長友佑都が11年ぶりにFC東京復帰、背番号は「50」、バースデー加入 「11年ぶりに僕の愛するこの場所に」

2021.09.12 09:01 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
FC東京は12日、日本代表DF長友佑都(35)の完全移籍加入を発表した。背番号は「50」を付ける。

長友はクラブを通じて、復帰へのコメントを寄せている。

「ボンジョルノ! FC東京ファミリーのみなさんお久しぶりです。11年ぶりに僕の愛するこの場所に帰ってくることができとても嬉しく思います。この間にイタリア、トルコ、フランスと様々な国でそれぞれのチームと自分の成長のために戦ってきました」

「そこで得た経験全てを東京の勝利のために還元していきたいです。ふと目を閉じて11年前を思い出してみると野心あふれていた当時が思い出されます。そして今、それ以上の想い、情熱を持って日々取り組んでいく覚悟です」

「感染症の影響で困難な状況は続いていますが、青赤のユニフォームを着てプレーする姿を見ていただき、少しでも元気になってもらえるように取り組んでいきますので、応援よろしくお願いします!味スタで会いましょう!」

長友は2007年5月に明治大学に在籍しながらFC東京に特別指定選手として登録。7月にはナビスコカップ(現YBCルヴァンカップ)でデビュー。2008年にはサッカー部を退部し、大学に籍を置いたままプロサッカー選手となった。

同年の開幕戦からいきなりレギュラーとしてプレーすると、5月には日本代表に初招集され、そのままデビュー。2008年の北京オリンピックにも出場すると、2010年の南アフリカ・ワールドカップ(W杯)にも出場した。

2010年7月にはW杯での活躍が認められ、セリエAのチェゼーナへとレンタル移籍。2011年1月に完全移籍すると、そのままインテルへとレンタル移籍。2011年7月にインテルへと完全移籍した。

世界有数のビッグクラブであるインテルでもレギュラーを掴むと、2018年1月にガラタサライへとレンタル移籍するまで6シーズン半プレー。インテルでは公式戦210試合に出場して11ゴール18アシストを記録し、チームメイトやファンからも愛された。

ガラタサライには2018年7月に完全移籍するも、2020年1月には選手登録を抹消され、半年間プレー機会を失うなどし、2020年8月にマルセイユへと完全移籍。日本代表DF酒井宏樹(浦和レッズ)と両サイドバックを形成するなどしたが、1シーズンで退団していた。

長友にはセリエAへの復帰などが噂され、本人も「僕の哲学としては過酷な環境で勝負したいというのがあるので、そこは変わらずに持っています」とJリーグ復帰ではなく、海外でのプレーを希望すると9月の日本代用活動中に発言していたが、この度11年ぶりに日本へ復帰することとなった。

Jリーグでは72試合に出場し5得点4アシストを記録。日本代表としても127試合に出場し4得点と経験豊富。FC東京はサイドバックが手薄になっていたが、チームにとって非常に大きな補強となった。

なお、これで今夏はDF酒井宏樹(浦和レッズ)、DF安西幸輝(鹿島アントラーズ)、FW大迫勇也(ヴィッセル神戸)、FW武藤嘉紀(ヴィッセル神戸)、MF乾貴士(セレッソ大阪)に続いて6人目のJリーグ復帰。ヨーロッパでのプレー経験を経た選手としては、FW宮市亮(横浜F・マリノス)もJリーグに加入しており、多くの選手が欧州から帰還する異例のシーズンとなった。

1 2

関連ニュース
thumb

横浜FMも川崎Fも敗れる波乱に!計5試合でジャイアントキリング、唯一の延長戦も長崎がFC東京を下す《天皇杯》

22日、天皇杯3回戦の16試合が各地で行われた。 2回戦では上位カテゴリーが敗れる波乱はゼロだったが、3回戦では複数会場でジャイアントキリングが発生した。 前回大会の覇者・浦和レッズは正田醤油スタジアム群馬でザスパクサツ群馬と対戦。35分に髙木彰人に先制ゴールを許す苦しい展開となり、最終盤にはGK西川周作もセットプレーからヘディングシュートを放ったが、最後までゴールを奪うことはできず。浦和の前指揮官・大槻毅監督率いる群馬に屈している。 J1で首位に立つ横浜F・マリノスもJ2・栃木SCに0-2で敗れ、週末の明治安田生命J1リーグで劇的逆転勝利を飾った川崎フロンターレも、城福浩新監督率いる東京ヴェルディの前に0-1で散った。ヴァンフォーレ甲府も三平和司の2得点で北海道コンサドーレ札幌を下している。 トランスコスモススタジアム長崎で行われたFC東京vsV・ファーレン長崎は、3回戦唯一の延長戦に突入した。 3分にFC東京のレアンドロがファインボレーを沈めて早々に動いたゲームは、14分に山崎亮平が同点弾を沈めて前半から打ち合いに。長崎は部大晴の左足ミドルで逆転に成功したが、FC東京も前半のアディショナルタイムにアダイウトンが沈めて同点とした。 後半は一転し、互いにチャンスを作りながらも新たなゴールは生まれず、2-2で90分を終えて延長戦へ突入すると、1歩前へ出たのは長崎だった。 延長前半アディショナルタイムの107分、GKからのロングボールというシンプルな攻撃から右サイドのクリスティアーノへボールが渡ると、対峙相手をかわしながらボックス右へ侵入し、左足を一閃。左隅へ鮮やかな一撃を沈めた。 長崎は試合終盤に猛攻を受けながら、連続CKもしのぎ切ってタイムアップ。原田武男ヘッドコーチの下で一丸となり、J1チームを撃破している。 その他の結果は以下の通り。 ◆天皇杯3回戦 【57】川崎フロンターレ 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 東京ヴェルディ</span> 【58】湘南ベルマーレ 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 ジュビロ磐田</span> 【59】<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">アビスパ福岡 3</span>-1 いわてグルージャ盛岡 【60】FC東京 2-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 V・ファーレン長崎</span> 【61】<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">鹿島アントラーズ 3</span>-0 大宮アルディージャ 【62】<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ガンバ大阪 3</span>-1 大分トリニータ 【63】<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">名古屋グランパス 1</span>-0 ツエーゲン金沢 【64】<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">セレッソ大阪 3</span>-2 ベガルタ仙台 【65】横浜F・マリノス 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 栃木SC</span> 【66】清水エスパルス 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 京都サンガF.C.</span> 【67】<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">サガン鳥栖 3</span>-2 ロアッソ熊本 【68】北海道コンサドーレ札幌 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 ヴァンフォーレ甲府</span> 【69】<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ヴィッセル神戸 2</span>-1 レノファ山口FC 【70】<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">柏レイソル 2</span>-1 徳島ヴォルティス 【71】浦和レッズ 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 ザスパクサツ群馬</span> 【72】<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">サンフレッチェ広島 5</span>-0 横浜FC 2022.06.22 22:30 Wed
twitterfacebook
thumb

スタイル結実! 池田・町野の一撃で湘南がFC東京を下す【明治安田J1第17節】

明治安田生命J1リーグ第17節、湘南ベルマーレvsFC東京が18日にレモンガススタジアム平塚で行われ、2-0でホームの湘南が勝利を収めた。 17位に沈む湘南ベルマーレはルヴァンカップ・プレーオフステージのホームゲームでは不甲斐ない戦いをしてしまった。第15節で川崎フロンターレから収めた大勝をフロックと思わせないためにも巻き返しを期する一戦に。 一方の6位・FC東京も前節は好調・鹿島アントラーズを撃破。敵地での連戦1つ目を取り、力を証明したいゲームとなった。 雨の中で行われた試合の序盤は、湘南が相手ゴールに迫る場面を作る。11分にショートカウンターから瀬川がヘディングを放てば、直後にはボックス近辺でFC東京のお株を奪うようなパスワークを披露し、町野のポストプレーから茨田がミドル。14分にも瀬川が決定機を迎え、直後のCKからも茨田のヘッドと、この時間帯に連続してフィニッシュシーンを迎えた。 攻勢の中で点が欲しい湘南は26分、中盤でどっちつかずの展開がマイボールとなると、縦パスを受けた瀬川がターンから即座に裏へ浮き球を供給。ラインブレイクした池田が飛び出してきたGKヤクブ・スウォビィクの鼻先で先に触り、ループシュートを沈めて先制点を挙げた。 思うような攻撃が組み立てられず、シュートがなかったFC東京は37分、CKのこぼれ球に反応した青木がミドルを放ち、この日チームとして最初のシュートを記録する。 折り返して迎えた後半も湘南が前向きな姿勢でゲームに作るが、FC東京も足の長いボールを使ってチャンスを創出。50分、右のスペースを突いた永井のクロスにアダイウトンが頭で合わせた。 徐々にボールを握り始めたFC東京は一気呵成と、60分に3枚替えを決行して攻勢を強め、投入されたバングーナガンデのオーバーラップから渡邊がフィニッシュ。このまま同点といきたかったが、次の1点を奪ったのもホームチームだった。 押し込まれる時間が続いた湘南は田中のボール奪取からボックス手前左でFKを獲得すると、杉岡が壁の外を巻く意表を突いたシュートを狙う。GKスウォビィクの好セーブに遭うも、これで得た左CKから杉岡のキックに合わせたのは町野。タイミング良くニアへ走り込み、頭で流し込んで今季通算7得点目を挙げた。 リードを広げた湘南は守護神も奮起する。76分にアダイウトンに決定機を許すも、GK谷が間合いを詰めてショットストップ。84分にもゴール前からのアダイウトンのヘッドを冷静に処理した。 湘南は5分の後半アディショナルタイムも集中した守備でしのぎ切り、4勝目を記録。育成組織である日本代表DF遠藤航も訪れた一戦で、価値ある1勝を手にした。 湘南ベルマーレ 2-0 FC東京 【湘南】 池田昌生(前26) 町野修斗(後25) 2022.06.18 20:10 Sat
twitterfacebook
thumb

“GK豪”が豪GKをオマージュ、FC東京・波多野がPK対決で話題のダンスを披露「豪ストラリア」

ワールドカップ(W杯)出場を決めるPKストップで話題を呼んだオーストラリア代表GKのダンスを、Jリーガーがコピーした。 13日、カタールW杯予選大陸間プレーオフでペルー代表と対戦したオーストラリア代表は、PK戦の末に勝利を収め、5大会連続6度目のW杯出場を決めた。 PK戦要因として延長後半終了間際に投入されたGKアンドリュー・レッドメインは、代表戦出場3戦目ながらも殊勲のPKストップを見せて勝利に貢献。不思議な踊りでキッカーに対してプレッシャーを掛ける姿は、大きな話題を呼んだ。 すると、その踊りを模倣する選手がJリーグにも表れた。FC東京のGK波多野豪だ。 クラブのTik TokアカウントはGK波多野とレアンドロとのPK対決を投稿。結果は3本中1本を見事にストップし、1本はクロスバーとなった。 お茶目な姿にはファンも笑うしかなったようだ。「東京の魔術師が帰ってきた!」、「完コピしたが故にやられて草」、「豪が豪州真似してて」、「豪ストラリア」など、思い思いのコメントが寄せられている。 FC東京は18日、明治安田生命J1リーグの再開初戦となる第17節で湘南ベルマーレとのアウェイゲームに臨む。リーグ戦ではまだ出番のないGK波多野だが、出場、さらにはPKとなった場合には、不思議な踊りが見られるかもしれない。 <span class="paragraph-title">【動画】豪代表GKレッドメインのダンスをGK波多野豪がコピー</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="tiktok-embed" cite="https://www.tiktok.com/@tokyodorompa/video/7109762674027695362" data-video-id="7109762674027695362" style="max-width: 605px;min-width: 325px;" > <section> <a target="_blank" title="@tokyodorompa" href="https://www.tiktok.com/@tokyodorompa">@tokyodorompa</a> <a title="レアンドロ" target="_blank" href="https://www.tiktok.com/tag/%E3%83%AC%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AD">#レアンドロ</a> 選手vs <a title="波多野豪" target="_blank" href="https://www.tiktok.com/tag/%E6%B3%A2%E5%A4%9A%E9%87%8E%E8%B1%AA">#波多野豪</a> 選手のPK対決!!<a title="いや豪それオーストラリア代表のgkの選手のやつ" target="_blank" href="https://www.tiktok.com/tag/%E3%81%84%E3%82%84%E8%B1%AA%E3%81%9D%E3%82%8C%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%82%A2%E4%BB%A3%E8%A1%A8%E3%81%AEgk%E3%81%AE%E9%81%B8%E6%89%8B%E3%81%AE%E3%82%84%E3%81%A4">#いや豪それオーストラリア代表のGKの選手のやつ</a> <a title="fc東京" target="_blank" href="https://www.tiktok.com/tag/fc%E6%9D%B1%E4%BA%AC">#FC東京</a> <a title="サッカー" target="_blank" href="https://www.tiktok.com/tag/%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC">#サッカー</a> <a title="jリーグ" target="_blank" href="https://www.tiktok.com/tag/j%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0">#jリーグ</a> <a title="pk" target="_blank" href="https://www.tiktok.com/tag/pk">#PK</a> <a title="スポーツ" target="_blank" href="https://www.tiktok.com/tag/%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84">#スポーツ</a> <a target="_blank" title="♬ Disco Inferno - 50 Cent" href="https://www.tiktok.com/music/Disco-Inferno-6709395932305164289">♬ Disco Inferno - 50 Cent</a> </section> </blockquote> <script async src="https://www.tiktok.com/embed.js"></script> 2022.06.16 21:25 Thu
twitterfacebook
thumb

「失敗は過ちではない」PK失敗の松木玖生にFC東京アルベル監督が“金言”「誤ちとはPKを蹴りたいと思わないこと」

FC東京のアルベル・プッチ・オルトネダ監督がU-21日本代表のMF松木玖生に愛ある言葉を送っている。 青森山田高校からFC東京に加入した松木は、今シーズンから指揮官に就任したアルベル監督のもと、明治安田生命J1リーグの開幕節でいきなり先発に抜擢されると、ここまで出場停止を除く全15試合に先発出場している。 その松木は、AFC U-23アジアカップに臨むU-21日本代表メンバーに招集されており、9日のグループD最終節のU-23タジキスタン代表戦で先発。大会初出場を果たした。 すると、松木は11分にCKの流れから馬場晴也が繋いだボールをボックス内で豪快な左足ボレーを決め、先制ゴールをマーク。早速結果を残す。 さらに44分、山本理仁がボックス内で相手DFに倒されPKを獲得すると、キッカーは松木。しかし、狙いすましたシュートは左ポストに直撃し、追加点には至らなかった。 思わず頭を抱えた19歳に対し、アルベル監督が自身のツイッターを更新。金言を送った。 「失敗することは、決して過ちではありません。誤ちとは、PKを蹴りたいと思わないこと。それゆえに、蹴って外したのであれば、一歩前進です。成功の秘訣とは、我の強さであり、メンタルの強さであり、勝負にこだわる魂です。成長し続けるために日々努力を重ねるべし」 U-21日本代表は、後半に佐藤恵允と中島大嘉が追加点を挙げ、3-0で快勝。2位でグループステージ突破し、準々決勝では韓国代表と対戦する。 [試合情報] AFC U23アジアカップ2022 準々決勝 U-23韓国代表 vs U-21日本代表 2022年6月12日(日)22時キックオフ DAZN独占配信 <span class="paragraph-title">【動画】GKの逆を突くも…松木のPKは失敗</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>PKキッカーは <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%9D%BE%E6%9C%A8%E7%8E%96%E7%94%9F?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#松木玖生</a><br>キーパーの逆をついたがポストに…<br>\<br><br>AFC <a href="https://twitter.com/hashtag/U23%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#U23アジアカップ</a> ウズベキスタン 2022<br>日本×タジキスタン<br><a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> ライブ配信中<a href="https://twitter.com/hashtag/AFCU23?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#AFCU23</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/U21%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BB%A3%E8%A1%A8?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#U21日本代表</a><a href="https://twitter.com/hashtag/daihyo?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#daihyo</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BB%A3%E8%A1%A8?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#サッカー日本代表</a> <a href="https://t.co/LwsFelQ4mK">pic.twitter.com/LwsFelQ4mK</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1534895937075564544?ref_src=twsrc%5Etfw">June 9, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【動画】松木の豪快ボレーで日本が先制!</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%9D%BE%E6%9C%A8%E7%8E%96%E7%94%9F?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#松木玖生</a> ボレーを突き刺す<br>先発起用に応える先制弾<br>\<br><br>CKの流れから <a href="https://twitter.com/hashtag/%E9%A6%AC%E5%A0%B4%E6%99%B4%E4%B9%9F?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#馬場晴也</a> が丁寧につなぐと、<br>フリーの松木が左足でゴールを揺らした<br><br>AFC <a href="https://twitter.com/hashtag/U23%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#U23アジアカップ</a> ウズベキスタン 2022<br>日本×タジキスタン<br><a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> ライブ配信中<a href="https://twitter.com/hashtag/AFCU23?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#AFCU23</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/U21%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BB%A3%E8%A1%A8?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#U21日本代表</a><a href="https://twitter.com/hashtag/daihyo?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#daihyo</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BB%A3%E8%A1%A8?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#サッカー日本代表</a> <a href="https://t.co/nBcElwLjKl">pic.twitter.com/nBcElwLjKl</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1534887604092407808?ref_src=twsrc%5Etfw">June 9, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.06.10 12:04 Fri
twitterfacebook
thumb

下位カテゴリー健闘もジャイキリゼロ!93年以来2度目のJ1勢全勝、横浜FCはPK戦でソニー仙台を下し、札幌は桐蔭横浜大を相手に延長で逆転勝ち《天皇杯》

8日、第102回天皇杯2回戦の3試合が各地で行われた。 1日に行われた29試合では上位カテゴリーのチームが敗れる波乱はなかったが、この日はニッパツ三ツ沢球技場などであわや下剋上という展開となった。 育成組織出身の18歳DF杉田隼がトップチームデビューを果たし、今季法政大学から加入した田部井涼がキャプテンマークを巻いた横浜FCは、ソニー仙台と対戦した。 序盤からゲームを支配し、渡邉千真が一対一のチャンスを迎えるなど攻勢を強めると、28分には左からのクロスをフェリペ・ヴィゼウが胸トラップからの左足シュートを沈めて先制に成功。42分には西山大雅のゴールでリードを広げる。 だが、折り返して直後の50分にセットプレーから松本拓海に1点を返されると、7分後にも再び失点。以降はミスも散見され、押し込まれるままに延長戦へと突入した。 すると93分、ボックス手前左でFKを与えてしまい、サインプレーから平田健人に逆転ゴールを許すことに。後がなくなった横浜FCだったが、115分に西山の一発でなんとか追い付くと、勝負の行方はPK戦に委ねられた。 この大事な場面でGK市川暉記が奮起し、2つのショットストップを披露。PKスコア3-1で、横浜FCが辛うじて勝ち上がった。 北海道コンサドーレ札幌は神奈川県代表の桐蔭横浜大学と、札幌厚別公園競技場で対戦した。小野伸二らが先発出場を果たすなどリーグ戦とは大きくメンバーを変えて臨んだが、序盤から相手の勢いに呑まれ、白輪地敬大に2ゴールを許してビハインドで前半を終えた。 たまらずミハイロ・ペトロヴィッチ監督はハーフタイムに4枚替えという劇薬を投入すると、入った金子拓郎が56分に、同じく途中出場の青木亮太が68分にゴールを決めてJ1クラブの意地を見せる。だが、安堵も束の間、89分に再び失点を喫し、あわやの展開に。 それでも、アディショナルタイム4分にやはり途中出場の岡村大八が試合を振り出しに戻すと、延長戦に突入した111分に再び金子がネットを揺らして勝負あり。薄氷の勝利を手にし、3回戦進出を決めている。 FC東京は岩手県代表の富士大学と味の素スタジアムで顔を合わせた。 ポルトガル1部に属するヴィトーリアSCへの期限付き移籍が発表された小川諒也にとっての本拠地でのラストマッチとなった一戦は、36分に渡邊凌磨が口火を切ると、43分にはアダイウトンのPKで追加点を挙げた。後半には育成上がりのルーキー、梶浦勇輝や安田虎士朗にも出場機会を与えるなどし、逃げ切り勝ち。順当に駒を進めている。 なお、J1勢がすべて勝利するのは1993年度以来。Jリーグ発足以来2度目の快挙となった。 ▽6/8(水) 【47】北海道コンサドーレ札幌(J1) 4-3 桐蔭横浜大学(神奈川) 【31】FC東京(J1) 2-0 富士大学(岩手) 【56】横浜FC(J2) 3-3(PK3-1) ソニー仙台FC(宮城) ▽6/1(水) 【25】川崎フロンターレ(J1) 5-0 札幌大学(北海道) 【26】東京ヴェルディ(J2) 2-1 ブラウブリッツ秋田(J2) 【27】湘南ベルマーレ(J1) 3-0 ヴェルフェ矢板(栃木) 【28】ジュビロ磐田(J1) 5-2 松本山雅FC(長野) 【29】アビスパ福岡(J1) 3-0 沖縄SV(沖縄) 【30】FC町田ゼルビア(J2) 1-3 いわてグルージャ盛岡 【32】V・ファーレン長崎(J2) 1-0 鹿児島ユナイテッドFC(鹿児島) 【33】鹿島アントラーズ(J1) 2-1 新潟医療福祉大学(新潟) 【34】FC琉球(J2) 1-4 大宮アルディージャ(J2) 【35】ガンバ大阪(J1) 4-2 FC岐阜(岐阜) 【36】大分トリニータ(J2) 3-0 FC神楽しまね(島根) 【37】名古屋グランパス(J1) 2-0 同志社大学(京都) 【38】ジェフユナイテッド千葉(J2) 1-2 ツエーゲン金沢(J2) 【39】セレッソ大阪(J1) 3-1 関西大学(大阪) 【40】ベガルタ仙台(J2) 2-1 Honda FC(アマチュアシード) 【41】横浜F・マリノス(J1) 3-0 鈴鹿ポイントゲッターズ(三重) 【42】ファジアーノ岡山(J2) 0-1 栃木SC(J2) 【43】清水エスパルス(J1) 8-0 周南公立大学(山口) 【44】京都サンガF.C.(J1) 3-1 高知ユナイテッドSC(高知) 【45】サガン鳥栖(J1) 1-0 ヴェルスパ大分(大分) 【46】アルビレックス新潟(J2) 1-4 ロアッソ熊本(J2) 【48】ヴァンフォーレ甲府(J2) 5-1 環太平洋大学(岡山) 【49】ヴィッセル神戸(J1) 3-2 カターレ富山(富山) 【50】水戸ホーリーホック(J2) 1-2 レノファ山口FC 【51】柏レイソル(J1) 1-0 筑波大学(茨城) 【52】徳島ヴォルティス(J2) 2-1 福山シティFC(広島) 【53】浦和レッズ(J1) 1-0 福島ユナイテッドFC(福島) 【54】モンテディオ山形(J2) 1-3 ザスパクサツ群馬(J2) 【55】サンフレッチェ広島(J1) 2-0 ホンダロックSC(宮崎) 2022.06.08 22:04 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly