ハマーズのスラビア・プラハ&チェコ化進む? 2選手に関心

2021.07.29 20:44 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウェストハムがスラビア・プラハ&チェコ化を進めているようだ。

昨シーズンのプレミアリーグを5位でフィニッシュし、ヨーロッパリーグ(EL)出場権を獲得したハマーズ。その大きな原動力となったのが、チェコ代表の主力2選手だ。

昨年1月末にスラビア・プラハから加入したMFトマシュ・ソウチェクは、デイビッド・モイーズ監督の“新たなフェライニ”として攻守両面で強度の高いプレーをみせ、主力MFに定着。

また、同年10月に同じくスラビア・プラハから獲得したDFヴラディーミル・ツォウファルは右サイドバック、ウイングバックを主戦場に、こちらも攻守両面で印象的なパフォーマンスを披露していた。

そして、チェコ人選手の能力の高さ、スラビア・プラハの慧眼を高く評価するクラブは、今夏の移籍市場でも同じアプローチでの補強を画策しているようだ。

イギリス『テレグラフ』が伝えるところによれば、ハマーズは今年1月から興味を示していたスラビア・プラハのセネガル代表FWアブダラー・シマ(20)、スパルタク・モスクワのチェコ代表MFアレックス・クラル(23)の2選手の獲得に動いているという。

シマは右ウイングを主戦場とする188cmの大型アタッカーで、昨シーズンの公式戦では39試合20ゴール8アシストの数字を残していた。圧倒的な身体能力を生かした打開力と得点感覚に大きな伸びしろを残す逸材だ。

一方、チェコ代表として23キャップを刻むクラルは守備的MFとセンターバックを主戦場に強度の高い守備と、安定したボール捌きが売りの有望株だ。

ハマーズに関してはイングランド人FWジャロッド・ボーエン、イングランド代表MFデクラン・ライスという2人の主力に流出の可能性があり、奇しくも前述の2選手とは同じポジションだ。

仮に、ボーエン、ライスを手放す場合、ハマーズのスラビア・プラハ、チェコ化が進むかもしれない。

関連ニュース
thumb

イタリア代表FWベロッティはローマへ? ザニオーロ放出なら本格交渉スタートか

トリノとの契約が満了となったイタリア代表FWアンドレア・ベロッティ(28)に対し、ローマが関心を強めているようだ。 2015年夏からトリノに在籍していたベロッティは、2016-17シーズンにセリエAで26得点を挙げて一気にブレイク。以来、移籍市場が開くたびにビッグクラブ行きが噂されてきたが、幾度も残留を繰り返していた。 だが、とうとう先月30日付で契約満了で退団が決定。現役イタリア代表選手をフリーで獲得できるチャンスとあって、数多のクラブが関心を寄せているが、ここにきてローマ移籍の可能性が徐々に高まっているようだ。 イタリア『TuttoMercatoWeb』によると、ローマのジョゼ・モウリーニョ監督は、イタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(23)のユベントス行きが決定した場合は、その後釜としてベロッティを迎え入れたい考え。イングランド代表FWタミー・エイブラハムとベロッティによる2トップを望んでいるとみられている。 あくまでザニオーロを放出した場合のみとのことだが、ザニオーロはすでにユベントスと個人間合意に至ったと報じられているため、交渉に本腰を入れる可能性は極めて高いと言える。 ローマの他には、ウェストハムやモナコ、ガラタサライ、フェネルバフチェからの関心が強いとされるベロッティだが、選手本人の優先順位はセリエA残留とのこと。イタリア国内でもその去就には大きな注目が集まっている。 2022.07.05 18:34 Tue
twitterfacebook
thumb

ウェストハムがメーレの獲得を熱望、アタランタは25億円を要求か

ウェストハムが、アタランタのデンマーク代表DFヨアキム・メーレ(25)獲得に関心を示しているようだ。 2021年1月にベルギーのKRCヘンクからアタランタに加入したメーレ。本職は右サイドバックだが、左サイドでのプレーもこなし、ウイングバックにも順応する優れた戦術理解度がジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督から高く評価され、チームの主軸に定着した。 今シーズンもケガや虫垂炎に悩まされながら、公式戦35試合に出場して3ゴール2アシストを記録。個人としては申し分ない成績を残したが、チームはセリエAを8位で終えており、4シーズン連続のチャンピオンズリーグ(CL)出場はならなかった。 イタリアで安定した活躍を続けるデンマーク代表DFだが、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によるとウェストハムが強い関心を示しているようだ。ウェストハムは右サイドバックにDFヴラディミール・ツォウファル、左サイドバックにDFアーロン・クレスウェルがいるものの、デイビッド・モイーズ監督はサイドバック層の強化を望んでいる。 アタランタはメーレ売却に乗り気ではないが、ガスペリーニ監督は新たな選手を獲得するための資金調達を希望。そのため1800万ユーロ(約25億7000万円)程度の移籍金を提示されれば、売却に応じる構えだという。 2022.06.30 15:31 Thu
twitterfacebook
thumb

ウェストハムがGKトロットと契約延長、15歳でGKに転身した期待の若手

ウェストハムは29日、GKネイサン・トロット(23)との契約延長を発表した。 契約期間は2024年夏までとなり、さらに2年間の延長オプションがついている。 トロットはウェストハムの下部組織出身で、2021-22シーズンはナンシーへレンタル移籍。リーグ・ドゥ(フランス2部)で22試合に出場し、経験を積んで帰還した。 世代別のイングランド代表歴があり、2021年1月にはFAカップ3回戦でファーストチームデビューも果たしている。 15歳でGKに転身すると、17歳でウェストハムの下部組織に入団。身体能力の高さに加え、ボールハンドリング、ショットストップに優れており、将来が期待されている。 2022.06.30 09:55 Thu
twitterfacebook
thumb

ウェストハム、フランス代表GKアレオラの買い取りオプションを行使

ウェストハムは27日、パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表GKアルフォンス・アレオラ(29)を完全移籍で獲得した。契約期間は2027年6月30日までで、1年間の延長オプションが付随している。 ウェストハムへの完全移籍が決まったアレオラは、公式サイトで以下のようにコメントしている。 「契約できて嬉しいし、ここに完全移籍することも嬉しいよ。早くトレーニングを始めて、プレーしたいね。昨シーズン、サポーターの愛を感じたことが大きな収穫だった。僕にとって本当に大切なことは、自分が愛されていることを実感すること。そしてもちろん、チーム、チームメイト、スタッフ、チャビ・バレロ(GKコーチ)もだ。昨シーズンの雰囲気はとても良かったので、ここに残るためにあらゆることをしたかったんだ。クラブと契約するときは、自分の第二の家族のように感じたよ」 PSGの下部組織出身のアレオラは2013年5月にトップチームデビューを果たすも、翌シーズンからレンヌ、バスティア、ビジャレアルに武者修行を繰り返し、2016-17シーズンにPSGに復帰。 復帰後はPSGの正GKとして3シーズンで公式戦101試合に出場したが、2019年の夏にコスタリカ代表GKケイロル・ナバスが加入すると、守護神の座を奪われ、レアル・マドリーやフルアムへレンタル移籍に出された。 その後、PSGは昨夏にミランを退団したイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマを獲得。これによりセカンドGKの座も厳しい状況となったアレオラは、昨年7月に買い取りオプション付きのレンタル移籍でウェストハムに加入。 ウェストハムでも守護神の地位を築くポーランド代表GKウカシュ・ファビアンスキをバックアップする役回りだったが、ベスト4入りを果たしたヨーロッパリーグで11試合に出場するなど、カップ戦を中心に公式戦17試合に出場していた。 なお、イギリス『スカイ・スポーツ』によれば、移籍金は775万ポンド(約13億円)とのことだ。 2022.06.28 06:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ハマーズがダンジュマ獲得に関心? 前線補強の有力候補か

ウェストハムがビジャレアルのオランダ代表FWアルノー・ダンジュマ(25)の獲得に動いているようだ。スペイン『Relevo』が報じている。 今夏の移籍市場で前線の補強を目指すウェストハムは、マンチェスター・ユナイテッドを退団するイングランド代表MFジェシー・リンガード(29)の再獲得に動きつつ、レンタル先のサウサンプトンで躍動したチェルシーのアルバニア代表FWアルマンド・ブロヤ(20)の獲得の可能性が取り沙汰される。 そういった中、以前から関心を示してきたオランダ代表FWの獲得にも動いているようだ。 ダンジュマには5400万ユーロ(約77億2000万円)の契約解除金が設定されていると言われているが、ウェストハムは3600万ユーロ(約51億5000万円)程度のオファーを掲示する準備を進めているという。 PSVの下部組織出身でNECナイメヘン、クラブ・ブルージュ、ボーンマスを渡り歩き、昨夏ビジャレアルに加入したダンジュマ。これまでは左ウイングを主戦場に2列目の複数ポジションでプレーしてきたが、ウナイ・エメリ監督の下ではチーム事情もあり、2トップの一角や1トップでもプレー。 今シーズンの公式戦では34試合16ゴール4アシストの数字を残し、6ゴールを挙げたチャンピオンズリーグではベスト4進出の立役者となっていた。 ウェストハムとビジャレアルは共に来シーズン、ヨーロッパ・カンファレンスリーグを戦う予定で、給与面に関してはウェストハムに分がありそうだ。ただ、カタール・ワールドカップのメンバー入りを望むダンジュマとしては、出場機会の確約といった部分がイングランド帰還の条件となりそうだ。 2022.06.27 17:36 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly