レアルで選手登録されないウーデゴール、アーセナル完全移籍が迫る

2021.08.18 10:15 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリーのノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴール(22)に関して、アーセナルに完全移籍することが濃厚のようだ。スペイン『アス』が伝えた。

類稀なる逸材として16歳の2015年1月に母国のストレームスゴトセトからマドリーへと加入したウーデゴール。2017年1月にファーストチームへと昇格するも、なかなか出場機会を得ることができない。

これまでヘーレンフェーン、フィテッセ、レアル・ソシエダとレンタル移籍を繰り返し、2020-21シーズン後半はアーセナルへとレンタル移籍。マドリーでは公式戦11試合にしか出られていないウーデゴールだが、それぞれのクラブでは主軸としてプレーを行ってきた。

今夏、カルロ・アンチェロッティ監督が就任し、自身のクラブでの立ち位置が変わるかもしれないとされていたウーデゴールだが、ラ・リーガの登録メンバーに含まれずに背番号もなしの状況に。厳しい状況となっていた。

そのウーデゴールだが、予てから獲得を希望していたアーセナルが粘り強く交渉。チームでも構想外となっているにも関わらず、最初は売却を拒否されていたが、どうやらその交渉が進んでおり、完全移籍で舞い戻ることが近づいているようだ。

現在ウーデゴールは、チームのトレーニングにも参加しておらず、1人別メニューを行っている状態とのこと。マドリーも、手放すことを決断したと見られている。

その理由の1つは、MFイスコの存在だ。今夏の最優先売却事項でもあったイスコだが、プレシーズンでのパフォーマンスの良さに加え、買い手が全く見つからない状況で難航。そのためウーデゴールを手放すことにしたという。

アーセナルでは公式戦20試合で2ゴール2アシスト。ミケル・アルテタ監督の下で重要な戦力として扱われたウーデゴールは、近々ロンドンの地に舞い戻ることになりそうだ。


関連ニュース
thumb

フリーのウィルシャーにライアン・レイノルズが共同オーナーを務める英5部リーグのクラブが興味

無所属の元イングランド代表MFジャック・ウィルシャーに、ナショナルリーグ(イングランド5部相当)のレクサムFCが興味を持っているようだ。イギリス『フットボール・インサイダー』が報じている。 かつてはアーセナルの至宝と呼ばれていたウィルシャーだが、度重なるケガの影響でキャリアに陰りが生じはじめ、2018年夏に下部組織から過ごしたクラブを退団した。その後はウェストハムに移籍するも、ここでもケガが災いし2年で退団。無所属期間を経て今年1月に加入したボーンマスも、半年間の契約を延長することはなかった。 今夏の間に新天地が見つからなかったガラスの天才は、古巣アーセナルで調整を続けることに。現在もトレーニングに参加しているが、そんな中で5部リーグに所属するレクサムが獲得オファーを試みるようだ。 レクサムはイングランドのリーグに参戦しているウェールズのクラブ。かつて2部リーグに所属したことはあるものの、2007-08シーズンに4部からノンプロリーグの5部に降格。FAカップやEFLカップの最高位は共にベスト8となっている。 なかなか日の目を浴びることのなかった同クラブだが、昨年11月にハリウッドスターのライアン・レイノルズとロブ・マケルヘニーによって買収され大きな話題に。今夏にはサンダーランドやボルトンで指揮を執ったフィル・パーキンソンを監督に招へいしただけでなく、昨シーズンにケンブリッジ・ユナイテッドでリーグ戦46試合で32ゴールを挙げ、リーグ1昇格に貢献したFWポール・マリンを獲得するなど、チーム強化に注力した。 なお、レクサムは現在、リーグ戦では首位と6ポイント差の7位に位置している。ウィルシャーはボーンマス加入の際に「自分が2部でプレーするとは思っても見なかった」と発言していたが、果たして5部リーグでプレーする姿は見られるのだろうか。 2021.12.04 16:10 Sat
twitterfacebook
thumb

「足速い!」数的不利の大ピンチで見せた冨安健洋の読みとブロックに称賛集まる「2人で守り切った」

プレミアリーグ第14節、マンチェスター・ユナイテッドvsアーセナルが2日に行われ、ホームのユナイテッドが3-2で敗戦。アーセナルの日本代表DF冨安健洋はフル出場した。 冨安は右サイドバックとして11試合連続のスタメン出場。ユナイテッドのMFジェイドン・サンチョとマッチアップした。 試合を通して、冨安はサンチョのドリブルに対応していたものの、1点リードで迎えた44分の場面では、サンチョのパスからMFフレッジ、MFブルーノ・フェルナンデスとつながり、同点のゴールを許す。 さらに、2-2の同点で迎えた68分には、1点目のゴールと似たような形から、左サイド深くで溜めたサンチョからのショートパスに反応したフレッジが後方からアーセナルMFマルティン・ウーデゴールにスライディングタックルを受けてPKの判定に。これをFWクリスティアーノ・ロナウドに沈められ、逆転を許すこととなった。 それでも、冨安は最後まで集中を切らさない。 88分、アーセナルのCKの場面でボールが流れ、ユナイテッドはロングカウンターを開始。前がかりになっていたアーセナルは一気にピンチを迎える。 冨安はこれをいち早く察知すると、自陣に向かって最短距離でダッシュ。人数不利の状況を作られるが、サンチョのラストパスを冨安が読み、B・フェルナンデスのシュートを決死のブロックで防いだ。 決まっていればその時点で勝負が決していた場面。結局アーセナルが同点に追いつくことはなかったが、価値あるプレーをDAZNの公式ツイッターが伝えると、ファンも「足速い!」、「(ヌーノ・)タヴァレスと2人で守り切った」、「先読みがすごい」、「最善策を取り続ける素晴らしい守備」と賛辞の言葉を贈っていた。 結果的に自身のサイドから2失点を喫したため、激賞するわけにはいかないが、高評価を与えられる内容だったのではないだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】「足速い!」称賛されるべき冨安健洋決死のブロック</span> <span data-other-div="photo"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br><a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%86%A8%E5%AE%89%E5%81%A5%E6%B4%8B?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#冨安健洋</a><br>さすがのブロックで<br>大ピンチを防ぐ<br>\<br><br>CKからカウンターを受けると<br>数的不利の状況に立たされたが、<br>冷静にB.フェルナンデスのシュートを止めた<br><br>プレミアリーグ第14節<br>マンチェスター・U×アーセナル<br><a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> ハイライト&見逃し配信中<a href="https://twitter.com/hashtag/PremierLeagueDAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#PremierLeagueDAZN</a> <a href="https://t.co/KDihZ5rTAL">pic.twitter.com/KDihZ5rTAL</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1466599602262532098?ref_src=twsrc%5Etfw">December 3, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.12.03 20:40 Fri
twitterfacebook
thumb

ヴィオラ会長からヴラホビッチに目光らすクラブへ 「話はまず我々に」

フィオレンティーナからの移籍が取り沙汰されるセルビア代表FWドゥシャン・ヴラホビッチ(21)だが、クラブの会長が選手に関心を示すクラブに注目しつつ、代理人を批判した。 ストライカーとして大きな飛躍を遂げた昨季に続いて、今季もここまでセリエAトップの12ゴールをマークするヴラホビッチ。公式戦でも16試合で14得点2アシストと昨季以上の輝きを放つが、ひとたびピッチ外に目を向けると、フィオレンティーナのロッコ・コミッソ会長は今年10月に2023年6月末まで残る現行契約の延長交渉決裂を公表した。 選手サイドからの延長拒否が明るみとなり、このままだと来年1月か、来夏の売却も視野に入るフィオレンティーナ。イタリア『スカイ』によれば、フィオレンティーナ会長は『Radio 24』で改めて口を開いたという。 延長交渉の決裂を公表した今年10月から何ら進展がない旨を明かしたコミッソ会長だが、関心が取り沙汰されるユベントスやアーセナルの名を挙げつつ、牽制した。 「ユベントスに行くのか、アーセナルに行くのか、世界のどこに行くのか見当がわからないが、彼というカードの持ち主はフィオレンティーナであると皆に言わせてもらいたい」 「彼がほしいのなら、話は彼の代理人じゃなく、まず我々にだ。私は誰に対してもだが、ヴラホビッチにもいつも滞りなく、支払うものを支払っている。その件は尊重されたい」 また、近年のマーケットでクラブとのパワーバランスがたびたび問題視されるエージェントにもクギ。「私はイタリアのサッカー界を助けたいと思っているが、ここは開拓時代のようなものだ」と持論を展開している。 「10%、20%のコミッションを要求してくる輩もいるが、そんなことをして、どこに辿り着く? FIFA(会長)の(ジャンニ・)インファンティーノは年間で7億ユーロも仲介人に支払われていると言っている。このままじゃダメだ」 「ヴラホビッチを移籍させようとする輩からのプレッシャーがあるが、(今夏にミランからのフリートランスファーでパリ・サンジェルマンに加入したジャンルイジ・)ドンナルンマの何が起こったのかを振り返ってみると良い」 「クラブは機会を授け、その結果を見守るものだが、いい加減にしろと言うべきだ」 2021.12.03 16:55 Fri
twitterfacebook
thumb

アーセナル行きが噂されるバルボサ、代理人が1月の移籍を否定

移籍市場の注目株となっているフラメンゴのブラジル代表FWガブリエウ・バルボサ(25)だが、代理人を務めるジュニオール・ペドロソ氏は移籍に否定的なコメントを残している。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。 2019年1月に加入したフラメンゴで、公式戦122試合84ゴールという際立った成績を残すバルボサ。今季は、先日のコパ・リベルタドーレス決勝で終盤に一時同点に追いつくゴールを挙げるなど、41試合で29ゴールを叩き出した。 母国での活躍から、今年はブラジル代表の常連に食い込み、ワールドカップの予選通過にも貢献。インテルでは10試合1ゴールと振るわなかった男に、再びヨーロッパが注目している。 イングランド方面ではアーセナルやニューカッスルからの関心が伝えられているが、ペドロソ氏はバルボサがフラメンゴで満足していると主張し、1月の移籍の可能性を否定した。 「彼はフラメンゴでプレーすることに強くフォーカスしている。このクラブで幸せだからだ」 「現時点でプレミアリーグやその他リーグからの関心は全くない」 2021.12.03 15:22 Fri
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドがキャリア800得点の大台に! 2発アーセナル戦後のSNSに心境&決意記す

マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがキャリア通算800ゴールの大台に乗せた。 ユナイテッドは2日に本拠地で行われたプレミアリーグ第14節でアーセナルと対戦。GKダビド・デ・ヘアとMFフレッジの交錯から先制を許す思わぬ展開を強いられてしまったが、前半のうちに追いつくと、3-2で逆転勝ちした。 そんな逆転劇の立役者になったのが2試合ぶりに先発したC・ロナウド。1-1の52分にFWマーカス・ラッシュフォードからの折り返しにゴール前で合わせると、PKのチャンスを獲得した2-2の70分にボールを真正面に蹴り込んだ。 リーグ4試合ぶりの一発となるこの試合の1ゴール目はデータ集計サイト『Opta』によると、クラブと代表をあわせたキャリア通算800得点目に。チームの勝利を手繰り寄せる2発目でキャリア通算ゴール数を「801」に伸ばした。 内訳はスポルティング・リスボンで「5」、レアル・マドリーで「450」、ユベントスで「101」、ポルトガル代表で「115」、そしてユナイテッドで「130」。今季はここまで公式戦17試合の出場で12得点2アシストを記録している。 アーセナル戦ではさすがの決定力や勝負強さだけでなく、ここ最近にわたり、意識の低さが議論を呼ぶ守備面でもプレッシングに率先する姿も顕著だったC・ロナウド。その姿勢はスタンドから観戦したラルフ・ラングニック新監督の目にどう映ったか。 なお、C・ロナウドは試合後、自身のSNSを更新。アーセナル戦での勝利を受けての心境を綴っている。 「僕らのマインドはすでに次の試合に向けられ、祝っている暇なんてない! 今日の勝利は軌道に乗るために大事だったが、目的地までまだまだ長い道のりだ…。とはいえ、チームメイト全員を祝福する。今夜のメンタリティは素晴らしかった! そしてサポーターのみんなにも特別な感謝の気持ちを伝えたい」 2021.12.03 12:17 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly