新生ラツィオとウルトラスに不穏な空気! ヒサイとムリキがやり玉に…

2021.07.21 17:12 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マウリツィオ・サッリ監督率いる新生ラツィオだが、クラブとサポーターの関係性はあまり良好とは言えないようだ。

昨シーズンのセリエAを6位でフィニッシュしたラツィオは、インテルに引き抜かれたシモーネ・インザーギ前監督の後任としてサッリ監督を招へい。先日のプレシーズンマッチでは快勝を収めるなど、大きくチームスタイルが変わった中で上々の滑り出しを見せている。

その一方で、一部選手を巡ってクラブとウルトラスの関係が悪化している。

昨シーズン限りでナポリを退団したアルバニア代表DFエルセイド・ヒサイは、エンポリ、ナポリ時代に指導を受けた恩師を追って今夏にラツィオに加入した。

本来であれば、新指揮官の戦術を深く理解し、セリエAでも経験豊富なサイドバックの加入はウルトラスにとっても歓迎すべきもののはずだったが、新シーズン恒例の新加入選手を歓迎するクラブの夕食会で問題が発生した。

ヒサイはこの場で新たなチームメイトを前に歌を歌い、その様子をスペイン代表MFルイスアルベルトが自身の公式SNSで投稿した。

ただ、この時に歌っていたNetflixで配信中のスペインのテレビドラマシリーズ『ペーパー・ハウス』のテーマソングとして知られる“Bella ciao(さらば恋人よ)”が、ファシストを自認するラツィオのウルトラスの怒りを買ってしまった。

この曲はイタリアの独裁者として知られるベニート・ムッソリーニと対峙したイタリアパルチザンによって歌われた楽曲で、反ファシスト党による自由とレジスタンスの賛美歌として歌われるようになったものだ。

そのため、ヒサイに対してウルトラスはローマで最も目立つ場所の1つであるコルソフランシアの橋に、ヒサイを侮辱するスラングと共に「ラツィオはファシストだ」と書かれたバナーを掲げた。

さらに、一部の過激なサポーターは夕食会が行われたレストランに乗り込もうとしたが、すでにチームがレストランを去っていたことで両者が対峙することはなかった。

なお、今回の一件に関しては意図的ではなかったといえど、ウルトラスを刺激したヒサイの落ち度を指摘する声もあるが、クラブは「プレーヤーを保護し、個人的および政治的利益のために使用されている状況からプレーヤーを排除するのはクラブの仕事だ」との声明を発表。クラブとしてヒサイを保護する旨を伝えた。

また、ヒサイと同様にサポーターのやり玉に挙がっているのが、コソボ代表FWヴェダト・ムリキだ。

ヒサイと異なり、ムリキはサポーターを挑発するような行為は働いていなかったが、昨夏にフェネルバフチェから加入したものの、デビューシーズンにセリエA1ゴールに終わったパフォーマンスが批判を招く結果に。

先日の公開練習ではウルトラスを中心に一部サポーターが、ムリキに対して絶えず罵詈雑言を浴びせかけると、激高したサッリ監督がサポーターの陣取る場所まで向かい、「これ以上、ムリキに何か言ったら全員追い出すぞ」と一喝する一幕もあった。

こちらに関してはピッチ上での貢献によって批判を称賛に変えていくしかないが、ヒサイ同様にサポーターとの関係性は気がかりなところだ。

関連ニュース
thumb

ラツィオMFザッカーニ、太もも負傷でローマ・ダービー欠場へ

ラツィオは22日、イタリア人MFマッティア・ザッカーニが左足の太ももを痛めたことを発表した。復帰までの期間に関しては今後の検査を経て、判明するとのことだ。 ザッカーニは19日に行われたセリエA第4節カリアリ戦で後半20分から出場。この試合で負傷したとのことだ。 今夏、ヴェローナから1000万ユーロの移籍金で加入したザッカーニは、ここまでセリエA4試合に出場して2ゴールを挙げていた。 この負傷により26日に行われるローマとのダービーを欠場することが確実となった。 2021.09.22 23:00 Wed
twitterfacebook
thumb

サッリ監督の2試合ベンチ入り禁止処分決定! ラツィオの異議申し立ては棄却

ミラン戦で退席処分となったマウリツィオ・サッリ監督の2試合のベンチ入り禁止処分が決定した。イタリア『フットボール・イタリア』が伝えている。 サッリ監督は、12日に行われたセリエA第3節ミラン戦終了後にミランのFWアレクシス・サーレマーケルスが行ったジェスチャーに激昂。同選手に詰め寄ったことで主審からレッドカードを受け、2試合のベンチ入り禁止処分を受けていた。 サーレマーケルスが先に挑発したと主張するラツィオは、サッリ監督の処分軽減を求めて先日にイタリアサッカー連盟(FIGC)に対して異議申し立てを行っていた。 しかし、FIGCは21日にラツィオの異議申し立てを棄却し、同監督の2試合のベンチ入り禁止が確定した。 なお、サッリ監督は19日に行われたカリアリ戦で1試合を消化しており、23日に行われるトリノ戦で今回の処分は完了するため、今週末に行われるローマとの“デルビー・デッラ・カピターレ”ではベンチ入りできるとのことだ。 2021.09.22 00:50 Wed
twitterfacebook
thumb

試合中露わになったインモービレの逞しい“筋肉”に海外注目「馬の足かと思った」

16日に開幕した2021-22シーズンのヨーロッパ・リーグ(EL)。グループEのラツィオはガラタサライ相手にアウェイで敗れたが、この試合にキャプテンマークを巻いて先発出場したイタリア代表FWチーロ・インモービレの逞しい筋肉が注目を浴びている。 『Bleacher Report』の公式ツイッターが注目したのは、インモービレの太ももともも裏の筋肉だ。試合中に審判へとアピールするインモービレのショーツの裾が上がり、お尻の方まで筋肉が露わになっている。 特にお尻の大殿筋、大腿四頭筋の外側に当たる外側広筋、そしてもも裏のハムストリングスの筋肉が見事で、そのサイズはさながらサラブレッドの脚のようだ。 筋肉をつけるためには、腕、胸、肩など日ごとに鍛える部位を変えることが多いが、『Bleacher Report』が「インモービレは“脚の日”を決してスキップしない」と間接的にその凄さを伝えると、ファンからも「太い!」「馬の足かと思った」「さすがサッカー選手」「男の憧れだ」といった声が上がった。 裏への抜け出しやそのシュートと決定力を武器にゴールを量産し続けてきたインモービレだが、日々の筋トレもそれに一役買っているようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】正面からじゃわからない!インモービレの太すぎるお尻と太もも</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/ciro.jpg" style="max-width:100%;"></div> 2021.09.17 21:45 Fri
twitterfacebook
thumb

痛恨の失点で敗戦のラツィオ、サッリ監督はミスよりも攻撃面の改善を説く「偶然の結果に左右されてはならない」

ラツィオのマウリツィオ・サッリ監督が、ガラタサライ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 16日に行われたヨーロッパリーグ(EL)グループE第1節でトルコのガラタサライとアウェイ戦に臨んだラツィオ。試合は均衡状態が続いていたものの、66分に相手のクロスをDFマヌエル・ラッツァーリがクリアしようとしたところ、ボールは真上に高く上がって中途半端な形に。これをGKトーマス・ストラコシャがファンブルしオウンゴールとなり、痛恨の失点で0-1の敗戦を喫した。 サッリ監督はミスは起こりうるものと擁護し、内容も悪くないものだったとする一方で、攻撃面に関しては改善が必要であると振り返った。 「まさかこんな結果になるとは思わなかった。だが、私の考えでは一歩前進したつもりだ。このチームとここで対戦すると、いつも難しい試合になる。あまりリスクを冒さずに試合を読み、コントロールできていると思っていたよ。サッカーで起こりうるミスの代償を払ったまでだ」 「カウンターで失点することはなかったし、中盤でボールを失うことも少なかった。最少失点だったが、もっと積極的に前へ行かなければならないし、ゴール前の質をもっと改善しなくてはならない。ミスによる偶然の結果に左右されてはならないのだ」 「我々は前線に何かが足りておらず、スペースを上手く活用できていない。ワイドにとる選手がいれば、ボールを持たずとも動きを加えることができ、相手により危険な状況を強いることができる」 「ただ、今は休むべきだ。それ以外にない。このスケジュールでは仕事の話はあまりできない。このようなサッカーでは、私はだんだん好きではなくなっているよ」 2021.09.17 15:30 Fri
twitterfacebook
thumb

弾かずにキャッチしようと…今季初出場のストラコシャが痛恨のオウンゴール「致命的だ」

2021-22シーズンのヨーロッパリーグ(EL)・グループステージ第1節が16日にヨーロッパ各地で行われた。グループEのガラタサライvsラツィオの一戦は思わぬ結末を迎える。 0-0のゴールレスで迎えた66分、ガラタサライのMFオリンピウ・モルタンが右サイドから仕掛け、左足のアウトでクロス。しかしボックス内に味方は少なく、ラツィオのDFマヌエル・ラッツァーリがクリアする。 ただ、ラッツァーリのクリアはボールを上手く捉えられず、ボールは自陣ゴールの方へ高々と飛んでしまう。ラツィオのGKトーマス・ストラコシャは、ゴールライン付近でジャンプしてこれをキャッチしようとする。 しかし、キャッチミスしたボールはポストに直撃すると、跳ね返りがストラコシャに当たり、そのままオウンゴールになってしまった。 ストラコシャとしてはマイボールにするために弾くのではなくキャッチしようとしたのだが、それが仇となってしまった格好だ。もしくは、ラッツァーリのクリアの段階で前に出て自身がキャッチするべきだったかもしれない。 このオウンゴールは海外のファンからも「致命的だ」「信じられない」「悲惨」「コミカル」といった声が上がっている。 結局、このゴールが決勝点となり1-0でガラタサライが勝利。今シーズン初出場となったストラコシャにとっては厳しすぎる展開となってしまった。 <span class="paragraph-title">【動画】ストラコシャのキャッチミスがポストに跳ね返りそのまま…</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">OWN GOAL OF THE WEEK?! <a href="https://t.co/TVssBbS7h5">pic.twitter.com/TVssBbS7h5</a></p>&mdash; CBS Sports Golazo (@CBSSportsGolazo) <a href="https://twitter.com/CBSSportsGolazo/status/1438566588865605634?ref_src=twsrc%5Etfw">September 16, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.17 12:40 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly