中島翔哉同僚、ルイス・ディアスがブラジル相手にバイシクルシュート!「コロンビアが揺れた」

2021.06.24 19:50 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
コパ・アメリカ2021、グループB第4節のブラジル代表vsコロンビア代表が23日に行われた。

グループステージ突破を決めているブラジルと、グループステージ最終節となるコロンビアの一戦となったが、試合を動かしたのはコロンビアだった。

開始10分、右サイドでボールを持ったMFフアン・クアドラードがボックス右からクロス。これがディフェンスの頭を超えると、ボックス中央でFWルイス・ディアスが右足でバイシクルシュート。完璧に捉えた強烈なシュートがネットに突き刺さり、コロンビアが先にスコアを動かした。

ブラジルの今大会初失点となるゴールを記録したルイス・ディアスのシュートは、コパ・アメリカの公式ツイッターも「千回見るべき」「コロンビアが揺れた。ゴールで大陸が揺れた」と絶賛した。

日本代表MF中島翔哉も所属するポルトでウインガーとして活躍するルイス・ディアスはその後もコロンビアの攻撃を牽引。カウンター時の起点となり、ブラジル相手に見事なプレーを見せたものの、試合は78分にブラジルが同点に追いつくと、そのプレーで相手FWネイマールの縦パスが主審に当たっていたこともありコロンビア陣営が猛抗議。後半のアディショナルタイムが10分与えられると、最後の最後に右CKからMFカゼミロに決められ、コロンビアとしては痛すぎる黒星となってしまった。

それでも、ルイス・ディアスのゴールは今大会有数のスーパーゴールであったことは間違いないだろう。



1 2

関連ニュース
thumb

W杯出場逃したコロンビア代表、レイナルド・ルエダ監督が退任

コロンビアサッカー連盟(FCF)は18日、レイナルド・ルエダ監督(65)の退任を発表した。 昨年1月に、およそ14年半ぶりにコロンビア代表指揮官に就任したルエダ監督。同年のコパ・アメリカでは3位に導いたものの、カタール・ワールドカップの南米予選では6位で本戦出場を逃し、「目標を達成できなかったことは、コロンビアサッカー界にとっての恥だ」とし、無念の思いを口にしていた。 また、同時に去就について「我々の契約がワールドカップの出場権を得ることを条件としていたことは明白だ」と、退任を示唆する発言も残していた。 そして、この度FCFは、ルエダ氏を監督およびテクニカル・ディレクターの職から外すことを発表。双方合意の下での決定であることを明らかにしている。 コロンビア人指揮官のルエダ監督はこれまでに、2004〜2006年の間に指揮したコロンビア代表をはじめ、ホンジュラス代表やエクアドル代表など、主に中南米のナショナルチームを歴任。2018年1月にはチリ代表監督に就任し、2019年のコパ・アメリカで4位という成績を残した。 だが、今回の南米予選では、最初の4試合で4ポイントしか獲得できず、2021年1月に解任されていた。 2022.04.19 13:30 Tue
twitterfacebook
thumb

レアルでもプレーしたコロンビア代表のレジェンドFWが交通事故で他界…外傷性脳損傷の重傷

かつてコロンビア代表としても活躍したフレディ・リンコン氏が、交通事故により他界した。55歳だった。 リンコン氏は11日にコロンビアのカリで交通事故に遭遇。午前4時30分頃にリンコン氏が運転する車が交差点に侵入しあっところ、横からきたバスと衝突。車には4人が同乗しており、5人とも負傷。またバスの運転手も負傷していた。 地元のインバナコ・クリニックに入院していたリンコン氏。運ばれた当初「深刻な状態」とクリニックが声明を出していたが、13日に他界したことを報告した。 「私たちの医療チームによるすべての努力にも関わらず、患者のフレディ・エウセビオ・リンコン・バレンシアは、本日2022年4月13日に亡くなりました」 「事故を深く悔やみ、家族、友人、信者に心からお悔やみを申し上げます」 リンコン氏はこの交通事故で外傷性脳損傷という重傷を負って病院へ運ばれていた。集中治療室で治療が続けられていたが、非常に危険な状態のままであり、そのまま命を落とすこととなった。 リンコン氏は、コロンビアのクラブでプレーした他、パウメイラス、ナポリ、レアル・マドリー、コリンチャンス、サントス、クルゼイロと名門クラブでプレーを続けた。 コロンビア代表としても85試合に出場し17ゴールを記録。ワールドカップ(W杯)には、1990年のイタリア大会、1994年のアメリカ大会、1998年のフランス大会と3度出場。金髪アフロでも有名なカルロス・バルデラマと共にプレーし、10試合で1ゴール1アシストを記録しているコロンビアのレジェンドだ。 2022.04.14 14:25 Thu
twitterfacebook
thumb

W杯3度出場のコロンビア代表のレジェンドFWリンコンが交通事故で頭部に重傷「非常に深刻な状態」

かつてコロンビア代表としても活躍したフレディ・リンコン氏(55)が、交通事故により重体となっているようだ。『ESPN』が伝えた。 報道によると、リンコン氏は11日にコロンビアのカリで交通事故に遭ったという。地元のクリニックが声明を出した。 「フレディ・エウセビオ・リンコンは外傷性脳損傷で今朝病院に到着した」 「彼の状態は手術での非常に深刻な所見を考えると、彼の状態は非常に深刻だ」 報道によると、午前4時30分頃にリンコン氏が運転する車がバスと衝突。車には4人が同乗しており、5人とも負傷。またバスの運転手も負傷したという。 リンコン氏は、コロンビアのクラブでプレーした他、パウメイラス、ナポリ、レアル・マドリー、コリンチャンス、サントス、クルゼイロと名門クラブでプレーを続けた。 コロンビア代表としても85試合に出場し17ゴールを記録。ワールドカップ(W杯)には、1990年のイタリア大会、1994年のアメリカ大会、1998年のフランス大会と3度出場。金髪アフロでも有名なカルロス・バルデラマと共にプレーし、10試合で1ゴール1アシストを記録しているコロンビアのレジェンドだ。 <span class="paragraph-title">【防犯カメラ映像】リンコンが乗っていた車とバスが衝突する瞬間</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">Momento exacto del accidente entre bus del MIO y camioneta particular , uno de sus ocupantes el exjugador de fútbol Freddy Rincón . <a href="https://t.co/LScjOhFD8E">pic.twitter.com/LScjOhFD8E</a></p>&mdash; Viva Las Noticias Cali (@vivalasnoticias) <a href="https://twitter.com/vivalasnoticias/status/1513503078154186756?ref_src=twsrc%5Etfw">April 11, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.04.12 12:10 Tue
twitterfacebook
thumb

「フェアではない」ハメス・ロドリゲスがW杯出場権逸にコメント、25年ぶりの勝利も「そんなのどうでも良い」

コロンビア代表のMFはメス・ロドリゲスが、カタール・ワールドカップ(W杯)の出場権を逃したことを振り返った。コロンビア『El Espectador』が伝えた。 カタールW杯南米予選を戦っていたコロンビア。最終節を残し、大陸間プレーオフに臨む5位を争っていた。 勝利してもチリ代表が勝利してしまえば5位とはならないが、コロンビアは最下位のベネズエラ代表との対戦に。試合は前半アディショナルタイムにハメス・ロドリゲスがPKを決め、0-1で勝利を収めた。 他会場の結果を待つなか、ライバルのペルーはホームでパラグアイ代表相手に2-0で勝利。この結果、コロンビアはW杯出場を逃し、3大会連続の出場とはならなかった。 試合後、ハメス・ロドリゲスは失意のコメントを残した。 「今いる選手たちとワールドカップに出場できないのは悲しいことだ。フェアではない。これからの4年間に取り組まなければいけない」 「今僕が言うことは、全て僕たちに対して不利に働く可能性はがある。だから言うことはない」 「僕たちは今日、自分たちの仕事をやり遂げた。しかし、自分たちを信じなければ、もっと複雑になる」 ベネズエラとのアウェイゲームは1996年12月15日以来となり、なんと25年ぶり。しかし、そのこと以上に出場権を逃したことを悔やんだ。 「そんなことはどうでも良く、ワールドカップの出場権が獲得したかった。しかし、それは叶わなかった。その責任は僕たちが負わなければいけない」 2022.03.30 18:04 Wed
twitterfacebook
thumb

「コロンビアサッカー界にとっての恥」3大会連続のW杯出場を逃したコロンビア代表、ルエダ監督は退任を示唆

コロンビア代表のレイナルド・ルエダ監督が、カタール・ワールドカップ(W杯)の出場権を逃したことを振り返った。コロンビア『El Espectador』が伝えた。 カタールW杯南米予選を戦っていたコロンビア。最終節を残し、大陸間プレーオフに臨む5位を争っていた。 勝利してもチリ代表が勝利してしまえば5位とはならないが、コロンビアは最下位のベネズエラ代表との対戦に。試合は前半アディショナルタイムにハメス・ロドリゲスがPKを決め、0-1で勝利を収めた。 他会場の結果を待つなか、ライバルのペルーはホームでパラグアイ代表相手に2-0で勝利。この結果、コロンビアはW杯出場を逃し、3大会連続の出場とはならなかった。 ロシアW杯では日本代表ともグループステージで対戦したコロンビアだが、ルエダ監督はW杯出場を逃した試合後にコメント。出場権が獲得できなかったことを悔やんだ。 「代表チームはいくつかの要因による変化、動きがあった。常にベストな11人をピッチに置くことを目指している」 「他の結果は、我々の思い通りにはならなかった」 「目標を達成できなかったことは、コロンビアサッカー界にとっての恥だ。とても強いフラストレーションを感じる」 「勝ち点を足すことはできたが、大きな結果を残すことはできなかった」 また、自身の去就についても言及。W杯出場を逃したことで退任する意向を示した。 「我々の契約がワールドカップの出場権を得ることを条件としていたことは、とても明確だと思う」 2022.03.30 17:07 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly