PSG会長がレアルのムバッペ獲得の動きに対し「スタンスは明確」とコメント、C・ロナウド獲得は「全くない」

2021.08.27 12:32 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パリ・サンジェルマン(PSG)のナセル・アル・ケライフィ会長が、去就が騒がしいフランス代表FWキリアン・ムバッペ(22)について言及した。スペイン『マルカ』が伝えた。

予てからマドリーへの移籍が噂されていたムバッペ。今夏も移籍の噂があった中、ムバッペが残り1年となっているPSGとの契約延長に合意しないことから、マドリー移籍が過熱していった。

スペイン『El Chiringuito』は24日に独占情報としてマドリーがPSGに対して最初のオファーを提示したと報道。その金額は、1億6000万ユーロ(約206億3300万円)とされたが、PSGはこれを拒否した。



さらに、レオナルドSD(スポーツ・ディレクター)が「彼が去りたいのならば、我々は彼を引き留めないが、それは我々の条件に基づいたものだ」と移籍を容認する発言をするも、「PSGが求める条件を満たした場合のみ」とコメント。PSGの要求額については、2億2000万ユーロ(約285億円)と報じられた。

その報道を受け、マドリーが1億8000万ユーロ(約233億円)のオファーを出したとフランス『ル・パリジャン』が報道。本気で取りに行く姿勢を見せることとなった。

それを受け『マルカ』がアル・ケライフィ会長に突撃。「その話はするが、今はその時ではない」とコメントされたが、チャンピオンズリーグ(CL)の組み合わせ抽選会の終了後にコメント。クラブのスタンスは変わらないと語った。

「クラブのスタンスは明確で、何も変わっていない。全てが同じままだ。我々はそれを変えることもないし、繰り返して話すこともない」

また、レオナルドSDの発言についてもコメントし、チームのスタンスを明確にしてくれたと語った。

「我々は何も変わらない。我々の状況や考えていることを議論する上で、レオナルドはとても明確に説明してくれた」

「今でも同じように考えており、これからも変わっていくだろう」

ムバッペを手放す可能性はあるものの、それは条件が満たされた時のみであることを強調したPSG。マドリーが本気でムバッペを今夏獲得するつもりなら、要求する条件を全て飲む必要があるようだ。

なお、もう1人移籍先の候補として浮上していたユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド (36)については「我々は彼を獲得するつもりは全くない」と完全否定。そもそも獲得する意思が全くないことを強調した。


関連ニュース
thumb

フランクフルトがPSGの若手MFディナ・エビンベ獲得へ!

フランクフルトが、パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス人MFエリック・ジュニオル・ディナ・エビンベ(21)の獲得に近づいているようだ。 PSGのアカデミー育ちのディナ・エビンベは2018年にプロ契約を締結。その後、ル・アーヴル、ディジョンへ武者修行に出されると、いずれのクラブでも主力として活躍。 昨シーズンにレンタルバックで復帰を果たすと、レギュラーシーズン開幕前のトロフェ・デ・シャンピオンのリール戦で待望のトップチームデビューを飾った。マウリシオ・ポチェッティーノ前監督の下では公式戦14試合に出場していた。 183cmのボックス・トゥ・ボックス型MFは、本職はセントラルMFも中盤と前線の複数ポジションをこなすユーティリティー性と、攻守両面で質と量をもたらすバランスの良さが高い評価を集めている。 ただ、PSGは今夏にMFヴィティーニャ、MFレナト・サンチェスをすでに確保し、ナポリのMFファビアン・ルイスの獲得にも迫っており、中盤が供給過多の状態。そのため、余剰人員となっている生え抜きMFは売却候補のリストに名を連ねている。 そういった中、『フット・メルカート』など複数のフランスメディアによると、ディナ・エビンベはフランクフルトへの移籍が迫っているという。 両クラブは1000万ユーロ(約13億6700万円)でのクラブ間合意に迫っており、選手自身は2027年までの5年契約を締結する見込みだ。 2022.08.11 16:01 Thu
twitterfacebook
thumb

日本ツアーで印象的だったPSGの若きFW、カリムエンドがレンヌ移籍に迫る

パリ・サンジェルマン(PSG)のU-21フランス代表FWアルノー・カリムエンド(20)がスタッド・レンヌ移籍に迫っているようだ。 PSGのアカデミー育ちで、2020年9月にトップチームデビューのカリムエンド。ここ2シーズンはRCランスに貸し出され、通算65試合21得点6アシストの成績を収めた。 今夏にはPSGに戻り、プレシーズン中の日本ツアーでは川崎フロンターレ戦と浦和レッズ戦でゴールを決めてアピール。だが、売却が囁かれ、去就不透明な状況だった。 移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ記者によると、移籍金2500万ユーロ(約34億2000万円)ほどの完全移籍でクラブ間合意。セルオン条項も付くという。 なお、先のトロフェ・デ・シャンピオンに途中出場していたカリムエンドは11日にもレンヌのメディカルチェックを受ける模様だ。 2022.08.11 12:55 Thu
twitterfacebook
thumb

ニューカッスルがベンフィカの21歳FWに関心、PSGとの争奪戦に発展か

ニューカッスルがベンフィカのU-21ポルトガル代表FWゴンサロ・ラモス(21)に関心を寄せているようだ。 ゴンサロ・ラモスはベンフィカ下部組織出身のストライカー。昨季は公式戦46試合で8得点4アシストを記録し、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝では、アンフィールドでリバプールからゴールをゲット。多くのクラブが関心を寄せる逸材だ。 いち早く交渉に乗り出したのはパリ・サンジェルマン(PSG)。しかし、現時点で合意の道筋は見えていないようだ。そんななか、ポルトガル人ジャーナリストのペドロ・セプルベダ氏によると、ニューカッスルもオファーを提示する見通しだという。 同氏は、ベンフィカは2500万ポンド(約40億円)から取引に応じる姿勢であり、ニューカッスルにはこの額の支払い能力があると主張。イングランド人FWカラム・ウィルソンが負傷しがちなことや、今年1月に加入したニュージーランド代表FWクリス・ウッドの得点ペースに不満を抱いていることから、新たなストライカーの獲得を画策しているようだ。 だが、ファイナンシャル・フェア・プレー規則が懸念材料に。ゴンサロ・ラモスを確保する前に、まずは放出が必要になるかもしれないと考えられている。 2022.08.10 17:59 Wed
twitterfacebook
thumb

ウェストハムがPSGのケーラーにオファー

ウェストハムがパリ・サンジェルマン(PSG)のドイツ代表DFティロ・ケーラー(25)にオファーを提示したようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ウェストハムではセンターバックにケガ人が相次いでおり、DFクレイグ・ドーソン、新加入のDFナイーフ・アゲルドが戦列を離れている。またDFアンジェロ・オグボンナは長期離脱中と、現状本職のセンターバックはDFクルト・ズマのみとなっている。 そこでセンターバックとサイドバックでプレー可能なケーラーに照準を絞ったとのことだ。そのケーラーにはセビージャが獲得に動いていると報じられていたが、ケーラー自身が移籍を否定していた。 なお、2018年夏にPSGがケーラー獲得の際にシャルケに支払った移籍金は3700万ユーロだったが、今季でPSGとの契約が切れるため、現在の市場価値は大きく下がっているものと思われる。 2022.08.09 23:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ローマ加入のワイナルドゥム、決め手はサラーの助言

パリ・サンジェルマンからローマに買い取りオプション付きのレンタルで移籍したオランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥムが加入の決め手について語った。 その中でリバプール時代のチームメートであり、2015年から2017年にかけてローマに在籍したエジプト代表FWモハメド・サラーの助言が大きかったことを明かした。 「もちろん、ローマが僕と契約しようと努力してくれたことが一番だよ。あとはモー(サラー)とケビン(ストロートマン)からクラブとローマの街の雰囲気を聞いた。彼らからは良い話しかなかった。ハキミも同様のことを言っていたね。だから移籍するにあたって躊躇はなかった」 2022.08.09 22:45 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly