サッスオーロ、五輪金メダリストのマテウス・エンリケらグレミオから2選手獲得!

2021.08.12 13:32 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッスオーロは11日、グレミオからU-24ブラジル代表MFマテウス・エンリケ(23)、ブラジル人DFルアン(22)の2選手の獲得を発表した。

母国のサンカエターノでプロキャリアをスタートしたマテウス・エンリケは、2017年にグレミオにレンタル移籍で加入。その翌年に完全移籍に切り替わると、ここまで公式戦112試合に出場し8ゴール3アシストを記録している。

175cmと上背には恵まれていないものの、同じグレミオ出身でユベントスでプレーする同胞MFアルトゥールメロやパリ・サンジェルマンのイタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティを彷彿とさせる万能型MFとして国内では高い評価を集めてきた。

なお、ユベントス移籍が濃厚と見られるイタリア代表MFマヌエル・ロカテッリ(23)の後釜と目される東京オリンピックの金メダリストは、買い取り義務付きの1年間のレンタル移籍での加入となる。

一方、グレミオの下部組織出身のルアンは187cmのセンターバック。2017年にトップチームデビューを飾ると、ここまで公式戦36試合に出場している。

サッスオーロへは完全移籍での加入となるが、今シーズンいっぱいはレンタルバックという形でグレミオに残留することになり、正式加入は2022年1月となる。


関連ニュース
thumb

アタランタがジェレミー・ボガ獲得に迫る! 個人間で原則合意

アタランタがサッスオーロのコートジボワール代表FWジェレミー・ボガ(24)の獲得に近づいているようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのニコロ・スキラ氏が報じている。 サッスオーロとの現行契約が今シーズン終了までとなっているボガに関しては、今夏のタイミングでの移籍の可能性が決定的と見られていたが、最終的に残留が確定。 しかし、依然として移籍を希望する同選手に対しては、昨季までサッスオーロを率いていたロベルト・デ・ゼルビ監督率いるシャフタール・ドネツク、同じく移籍先候補に挙がっていたアタランタが熱視線を注いでいた。 スキラ氏が報じるところによれば、アタランタとボガは2026年までの契約で原則合意。ただ、アタランタとサッスオーロのクラブ間での合意には至っていないという。 サッスオーロはボガの移籍金を2000万ユーロ(約25億5000万円)に設定しており、選手の譲渡ではなくキャッシュのみのオファー以外受け入れる気はないようだ。 マルセイユ出身でチェルシーアカデミー育ちのボガは、スタッド・レンヌ、グラナダ、バーミンガムでの武者修行を経て、2018年夏にサッスオーロへ完全移籍した。 サッスオーロでは左ウイングを主戦場に、ここまで公式戦99試合に出場し、18ゴール10アシストを記録。爆発的な加速力と当たり負けしない体幹の強さを武器に、セリエA屈指のドリブラーとして評価を高めている。 2021.12.07 22:50 Tue
twitterfacebook
thumb

ナポリが2点のリードを守れずサッスオーロにドロー、あわや逆転負けも…《セリエA》

ナポリは1日、セリエA第15節でサッスオーロとのアウェイ戦に臨み、2-2で引き分けた。 前節ラツィオ戦を4-0と完勝した首位ナポリは、ラツィオ戦と同様のスタメンで臨んだ。 前節ミランを下した12位サッスオーロ(勝ち点18)に対し、最前線にメルテンス、2列目に右からロサーノ、ジエリンスキ、インシーニェと並べたナポリがやや押し込む展開で推移する。 しかし21分にピンチ。ベラルディにボックス中央から決定的なシュートを許したが、GKオスピナが好守で阻止した。 凌いだナポリは27分、インシーニェがゴールに迫るも、前半を通しての決定機はこの場面のみで前半をゴールレスで終えた。 後半からインシーニェに代えてエルマスを投入したナポリは51分に均衡を破る。高い位置でボールを奪った流れから、ジエリンスキのパスを受けたペナルティアーク中央のファビアン・ルイスがゴール右へシュートを蹴り込んだ。 さらに60分、ナポリがリードを広げる。ジエリンスキの浮き球パスをボックス右で受けたメルテンスがゴールへ流し込んだ。 リードを2点に広げたナポリはメルテンスと股関節を痛めたファビアン・ルイスを下げてペターニャとポリターノを投入。 しかし72分、ファインゴールを許して1点差とされる。左サイドからのクロスを胸トラップで収めたスカマッカに強烈なボレーシュートを叩き込まれた。 そして終盤にかけてもサッスオーロに押し込まれたナポリは89分に追いつかれる。ベラルディのFKからフェッラーリにヘディングシュートを決められた。 さらに試合終了間際、デフレルにネットを揺らされたナポリだったが、その前にベラルディにファウルがあったと判定され、ノーゴールに。助かったナポリは辛くも勝ち点1を獲得し、首位をキープしている。 2021.12.02 06:51 Thu
twitterfacebook
thumb

時速何キロ ? まばたき厳禁! 目にも留まらぬ完璧コースのミドルにGKも見送るしかできない

目にも留まらぬとは言ったものだが、本当に見えないシュートもあるようだ。 そんなシュートが生まれたのは、28日に行われたセリエA第14節のミランvsサッスオーロの一戦だ。 ここまでわずか1敗でセリエA首位のナポリと勝ち点で並ぶミランと、勝ち点15で中位に位置するサッスオーロの一戦。試合はミランが21分にアレッシオ・ロマニョーリのゴールで先制する。 先制したことでミランが主導権を握っていく展開になるかと思われたが、24分に衝撃のゴールが生まれる。 ミランのビルドアップを相手陣内でカットしたサッスオーロ。するとバイタルエリアで縦パスを受けたジャンルカ・スカマッカがターンしてシュートモーションに入る。 やや距離のある位置からのミドルシュートということもあり、ミランのGKマイク・メニャンもセービングの準備を整えた中、スカマッカが右足を振り抜くと、ありえないスピードのシュートがやや外から巻いてゴール右上のネットに突き刺さることに。メニャンはただ見送るしかできず、全く反応できない高速シュートとなった。 まさに、目にも留まらぬスピードでネットを揺らしたシュートには称賛の声が。サッスオーロはこれで勢いに乗ったのか、その後2点を奪い、1-3で勝利。ミランは今季2敗目となった。 <span class="paragraph-title">【動画】まばたき厳禁!目にも留まらぬスカマッカの弾丸ミドル!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="Zue8vYV-fx4";var video_start = 26;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.11.29 21:45 Mon
twitterfacebook
thumb

ミランがサッスオーロに逆転負けで2連敗、ロマニョーリは先制弾も退場《セリエA》

ミランは28日、セリエA第14節でサッスオーロをホームに迎え、1-3で敗れた。 前節フィオレンティーナに3-4と打ち負けてリーグ初黒星を喫した2位ミラン(勝ち点32)は、4日前に行われたチャンピオンズリーグのアトレティコ・マドリー戦では1-0と勝利して決勝トーナメント進出の望みをつなげた。そのアトレティコ戦のスタメンから6選手を変更。正GKのメニャンが10月3日以来のスタメンとなった。 13位サッスオーロ(勝ち点15)に対し、イブラヒモビッチを最前線に、2列目に右からサーレマーケルス、ブラヒム・ディアス、レオンと並べたミランが立ち上がりから攻勢に出る。 すると21分、勢いそのままに押し切る。左CKからテオ・エルナンデスのクロスをロマニョーリがヘッドで流し込んだ。 しかし3分後、スーパーゴールによって同点とされてしまう。ゴール正面からスカマッカに強烈なミドルシュートを叩き込まれた。 さらに33分、ミランは一気に逆転される。CKの流れからスカマッカにルーズボールを蹴り込まれると、GKメニャンがセーブするもルーズボールがケアーに当たってゴールに吸い込まれた。 36分にもラスパドーリのコントロールシュートでゴールを脅かされたミランはハーフタイムにかけてはサッスオーロにポゼッションでも上回れ、主導権を奪われて前半を終えた。 迎えた後半、ミランはアトレティコ戦で劇的ゴールを挙げたメシアスを投入。そのミランが前がかる展開で推移するも、66分に3失点目を喫してしまう。 ケシエのボールロストからショートカウンターを受け、最後はベラルディに決められた。厳しいミランは77分、デフレルの突破を止めたロマニョーリに一発レッドが提示され、万事休す。痛い2連敗となった。 2021.11.29 01:13 Mon
twitterfacebook
thumb

イタリア代表、サッスオーロDFフェッラーリを追加招集

サッスオーロのDFジャン・マルコ・フェッラーリがイタリア代表に追加招集されるようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 合流は本日行われるスイス代表戦後とのことで、15日に行われるカタール・ワールドカップ欧州予選最終節の北アイルランド代表戦に帯同する模様だ。 イタリア代表として1試合の出場歴を持つフェッラーリは、サッスオーロで不動のレギュラーセンターバックとして今季ここまでのセリエAでフルタイム出場を続けている。 2021.11.12 23:45 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly