ヌーノ監督破談のクリスタル・パレス、元チェルシーのランパード氏招へいに関心?

2021.06.10 17:47 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
クリスタル・パレスが、チェルシーの前監督であるフランク・ランパード氏(42)の招へいを検討しているようだ。イギリス『ミラー』が伝えている。

クリスタル・パレスは2017年から4シーズンにわたってチームを率いたロイ・ホジソン監督(73)が今季限りで退任。後任候補として、同じくウォルバーハンプトンを今季限りで退任したヌーノ・エスピリト・サント監督(47)と交渉していた。

しかし、ヌーノ監督招へいにはカルロ・アンチェロッティ監督(62)をレアル・マドリーに引き抜かれたエバートンが関心を示していたこともあり、交渉は破談に。他候補として、スウォンジーのスティーブ・クーパー監督や、バーンリーのショーン・ダイチ監督の名も挙げられるが、『ミラー』によるとクリスタル・パレスはランパード氏の手腕を高く評価しているようだ。

ランパード氏はダービー・カウンティの指揮官を経た後、2019年に現役時代を過ごしたチェルシーの監督に就任。クラブが補強禁止処分を受けた厳しい状況でありながら、初年度でトップ4入りを果たしチャンピオンズリーグ(CL)出場権をもたらした。

しかし、2年目となった今シーズンはチームが大型補強を敢行したものの低迷。一時は9位に沈むなど不振が続くと1月に解任され、現在はフリーの状態となっている。

ランパード氏のクリスタル・パレス行きについては、リバプールのレジェンドであるジョン・バーンズ氏も実現を期待。チェルシーと違い、じっくりチーム作りができるはずだと語っている。

「フランクはチェルシーでいい仕事をした。もちろん、2年目に何が起こったかわからないが、彼らは悲惨な状態ではなかったと思う。フランクが悪い仕事をしたとは思わないし、彼には時間が与えられるべきだった」

「クリスタル・パレスは彼にとって良い仕事になるだろう。プレミアリーグのクラブであり、協力的な良いオーナー、良い会長がいる。彼はそこで持っている才能を使い、良い選手を育成できるはずだ」

関連ニュース
thumb

クリスタル・パレス、元ウルブスのヌーノ監督招へいに迫る

クリスタル・パレスが、ポルトガル人指揮官のヌーノ・エスピリト・サント氏(47)の招へいに迫っているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 パレスでは、2017年から4シーズンにわたってチームを率いたロイ・ホジソン監督が今季限りで退任。後任には前チェルシー監督のフランク・ランパード氏や、昨年ニースを解任されたパトリック・ヴィエラ氏の名が挙がっていたが、ホジソン監督のように今季限りでウォルバーハンプトンを退任したヌーノ監督が決定的となった模様だ。 ヌーノ監督は2017年、当時チャンピオンシップ(イングランド2部)に所属していたウルブスの指揮官に就任。1年目でチャンピオンシップ優勝を果たしてプレミアリーグに昇格すると、そこからの2シーズンいずれも7位の好成績を収めただけでなく、昨シーズンはクラブを50年ぶりのヨーロッパリーグ(EL)準々決勝進出に導いた。 しかし、今シーズンは負傷者に悩まされたこともあり、ここ2年と同様のパフォーマンスを見せることができず、最終節を前にして、双方合意の下での退任が発表。チームはクリスタル・パレスより一つ上の13位で終えていた。 『スカイ・スポーツ』によると、パレスはヌーノ監督との3日間の交渉の末、同じくポルトガル人指揮官の招へいに関心を持っていたエバートンやトッテナムをリードすることに成功。正式契約に限りなく近いと伝えられている。 2021.06.09 14:04 Wed
twitterfacebook
thumb

C・パレスエースのザハ、チームに再び移籍懇願か

コートジボワール代表FWウィルフリード・ザハ(28)がクリスタル・パレスに移籍を懇願したようだ。 ザハは昨夏もステップアップを希望したが、C・パレスが1億ポンドに迫る移籍金を求め、関心を示したアーセナルやエバートンが獲得に尻込み。結局、今季もC・パレスにとどまり、プレミアリーグ30試合に出場してチーム最多となる11得点の活躍を披露した。 そんなザハだが、先日にイギリス『The Face』で今夏のステップアップを再び口に。そして、イギリス『タイムズ』によると、C・パレスに対して移籍を改めて希望したといわれ、来月に予定するプレシーズン前の行き先決定を理想に掲げているという。 一方、イギリス『デイリー・メール』によれば、C・パレスも移籍をブロックしてきた強気な姿勢から一転。まだ2年間の契約が残るが、3000万ポンド(約46億6000万円)以上の移籍金額や、選手譲渡も含めたオファーが届けば、交渉に応じ得る様相のようだ。 ザハはC・パレスの下部組織で育ち、2013年夏にマンチェスター・ユナイテッド入りしたが、鳴かず飛ばず。2014年夏からC・パレスに戻り、移籍を断念しての今季もプレミアリーグ30試合に出場して、チーム最多となる11得点の活躍を披露した。 2021.06.04 11:10 Fri
twitterfacebook
thumb

クリスティアン・ベンテケがC・パレスと契約延長「嬉しくもあり誇りに思う」

クリスタル・パレスは3日、ベルギー代表FWクリスティアン・ベンテケ(30)との契約を2023年6月まで延長したことを発表した。 ベンテケは2016年夏にリバプールから2700万ポンド(約42億円)の移籍金で加入。5シーズン目の今季はプレミアリーグ30試合の出場で10ゴールをマークし、ケガの影響もあり、トータル3ゴールのみだった過去2シーズンの成績を挽回する活躍を披露した。 迫るユーロ2020にに臨むベルギー代表にも選出されているベンテケは、新シーズンに向けて意気込みを語っている。 「自分の将来をクリスタル・パレスにコミットできて、嬉しくもあり誇りに思うよ。(加入から)5年が経ったけど、まだまだできるはずだ」 「僕たちは選手とスタッフが団結した素晴らしいグループで、もう一度ファンの前でプレーできる新シーズンが楽しみだよ」 2021.06.03 18:41 Thu
twitterfacebook
thumb

ホジソンが去ったクリスタル・パレス、ウルブス退任のヌーノ監督招へいに関心か

クリスタル・パレスがウォルバーハンプトンの監督を退任したヌーノ・エスピリト・サント氏(47)の招へいに興味を持っているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 クリスタル・パレスは、2017年から4シーズンにわたってチームを率いたロイ・ホジソン監督が(73)が今季限りで退任。新たな指揮官を探しており、今季途中までチェルシーを率いていたフランク・ランパード氏や昨年ニースを解任されたパトリック・ヴィエラ氏の名も取り沙汰される中、特に招へいに関心を持っているとされるのがヌーノ監督だ。 ヌーノ監督は2017年、当時チャンピオンシップ(イングランド2部)に所属していたウォルバーハンプトンの指揮官に就任。1年目でチャンピオンシップ優勝を果たしてプレミアリーグに昇格すると、そこからの2シーズンいずれも7位の好成績を収めただけでなく、昨シーズンはクラブを50年ぶりのヨーロッパリーグ(EL)準々決勝進出に導いた。 しかし、今シーズンは負傷者に悩まされたこともありプレミアリーグ13位に終わると、シーズン終了後の退任が発表された。ヌーノ監督には新指揮官を探しているトッテナムも興味を持っているとされており、『スカイ・スポーツ』によればクリスタル・パレスは招へいに向けた動きを急いでいるようだ。 一方で、クリスタル・パレスはチャンピオンシップのプレーオフ決勝で敗れ、惜しくもプレミアリーグ昇格を逃したスウォンジーのスティーブ・クーパー監督にも関心を示しているとされており、今後の動きが注目される。 2021.06.02 12:07 Wed
twitterfacebook
thumb

C・パレス、アメリカのジョージタウン大学から元U-19米代表MFが加入

クリスタル・パレスは25日、アメリカのジョージタウン大学からアメリカ人MFジェイコブ・モンテス(22)の加入を発表した。契約期間は2022年6月30日までの1年となる。 メジャーリーグ・サッカー(MLS)のポートランド・ティンバースの下部組織に在籍経験もある元U-19アメリカ代表MFは、2019年にジョージタウン大学のNCAA全米選手権での初優勝に貢献。同シーズンには11ゴール5アシストを記録していた。 ワシントンD.C.の名門大学から直接プレミアリーグのクラブに加入する異例のキャリアを歩むことになったモンテスは、パレスの公式サイトを通じて喜びのコメントを残している。 「とても興奮しているよ。歩けるようになった頃からプロのフットボーラーになるのが夢だったから、プレミアリーグのクラブと契約できるなんて信じられないよ」 「良い印象を与えられるように、そして最高のレベルで活躍できるように、できる限りのことをしたいと思っているよ」 2021.05.26 05:30 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly