堂安律は着る?PSVが90年代風の紫アウェイユニフォームを発表

2021.06.20 10:30 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
PSVとプーマは18日、2021-22シーズンのアウェイユニフォームを発表した。

このユニフォームは、元ブラジル代表FWロナウドや元オランダ代表MFフィリップ・コクーらが在籍していた1995-96シーズンと1996-97シーズン当時の紫のアウェイユニフォームからインスパイアされている。

紫色と黒色がヘリンボーン柄のように交互に描かれ、スポンサーやプーマのロゴはミントグリーンでアクセントになっている。

ショーツとソックスに関しては、紫とミントグリーンの2色で構成されている。

アルミニア・ビーレフェルトにレンタル移籍していた日本代表MF堂安律が2024年まで契約を残し、すでにビーレフェルトへのレンタル期間が終了する事が発表されている。堂安自身は先日のドイツ『シュポルト1』のインタビューでブンデスリーガ残留を希望する発言をしており、マインツなどからの関心も報じられているが、このユニフォームを着用する機会はあるだろうか。



1 2
関連ニュース
thumb

堂安不在のPSV、ガラタサライを退けて3回戦進出《CL予選》

28日、2021-22シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)予選2回戦2ndレグの9試合が行われた。 MF堂安律の所属するPSVは、トルコの強豪ガラタサライとのアウェイ戦に臨み、退場者を出したものの、ファン・ヒンケルのゴールなどで2-1と勝利した。この結果、2戦合計スコアを2-7としたPSVが3回戦へ進出している。 また、セルティックはミッティランとのアウェイ戦に臨み、延長戦の末に1-2で敗戦。2戦合計スコア2-3で競り負け、敗退となった。 その他、ツルヴェナ・ズヴェズダ、スパルタ・プラハ、オリンピアコス、ヤング・ボーイズらが順当に勝ち上がっている。2回戦2ndレグの結果は以下の通り。 ■CL予選2回戦2ndレグ ▽7/28(水) ガラタサライ(トルコ) 1-2(AGG:2-7) PSV(オランダ) ミッティラン(デンマーク) 2-1(AGG:3-2) セルティック(スコットランド) ネフチ・バクー(アゼルバイジャン) 0-1(AGG:0-2) オリンピアコス(ギリシャ) シェリフ(モルドバ) 3-1(AGG:4-1) アラシュケルト(アルメニア) クルージュ(ルーマニア) 2-0(AGG:4-1) リンカーン・レッド・インプス(ジブラルタル) ルドゴレツ(ブルガリア) 3-1(AGG:3-1) NSムラ(スロバキア) ヤング・ボーイズ(スイス) 3-2(AGG:3-2) スロバン・ブラチスラバ(スロバキア) ツルヴェナ・ズヴェズダ(セルビア) 5-0(AGG:6-2) カイラト・アルマトイ(カザフスタン) スパルタ・プラハ(チェコ) 2-0(AGG:3-2) ラピド・ウィーン(オーストリア) ▽7/27(火) ヘルシンキ(フィンランド) 2-2(AGG:3-4) マルメ(スウェーデン) フローラ・タリン(エストニア) 0-1(AGG:1-3) レギア・ワルシャワ(ポーランド) オモニア・ニコシア(キプロス) 0-1(AGG:0-3) ディナモ・ザグレブ(クロアチア) ジャルギリス(リトアニア) 1-3(AGG:1-5) フェレンツヴァーロシュ(ハンガリー) 2021.07.29 05:28 Thu
twitterfacebook
thumb

ドルトムントがマレン獲得を発表、サンチョの後釜を確保

ドルトムントは27日、PSVのオランダ代表FWドニエル・マレン(22)の獲得を発表した。契約期間は2026年6月までの5年間で、移籍金はドイツ『キッカー』によれば3000万ユーロ(約39億円)とのことだ。 アヤックスとアーセナルの下部組織で育った左ウイング兼ストライカーのマレンは、爆発的なスピードとドリブルテクニックに加え、ポジショニングセンス、シュートテクニックも併せ持つ万能型のアタッカー。昨季は公式戦45試合の出場で27ゴール10アシストと堂々の記録を残した。 ドルトムントではイングランド代表MFジェイドン・サンチョ(21)がマンチェスター・ユナイテッドに移籍しており、マレンにはサンチョの穴を埋める活躍が期待される。 2021.07.28 06:00 Wed
twitterfacebook
thumb

PSVのオランダ代表MFロサリオがニースへ移籍

ニースは27日、PSVのオランダ代表MFパブロ・ロサリオ(24)の獲得を発表した。契約期間は2025年6月までの4年間で、移籍金は600万ユーロ(約7億8000万円)とのことだ。 オランダ代表歴を持つセントラルMFのロサリオは、フェイエノールトやアヤックスの下部組織で育った中、2016年にPSVに加入。PSVでは公式戦138試合に出場して5ゴール11アシストを記録。昨季はエールディビジ29試合に出場し、主力としてプレーしていた。 2021.07.28 01:00 Wed
twitterfacebook
thumb

レスターがPSVの逸材マドゥエケに関心! スパーズ育ちのU-21イングランド代表FW

レスター・シティがPSVに所属するU-21イングランド代表FWノニ・マドゥエケ(19)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『レスター・マーキュリー』が伝えている。 トッテナムのアカデミー出身で2018年にPSVのユースチームに加入したマドゥエケは、左利きのアタッカー。利き足は異なるものの、クリスタル・パレスのコートジボワール代表FWウィルフリード・ザハ、ニューカッスルのフランス人FWアラン・サン=マクシマンらを彷彿とさせる、爆発的なスピードとトリッキーな仕掛けを特長とする右ウイングは2019–20シーズンにエールディビジデビューを飾った。 そして、昨シーズンは右ウイングを主戦場に公式戦32試合9ゴール8アシストの数字を残し、飛躍の1年を過ごした。 また、182cmとサイズにも恵まれるマドゥエケは、U-19チームで監督を務めていた元オランダ代表FWのルート・ファン・ニステルローイ氏からストライカーとしての英才教育を受けており、現チームのエースでドルトムント移籍が迫るオランダ代表FWドニエル・マレン同様に将来的にはストライカーへの本格コンバートも期待されている逸材だ。 そのマドゥエケに関してはレスター、クリスタル・パレスといったプレミア勢が関心を示しているという。ただ、移籍金に関しては現時点で2000万ポンド(約30億3000万円)程度が必要ということもあり、両クラブはまだ具体的な動きを見せていないようだ。 2021.07.26 15:56 Mon
twitterfacebook
thumb

オランダ代表FWマレンのドルトムント移籍が間近に!メディカルチェックのためにキャンプ地入り

PSVのオランダ代表FWドニエル・マレン(22)の移籍が間近に迫っているようだ。 ドイツ『キッカー』によれば、昨季のエールディビジで19ゴールを記録したオランダ代表FWは移籍金3000万ユーロ(約39億円)の5年契約でドルトムント入り間近。 そして、ドイツ紙『デア・ヴェステン』の取材を受けたセバスティアン・ケールSD(スポーツ・ディレクター)は、マレンについて「彼はメディカルチェックを受けるため、キャンプ地へと到着した。ただ、まだはっきりとさせなくてはいけない最終的な課題も残されている」とコメントしていた。 マンチェスター・ユナイテッドへ移籍したイングランド代表MFジェイドン・サンチョ(21)の後釜として期待されるマレンは、爆発的なスピードとドリブルテクニックに加え、ポジショニングセンス、シュートテクニックも併せ持つ万能型FW。 これまで左ウイングが主戦場だったが、2019-20シーズンからはストライカーにコンバートされ、昨季は公式戦45試合の出場で27ゴール10アシストという堂々の数字を残した。 なお、ドルトムントは今季からマルコ・ローゼ監督が指揮。ボルシアMG時代に中盤ダイヤモンド型の[4-4-2]など、2トップで構成されたシステムを用いており、ノルウェー代表FWアーリング・ハーランドと組めば、強力トップとしてチームの新たな武器になり得るかもしれない。 2021.07.26 02:15 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly