「これは完全に興梠先生の動き出し」、「全く無駄のない洗練されたゴール」、「こんなループまでできたんか!」と喜び。さらに、「完璧なパス」とアシストをマークした半田を称賛する声も多く上がっている。 8日に20歳になったばかり、体格などを含めて“和製ハーランド”と称されることもある規格外のストライカーの潜在能力には多くのファンが期待を寄せている。 [試合情報] AFC U23アジアカップ2022 準々決勝 U-23韓国代表 vs U-21日本代表 2022年6月12日(日)22時キックオフ DAZN独占配信 <span class="paragraph-title">【動画】中島大嘉が完璧トラップ→芸術ループ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<a href="https://twitter.com/hashtag/%E4%B8%AD%E5%B3%B6%E5%A4%A7%E5%98%89?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#中島大嘉</a> ビューティフルゴール<br>絶妙な抜け出しからループシュート<br>\<br><br>GK <a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%B0%8F%E4%B9%85%E4%BF%9D%E7%8E%B2%E5%A4%AE%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%B3?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#小久保玲央ブライアン</a> からパス2本<a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%8D%8A%E7%94%B0%E9%99%B8?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#半田陸</a> のアシストもお見事<br><br>AFC <a href="https://twitter.com/hashtag/U23%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#U23アジアカップ</a> ウズベキスタン 2022<br>日本×タジキスタン<br><a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> 見逃し配信中<a href="https://twitter.com/hashtag/AFCU23?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#AFCU23</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/U21%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BB%A3%E8%A1%A8?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#U21日本代表</a><a href="https://twitter.com/hashtag/daihyo?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#daihyo</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BB%A3%E8%A1%A8?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#サッカー日本代表</a> <a href="https://t.co/lpP4XBmSGk">pic.twitter.com/lpP4XBmSGk</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1534913576976015360?ref_src=twsrc%5Etfw">June 9, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.06.10 12:10 Fri
twitterfacebook
thumb

日本代表も出場する2023年のアジアカップ、新型コロナの影響で中国での開催を断念

アジアサッカー連盟(AFC)は14日、2023年に行われるAFCアジアカップに関して、中国での開催を断念したことを発表した。 2019年6月5日にパリで行われたAFCの臨時大会にて、2023年のアジアカップの開催地に選ばれた中国。24カ国が出場し、2023年6月16日から7月16日まで中国の10都市で開催されることとなっていた。 しかし、その後に中国の武漢で発見された新型コロナウイルス(COVID-19)が、世界中でパンデミックに。今なお、その影響は続いている。 中国国内では、上海など一部の都市でロックダウンが行われるなど、未だに感染が終息に向かわない状況となっている。 AFCによれば、中国サッカー協会(CFA)との長きにわたる話し合いの結果、CFAが開催を断念。正式に、中国での開催がなくなることとなった。 カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選はアジアカップの予選も兼ねており、日本代表も出場することが決定している。 なお、現時点で開催地は未定。改めて発表されることとなる。 2022.05.14 20:19 Sat
twitterfacebook
thumb

「真剣に考える時期」ロシアがアジア移籍で日本のライバルに? 元会長は「死を意味する」と反対意見

欧州サッカー連盟(UEFA)から締め出しを食らっているロシアが、アジアサッカー連盟(AFC)に移籍することを検討するようだ。 2月24日に始まったロシアによるウクライナへの軍事侵攻。今なお攻撃は続いており、予断を許さない状況となっている。 各国からは制裁が下されている中、ロシア代表はUEFAや国際サッカー連盟(FIFA)からの制裁を受けている状況に。カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフからも締め出されるなど、処分を受けている。 そのロシアだが、UEFA執行委員会は男女のサッカー代表チームおよびフットサル代表チーム、ユースチーム、同国所属クラブに対する大会締め出しの処分を継続することを決定した。 具体的には、男子のUEFAネーションズリーグ2022-23、女子のユーロ2022、FIFA女子ワールドカップ(W杯)2023への欧州予選への参加が不可能となる。 さらに、クラブチームでは2022-23シーズンに行われるチャンピオンズリーグ(CL)、ヨーロッパリーグ(EL)、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)の出場資格が与えられないこととなる。 この制裁は今後いつまで続くかは不透明だが、当面は認められないことが多くなることは容易に想像できる。 そんな中、ロシアのスポーツ委員会の副委員長であるドミトリー・ピログ氏が、ロシアの国営テレビ『Match TV』にてコメントしたと様々なメディアが報道。AFCへの移籍を検討するときが来たと語った。 「アジアサッカー連盟(AFC)への移籍の可能性を真剣に考える時期に来ていると思う」 近年はヨーロッパでも実績のある指揮官がアジアの各国で指揮することも増え、レベルが上がってきていると考えており、制裁が続くようならば移籍を考えるとしている。 一方で、ロシアサッカー連盟の元会長であるヴャチェスラフ・コロスコフ氏は、アジアへの移籍は死を意味すると語った。 「我々がアジアに行くのであれば、ヨーロッパに戻ることは決してないだろう」 「それは、ロシアのサッカーの死を意味する」 ロシアのスポーツ界を考えるピログ氏、サッカー界を知るコロスコフ氏と立場が違えば意見も変わるが、ロシアはどのような決断を下すのか。そしてAFCが受け入れるのかどうかは注目が集まる。 過去には、1990年代前半にイスラエルは安全保障の理由からAFCからUEFAへと移籍。2006年にオーストラリアはオセアニアサッカー連盟(OFC)からAFCへと移籍していた。 2022.05.05 12:52 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly