退団したシソコのキックがヌーノ監督を直撃…偶然のアクシデントに「わざとだ」と主張するファンも

2021.08.30 20:15 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
29日に行われたプレミアリーグ第3節でワトフォードとホームで対戦したトッテナム。ワトフォードのスターティングイレブンには27日にトッテナムからの移籍が発表されたばかりのフランス代表MFムサ・シソコが名を連ねた。

前半からトッテナムが試合を支配する中、38分にアクシデントが起きる。タッチライン際でトッテナムのMFデレ・アリとシソコがマイボールにしようと競り合いに。ボールはラインを割ったが、ピッチ内にボールをとどめようとしたシソコはキックのモーションに入っており、そのまま右足で捉えた。

しかし、そのボールは目の前にいたトッテナムのヌーノ・エスピリト・サント監督の胸当たりを直撃した。シソコはその直後にヌーノ監督に謝罪し、握手をかわしてすぐにピッチに戻っていたが、偶然にも自身を構想外とした相手にボールが直撃したことには、一部のファンが面白がってわざとだと主張しているようだ。

イギリス『GIVE ME SPORT』は「ファンはシソコが故意にヌーノにボールをスマッシュしたと確信している」と伝え、イギリス『デイリー・スター』も「ファンは、ムサ・シソコがワトフォードのデビュー戦で故意にトッテナムのヌーノ監督にボールを飛ばしたと考えている」とし、「シソコは間違いなくわざとやった」といったSNSの反応を伝えている。

当事者のヌーノ監督は、試合後のインタビューでシソコについてもコメント。特にこの件には触れず、大きな敬意を払っていると明かした。

「彼は今日ワトフォードに加わった。私たちは数週間一緒に働いた。私はムサに大きな敬意を払っている。彼がワトフォードで最高の状態でいられることを願っているし、それは喜びでもある。私はムサに大きな称賛を抱いている。彼は本当に紳士だ」

「(シソコは元々今日のプランに)入っていなかったが、今週はミッドウィークにヨーロッパカンファレンスリーグの試合があったので、いつもとは異なる」

「しかし、問題は全くない。彼がワトフォードに加入した瞬間、彼はワトフォードの選手になった。だから彼をプレーさせるのかどうかの決定権はワトフォードの監督にあった。私たちは干渉できないし、しなかった。すべてが明確だ。大きな尊敬と称賛を抱いている」



1 2

関連ニュース
thumb

首位キープもトゥヘル監督は不満露わに「非常に雑であり、この試合に勝てたのは幸運だった」

チェルシーのトーマス・トゥヘル監督が、チームのパフォーマンスに対する不満を語った。クラブ公式サイトが伝えている。 チェルシーは1日に行われたプレミアリーグ第14節でワトフォードと対戦した。 前節のマンチェスター・ユナイテッド戦をドローで終え白星を逃したチームは、この日もMFメイソン・マウントのゴールで先制しながら相手の圧力を受け、前半のうちに追いつかれる苦しい展開に。それでも72分、MFハキム・ツィエクのゴールで再度リードすると、その後は相手の反撃をしのぎ切り2-1で勝利した。 これにより、首位キープに成功したチェルシーだが、試合後トゥヘル監督はパフォーマンスへの不満を露わに。勝利を手にできたのは幸運だったと語り、急ぎ改善する必要があると語った。 「我々は非常に雑だった。いつもとは違うパフォーマンスだったと思う。試合への準備ができていなかった。私もそれに関わっており、チームに準備をさせ、起こることに備える必要がある。初めて、チームとしてのパフォーマンスが完全に不足していた。ファーストボールにもプレッシャーにも、セカンドボールにもうまく対応できなかった」 「勝つか負けるかは一つの課題ではあるが、我々は課題を見つけることすらできなかった。ハーフタイムにはそのことについて話す機会があった。ビルドアップで苦戦していたのは明らかであり、簡単なメッセージを伝えようとした。基本的なことをもっとしっかりやり、メンタリティを変える必要があったのだ」 「我々は努力したとは思う。私は選手に対して批判的ではなく、分析的だった。そして私は自分自身に対しては批判的だ。この試合に勝てたのは幸運だったと認めないといけない。土曜日にも試合があるから、この試合に長くフォーカスするつもりはない」 「簡単ではなかった理由はいくつかある。ワトフォードは熱意を持ってプレーしており、我々は基本的なことに苦労した。それでも我々は共にあり、今日は幸運な勝利を手にすることができた」 2021.12.02 11:54 Thu
twitterfacebook
thumb

マウント1G1Aのチェルシーがワトフォードに競り勝ち首位キープ!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第14節、ワトフォードvsチェルシーが1日にヴィカレージ・ロードで行われ、アウェイのチェルシーが1-2で勝利した。 前節、苦手のマンチェスター・ユナイテッドとホームで引き分けた首位のチェルシー(勝ち点30)は、2位のマンチェスター・シティ(勝ち点29)、3位のリバプール(勝ち点28)との勝ち点差が縮まり、混戦の首位争いとなっている。 今週末に難敵ウェストハムとの上位対決を控える中、今節は16位のワトフォード(勝ち点13)を相手に2戦ぶりの白星奪還を目指した。ユナイテッド戦からは先発6人を変更。軽傷を抱えベンチ外のリース・ジェームズに代わってアスピリクエタを起用したほか、チアゴ・シウバ、ジョルジーニョに代えてクリステンセン、サウール。前線はツィエク、ヴェルナー、ハドソン=オドイからマウント、ハヴァーツ、プリシッチと総入れ替えとなった。 試合は先日のマンチェスター・ユナイテッドを破った一戦の再現を狙うホームチームが強度の高いプレーでペースを握る。開始3分にはジョアン・ペドロのシュート、5分にはキコのアーリークロスがジョアン・ペドロと競ったDFアスピリクエタに当たってゴール左隅へ向かうが、これはGKメンディがビッグセーブで阻止した。 その後、8分にはマジーナが左腿を痛めてピッチ上で治療を受け試合が一時中断した際、バックスタンドで観戦していた観客に健康上の重大なトラブルが発生。ピッチ上の選手たちに促されてチェルシーのメディカルチームが応急救護のために駆けつける事態に。これを受け、マッチオフィシャルが10分過ぎに試合の一時中断を決断した。 その後、スタンドで心肺蘇生措置を受け、状態が安定した当該ファンが無事救急車で搬送されたことを受け、試合は約30分後にキックオフ12分の時点から再開。ワトフォードはこのタイミングでマジーナに代えてローズを投入した。 再開後も守勢が続いたチェルシーだが、19分にはこの試合最初の決定機を創出。右サイドでのスローインの流れから味方のヘディングクリアに反応したマウントがボックス右からシュートを放つが、これは惜しくも右ポストを叩く。 この決定機をキッカケに盛り返し始めたチェルシーは圧巻の連携からゴールをこじ開ける。29分、左サイドに張ったリュディガーから浮き球のフィードに反応したボックス左のマルコス・アロンソが外向きのボールを圧巻のファーストタッチで内向きに収めて中央でフリーのハヴァーツに短く繋ぐ。ハヴァーツは自分でもシュートを打てたものの、冷静にGKとDFを引き付けて右でフリーのマウントへプレゼントパス。これをイングランド代表MFが右足で蹴り込んだ。 良い入りを見せながらも先に失点を喫したワトフォードだが、すぐさま気持ちを切り替えて反撃に転じていく。リスクを冒して攻撃に人数を懸けていく中、35分にはボックス左でフリーのローズが強烈な左足シュートでGKメンディを強襲する。 徐々に良い形でフィニッシュまで持ち込み始めたホームチームは43分、ハーフウェイライン付近で後ろ向きにパスを受けたロフタス=チークの反転の仕掛けを潰したムサ・シソコが右サイドでフリーのデニスへラストパスを供給。ボックス内でDFリュディガーを相手に細かい仕掛けを見せたデニスは股間を抜く技ありのシュートをゴール左下隅へ流し込んだ。さらに、畳みかけるホームチームは前半終了間際にもボックス右へ抜け出したシソコに決定機も、ここはボールにうまくパワーを伝えることができず。GKメンディのセーブに阻まれた。 1-1のイーブンで迎えた後半、難しい戦いが続いたチェルシーは初スタメンを飾ったアストン・ビラ戦に続き低調なパフォーマンスに終始したサウールを再びハーフタイムに下げ、チアゴ・シウバを投入。この交代でチャロバーを中盤の底に配置。すると、このメンバー変更とハーフタイムの修正によって後半は完全にアウェイチームがペースを握る。 一方、押し込まれるワトフォードも58分に後半最初のビッグチャンス。中盤でのボール奪取から背後を完璧に取ったクレバリーにスルーパスが通るも、ここはエリア外に飛び出したGKメンディの好守に阻まれる。 守護神のビッグプレーでピンチを凌いだチェルシーだが、このプレーの流れでハムストリングを痛めたチャロバーがプレー続行不可能となり、60分にツィエクをスクランブル投入することになった。 何とか早い時間帯にゴールをこじ開けたいチェルシーは69分、アスピリクエタを下げて切り札のルカクを投入。この交代でプリシッチが右のウイングバックに回る攻撃的な布陣に変化すると、早くも交代の効果が発揮される。 72分、リュディガーからのフィードを左サイドのマルコス・アロンソがヘディングでスペースに流すと、これに反応したマウントがボックス左から狙いすましたグラウンダーのクロスを供給。ルカクがニアに引っ張る動きで空いた中央のスペースにフリーで入り込んだツィエクが冷静に左足のダイレクトシュートを突き刺した。 トゥヘル采配的中で勝ち越しに成功したチェルシーは、ここからルカクとハヴァーツのキープ力を生かして前線でうまくタメを作りながらゲームをコントロールしていく。相手の粘りの戦いを前に試合を決める3点目を奪えないが、冷静に時計を進めていく。 後半アディショナルタイムにはボックス付近で与えたFKの場面でクツカに強烈なシュートを枠に飛ばされるが、ここはGKメンディが冷静にはじき出して事なきを得た。 そして、積極的なターンオーバーを敢行した中、ワトフォードに苦戦を強いられたチェルシーだが、きっちり勝ち切って2戦ぶりの白星を奪取。シティ、リバプールとの三つ巴の争いの中で首位キープに成功した。 2021.12.02 07:18 Thu
twitterfacebook
thumb

ワトフォード、FWサールと守護神フォスターが長期離脱

ワトフォードは11月30日、セネガル代表FWイスマイラ・サールと元イングランド代表GKベン・フォスターがそれぞれ長期離脱することを発表した。 サールは20日に行われたプレミアリーグ第12節マンチェスター・ユナイテッド戦で先発。後半23分に交代していたが、ヒザのじん帯を損傷しており、ワトフォードは少なくとも1カ月の離脱となると発表した。 1カ月以内に再検査を行い、その結果によっては1月9日から2月6日にかけて行われるアフリカネーションズカップへの参加も難しいとのことだ。 また、フォスターは鼠径部の負傷により直近のレスター・シティ戦を欠場。1月まで復帰できないとのことだ。 サールは今季のプレミアリーグ12試合の出場で5ゴールを挙げ、フォスターは第5節以降の8試合に出場していた。 主力2人を欠くことになったワトフォードは13試合を終えて4勝1分け8敗の16位に位置している。 2021.11.30 23:00 Tue
twitterfacebook
thumb

解任以降初のキングパワー帰還…ラニエリ、感慨にふける「おとぎ話の一部になれて本当に誇り高い」

28日に行われるプレミアリーグ第13節のレスター・シティvsワトフォード。ワトフォードを率いるクラウディオ・ラニエリ監督にとって、初めて古巣の本拠地に帰還することになる。 言わずもがなラニエリ監督とレスターは2015-16シーズンにプレミアリーグを制覇したスペシャルコンビ。群雄割拠の同リーグにおいて、当時のチームが優勝する可能性は1/5000と言われ、今では“ミラクル・レスター”と、誰もが敬意を込めて呼んでいる。 しかし、2016-17シーズンの低迷により、2017年2月にラニエリ監督は解任の憂き目に。その後、ナントやローマ、サンプドリアの監督を歴任し、解任後では初めてキングパワー・スタジアムに帰還することになった。 レスターでのリーグ優勝は、今でもラニエリ監督の目頭を熱くさせるようだ。試合前の会見では「私はシャイな人間でね。自分の感情を見せたくないのだ」と話し、涙を堪えながら古巣への思いを語った。 「私はいつも彼らの一部であることを感じている。レスターのおとぎ話と、あのクラブの歴史の一部に慣れたことは本当に誇り高いことだ。ファンも最初から寄り添ってくれて素晴らしいシーズンだったよ」 「プレミアリーグ優勝は一生の心の中に残り続けるが、私は新しい物語を書くためにワトフォード に来たのだ」 2021.11.27 22:28 Sat
twitterfacebook
thumb

頑張り報われずのデ・ヘア「何かが大きく間違っている」…ファンに抱く申し訳なさを吐露

マンチェスター・ユナイテッドのスペイン代表GKダビド・デ・ヘアが20日に敵地で行われたプレミアリーグ第12節のワトフォード戦での不甲斐ない戦いぶりをファンに詫びた。 直近のプレミアリーグ6試合でわずか1勝の不振に喘ぐなか、代表ウィークを挟み、20日に敵地で行われた第12節のワトフォード戦で仕切り直しを期したユナイテッド。だが、1-4と大敗した。 デ・ヘアはこの試合でも守護神として奮闘。早々に献上したPKのピンチも蹴り直しを含め、2度にわたって凌ぐなど、孤軍奮闘したが、報われず、チームは直近7試合で5つ目の敗北を期した。 今季を通じて、自身の頑張りがチームの結果に結びつかない試合も少なくないデ・ヘアは試合後、イギリス『スカイ・スポーツ』で昇格組相手の大敗を嘆き、ファンに抱く申し訳なさを吐露した。 「前半は恥ずべきものだった。45分で4失点してもおかしくなかったし、今日のようなプレーをしているチームを見るのは辛かった。悪夢に次ぐ悪夢。これまでもずっとだ。だから、受け入れがたい」 「あれはマンチェスター・ユナイテッドの姿じゃない。長い間、すごく悪い。マンチェスター・ユナイテッドのようなクラブはトロフィーを目指さないといけないはずだが、そこからほど遠くにいる」 「選手は全力を尽くして、チームのために戦おうとしているが、何かが大きく間違っているのは確か。試合を見たら、僕らの取り組みがすごく低レベルだし、すごく貧弱だ。ファンに改めて謝りたい」 2021.11.21 12:40 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly