グラナダがアトレティコからDFアリアスをレンタルで獲得! 昨季は大ケガでほとんどプレーせず

2021.08.31 16:12 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
グラナダは30日、アトレティコ・マドリーからコロンビア代表DFサンティアゴ・アリアス(29)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。レンタル期間は1年間となっている。

2011年に母国リーグのクラブ・デポルティボ・ラ・エキダ・セグロスからポルトガルのスポルティング・リスボンへ移籍したアリアスは、その後2013年にオランダのPSVに加入。在籍5年間で公式戦172試合出場10ゴール21アシストを記録すると、2018年にアトレティコへ移籍した。しかし、アトレティコでは出場機会を確保することができず、昨年夏にレバークーゼンへレンタルで加入している。

ドイツの地での活躍が期待されていたアリアスだが、昨年10月の代表戦で左腓骨の骨折と足首のじん帯断裂という重傷を負い、その後のシーズンは全休。レバークーゼンでは公式戦1試合のみの出場に留まり、今夏にアトレティコへ復帰したものの、再び移籍先を探していた。

グラナダは昨シーズン公式戦46試合に出場していた右サイドバックのフランス人DFディミトリ・フルキエ(28)が、バレンシアに移籍。後釜となる選手の確保が急務となっていた。


関連ニュース
thumb

10人グラナダに4発完勝のマドリーが公式戦4連勝! クリーンシート逃すも久々の複数得点差の勝利に《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第14節、グラナダvsレアル・マドリーが21日にロス・カルメネスで行われ、アウェイのマドリーが1-4で快勝した。 直近の公式戦をいずれも2-1のスコアで競り勝って3連勝中の2位マドリー(勝ち点27)は、降格圏手前の17位に沈むグラナダ(勝ち点11)とのアウェイゲームで4連勝を目指した。 来週ミッドウィークにチャンピオンズリーグ(CL)でシェリフとのリベンジマッチを控えている中、アンチェロッティ監督は前節のラージョ戦から先発2人を変更。ミリトンとカマヴィンガに代えてナチョ、モドリッチを起用した。 立ち上がりから主導権を握るマドリーは、絶好調のベンゼマとヴィニシウスが早々にフィニッシュの場面に顔を出すなど、集中した入りを見せる。 そして、19分には相手陣内中央でのボール奪取からクロースの斜めのパスに抜け出したアセンシオが快足を飛ばしてボックス右に侵入。GKに寄せられる寸前に右足のシュートを放つと、GKの手を弾いたボールがそのままゴールネットを揺らした。 相手のミスを突いて幸先よくリードを手にしたアウェイチームは畳みかける攻めを見せる。25分、左CKの場面でショートコーナーからモドリッチとのパス交換でボックス左に抜け出したクロースからのグラウンダーの折り返しをニアに入り込んだナチョが右足インサイドで合せた。 鮮やかな連続ゴールで一気に試合の流れを掴んだかに思われたマドリーだが、直近3試合連続失点中のチームはこの試合でもクリーンシートを逃す。34分、自陣左サイドでヴィニシウスがゴナロンに潰されてショートカウンターを受けると、ペナルティアーク付近でスアレスが放った右足のシュートがブロックに入ったDFナチョの背中に当たって大きくコースが変わりゴール左隅に決まった。 この失点でホームチームを勢いづかせたマドリーはここから相手のアグレッシブなプレスに手を焼き、完全にイーブンな展開に持ち込まれてキニやスアレスに際どいシュートを打たれる。44分にはボックス内のベンゼマに決定機が訪れたが、枠の左隅を捉えたシュートはGKマキシミリアーノの好守に阻まれた。 2-1のスコアで試合を折り返したマドリーは、ハーフタイムにアンチェロッティ監督から檄が飛んだか、再びアグレッシブな入りを見せる。クロースの強烈なミドルシュートは枠を捉え切れなかったが、前半同様にカウンターの形からゴールをこじ開けた。 56分、カゼミロとのパス交換で右サイドのスペースに飛び出したベンゼマがそのまま持ち上がってボックス左へ走り込むモドリッチへ斜めのスルーパスを供給。ここでモドリッチは自分でもシュートを打てる体勢だったが、中央にフリーで走り込むヴィニシウスへ折り返すと、絶好調のブラジル代表FWがこれを難なく押し込んだ。 これで3試合連続2-1のスコアから抜け出したマドリーは冷静にゲームをコントロール。さらに、67分には相手陣内深い位置までドリブルで運んだヴィニシウスがモンチュのファウルを誘うと、後方からの危険なスライディングタックルにレッドカードが掲示された。 2点リードに加えて数的優位まで手にしたマドリーは殊勲のヴィニシウスを下げてロドリゴを最初の交代カードとして投入。ここから畳みかける攻めを見せると、76分にはカゼミロのスルーパスに抜け出したメンディがボックス内でGKとの一対一を制して今季初ゴールを挙げた。 この4点目で勝利を確信したマドリーは80分過ぎにベンゼマ、クロース、モドリッチ、アラバを下げてヨビッチ、イスコ、カマヴィンガ、バジェホと控え選手を投入し、試合をクローズにかかる。 その後、モリーナ、イスマ・ルイスに決定機を許したものの、守護神クルトワの好守で凌いだマドリーが敵地で4-1の快勝。久々の複数得点差で公式戦4連勝を達成した。 2021.11.22 02:08 Mon
twitterfacebook
thumb

ラ・リーガ、9月に続き南米予選の影響で週末2試合の延期が決定

17日に予定されていたラ・リーガ第9節のレアル・マドリーvsビルバオとグラナダvsアトレティコ・マドリーの延期が決まったようだ。スペイン『マルカ』が報じている。 南米サッカー連盟(CONMEBOL)主催のカタール・ワールドカップの南米予選の日程変更を受けて、ラ・リーガは南米選手を抱えるクラブ間で日程の問題が生じることから9月のインターナショナルウィークにスペインサッカー協会(RFEF)に対して延期申請。RFEFは延期を認めなかったが、ラ・リーガはスポーツ上級委員会(CSD)に裁定を仰ぎ、ラ・リーガ側の主張が認められた。 これにより、9月にはラ・リーガ第4節のセビージャvsバルセロナ、ビジャレアルvsアラベスの2試合が延期されていた。 そして今回のインターナショナルウィークでも、南米予選では通常の2試合ではなく3試合が開催。第12節にあたる各試合が14日に組み込まれており、ラ・リーガも上記と同様の理由でRFEFへ2試合の延期を要請。再びCSDの裁定により、レアル・マドリーvsビルバオとグラナダvsアトレティコ・マドリーの2試合が延期された。 なお、レアル・マドリーからはDFフェデリコ・バルベルデがウルグアイ代表に、DFエデル・ミリトンとFWヴィニシウスがブラジル代表に招集を受けている。アトレティコ・マドリーはMFロドリゴ・デ・パウルとMFアンヘル・コレアがアルゼンチン代表に、DFホセ・ヒメネスとFWルイス・スアレスがウルグアイ代表に招集。グラナダではDFルイス・アブラムがペルー代表に参加している状況だった。 2021.10.14 00:20 Thu
twitterfacebook
thumb

セビージャがグラナダに初白星献上で今季初黒星…ソシエダは最下位ヘタフェとドローで首位浮上逃す…《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第8節、グラナダvsセビージャが3日にロス・カルメネスで行われ、ホームのグラナダが1-0で勝利した。   1試合未消化ながら3位に位置するセビージャは前節、エスパニョールを相手にデラネイの退場がありながらもエン=ネシリ、ラファ・ミルと2人のセンターフォワードのゴールで2-0の勝利を収めた。ただ、ミッドウィークのチャンピオンズリーグ(CL)ではヴォルフスブルク相手に難しい戦いを強いられ、終盤に退場者を出した相手にラキティッチのPKで追いつくのが精いっぱいだった。   18位に低迷しているグラナダとのアウェイゲームではヴォルフスブルク戦から先発3人を変更。ヘスス・ナバスとオカンポス、パプ・ゴメスに替えてモンティエル、ラキティッチ、ラメラを起用した。   コンディションで勝るグラナダがアグレッシブな入りを見せたことで、受け身の入りとなったセビージャ。それでも、15分過ぎには相手を押し込んでスソが最初の枠内シュートを放つなど、徐々に主導権を掴みかける。   だが、25分には自陣ボックス付近でのジエゴ・カルロスのクリアが短くなると、ペナルティアーク付近でこぼれ球に反応したロチーナに強烈な左足のミドルシュートをゴール左下隅に突き刺されて先制点を献上してしまう。さらに、直後の28分にはオフサイド判定に救われたものの、ボックス右でロチーナの浮き球パスに反応したスアレスにゴールネットを揺らされる場面を招く。   反撃に出たいアウェイチームは直後の29分に相手陣内中央で得たFKの場面でジョルダンが浮き球で入れたボールをボックス左のクンデが丁寧に頭で折り返し、これにフリーで飛び込んだジエゴ・カルロスがダイビングヘッドで合わせるが、これは枠を捉え切れない。   前半終盤にかけてようやく相手を押し込むところまで持っていったセビージャは、フェルナンドの強烈なミドルシュートや右サイドのモンティエルからの鋭いクロスで相手ゴールに迫るが、前半の内に追いつくことはできなかった。   迎えた後半、ロペテギ監督はハーフタイム明けに3枚替えを敢行。モンティエル、ジョルダン、スソを下げてヘスス・ナバス、パプ・ゴメス、ムニルをいずれも同じポジションに投入。立ち上がりから勢いを持って入り、右サイドのヘスス・ナバスとラメラを起点に続けてフィニッシュのシーンを作り出す。   ここから一気にセビージャペースかに思われたが、後半も運動量を落とすことなくアグレッシブに戦うグラナダが徐々に押し返し、試合は膠着状態に陥る。   何とかゴールをこじ開けたいセビージャはラメラ、ラキティッチを下げてオスカル・ロドリゲス、オカンポスを続けて投入し、20分以上を残して5枚の交代カードを使い切る。そして、リスクを冒して攻めに出る中で73分にはヘスス・ナバスの右からのクロスをゴール左で足元に収めたムニルがすかさずシュートを放つが、これはGKマクシミアーノの好守に遭う。   その後、試合終盤にかけてはセンターバックのクンデも高い位置まで攻め上がって猛攻に打って出るセビージャだが、91分にはスアレスの挑発に乗ってしまったジエゴ・カルロスがラフプレーで2枚目のカードをもらい、前節のデラネイに続き2試合連続で退場者を出してしまう。ラストプレーではGKブヌまで攻撃参加するパワープレーも敢行も、グラナダの守備に撥ね返されて万事休す。   この結果、グラナダに今季初白星を献上したセビージャは、今シーズンの公式戦初黒星を喫することになった。   また、同日行われたヘタフェvsレアル・ソシエダは1-1のドローに終わった。   レアル・マドリーの敗戦によって、今節の勝利で首位浮上のチャンスを手にしたソシエダは、敵地で開幕から全敗中の最下位ヘタフェと対戦。立ち上がりから優勢に試合を運んでいたが、前半終盤の40分にはエルストンドのボールロストからカウンターを浴びて、最後はサンドロ・ラミレスにGKとの一対一を制される。   後半に入って攻勢を強めるソシエダは68分、ゴロサベルからの正確な右からのクロスをゴール前で競り勝ったオヤルサバルが頭で合わせて同点に追いついた。   その後は一進一退の攻防が続く中、試合最終盤の91分にはボックス右へ抜け出したイサクに絶好機もニアを狙ったシュートはGKソリアの好守に遭い、試合はこのままタイムアップ。最下位ヘタフェに今季初めての勝ち点を献上し、首位浮上のチャンスを逃した。 2021.10.04 05:55 Mon
twitterfacebook
thumb

終盤CB2枚にL・デ・ヨングの力業で土壇場同点弾もバルセロナがホームで痛恨ドロー…《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第5節、バルセロナvsグラナダが20日にカンプ・ノウで行われ、1-1のドローに終わった。 開幕2勝1分けの上々のスタートを切ったバルセロナだが、チャンピオンズリーグ(CL)初戦のバイエルン戦では0-3のスコア以上の完敗を喫し、今シーズンの公式戦初黒星を喫した。負傷者の多さというエクスキューズはあるものの、就任2年目のクーマン監督に対する風当たりは強く、今回のホームゲームでは解任論を払しょくする勝利が求められた。 その重要な一戦ではバイエルン戦から先発4人を変更。負傷のペドリとジョルディ・アルバに加え、ベンチスタートのピケとルーク・デ・ヨングに替わってデストと、今季初スタメンのコウチーニョ、デミル、プリメーラデビューのアレックス・バルデが起用された。 ホームで勢いを持って試合に入りたいバルセロナだったが、いきなり出ばなを挫かれる。開始2分、グラナダの左CKの流れから左サイド深くのエスクデロにあっさりとクロスを上げられると、これをファーサイドでフリーのドゥアルチに頭で叩き込まれた。 3トップに右からデミル、デパイ、コウチーニョを配置したフレッシュなアタッキングユニットですぐさま反撃を目指すホームチームは、失点直後にボックス内で仕掛けたコウチーニョが倒されるが、VARのレビューが入ったものの、ノーファウルの判定となった。 以降は最前線にモリーナを残して[4-5-1]の後ろに重い布陣で、中央を徹底的に締めるアウェイチームに対して、デストとバルデを常に高い位置に張らせながらサイドを起点に攻略を図っていく。18分には右CKの流れからボックス中央のセルジ・ロベルトが狙いすました右足のコントロールシュートを放つが、これは惜しくもクロスバーを叩いた。 以降はバルセロナが70%を超えるボール支配率で、相手を完全に押し込んでハーフコートゲームを展開。だが、最後の局面で粘りを見せるグラナダの守備を崩し切れない。 前半終了間際の42分には腰を痛めたバルデに替えてミンゲサを投入し、ミンゲサを右サイドバック、デストを左サイドバックに配置を変更。前半アディショナルタイムには制空権を握ったセットプレーからアラウホ、ミンゲサと打点の高いヘディングシュートから三度決定機を作り出すが、GKマクシミアーノのビッグセーブなどに阻まれて前半のうちに追いつくことはできなかった。 クーマン監督は逆転を期す後半に向けてセルジ・ロベルトを下げてL・デ・ヨングをハーフタイム明けに投入。この交代でデパイが左ウイング、コウチーニョが左のインテリオールと配置を変えた。 早い時間帯にゴールがほしいホームチームは、左サイドのデストとデパイを起点に個人の仕掛けとシンプルなクロスに攻め手を見出すが、セットプレーからのアラウホのヘディング、ボックス内でルーズボールに反応したデパイと続けざまの決定機をモノにできず。 60分にはコウチーニョを諦めてガビを投入したバルセロナは、以降も相手を押し込み続けるが、専守防衛の構えを見せるグラナダの守備をこじ開けることができない。 これを受けてクーマン監督は75分、デミルとブスケッツを下げてリキ・プッチとピケを投入。ピケをL・デ・ヨングと共に最前線に配置し、ここからクラブの攻撃哲学を捨ててクロスの雨を降らしていく。だが、L・デ・ヨングが絶好機を逸するなど、この試みも機能しない。 それでも、試合終盤に入ってアラウホまで空中戦のターゲットとして前線に残したバルセロナは、90分にストライカーと化したピケとアラウホのボックス内でのポストワークからボックス右でガビが上げた柔らかなクロスを、最後はアラウホが頭で押し込み、土壇場で同点に追いついた。 しかし、ここから徹底的に時計を進めるプレーで勝ち点1奪取を目指すグラナダ相手に逆転ゴールを奪うまでには至らず。タイムアップを告げるホイッスルと同時にブーイングが吹き荒れるカンプ・ノウでの一戦は、1-1のドローに終わった。 2021.09.21 06:13 Tue
twitterfacebook
thumb

グラナダ、セビージャ退団のエスクデロ獲得を発表

グラナダは8月31日、スペイン人DFセルヒオ・エスクデロ(31)の加入を発表した。契約期間は明かされていない。 レアル・ムルシアの下部組織出身で、2010年夏に加入したシャルケではDFBポカール優勝に貢献したエスクデロは、2013年のヘタフェ移籍を経て、2015年夏にセビージャに加入した。 セビージャではすぐに主力定着とはならなかったが、2年目から出場機会が伸びると、3年目には主将まで務めるようになった。 しかし、フレン・ロペテギ監督が就任した2019-20シーズンから出番が激減。昨季はケガによる長期離脱の影響もあり、公式戦14試合の出場にとどまった。 そして、シーズン終了後に契約満了をもってセビージャを退団。SNSで感動的なメッセージを残していた。 2021.09.01 15:31 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly