アストン・ビラ、レバークーゼンのジャマイカ代表FWベイリーの獲得で合意

2021.08.01 00:50 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アストン・ビラは7月31日、レバークーゼンのジャマイカ代表FWレオン・ベイリー(23)の獲得で合意に達したことを発表した。ドイツ『キッカー』によれば移籍金は3000万ユーロ(約39億円)、ボーナスが500万ユーロ(約6億5000万円)とのことだ。

ベイリーは2017年1月にヘンクからレバークーゼンに移籍。以降、公式戦156試合に出場し39ゴール26アシストを記録して、主力として活躍していた。

アストン・ビラでは今夏、クラブ記録の移籍金3300万ポンド(約50億3000万円)でアルゼンチン人MFエミリアーノ・ブエンディアを射止めたが、シンボルプレーヤーのイングランド代表MFジャック・グリーリッシュにマンチュエスター・シティへの移籍が囁かれている。


関連ニュース
thumb

プレミアリーグ、代表参加敢行の南米勢が18日に帰国へ

先のインターナショナルマッチウィークにおいて、原則禁止されていた南米渡航を敢行したプレミアリーグの選手たちの復帰目処が立ったようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 コロナ禍による入国時の規制を避けるため、9月上旬のインターナショナルマッチウィークでは南米を中心に所属選手の代表派遣を拒否する姿勢をとっていたプレミアリーグ。ところが、一部の選手がクラブに無断で代表に参加していた上、滞在歴に関して虚偽の申告をしたとして問題に挙げられていた。 その結果、5日に開催されたカタール・ワールドカップ南米予選のブラジル代表vsアルゼンチン代表が、開催地ブラジルの国家衛生監督庁の介入により、開始6分で中断する事態に陥っていた。 当該選手は、共にトッテナム所属のMFジオバニ・ロ・チェルソとDFクリスティアン・ロメロ、およびGKエミリアーノ・マルティネスとMFエミリアーノ・ブエンディアのアストン・ビラ所属2名を含む、アルゼンチン代表4名だ。 この4選手はブラジル戦が中止となった後、イギリス入国の際の隔離義務を避けるため、同国でグリーンリスト国に指定されているクロアチアを経由することに。ブラジルから直接イギリスに入国した場合、10日間のホテル隔離が必要となるが、クロアチアではイギリスほど強い規制を敷いていないため、バブル方式であればトレーニングも認められていた。 そして、『スカイ・スポーツ』によると、彼らは10日間のクロアチア滞在を終え、18日にイギリスへ戻る予定のようだ。上述のように、クロアチアはイギリスから見てグリーンリスト国のため、隔離措置を取ることなく直ちにチームに合流可能。週末のリーグ戦から出場できる見込みだ。 なお、代表参加を許可していたアストン・ビラと違い、トッテナムではコロンビア代表DFダビンソン・サンチェスも含めた3名は無断での参加だったため、クラブから何らかの制裁が科せられる模様。D・サンチェスもまた、上記4名と共にクロアチアで10日間の隔離措置を受けている。 2021.09.17 21:55 Fri
twitterfacebook
thumb

好調の裏でチェルシーファンが愚行…アストン・ビラMFへの差別発言でクラブが全面調査

チェルシーの一部ファンがアストン・ビラ戦で愚行を働いていた。 チェルシーは11日、プレミアリーグ第4節でアストン・ビラと対戦。ロメル・ルカクの2ゴール、マテオ・コバチッチのゴールで3-0と快勝を収めていた。 開幕から4戦負けなし、勝ち点10で首位と並んでいるチェルシー。好調なチームに水を差したのはファンの愚行だった。 チェルシーは13日に声明を発表。SNSで出回っているファンの問題動画について言及した。 「土曜日にスタンフォード・ブリッジのファンの中で、ある人物が宗派を超えた罵詈雑言を吐いている様子を撮影したビデオが、ソーシャルメディア上に出回っていることを認識しています」 「チェルシーは、あらゆる種類の差別的な行動を完全に容認できないと考えており、使用された言葉を非難します」 「クラブは関係者の特定に努めており、その人物に対して可能な限り、強い措置を講じる予定です。グラウンドのそのエリアにいたサポーターの方で、クラブの調査に役立つ情報をお持ちの方は差別通報ラインを通じてクラブへご連絡ください」 問題の動画は、アストン・ビラのスコットランド代表MFジョン・マッギンに対して、宗派に関わる差別発言がなされていた。 被害者でもあるアストン・ビラも声明を発表。チェルシーの対応に感謝した。 「アストン・ビラは、友人でもあるチェルシーがスタンフォード・ブリッジでのジョン・マッギンに向けられた差別を非難し、犯人を特定するための調査をスタートするという、迅速で断固とした行動に感謝します」 「アストン・ビラはこの調査を全面的にサポートします。両クラブとも、我々のスタジアムで発生したいかなる形態の差別に対して、ゼロ・トレランス(一切の行為も許さず処分を下すこと)のスタンスを持っている」 2021.09.14 10:47 Tue
twitterfacebook
thumb

ルカク2発にコバチッチ&メンディが躍動! チェルシーがビラ撃破で今季3勝目《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第4節、チェルシーvsアストン・ビラが11日にスタンフォード・ブリッジで行われ、ホームのチェルシーが3-0で勝利した。 インターナショナルマッチウィーク前に行われたリバプール戦を数的不利を背負いながらも1-1のドローで終えたチェルシー。これで開幕からの連勝はストップしたトゥヘル率いるチームは、今夏積極補強を敢行したビラ相手に仕切り直しの白星を目指した。 リバプール戦からは先発6人を変更。チャロバーやチアゴ・シウバ、ハドソン=オドイに、ブルーズデビューのサウールと、チャンピオンズリーグ(CL)初戦のゼニト戦を意識した布陣となった。 立ち上がりから地の利を生かしたチェルシーが押し込む入りを見せる。早い時間帯の先制点とはならなかったが、徐々に押し返され始めた10分過ぎに個の力でゴールをこじ開ける。 15分、自陣中央で相手2枚を一気にドリブルで剥がしたコバチッチが前線で背後を狙うルカクへ完璧なミドルスルーパスを通す。そのままボックス左に持ち込んだルカクは深い切り返しでDFを先に滑らせると、利き足とは逆の右足のシュートを流し込み、待望のホーム初ゴールとした。 一方、敵地で先制を許したビラだが、士気を落とすことなく反発力を見せる。前からボールを追ってホームチームのミスを誘い、攻勢に転じていくと、23分にはボックス内でマッギンのパスを受けたワトキンスがGKメンディをかわしてシュートを放つが、これはDFチアゴ・シウバの決死のブロックに遭う。 さらに、完全に相手を押し込んだ中で30分過ぎにはセットプレーの流れからミングス、コンサとセンターバック2枚が決定的なシュートを放つが、ここはGKメンディの驚異的な連続セーブに阻まれた。 メンディの再三の好守に救われて辛くも1点リードで試合を折り返したチェルシーは、攻守に精彩を欠くほろ苦いデビュー戦となったサウールを下げてジョルジーニョをハーフタイム明けに投入。 すると、後半立ち上がりに意外な形から貴重な追加点が生まれる。49分、前線で仕掛けたルカクが一度ボールを失うも、DFミングスにプレッシャーをかけたコバチッチがバックパスのミスを誘うと、慌てて飛び出したGKより先にボールをかっさらって冷静にシュートを流し込んだ。 相手の一瞬の隙を見逃さず、より試合を優位に運ぶチェルシー。サウールからジョルジーニョへの変更によって中盤のバタつきも改善され、ここから冷静にゲームをコントロール。 一方、前半のように押し込む形を作れないビラだが、イングスに替えて投入した古巣対戦のトラオレらの個人技によって要所で決定機を創出。とりわけ、前半から優位性を保つセットプレーでコンサやミングスが良い形でフィニッシュまで持ち込むが、GKメンディの再三の好守に阻まれる。 その後、アスピリクエタに続きヴェルナーを投入し、相手の攻撃を受け止めながらも冷静に時計を進めるチェルシーは、試合終了間際の93分には右サイドで高い位置を取ったアスピリクエタからペナルティアーク付近でパスを受けたルカクが左足の強烈なシュートをゴール左上隅に突き刺し、勝利を決定づける3点目とした。 試合を通した決定機の数は相手に上回られるも、決定力と守護神メンディの奮闘が光ったチェルシーが、終わってみれば3-0の完勝で今季3勝目を手にした。 2021.09.12 03:28 Sun
twitterfacebook
thumb

チェルシー新加入のサウール、トゥヘルがビラ戦出場を示唆「間違いなくプレーできる」

アストン・ビラ戦を控えるチェルシーのトーマス・トゥヘル監督が、新加入のMFサウール・ニゲスの出場を示唆した。クラブ公式サイトがコメントを伝えている。 今夏の移籍市場最終日にアトレティコ・マドリーからのレンタル加入が決まったサウール。直後にインターナショナルマッチウィークに入ったため、デビューまで2週間の準備期間があった中、プレミアリーグ第4節のアストン・ビラ戦を11日に迎えることになった。 トゥヘル監督は、この2週間でのサウールの印象を語ると共に、ビラ戦に出場する可能性は大いにあると明言した。 「サウールは2週間前から我々と共に過ごし、最高水準のプレーを見せている。イメージもかなりはっきりしているよ」 「チェルシーは何年も彼を追いかけていた。彼らはスカウティングに関して専門知識を持っていて、彼に関するレポートも豊富にある。私もまた、彼のことはよく知っているよ」 「マルコス・アロンソやケパがいるため、ここにすぐ適応できた。このチームにも容易かつスムーズに歓迎できた。だから彼はスカッド入りしているのだ」 「クオリティ、専門的知見、経験、その全てが揃っているため、サウールは間違いなくプレーできるはずだ」 2021.09.11 16:56 Sat
twitterfacebook
thumb

渦中のロ・チェルソとロメロ、トッテナムから懲戒処分か…隔離措置のため週末のリーグ戦には出場できず

新型コロナウイルスに関する規則違反があったとして問題視されているアルゼンチン代表のMFジオバニ・ロ・チェルソとDFクリスティアン・ロメロだが、所属先のトッテナムから処分を受ける可能性があるようだ。イギリス『ガーディアン』が伝えている。 両選手は、今回のインターナショナルマッチウィークにおいてアルゼンチン代表の招集を受け、カタール・ワールドカップの南米予選に参加していた。イングランドでは入国時の規制が厳しく敷かれており、政府が定めるレッドリスト国からの入国者に対しては10日間の隔離期間が設けられるため、その間に所属選手が出場不可となることを嫌ったプレミアリーグクラブは、満場一致で今回の選手派遣を拒否する姿勢をとっていた。 それでも代表参加を敢行したロ・チェルソとロメロは、5日に予定されていたブラジル代表戦のためサンパウロに到着した際、過去2週間にイギリスに滞在していないという虚偽の申告をしたと各メディアに報じられた。ブラジルでは、入国までの2週間以内にイギリスの滞在歴がある場合、14日間の隔離措置を取らなければならない規則となっている。 そんな中で行われたブラジル代表vsアルゼンチン代表の大一番。しかし、キックオフ直後に突然ブラジル保健当局のスタッフが介入し、即時中断を要請。上記2選手に加え、アストン・ビラ所属のGKエミリアーノ・マルティネスとMFエミリアーノ・ブエンディアの2名も虚偽申告をしていたとして、このままの続行は認められないということを主張しての行動だった。 結局、試合はその場で中断が決定。異例のドタバタ劇で多くのフットボールファンを混乱、失望させる最悪の結末を迎えることになった。 『ガーディアン』によれば、トッテナムはロ・チェルソとロメロに対して代表参加の許可を与えていなかったようで、クラブとしては命令を無視するという看過できない事態。代理人を通じた相談もなかったため、厳しい処分を受ける可能性が高いと伝えられている。また、両選手同様に許可なくコロンビア代表に合流したDFダビンソン・サンチェスも処分を受ける見込みだ。 なお、ロ・チェルソ、ロメロ、E・マルティネス、ブエンディア、そしてD・サンチェスの5名は、イギリス入国の際の10日間の隔離期間を避けるため、グリーンリスト国であるクロアチアを経由する模様。そこでフォットネスを整え、各クラブに戻る予定のようだ。 トッテナムの3選手に関しては、11日に行われるプレミアリーグ第4節のクリスタル・パレス戦の欠場は濃厚。一方のアストン・ビラも、同日開催のチェルシー戦に主力2選手が起用できない事態となってしまっている。 2021.09.07 20:01 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly