タイトルを狙うライプツィヒ、マーシュ新監督はチームに自信「一緒に楽しい時間を過ごせるはず」

2021.07.30 17:17 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
RBライプツィヒのジェシー・マーシュ監督が、チームのスカッドの充実ぶりを誇った。ドイツ『キッカー』が伝えている。

ライプツィヒは2019年夏からチームで指揮を執っていたユリアン・ナーゲルスマン監督が、バイエルンに引き抜かれる形で退任。後任として、ザルツブルクで指揮を執っていたマーシュ監督の就任を4月に発表した。

かつてライプツィヒを率いたラルフ・ラングニック氏の下でアシスタントコーチを務めた経歴を持っているマーシュ監督には、ブンデスリーガ2位、チャンピオンズリーグ(CL)ベスト16、DFBポカール準優勝に終わった昨季以上の成績が期待されている。

マーシュ監督も、ドイツ『Mitteldeutsche Zeitung』のインタビューに応じた際、昨季ブンデスリーガで28ゴールを記録したフランクフルトのポルトガル代表FWアンドレ・シウバを獲得するなどして、戦力アップしたチームには自信を持っているとコメント。質も層も向上したチームを、上手く導きたいと意気込んだ。

「我々はおそらく、リーグで最も幅広い質を備えたチームだと思う。基本的に、ブンデスリーガでは2チームを編成することができるだろう。私がチームの可能性を十分に引き出すことができれば、一緒に楽しい時間を過ごせるはずだ」

また、マーシュ監督はインタビューの中で、チームには現在アンドレ・シウバだけでなくデンマーク代表FWユスフ・ポウルセン、ノルウェー代表FWアレクサンデル・セルロート、韓国代表FWファン・ヒチャン、U-21オランダ代表FWブライアン・ブロビーと5人のストライカーがいることに言及。2トップを採用するチームでストライカーの数が多過ぎるという声もあるが、適切なターンオーバーは可能だと強調している。

「ストライカーが4人いれば、すべてのポジションをバックアップできる。(選手の出場時間については)解決策が見つかるはずだ。特に今は5人の交代が許されているのだから、ベンチに座る選手の力が必要とされており、皆がチャンスを得られるだろう」


関連ニュース
thumb

RBライプツィヒ、在籍5年のカンプルと2024年まで契約延長!

RBライプツィヒは17日、元スロベニア代表MFケビン・カンプル(31)との契約を2024年6月30日まで延長したことを発表した。 2017年にレバークーゼンから加入したカンプルは、在籍5シーズンでクラブ歴代9位となる公式戦170試合に出場。今シーズンはセントラルMFで公式戦39試合に出場し、質と量を兼ね備えた気の利くプレーで若手中心のチームを支えてきた。 21日にフライブルクとのDFBポカール決勝を控える中、クラブとの新契約にサインした31歳MFはクラブ公式サイトを通じて新たな意気込みを口にしている。 「RBライプツィヒは僕のクラブであり、ライプツィヒは僕の街であり、僕と家族にとって長い間、第二の故郷のようになったんだ。2017年からここで素晴らしい成功を収め、さらに歴史を刻み続けるこの場所に居られることを誇りに思う」 「今はベルリンで3度目のポカール決勝という大一番が控えているけど、今度はライプツィヒにトロフィーを持ち帰りたい。ファンのみんなにはその資格がある。決勝の前に新しい契約を発表できたことは、より素晴らしいことだし、これからも一緒にこの旅を続けていくことを示すものだよ」 2022.05.17 22:17 Tue
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒMFエンクンクが2021-22シーズンのブンデスリーガ最優秀選手賞を受賞!

RBライプツィヒのフランス代表MFクリストファー・エンクンク(24)が、2021-22シーズンのブンデスリーガ最優秀選手賞に選ばれた。ブンデスリーガが16日に公式サイトで発表した。 2019年7月にパリ・サンジェルマン(PSG)からRBライプツィヒに加入して3シーズン目を迎えたエンクンクは、今シーズン得点能力が大きく開花。リーグ戦ここまで33試合すべてに出場して19得点を挙げているほか、チャンピオンズリーグ(CL)では、グループステージ第1節のマンチェスター・シティ戦でのハットトリックを含む計7得点を記録。公式戦通算では34得点を挙げていた。 今シーズン前半戦、出遅れたライプツィヒだったが、12月に就任したドメニコ・テデスコ監督の下で復調。シーズン後半戦は11勝3分3敗の好成績でブンデスリーガで4位に滑り込み、4季連続でチャンピオンズリーグ出場権を獲得していた。 最優秀選手賞に輝いたエンクンクは自身のインスタグラムで、「ブンデスリーガの最優秀選手賞を受賞できたことは、本当に光栄なことだ。クラブとファンの皆さんのおかげで、このような結果を残すことができたと思っているよ」とコメントしている。 2022.05.17 01:50 Tue
twitterfacebook
thumb

4季連続CL出場ライプツィヒ、カンプルとハルステンベルクが契約延長へ

ライプツィヒのスロベニア代表MFケビン・カンプル(31)とドイツ代表DFマルツェル・ハルステンベルク(30)が、21日に行われるDFBポカール決勝フライブルク戦後に契約延長するようだ。ドイツ『キッカー』が報じている。 2023年6月まで契約があるカンプルは今季、ボランチの主力として公式戦39試合に出場。一方、今季までの契約となっていたハルステンベルクはヒザの負傷により今年3月まで戦列を離れていた中、復帰後は3バックの左を担当し、公式戦14試合に出場していた。 シーズン前半戦、出遅れたライプツィヒだったが、12月に就任したドメニコ・テデスコ監督の下で復調。ブンデスリーガで4位に滑り込み、4季連続でチャンピオンズリーグ出場権を獲得している。 2022.05.17 01:00 Tue
twitterfacebook
thumb

奥川フル出場で先制弾演出もビーレフェルト無念の降格、ライプツィヒは4季連続CL出場《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ最終節、ビーレフェルトvsライプツィヒが14日に行われ、1-1で引き分けた。ビーレフェルトのMF奥川雅也はフル出場している。 前節ボーフムに競り負け、16位シュツットガルトとの得失点差から実質降格の決まった17位ビーレフェルト(勝ち点27)は奥川が[4-3-3]の右インサイドMFの位置で先発となった。 一方、アウグスブルクに4発快勝としてチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位返り咲きとしたライプツィヒ(勝ち点57)。5位フライブルクとの勝ち点差を2とし、得失点差の関係から引き分けでCL出場権獲得となる中、[3-4-3]で臨み3トップにシック、エンクンク、フォルスベリを並べた。 互角の攻防で立ち上がった中、ライプツィヒは13分に絶好機。フォルスベリのスルーパスでボックス左に侵入したエンクンクがGKをかわして放ったシュートが左ポストに直撃した。 ここから攻勢を強めたライプツィヒは34分にも決定機。アンドレ・シウバのラストパスを受けたボックス左のエンクンクがシュート。しかしGKオルテガにセーブされ、前半をゴールレスで終えた。 迎えた後半もライプツィヒが押し込む流れが続いたが、70分にビーレフェルトが先制する。ボックス右の奥川がヒールパスを送ると、これを受けたハックのシュートはGKグラーチにセーブされるもルーズボールをセッラが押し込んだ。 続く72分、奥川に追加点のチャンス。ディフェンスライン裏に抜け出してボックス中央まで侵入。シュートに持ち込んだが、わずかに枠の右に外れた。 終盤にかけて攻勢に出るライプツィヒは83分、アンドレ・シウバ、エンクンクが立て続けに決定的なシュートを放つも前者はGKオルテガに、後者はニルソンの好ブロックに阻まれた。 それでも追加タイム3分、ライプツィヒが追いつく。ショボスライのFKからオルバンのヘディングシュートが決まった。このまま1-1でタイムアップを迎え、ライプツィヒが4位を死守し4季連続のCL出場としている。 一方、敗れたビーレフェルトは2年で2部降格となった。 2022.05.15 00:40 Sun
twitterfacebook
thumb

フランス代表MFエンクンクの争奪戦にミランも参戦か? 約80億円が必要とも

今夏の移籍市場でビッグクラブの関心を集めるフランス代表MFクリストファー・エンクンク(24)の争奪戦にミランも参戦するようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 2019年7月にパリ・サンジェルマン(PSG)からRBライプツィヒに加入して3シーズン目を迎える24歳のエンクンクは、今シーズン得点能力が大きく開花。リーグ戦ここまで33試合すべてに出場して19得点を挙げているほか、チャンピオンズリーグ(CL)では、グループステージ第1節のマンチェスター・シティ戦でのハットトリックを含む計7得点を記録。公式戦通算では34得点を記録している。 すでにマンチェスター・ユナイテッドやチェルシー、アーセナル、古巣のPSGなどが関心を示しているが、フランス『レキップ』の情報では、ミランは来シーズンのスカッドにエンクンクを加え、CLの舞台でより競争力のあるチームを構築したいと考えているようだ。 エンクンクとライプツィヒの契約は2024年夏までとなっており、現在までに契約延長の話し合いは行われていない模様。だが、ライプツィヒは今夏に売却する意思はなく、ミラン側も正式なオファーには至っていないとみられている。 『カルチョメルカート』によれば、ライプツィヒを納得させるためには、6000万ユーロ(約80億円)のオファーが必要とのこと。ミランはバーレーンの金融サービス会社である「インベストコープ」による買収話が進んでおり、多額の資金を手にすることが見込まれているため、巨額オファーも出せる可能性が高い。 3月にはフランス代表デビューも飾り、今や飛ぶ鳥を落とす勢いのエンクンク。果たして、今夏彼を射止めるクラブは現れるのだろうか。 2022.05.12 18:54 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly