「五輪だろうが、選考がかかっていようが…」仕事を全うしたい上田綺世「1点取れたから良かったわけでは」と課題を口に

2021.06.12 21:45 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
U-24日本代表のFW上田綺世(鹿島アントラーズ)が、ジャマイカ代表戦を振り返った。U-24日本代表は12日、国際親善試合でジャマイカ代表と対戦。試合は4-0で日本が勝利した。

東京五輪のメンバー選考に向けた最後の試合となったこのゲーム。立ち上がりから積極的に攻め込む日本は、32分に酒井宏樹の素早いスローインのリスタートから久保建英が4人の股を抜くシュートを見せて先制する。

さらに42分には遠藤航がボックス付近からコースを狙ったミドルシュートを決めて追加点。前半を2-0で終える。

ハーフタイムで3名を交代させると、57分には三笘薫のスルーパスに反応した上田綺世がGKの位置をよく見たループシュートを決めて追加点。64分には久保のスルーパスに反応した相馬勇紀がボックス左から折り返し、最後は堂安律が蹴り込んで4-0。快勝を収めた。

この試合は後半から出場となった上田。試合に臨むにあたっては「相手がA代表ということもあり、フィジカル的にも強度が高いということで、前半からアグレッシブに行こうと前向きな姿勢で試合に入りました」と、立ち上がりからしっかりしようとチームとして入ったと語った。

ベンチで見ていた上田だが、自分として試合に入るイメージはしないとコメント。「サブで試合に出ることもそれなりにあるので、そういう質問をよくされるんですが、あまり自分が入ったらこうしようという考え方よりは、味方のコンディションだったり、相手のスタイルを見ているだけです」とし、「自分がこうしようと考えて入ってもできるものではないので、相手の特徴を理解したり、上手くいってない、引っかかっているなとかは試合ごとに違うので、その違う部分を見て、それを自分なりに感じて、動き出しとか変えたりしています」と、味方のプレーでいつもと違うところを確認して、ピッチに入るとした。

この試合では三笘の絶妙なスルーパスをループシュートで決めた上田。ゴールシーンについては「(三笘)薫くんとはある程度理解していて、ドリブルは理解できないことの方が多いんですけど、最後もう1枚剥がしてくることも分かっていたので、動き出しは独特というか、僕の中ではあまりしないんですが、薫くんだから出せたのかなと」と語り、三笘からのパスが良かったとコメント。「薫くんと縦に並んだ時に、縦にまっすぐ走って足元に出してもらう。パスの難易度も相当高いんですが、薫くんだからできる動き出しの1つかなと思います」と、三笘を信頼してのランニングだったと語った。

法政大学と筑波大学でプレーしていた両者。世代別代表やユニバーシアードなどでも一緒にプレーしていたが「大学の頃からやっていますし、薫くんがどういうパスを出してくれるか。基本的にあのシーンでゴールに直結する走り方をしたらそこに出してくると思っていました」と、昔からの信頼関係があるとし、「自分が繋がりやすくて点を取りやすい形を選べる選手だなと僕は思っています」と、コンビネーションも確立されていると語った。

シュートをループにした理由については「顔を上げた時にGKが出てきているのは分かっていたので、そこまで来ないと分かっていて逆を取ることができました」とGKを見たといい「逆に突っ込んできたら抜くか、ワンタッチ外にして打つイメージでしたが、中途半端なところで止まってくれたので、ループを選びました」と、しっかりと見えていたことを語った。

シュートのバリエーションが増えている上田だが「練習をしてきたというか、シュートの幅。ループがなければ、あのシーンはゴロで打つか、GKをかわすの2つに選択肢が絞られますが、ループがあるだけで守備も簡単にかいくぐれますし、川崎フロンターレ戦のゴールもそうですが、1つ違うシュートの形を作るだけでFWとしての余裕が全く違います」とし、色々な形でゴールを狙えるようになることを目指していると語った。

また「簡単なシュートは思った以上に少なくて、どのゴールも簡単に見えて難易度が高いので、だから1つの1つのゴールが重いと言っていますが、1つを取るためにより多くの選択肢があった方が良くて、それこそ伊藤翔くんとかエヴェラウドとか、同じチームでやった選手から色々なことを盗んでいますし、自分の中ではループという選択肢は今までなかったですが、選択肢をちょっとずつ増やせているのかなと思います」と周りにいるFWが持っているものを盗んで、自分が吸収していっていると語った。

オリンピック代表のメンバー選考前のラストゲームとなったが、上田はその考えはあまり持っていないという。

「僕らは選手なので、1つのチームに属して、そのチームの1ポジションを担って試合に出ていて、そのポジションを争うことはありますけど、試合に対する形は代表だろうが五輪だろうが、選考がかかっていようが、クラブだろうが、そこは変わらないです」

「そのためのプレーを僕は選んでいますし、今日であれば、あのタイミングで点を取れたのは良かったと思いますけど、もっともっとチャンスを作らないといけないですし、クロスからのシーンも決められたと思うし、当たり前の課題で、FWがゴールを目指し続けるのは当たり前なので、それができなかった」

「1点で止まったなら2点目が取れなかった。2点目を取ることが課題になるのは定石なので、そこは個人的な課題がありつつも、今日1点取れたから良かったわけでもないです」

どんな状況でも、ストライカーとしてやる仕事は1つであり、試合に出れば貪欲に得点を目指すと語った上田。五輪出場なるのか注目だ。
関連ニュース
thumb

レーティング: U-24日本代表 0-1 U-24スペイン代表《東京オリンピック》

3日、東京オリンピック準決勝のU-24日本代表vsU-24スペイン代表の一戦が埼玉スタジアム2002で行われ、0-0で90分を終了。延長戦の末、0-1でスペインが勝利した。 超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽U-24日本代表採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/fom20210803u24jpn_esp_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©CWS Brains, LTD.<hr></div> ※採点は10点満点。及第点は「5.5」、「0.5」刻みで評価 ※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし GK 12 谷晃生 6.5 バックパスの際には上手く時間を作るなど冷静なプレー。しっかりと判断して飛び出しセーブも見せる。失点はノーチャンス。 DF 2 酒井宏樹 6.5 ダニ・オルモ相手に安定した守備を見せ続ける。相手との守備の駆け引きでも勝利し巧みなプレー。 3 中山雄太 6.5 安定したプレー。絞るプレーやサイドでの対応も冷静。相手に囲まれても落ち着いて運ぶなど良さを見せた。 4 板倉滉 6.5 空中戦ではしっかりとラファ・ミルの対応。シュートブロックも含めて粘りの守備を見せた。最後アセンシオに寄せられなかったことだけが悔やまれる。 5 吉田麻也 6.5 冷静に対応しシュートブロック。落ち着いたプレーを見せ続けた。後半には大ピンチを救う難しいタックル。最後は最前線でおゴールを目指すも実らず。 MF 6 遠藤航 6.5 しっかりと危険な瞬間を予測してピンチの芽を摘む。攻撃でも機を見て前線に攻め上がる。 7 久保建英 6.5 チャンスと見るや積極的な仕掛け。周りが見えている。堂安とのコンビで崩しを見せた。 (→8 三好康児 6) フレッシュなことを生かしてしっかりと守備対応からの攻撃参加。 10 堂安律 6.5 体の強さを生かしてキープ。判断に優れたプレーで攻撃を牽引。ドリブルで運ぶ姿も負けていなかった。 (→9 前田大然 6) スピードを生かしてスペインを押し込む。もう少しスペースへのボールを呼び込みたかった。 13 旗手怜央 6 前半はあまりボールに関与できていなかったが、後半は積極的にボールに絡む。守備でも1列前で貢献。 (→16 相馬勇紀 6) 判断遅くボールロストからピンチに。その後は落ち着いてプレー。延長戦では積極的に仕掛けてチャンスメイク。 17 田中碧 6 今日もしっかりとバランスを取る。ビルドアップに参加し、守備でも強度高くプレー。ボール奪取後も落ち着いていた。 FW 19 林大地 6 前線で身体を張ったプレー。最終ラインへの果敢なプレスでリズムを崩すシーンも。 (→18 上田綺世 5.5) オフ・ザ・ボールの動きを見せるもなかなか良い形でボールが来ず。シュートシーンもなかった。 監督 森保一 6.5 勝負を決したのはワンプレー。それ以外の部分は選手たちがしっかりとファイト。我慢して戦ったが、またしても決勝には進めず。 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! FWマルコ・アセンシオ(スペイン) 後半途中から出場。右に左にポジションを移しながら日本の守備を崩しに。一振りで試合を決めてしまう力はさすが。 U-24日本代表 0-1 U-24スペイン代表 【スペイン】 マルコ・アセンシオ(延後10) 2021.08.03 22:50 Tue
twitterfacebook
thumb

運命の準決勝、スペイン戦の日本代表スタメン発表! 久保&堂安のコンビに1トップはFW林大地

3日、東京オリンピックの準決勝でU-24スペイン代表と対戦するU-24日本代表のスターティングメンバーが発表された。 グループステージを唯一の3連勝で勝ち上がった日本は、準々決勝では延長戦、そしてPK戦までもつれ込み、U-24ニュージーランド代表を下して準決勝進出した。 日本のスターティングメンバーは、出場停止のDF冨安健洋(ボローニャ)の代役にDF板倉滉(フローニンヘン)を起用。1トップにはFW林大地(サガン鳥栖)が入った。また2列目の左はDF旗手怜央(川崎フロンターレ)が起用された。 ◆スタメン[4-2-3-1] GK:谷晃生 DF:酒井宏樹、吉田麻也、板倉滉、中山雄太 MF:遠藤航、田中碧 MF:堂安律、久保建英、旗手怜央 FW:林大地 監督:森保一 ◆サブ GK:大迫敬介 DF:橋岡大樹、瀬古歩夢 MF:三好康児、相馬勇紀 FW:前田大然、上田綺世 2021.08.03 19:02 Tue
twitterfacebook
thumb

【U-24日本代表プレビュー|準決勝】金メダルまであと2つ、初の決勝進出へ/vsU-24スペイン代表【東京五輪】

3日、東京オリンピックの男子サッカー準決勝が開催される。ここまで勝ち上がってきたU-24日本代表は2012年のロンドン・オリンピック以来の準決勝進出。ここで勝利すれば、史上最高の銀メダル以上が確定する。 相手は、金メダル候補のU-24スペイン代表。実力者が揃うチームだが、五輪本番前の試合では1-1のドローに終わった。半月ぶりの再戦でどのような戦いを見せるのか。目標に向けて互いに落とせない一戦だ。 <span class="paragraph-title">◆予想通りの準決勝スペイン戦</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/japan20210803_1_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 大会前の親善試合でU-24スペイン代表と対戦した日本。その試合後に森保一監督は「多くの選手が厳しい戦いを、レベルの高い相手との戦いを経験できたことは、東京オリンピックに向けて非常に良い試合をさせてもらったと思います」とコメント。一定の手応えを語っていた。 一方でピッチで対峙したDF吉田麻也(サンプドリア)は「勝ち上がれば、またこういう相手と戦うことになるので、次やるときはより質の高いプレーが求められると思います」とコメント。その時がついに訪れたということだ。 ニュージーランド戦では、遠藤航、上田綺世がそれぞれ決定機を迎えたが、遠藤は枠を外し、上田はGKの好セーブに阻まれた。攻めていてもゴールを奪えなかった結果が、120分を戦いPK戦に委ねられるという状況にもつれ込むこととなった。 しかしながら、これまでであればそのまま敗れてきたような展開もしっかりと勝利。そこに今回のチームの強さを見ることができたようにも思う。 延長後半にはセットプレーからあわやというシーンを作られたが、吉田がブロックしことなきを得た。決まっていれば、そのまま敗れていただろう。そこを凌ぎ、PKでは守護神が躍動し、ベスト4にまでこぎつけた。まだ運もある中で、しっかりとここを勝ちきりたい。 <span class="paragraph-title">◆金メダル候補にも不安材料はあり</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/japan20210803_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 対するスペインは、グループステージの初戦でDFオスカル・ミンゲサとMFダニ・セバージョスが負傷。チームも1勝2分けと苦しみながらもグループステージを突破した。 そして迎えた準々決勝ではU-24コートジボワール代表と対戦。この試合でミンゲサが復帰したが、開始10分で負傷交代するアクシデントに見舞われてしまった。 さらに後半アディショナルタイムに相手に勝ち越されるという大ピンチに。しかし、そこで投入されたラファ・ミルが起死回生の同点ゴールを決めると、延長に入ってラファ・ミルの2ゴールなど3ゴールを奪い、5-3で勝利した。 中2日の連戦により選手たちのコンディションは徐々に落ちている状況。試合勘が取り戻せていながらも、主導権を握り続けられているわけではないという状態だ。日本にも付け入る隙がないわけではない。 とはいえ、クオリティの高い選手は多く、得点を奪いに行くとパワーをかけた時の破壊力は凄まじい。会心の試合をここまで見せていないことも末恐ろしい状況ではある。初戦で負傷したセバージョスも復帰のほどは定かではないが、トレーニングには復帰した。 日本と大会前に戦っているために互いに分析が進んでいることは事実。スペインは主力を投じた後半に主導権を握っていたこともあり、攻略法は見出しているいかもしれない。どのような形で臨んでくるかに注目だ。 <span class="paragraph-title">◆予想スタメン[4-2-3-1]</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/japan20210803_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> GK:谷晃生 DF:酒井宏樹、吉田麻也、板倉滉、中山雄太 MF:遠藤航、田中碧 MF:堂安律、久保建英、三好康児 FW:前田大然 監督:森保一 出場停止:冨安健洋 当初の目標であった6試合を戦うというミッションは達成した日本。その6試合目が金メダルを争う戦いなのか、銅メダルを争う戦いなのかが今夜決まる。 5試合目となったスペイン戦。ゴールを守るのはGK谷晃生(湘南ベルマーレ)だ。U-24ニュージーランド代表との準々決勝では、空中戦の強い相手にしっかりと対応。さらにPK戦では1本のシュートをセーブし、チームに勝利を呼び込んだ。試合を重ねるごとに安定感は増す状況。多くのシュートを浴びる可能性があるが、谷がゴールを割らせなければ負けはない。 最終ラインは右サイドバックにDF酒井宏樹(浦和レッズ)が復帰。センターバックは吉田とDF板倉滉(フローニンヘン)がコンビを組むだろう。冨安健洋(ボローニャ)がニュージーランド戦で2枚目のイエローカードをもらったことで出場停止に。しかし、初戦と2戦目でCBとして板倉が出場していたことがプラスに働きそうだ。なお、左サイドバックはDF中山雄太(ズヴォレ)が入るだろう。スペインのサイドアタックにしっかりと対応してもらいたい。 ボランチコンビは_MF遠藤航(シュツットガルト)とMF田中碧(デュッセルドルフ)の盤石のコンビだろう。準々決勝でイエローカードも清算。よりアグレッシブなプレーをここ一番で発揮できるはずだ。スペインを凌ぐゲームコントロールを見せてもらいたい。 2列目もMF堂安律(PSV)、MF久保建英(レアル・マドリー)は変わらないだろう。2人のコンビネーションが試合のカギを握る。いかにコンビネーションでスペイン守備陣を崩すか。そこがポイントだ。そして左サイドにはMF三好康児(アントワープ)が入ると予想する。2列目の3人のコンビネーションという点を考えると、左利きトリオが最も良い連携を見せていた印象だ。お互いを感じ、それぞれを補完できる関係を作るには三好が最適解か。守備面を含めても期待を寄せたい選手の1人だ。 そして1トップだが、満を持してFW前田大然(横浜F・マリノス)を推したい。ここまでの戦いではFW林大地(サガン鳥栖)の最前線で体を張ったプレーは日本を大きく支えた。守備面でも前からしっかりと追いかけるプレーは守備のスイッチ役にもなっていたが、スペインが後方からのビルドアップを得意とすることを考えると、よりスプリント回数が計算できる前田が良いと考える。 世界にも通用するスピード、それによる相手のミスを誘発させることや2列目がボール奪取をするシーンを作り、ショートカウンターで仕留めるという作戦はスペインには効果的と言えるだろう。金メダルに向けた総力戦となる一戦。森保一監督のベンチワークを含めた采配にも注目だ。 互いに金メダルを目指す運命の一戦。U-24日本代表vsU-24スペイン代表は埼玉スタジアム2002で8月3日(火)の20時にキックオフを迎える。 2021.08.03 18:15 Tue
twitterfacebook
thumb

日本の市場価値はスペインの7分の1…22人の合計がペドリ1人にも及ばない!?

3日、東京オリンピックの男子サッカー準決勝が開催。53年ぶりのメダル獲得に向けて、U-24日本代表が優勝候補のU-24スペイン代表と対戦する。 東京五輪本大会前にフレンドリーマッチで対戦している両者。その際には1-1の引き分けに終わっていた。 日本としては初の決勝進出を懸けた重要な一戦。勝てばメダルが確定する重要な一戦だが、それはスペインにとっても同じだ。 海外組が圧倒的に増えた今回のU-24日本代表だが、スペインはユーロ2020に出場したメンバーが6名もいるなど、世代の実力者をしっかりと揃えて挑んできている。 大一番を前に両チームを比較。『Transfermarkt』市場価値でチームを比較してみた。 <span class="paragraph-title">◆最高額は4倍の差</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/value20210803_1_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> あくまでも市場価値での比較であり、選手たちの能力を数値化したものではない。ただ市場価値とはサッカー界でのひとつの指標としてよく使われるものだ。 スペインの最高額は18歳ながらA代表にも定着しユーロ2020でもプレー。バルセロナでも司令塔として活躍するペドリだ。 その市場価値は8000万ユーロ(約103億7400万円)。現役選手の中でも16番目という高さだ。同じ評価額なのは、マンチェスター・シティのイングランド代表MFフィル・フォーデンやアトレティコ・マドリーのポルトガル代表FWジョアン・フェリックスらがいる。 一方で日本の最高額はDF冨安健洋(ボローニャ)だ。今夏はトッテナムへの移籍が噂されており、イタリア国内でも評価高い。その冨安だが、市場価値では2000万ユーロ(約26億円)であり、ペドリの4分の1という状況だ。 <span class="paragraph-title">◆スペインが圧倒的</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/value20210803_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> では冨安の2000万ユーロ以上の選手がスペインには一体何人いるのか。 2番目に高いのはレアル・ソシエダのFWミケル・オヤルサバルで7000万ユーロ(約90億7600万円)、3番目はRBライプツィヒのダニ・オルモで5000万ユーロ(約64億8300万円)だ。 冨安と同じ2000万ユーロの評価となっているのは4名、それまでに9名の選手がいる状況であり、いかに実力者が揃っているかがわかるだろう。 なお、日本の2番目はMF久保建英(レアル・マドリー)で1500万ユーロ(約19億5000万円)、3位が遠藤航で1000万ユーロ(約13億円)となっている。 両チームの合計で比較するとスペインは5億6300万ユーロ(約730億円)、日本は7775万ユーロ(約100億8300万円)となり、7分の1に。22人の合計がペドリ1人よりも低いという結果となった。 <span class="paragraph-title">◆金額勝負ではないが…</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/value20210803_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> これだけを見ると圧倒的にスペインが上にいる状況。最初に記した通り、選手の実力を表すものではないが、明らかに日本の方が評価されている実力が低いということになる。 戦っている舞台がヨーロッパであってもビッグクラブに所属している選手は少なく、同じ土俵でも評価が高くないという状況もある。 つまり、日本としては持っている力を全て出すだけでなく、それ以上の力をしっかり出さなければ、勝てる相手ではないということだろう。 東京オリンピックが終われば、世代での制限がない舞台で戦わなければいけなくなる選手たち。より価値を高めるためには実力をつけるしかないだけに、ここでしっかりと評価を上げていけるか。それが金メダル獲得に繋がるはずだ。 <span class="paragraph-title">◆全44選手の市場価値</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJPQ2lSVUtvMSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 【スペイン代表】 市場価値:5億6300万ユーロ(約730億円) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/value20210803_4_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> GKウナイ・シモン(24):2000万ユーロ GKアルバロ・フェルナンデス(23):400万ユーロ GKアレックス・ドミンゲス(23):250万ユーロ DFオスカル・ミンゲサ(22):1500万ユーロ DFパウ・トーレス(24):5000万ユーロ DFヘスス・バジェホ(24):500万ユーロ DFエリック・ガルシア(20):2000万ユーロ DFオスカル・ヒル(23):250万ユーロ DFフアン・ミランダ(21):700万ユーロ MFマルク・ククレジャ(23):2000万ユーロ MFマルティン・スビメンディ(22):2000万ユーロ MFミケル・メリノ(25):4000万ユーロ MFダニ・セバージョス(24):2700万ユーロ MFカルロス・ソレール(24):4000万ユーロ MFホン・モンカジョラ(23):700万ユーロ MFペドリ(18):8000万ユーロ MFダニ・オルモ(23):2700万ユーロ FWマルコ・アセンシオ(25):3500万ユーロ FWラファ・ミル(24):1200万ユーロ FWミケル・オヤルサバル(24):7000万ユーロ FWハビ・プアド(23):600万ユーロ FWブライアン・ヒル(20):3000万ユーロ 【日本代表】 市場価値:7775万ユーロ(約100億8300万円) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/value20210803_5_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> GK大迫敬介(22):95万ユーロ GK谷晃生(20):60万ユーロ GK鈴木彩艶(18):30万ユーロ DF酒井宏樹(31):400万ユーロ DF中山雄太(24):80万ユーロ DF板倉滉(24):350万ユーロ DF吉田麻也(32):320万ユーロ DF旗手怜央(23):80万ユーロ DF冨安健洋(22):2000万ユーロ DF橋岡大樹(22):100万ユーロ DF町田浩樹(23):85万ユーロ DF瀬古歩夢(21):80万ユーロ MF遠藤航(28):1000万ユーロ MF久保建英(20):1500万ユーロ MF三好康児(24):200万ユーロ MF堂安律(23):700万ユーロ MF三笘薫(24):180万ユーロ MF相馬勇紀(24):80万ユーロ MF田中碧(22):170万ユーロ FW前田大然(24):110万ユーロ FW上田綺世(22):90万ユーロ FW林大地(24):65万ユーロ 2021.08.03 12:42 Tue
twitterfacebook
thumb

「自分たちの仕事をやり遂げたことは誇り」PK戦で日本に敗れたニュージーランド、MFベルはチームを称える

U-24ニュージーランド代表のMFジョー・ベルが、U-24日本代表戦を振り返った。ニュージーランド『stuff』が伝えた。 東京オリンピックの男子サッカー準々決勝で対戦した両者。グループBを2位で通過したニュージーランドがグループAを3連勝で突破した日本と対戦した。 ニュージーランドは前半からアグレッシブに戦い、引いて守りを固める守備と日本のビルドアップを防ぐ前からのプレスを使い分けて戦う。 日本は攻撃の形を作りながらもなかなか攻め切れず。決定機を迎える場面もあったが、ゴールは生まれずゴールレスのまま120分間が終了。PK戦の末に4-2で日本が勝利した。 ベスト8で敗退となったニュージーランド。ベルを含むこの世代の選手たちは、2019年のU-20ワールドカップに出場するも、ラウンド16でU-20コロンビア代表を相手にPK戦で敗戦。国際大会で2度目のPK戦負けでの敗退となった。 ベルはその当時よりもチームは成長しているとコメント。2022年のカタール・ワールドカップに向けた長期的なプランで進んでいると語った。 「僕たちは常にこれが長期的なプロジェクトであることについて話している」 「数年前のU-20ワールドカップでも似たような場面があった。今回の大会ではさらに前進していると思う」 「試合(10日間で4試合)をこなしてきた選手たちが、優れた日本のチームと120分間、100%の力で自分たちの仕事をやり遂げたことは誇りに思っている」 「それはこのチームのキャラクターと、選手個人のキャラクターをよく示していると思う」 2021.08.01 11:35 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly