モチーフは名産の「洋梨」、2ndユニはBEAMSがデザイン! 日本代表選手も所属するシント=トロイデンの新ユニフォームが発表!

2021.07.15 07:45 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©STVV
シント=トロイデンは14日、2021-22シーズンの新ユニフォームを発表した。

2021-22シーズンもベルギー1部のジュピラー・プロ・リーグを戦うシント=トロイデン。昨シーズンに引き続き、サプライヤーはイタリアのボローニャを拠点とする「マクロン」が務める。

1stユニフォームは、日本人アートディレクターである榮良太氏が、2シーズン連続でデザインを担当。デザインコンセプトは「Nature」で、シント=トロイデンの名産でもある洋ナシをメインモチーフとしている。

シント=トロイデンの全ての自然からエネルギーをもらい、ピッチで選手たちが力を発揮するシーンからインスピレーションを受けたデザインになっている。色はもちろんチームカラーの黄色。そしてショーツは青、ソックスは黄色となっている。なお、GKはグレーだ。

クラブのCOOである村中悠介氏は「今季はシント=トロイデンの街に根付いた『洋梨』をモチーフにしたデザインで、クールでエネルギッシュなペイズリー柄を採用しました。榮さんと何度も試行錯誤を重ね、サッカー界をリードするモダンなデザインに仕上がったと思っております。シント=トロイデンの『Nature(自然)』をパワーの源に、気迫あるプレーでチームが奮闘する姿が今から楽しみです!」とコメントしている。

また、デザインを手がけた榮良太氏は「今回のユニフォームのテーマは『Nature』です。シント=トロイデンの土地にある全ての自然、風、動物、植物、その全てからエネルギーをいただき、プレーの力に変えるイメージで制作をしました。シント=トロイデンの名産である洋梨をメインモチーフにペイズリー柄風に仕上げました」とコメントした。

2ndユニフォームはフィールドプレーヤーが黒、GKが赤となっている。こちらは株式会社ビームス(BEAMS)のデザイナーである中田慎介氏が担当。3シーズン目となる新シーズンのデザインは、ファッションに精通するBEAMSだからこそ可能なマルチカラーを採用。右裾には、クラブ名の当て字である『神轟偉伝』を配置しベルギーで戦う選手たちを後押しする。

中田氏は「ユニフォームの各パーツをSTVVを代表する複数のキーカラーで配色し、BEAMSの18番というべき手法の“クレイジーパターン”を採用したデザインです。ビームスでも様々なヒット商品を生み出したこの“クレイジーパターン”は、生地を裁断したときに余ったパーツ同士を組み合わせて制作された起源を持ち、全面・背面・側面等、見る場所によって様々な表情を見せるマルチパターンを取り入れたことが最大の特徴。マルチパターンによるカモフラージュ効果を狙う意も込めました。何より、テクニカルな選手のプレーがより鮮やかに、かつ一番引き立たつように施しました。右裾には『神にも轟く偉人達の伝説』という意味である、シント=トロイデンの当て字『神轟偉伝』を配し、ヨーロッパの舞台で活躍するチームへのメッセージを込めています」とコメントしている。

日本企業のDMM.comが保有するシント=トロイデンは、日本代表GKシュミット・ダニエル、U-24日本代表DF橋岡大樹、DF松原后、MF伊藤達哉、FW鈴木優磨と日本人が所属。過去には、日本代表、そして東京オリンピックを戦うU-24日本代表に選出されているDF冨安健洋(ボローニャ)、MF遠藤航(シュツットガルト)、そして日本代表で活躍するMF鎌田大地(フランクフルト)も所属していた。



1 2
関連ニュース
thumb

日本人5名が出場のシント=トロイデン、采配が功を奏し終盤に逆転勝利《ジュピラー・プロ・リーグ》

シント=トロイデンは25日、ジュピラー・プロ・リーグ第9節でスタンダール・リエージュと対戦。1-2で勝利を収めた。 この試合には、日本代表GKシュミット・ダニエル、DF橋岡大樹、FW鈴木優磨、FW林大地の4名が先発出場。ベンチにはFW原大智が入った。 前節はヘンクとの“リンブルフ・ダービー”で鈴木が初ゴールを決めるも、終盤に逆転されて敗れていたシント=トロイデン。今節も立ち上がりからペースを握っていく。 13分、ボックス内左でパスを受けた鈴木が鋭いクロス。林が合わせようとするが相手がクリアする。 徐々に押し込まれる展開となり、なかなか良い攻撃を繰り出せないシント=トロイデン。すると45分、ボックス手前でFKを与えると、ずらしたボールをニコラ・ガヴォリが左足一閃。シュミット・ダニエルは逆を取られて、スタンダール・リエージュが先制する。 ビハインドで後半を迎えたシント=トロイデンは、橋岡と林をハーフタイムで下げ、ネルソン・バロンゴと原を投入し流れを変えにいく。 そのシント=トロイデンは48分、相手の後方からのビルドアップを奪うと、クリス・ダーキンから鈴木へパス。ボックス左で受けた鈴木は飛び出したGKをかわしクロス。しかし、味方に合わない。 それでも53分、鈴木が中盤で潰されるも主審はアドバンテージ。ダーキンがモリー・コナテへと繋ぐと、コナテはボックス手前からニアサイドへ鋭いシュート。これが突き刺さり、シント=トロイデンが同点に追いつく。 追いついたシント=トロイデンは60分、ディミトリ・ラバレーからのクロスをボックス中央で上手くコントロールした鈴木がターンからシュート。これはDFにブロックされるが、こぼれ球をロッコ・ライツがシュート。鋭いボールがゴールに飛ぶが、GKがなんとかセーブする。 81分には左からのクロスに対して、ボックス中央に走り込んだ原が左足でシュートもミートせず。このまま同点で終わりかと思われたが、89分に左サイドを抜け出したクリスティアン・ブルースがボックス左からクロス。ニアに原が走り込むと、クロスはその後ろにあげられ、最後は走り込んだライツがダイレクトで合わせて逆転。1-2で逃げ切り、勝利を収めた。 スタンダール・リエージュ 1-2 シント=トロイデン 【スタンダール・リエージュ】 ニコラ・ガヴォリ(前45) 【シント=トロイデン】 モリー・コナテ(後8) ロッコ・ライツ(後44) 2021.09.26 09:30 Sun
twitterfacebook
thumb

鈴木優磨、今冬にイングランド2部へ移籍? シント=トロイデン会長が示唆

シント=トロイデンの日本代表FW鈴木優磨は、今冬に移籍する可能性があるようだ。ベルギー『Voetbal Belgie』が伝えている。 昨季のジュピラー・プロ・リーグで34試合17ゴールを記録し、チーム最多得点者となった鈴木。シーズン終了後はステップアップ移籍を志願していた。 しかし、リーグ・アンやブンデスリーガ、セリエAなどの複数クラブから関心が寄せられるも、契約するまでには至らず。移籍市場最終日には、チャンピオンシップ(イングランド2部)の名門ノッティンガム・フォレストからオファーがあったものの、鈴木が拒否したと報じられていた。 それでも、シント=トロイデンのデビッド・ミーカーズ会長は、ノッティンガム・フォレストが今冬に再び移籍先の候補になるかもしれないとコメントしている。 「過去にはある程度の合意がなされており、いずれ移籍先の候補に挙がるだろう」 「(鈴木が)冬に売られるのか、来年の夏に売られるのか、我々は見守らなければならない」 なお、シント=トロイデンは470万ユーロ程の移籍金を要求しているようだ。 2021.09.23 20:38 Thu
twitterfacebook
thumb

「2-0にすることはできたはず」シント=トロイデンの監督が鈴木優磨が逸した決定機を悔やむ

シント=トロイデンのベルント・ホラーバッハ監督が、ヘンク戦の敗戦を悔やんだ。ベルギー『Voetbal Belgie』が伝えた。 シント=トロイデンは19日、ジュピラー・プロ・リーグ第8節でヘンクとの“リンブルフ・ダービー”を戦った。 この試合では、シント=トロイデンのGKシュミット・ダニエル、DF橋岡大樹、FW林大地、FW鈴木優磨が先発出場。またヘンクの伊東純也も先発。さらに、FW原大智、MF伊藤達哉が途中出場と、合計7名の日本人選手がピッチに立った試合となった。 試合はヘンクが押し気味に進める中で、シント=トロイデンもチャンスを作る展開に。すると前半アディショナルタイムに林、橋岡とつなぎ、最後は鈴木が橋岡のクロスをヘディングで合わせ先制。今夏移籍に揺れた鈴木の初ゴールでシント=トロイデンが先制する。 後半に入りヘンクが盛り返すと、73分にジョセフ・ペイントシルが決めて同点に。83分には伊東の折り返しをポール・オヌアチュが決めて、ヘンクが逆転勝利を収めていた。 この試合を振り返ったホラーバッハ監督は敗戦を悔やむと共に、ヘンクのクオリティの高さを評価した。 「彼らはより多くのボールポゼッションを見せていたが、我々も危険だった。林は得点のチャンスがあり、鈴木はハーフタイムの直前に得点した」 「後半になると彼らもあげてきて、さらにクオリティの高いプレーをすることは分かっていた。ヘンクはゴールを奪うために多くを要しない」 また、この試合では1-0で迎えた59分に鈴木が大チャンス。左からのクロスをフリーでヘディングしたが、叩けつきすぎるミスを犯しGKがセーブ。2-0とするチャンスを逸していた。 ホラーバッハ監督はそのシーンを指摘しながらも、選手たちのパフォーマンスを評価し、前を向くと語った。 「また、オヌアチュを守るのはとても難しい。ただ、鈴木が2-0にすることはできたはずだ」 「残念ながら我々は2失点をした。それは苦しい。しかし、全力を尽くした、選手たちはそれを目指した」 「一刻も早く背筋を伸ばし、仕事を続けなければいけない。順調に進んでおり、この3試合で一歩前進できた。新しい選手の適応も順調に進んでいる。努力を続ければ、すぐに勝利を確信することができるだろう」 <span class="paragraph-title">【動画】監督が悔やんだ鈴木優磨の決定機(1:55〜)</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="Vu4gIQ3-duA";</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.09.21 14:50 Tue
twitterfacebook
thumb

日本人7名出場! 林大地&橋岡大樹の連携で鈴木優磨が今季初ゴールも、伊東純也の決勝アシストでヘンクが逆転勝利《ジュピラー・プロ・リーグ》

19日、ジュピラー・プロ・リーグ第8節のシント=トロイデンvsヘンクがスタイエンで行われ、1-2でヘンクが勝利した。 クラブ・ブルージュ、ベールスホットとリーグ戦連勝中のシント=トロイデンと、前節は引き分けだったものの、それまで3連勝を収めていたヘンクの対戦。 シント=トロイデンはGKシュミット・ダニエル、DF橋岡大樹、FW林大地、FW鈴木優磨が先発出場。林と鈴木が2トップを形成。ベンチにはDF松原后、FW原大智、MF伊藤達哉が入った。 対するヘンクは日本代表MF伊東純也がこの日も右サイドで先発出場。キャプテンマークを巻いてのプレーとなった。 同じリンブルフ州を本拠地とすることから“リンブルフ・ダービー”として知られ、両チームのファンが熱く燃える試合。ヘンクのサポーターも制限がありながら、ゴール裏でチームを後押しした。 試合はヘンクが巧みにパスをつないで攻撃を仕掛けるのに対し、シント=トロイデンは奪ってから素早くカウンターを仕掛ける戦い方を見せる。 29分にはシント=トロイデンがチャンス。FKから右サイドへと展開するとテイシェイラが折り返し、最後はボックス中央で橋岡がボレー。しかし、これは上手くミートしない。 34分にもカウンターのチャンス。鈴木からのパスを受けた林だったが、パスが弱く相手ボールへ。しかし、自身のミスを取り返すため猛然と追いかけ、ボール奪い返し、自身の特徴を見せる。 ヘンクもなんとか攻撃の手を見つけ出そうとするが、シント=トロイデンの集中した守備の前に決定機までは作れない。 シント=トロイデンは41分、鈴木の大きなサイドチェンジを受けた橋岡がフリーでクロス。これをボックス中央で林がダイビングヘッドも枠を捉えられない。 42分にも左からのカカーチェのクロスがゴール前へ。GKがセーブすると、浮いたボールを林が狙うが、先にクリアされ、シュートは打てない。なお、この接触でGKが負傷。治療のためしばらく試合が中断する。 このままゴールレスで前半が終わるかと思われたが、前半アディショナルタイム3分にスコアが動く。 シント=トロイデンはGKシュミット・ダニエルのロングフィードを橋岡が競ると、こぼれ球を橋岡が前へ。浮き球のパスをボックス右手前で受けた林が相手を背負ってキープ。右サイドを上がってきた橋岡に渡すと、ボックス右から橋岡がクロス。これをボックス中央に走り込んだ鈴木がヘディングで合わせ、シント=トロイデンが先制する。今夏移籍に揺れた鈴木は、シーズン初ゴールとなった。 後半はヘンクが最初に決定機。50分、ボックス手前中央でパスを受けた伊東が絶妙パス。最後はバスティアン・トマがシュートも、シュートは枠を外れる。 59分には左サイドを上がったクリスティアン・ブルースがボックス左からクロス。ニアの林を超えたボールを鈴木がフリーでヘッド。しかし、これは叩きつけすぎてGKがセーブし、追加点とはいかない。 すると73分、サイドチェンジを受けたペイントシルがボックス手前から右足シュート。GKシュミット・ダニエルが反応するも、ゴール左に決まり、ヘンクが同点に追いつく。 同点に追いつかれたシント=トロイデンは、75分に林を下げて原を投入。鈴木と原の2トップとなる。 追いついてからはヘンクがペースを握る展開に。81分には右CKからのクロスにオヌアチュが飛ぶと、このプレーで鈴木がオヌアチュのヒザが腰に入り痛む。 その後も押し込むヘンクは83分、左サイドからのクロスがファーに飛ぶと、伊東がヘディングで折り返す。これを収めたオヌアチュは、フェイントで2度相手を止めるとゴール左に決められ、ヘンクが逆転に成功する。 84分にシント=トロイデンは伊藤を投入。伊藤は今シーズン初出場となる。85分にはニアの原が収めて落としたところをその伊藤がシュートに行くが、クリアされてしまう。 86分には左サイドを積極的に仕掛けると、ボックス際で倒されるがノーファウル。その後のプレーで伊東がハンド。このFKから最後は原がバイシクルで狙うがシュートは打てない。 伊藤が入り積極的なプレーで攻撃が活性化するが、シント=トロイデンは最後までゴールを奪えず。1-2でヘンクが逆転勝利を収めた。 シント=トロイデン 1-2 ヘンク 【シント=トロイデン】 鈴木優磨(前48) 【ヘンク】 ジョセフ・ペイントシル(後28) ポール・オヌアチュ(後38) 2021.09.20 07:45 Mon
twitterfacebook
thumb

シント=トロイデン林大地が自陣からのドリブルで決勝点を演出! 鈴木武蔵出番なしのベールスホットを下す《ジュピラー・プロ・リーグ》

シント=トロイデンの林大地がいきなり決勝ゴールのデビュー戦から2試合連続の活躍を披露した。 13日に行われたジュピラー・プロ・リーグ第7節でベールスホットとのアウェイ戦に臨んだシント=トロイデン。移籍後2試合目となる林はシュミット・ダニエル、橋岡大樹、そして今夏の移籍騒動後初出場となる鈴木優磨とともに先発した。 シント=トロイデンは13分に鈴木優磨の直接FKでゴールに迫るが、鈴木武蔵をベンチに置くベールスホットも17分に高い位置でのボール奪取から絶好機。ノウビッシが最終ラインの背後を突くが、GKシュミット・ダニエルの鋭い飛び出しに遭う。 その後、押し込まれ気味のシント=トロイデンだが、42分に鈴木優磨が自陣中央までプレスをかけに戻ると、ボールを奪った林がドリブルで一気に敵陣に。バイタルエリア右で相手DFに倒されるが、ルーズボールに反応したデ・リダーが右足で押し込み、先取する。 1点リードで試合を折り返したシント=トロイデンは後半、ベールスホットの反撃を受ける形が多かったが、47分にCKのこぼれ球から許したシュートを橋岡が頭でクリア。72分に原大智を投入した後も守備陣がきっちりと守り抜き、2連勝を達成した。 シント=トロイデンはこれで9位に浮上。ベールスホットは開幕からいまだ勝利なしの5連敗で最下位から抜け出すキッカケを掴めずにいる。 ベールスホット 0-1 シント=トロイデン 【シント=トロイデン】 デ・リダー(前42) <span class="paragraph-title">【動画】林大地のドリブル突破から先制ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">自陣からのドリブル突破で、先制点に貢献した <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%9E%97%E5%A4%A7%E5%9C%B0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#林大地</a> 選手のプレーを見て、本日も頑張りましょう!<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%88%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%83%87%E3%83%B3?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#シントトロイデン</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/STVV?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#STVV</a> <a href="https://t.co/O0LCyB5qlJ">pic.twitter.com/O0LCyB5qlJ</a></p>&mdash; シント=トロイデンVV【第8節 vs ゲンク(H) 9月19日(日)20時30分】 (@STVV_JP) <a href="https://twitter.com/STVV_JP/status/1437551669638729728?ref_src=twsrc%5Etfw">September 13, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.14 09:35 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly