スパーズが新体制初勝利! 合流即スタメンのソン・フンミンが全3ゴールを演出!

2021.07.22 13:43 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トッテナムがプレシーズンマッチ2戦目にして新体制初勝利を挙げた。

ヌーノ・エスピリト・サント監督の下で新シーズンをスタートしたトッテナム。17日に行われた新体制の初陣ではフットボールリーグ2(イングランド4部)のレイトン・オリエントと対戦し、1-1のドローに終わった。
新体制初勝利を狙った今季2戦目のプレシーズンマッチでは同じフットボールリーグ2に属するコルチェスター・ユナイテッドと対戦し、3-0の快勝を収めた。

今週に入って合流したばかりの初戦でプレーしたMFデレ・アリやDFエリック・ダイアー、FWルーカス・モウラに加え、レンタルバックのMFオリバー・スキップ、今週に入ってチームに合流したばかりのFWソン・フンミンがスタメンに入ったトッテナムは序盤から躍動。

開始11分にルーカス・モウラの絶妙なワンタッチスルーパスに完璧なタイミングで抜け出したFWステェーフェン・ベルフワインがそのままボックス内まで持ち込んで冷静にDFとGKを引き付けて並走するソン・フンミンにプレゼントパス。これを韓国代表FWが難なく流し込み、先制に成功。

続く14分にはソン・フンミンの右CKをニアに飛び込んだルーカスがドンピシャのヘディングで合わせ、瞬く間に2点目を奪取。以降はルーカスの果敢な仕掛け、ノリッジでの武者修行で逞しさを増したスキップが攻守両面で存在感を示すなど、主導権を譲らないスパーズ。

38分にはDFマクシム・パスコッチの絶妙な背後へのダイレクトパスに反応したソン・フンミンがボックス右ライン際で折り返したボールをデレ・アリが身体ごと押し込む泥臭いゴールで3点目まで奪って見せた。

迎えた後半は、殊勲のソン・フンミンらを早々に下げたトッテナムだが、DFジャフェット・タンガンガや17歳の逸材FWデーン・スカーレットやGKアルフィー・ホワイトマンといった若手が幾度か良いプレーを見せるなど、アカデミー主体の布陣で前半のリードを守り切った。

同試合後、スパーズでの初勝利を手にしたヌーノ監督はチームのパフォーマンスを称賛している。

「これが狙いだった。テンポ、インテンシティ、ゲームのリズムは良かったし、若手のプレーヤーも本当にハードワークしてくれた。それこそが今日の試合の要点の一つだった」

また、負傷明けで印象的なパフォーマンスを見せたスキップとタンガンガの若手2人のプレーに満足感を示している。

「彼(スキップ)はケガから復帰したばかりなので、ドクターも心配していたし、(プレー)時間を計算しておく必要があった。彼だけでなく、ジャフェットも同じ感じだったから気を遣ったところはある。だが、我々にとってプレーヤーの復帰は常に良いことだ。プレーヤーが多ければ多いほど、選択肢が増え、解決策も見つかるからね」

なお、一先ず新体制初勝利を挙げたトッテナムは28日にデレ・アリの古巣でもあるMKドンズとのプレシーズンマッチに臨む。

コルチェスター 0-3 トッテナム
【トッテナム】
ソン・フンミン(11分)
ルーカス・モウラ(14分)
デレ・アリ(38分)


関連ニュース
thumb

コロナ蔓延報道のスパーズ、次節ブライトン戦の開催延期を要請か

クラブ内の新型コロナウイルスのクラスター発生が報じられるトッテナムがブライトン戦の開催延期を要請しているようだ。イギリス『The Athletic』が報じている。 直近のリーグ戦3連勝と好調を維持する5位のトッテナムだが、6日に行われた最新のPCR検査の結果、複数名の選手とチームスタッフの新型コロナウイルス感染が発覚。 アントニオ・コンテ監督は8日に行われたオンライン会見の場で、選手8名とスタッフ5名の陽性判定が確認されたことを認めた。これにより、当該選手とスタッフは少なくとも10日間の隔離措置を講じた後、陰性が確認されるまで試合に絡むことができなくなる。 そういった中、9日に控えるヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)のグループ最終節のスタッド・レンヌ戦に関しては、出場可能な選手が13名以下、登録されているGKが一人も起用できない限り、開催延期は不可として、欧州サッカー連盟(UEFA)が通常通りの開催を決定した。 その一方で、プレミアリーグはUEFAと異なり、試合開催の可否に関してより柔軟な対応を行っており、トッテナムはリーグ側に対して、12日に開催予定の第16節ブライトン戦の開催延期を要請しているようだ。 なお、昨シーズンのプレミアリーグではマンチェスター・シティやフルアムが同様のケースで開催延期を許可されており、トッテナムの今回の要請が受け入れられる可能性は高いとのことだ。 2021.12.08 23:13 Wed
twitterfacebook
thumb

トッテナム、選手6人とスタッフ2人がコロナ感染か

トッテナムが緊急事態に見舞われているようだ。 イギリス『スカイ・スポーツ』によると、クラブで選手と6人とスタッフ2人が新型コロナウイルス感染した可能性が高いようだ。 同メディアがトッテナムにコンタクトを取ったところ、クラブ側はコメントを控えたという。 今後トッテナムは、9日にヨーロッパカンファレンスリーグ(ECL)のレンヌ戦をはじめ、プレミアリーグではレスター・シティ戦やリバプール戦、さらにEFLカップ5回戦のウェストハム戦といった重要な試合が控えている。 正確な検査結果はこれから判明する見込みだが、報道通りならクラブとして大打撃を被ることになるうえ、プレミアリーグにも影響が及びかねない事態となる。 2021.12.07 18:50 Tue
twitterfacebook
thumb

3回戦組み合わせ決定!王者レスターvsワトフォードなど3カードでプレミア勢対決が実現《FAカップ》

FAカップ3回戦の組み合わせ抽選会が6日に行われた。 イングランドサッカー協会(FA)に登録されている全てのクラブが出場可能なFAカップ。2020-21シーズンはレスター・シティが制した大会だが、その3回戦の組み合わせが決定した。 前回王者のレスターは、クジ運も悪く3回戦ながらプレミアリーグのクラブと対戦。ワトフォードを迎えることが決定した。 また、2シーズン連続ファイナリストのチェルシーは、5部に所属するチェスターフィールドと対戦。プレミアリーグ王者のマンチェスター・シティは、4部のスウィンドンと対戦する。 その他、プレミアリーグ勢の対戦はマンチェスター・ユナイテッドvsアストン・ビラ、ウェストハム vs リーズが組まれた。また、冨安健洋の所属するアーセナルは2部に所属するノッティンガム・フォレストと、南野拓実の所属するリバプールは3部のシュルーズベリーと対戦する。 3回戦は2021年1月8日~10日にかけて開催される。FAカップ3回戦組み合わせは以下の通り。 ◆FAカップ3回戦 ボレアム・ウッド(5) vs ウィンブルドン(3) ヨービル・タウン(5) vs ボーンマス(2) ストーク・シティー(2) vs レイトン・オリエント(4) スウォンジー(2) vs サウサンプトン チェルシー vs チェスターフィールド(5) リバプール vs シュルーズベリー(3) カーディフ(2) vs プレストン(2) コヴェントリー(2) vs ダービー・カウンティ(2) バーンリー vs ハダースフィールド(2) WBA(2) vs ブライトン&ホーヴ・アルビオン キダーミンスター・ハリアーズ(6) vs レディング(2) レスター・シティー vs ワトフォード マンスフィールド(4) vs ミドルズブラ(2) ハートリプール(4) vs ブラックプール(2) ハル・シティー(2) vs エバートン ブリストル・シティー(2)(4) vs フルアム(2) トッテナム vs モアカム(3) ミルウォール(2) vs クリスタル・パレス ポートヴェイル(4) vs ブレントフォード スウィンドン(4) vs マンチェスター・シティー ウィガン(3) vs ブラックバーン(2) ルートン・タウン(2) vs ハロゲート・タウン(4) バーミンガム(2) vs プリマス(3) マンチェスター・ユナイテッド vs アストン・ビラ ウォルバーハンプトン vs シェフィールド・ユナイテッド(2) ニューカッスル vs ケンブリッジ・ユナイテッド(3) バーンズリー(2) vs イプスウィッチ・タウン(3)orバロー(4) ピーターバラ(2) vs ブリストル・ローヴァーズ(4) ウェストハム vs リーズ QPR(2) vs ロザラム(3) チャールトン(3) vs ノリッジ ノッティンガム・フォレスト(2) vs アーセナル ※数字は所属カテゴリー 2021.12.07 07:40 Tue
twitterfacebook
thumb

ソン・フンミンが人気俳優に捧げる“スパイダーマン”ポーズ、2戦連続でお披露目

トッテナムに所属する韓国代表FWソン・フンミンがスパイダーマンポーズを披露した。 トッテナムは5日、プレミアリーグ第15節でノリッジ・シティと対戦。先発出場したソン・フンミンは、FWルーカス・モウラとDFダビンソン・サンチェスに絡むと、77分には自らダメ押しの3点目をマーク。大車輪の活躍を見せた。 そのソン・フンミンは、2日に行われた第14節のブレントフォード戦に続いて、ゴールパフォーマンスで『マーベル・コミック』の大人気スーパーヒーロー、スパイダーマンのポーズを披露。これは、映画『スパイダーマン:ホームカミング』などで、スパイダーマン役を演じる人気イギリス人俳優トム・ホランドへのものだったようだ。 サッカー好きで知られるトム・ホランドは、プロモーションの一環でつい先日に行われたバロンドールの授賞式にも参加。さらに、ロンドン生まれということもあり、スパーズファンだということも公言し、ノリッジ戦の前にはソン・フンミンとの対面も果たしていた。 トム・ホランドに関しては幼少期にトッテナムのライバルであるアーセナルのユニフォームを着ていた写真がクローズアップされていたが、晴れてスパーズサポーターの一員に認められたようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】スパイダーマンポーズのソン・フンミンと韓国代表FWのゴールパフォーマンスを真似るトム・ホランドの豪華2ショット!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CXCPWJYojkG/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CXCPWJYojkG/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CXCPWJYojkG/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Tottenham Hotspur(@spursofficial)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.12.06 20:35 Mon
twitterfacebook
thumb

ダイアー語る、コンテ監督の人物像は「誇張されているところがある」

トッテナムのイングランド代表MFエリック・ダイアーがアントニオ・コンテ監督の人となりについて語った。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 先月2日にトッテナムの新指揮官に招へいされたコンテ監督。就任後はフィットネスレベル向上に向けてタフなトレーニングメニューを実施し、改革に着手していた。 そうした取り組みも実ってか、今月に入るとチームはプレミアリーグで調子を取り戻し、第12節のリーズ・ユナイテッド戦から、ブレントフォード戦、ノリッジ戦と3連勝を記録。順位も5位まで上げ、来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を十分に狙える位置につけている。 守備の要として、今季のリーグ戦全試合に先発しているダイアーもコンテ監督の練習による効果を実感。厳しいトレーニングメニューについて、ポジティブな意見を述べた。 「厳しい練習が行われているけど、それは良いことだよ。選手たちは、その時間をとても楽しんでいる」 「僕たちの多くは、(マウリシオ・)ポチェティーノの指導を受けたことがあるから、ある意味で準備ができていた。このような形で練習をして、自分自身を追い込むのはとてもやりがいがあるよ。チームには早期の改善が求められていたから、ここまではとても良い結果だね」 また、世間のイメージとは異なった指揮官の人となりについても言及。練習中のリラックスした雰囲気についても話した。 「コンテについては誇張されているところがあると思う。彼はフットボールに対しては、ものすごい情熱と激しさを持っているけど、ピッチの外ではとても友好的だ」 「練習はとてもリラックスした雰囲気で、とても楽しく、彼もスタッフもジョークを楽しんでいるよ。前に彼らと歌の練習をしたんだけど、これがとても良かったんだ。イタリアのクラシックばかりだったけど、彼らはフットボールへの情熱と同じように歌っていたね。だから、深刻なことばかりではないんだ。仕事をするときはしっかりとやらなけらばならないけどね」 2021.12.06 18:18 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly