ウォルバーハンプトンがフェリックスやルベン・ディアスらを育てたラージ氏を新監督に招へい

2021.06.09 18:45 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウォルバーハンプトンは9日、新指揮官にポルトガル人のブルーノ・ラージ氏(45)が就任することを発表した。

ラージ氏はベンフィカの下部組織の監督を務めると、カルロス・カルバハル監督の右腕として、シェフィールド・ウェンズデイ、スウォンジーでアシスタントコーチを務める。

その後2018年7月からベンフィカのBチームで監督に就任すると、2019年1月からファーストチームの指揮を執っていた。

2018-19シーズンはシーズン途中就任ながらリーグ戦19戦無敗、引き分けを挟んで9連勝を2度記録し、チームは逆転でリーグ優勝を達成した。

しかし、2019-20シーズンはリーグ優勝を逃し、シーズン終了後に退任していた。

ラージ新監督の特徴の1つは若手の育成。ポルトガル代表FWジョアン・フェリックス(アトレティコ・マドリー)やDFルベン・ディアス(マンチェスター・シティ)らを育てている。

関連ニュース
thumb

契約間近から一転...パレスとヌーノ監督の交渉が破談

クリスタル・パレスとポルトガル人指揮官ヌーノ・エスピリト・サント氏(47)の交渉が破談したようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 パレスはロイ・ホジソン監督が今季限りで退任。その後任として前チェルシー監督のフランク・ランパード氏や昨年ニースを解任されたパトリック・ヴィエラ氏の名前が挙がっていた中で、ウォルバーハンプトンを今シーズン限りで退任したヌーノ監督との契約締結が間近と9日に報じられたばかりだった。 ヌーノ監督は2017年、当時チャンピオンシップ(イングランド2部)に所属していたウルブスの指揮官に就任。1年目でチャンピオンシップ優勝を果たしてプレミアリーグに昇格すると、そこからの2シーズンいずれも7位の好成績を収めただけでなく、昨シーズンはクラブを50年ぶりのヨーロッパリーグ(EL)準々決勝進出に導いた。 今シーズンは負傷者に悩まされたこともあり、ここ2年と同様のパフォーマンスを見せることができず、最終節を前にして、双方合意の下での退任が発表。チームはクリスタル・パレスより一つ上の13位で終えていた。 なお、両者の交渉破談の理由は明かされておらず、同メディアによると、ポルトガル人指揮官に興味を持っているクラブとして他にもエバートンやトッテナムが挙げられている。 2021.06.09 21:07 Wed
twitterfacebook
thumb

クリスタル・パレス、元ウルブスのヌーノ監督招へいに迫る

クリスタル・パレスが、ポルトガル人指揮官のヌーノ・エスピリト・サント氏(47)の招へいに迫っているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 パレスでは、2017年から4シーズンにわたってチームを率いたロイ・ホジソン監督が今季限りで退任。後任には前チェルシー監督のフランク・ランパード氏や、昨年ニースを解任されたパトリック・ヴィエラ氏の名が挙がっていたが、ホジソン監督のように今季限りでウォルバーハンプトンを退任したヌーノ監督が決定的となった模様だ。 ヌーノ監督は2017年、当時チャンピオンシップ(イングランド2部)に所属していたウルブスの指揮官に就任。1年目でチャンピオンシップ優勝を果たしてプレミアリーグに昇格すると、そこからの2シーズンいずれも7位の好成績を収めただけでなく、昨シーズンはクラブを50年ぶりのヨーロッパリーグ(EL)準々決勝進出に導いた。 しかし、今シーズンは負傷者に悩まされたこともあり、ここ2年と同様のパフォーマンスを見せることができず、最終節を前にして、双方合意の下での退任が発表。チームはクリスタル・パレスより一つ上の13位で終えていた。 『スカイ・スポーツ』によると、パレスはヌーノ監督との3日間の交渉の末、同じくポルトガル人指揮官の招へいに関心を持っていたエバートンやトッテナムをリードすることに成功。正式契約に限りなく近いと伝えられている。 2021.06.09 14:04 Wed
twitterfacebook
thumb

アーセナルがルベン・ネヴェスに関心! ウルブスも売却の可能性ありか

アーセナルが今夏、ウォルバーハンプトンのポルトガル代表MFルベン・ネヴェス(24)に関心を抱いているようだ。イギリス『The Athletic』が報じた。 今季のプレミアリーグで8位に終わり、来季の巻き返しが求められるアーセナル。ノリッジ・シティから獲得を狙ったアルゼンチン人MFエミリアーノ・ブエンディアの争奪戦で敗色ムードのなか、ウォルバーハンプトンの中盤で絶対的な地位を確立するネヴェスの獲得にも興味を示しているという。 アーセナルはすでにウォルバーハンプトンにコンタクトもしているが、ユーロ2020のポルトガル代表メンバー入りも果たしたネヴェスの獲得に乗り出す場合はまず一部戦力の売却が条件に。ローマから関心が取り沙汰されるスイス代表MFグラニト・ジャカがその候補の1人に挙がっている模様だ。 一方、ウォルバーハンプトンは来季からブルーノ・ラージ新体制の発足が予想され、チームの再編成を視野。大型投資に動く場合はその分の売却が必要なため、最も高値で売れそうなネヴェスか、スペイン代表MFアダマ・トラオレを手放す可能性が非常に高いようだ。 ネヴェスは2017年夏にポルトから当時チャンピオンシップ(イングランド2部相当)のウォルバーハンプトンに加入。初年度からプレミアリーグ昇格に貢献すると、今季もアンカーやセントラルMF、攻撃的MFとして公式戦40試合で稼働。3季連続でリーグ戦35試合以上に出場するチーム屈指のスター選手だ。 なお、ウォルバーハンプトンとの契約は2023年まで。先日、プレーエリアが似通うスペイン代表MFダニ・セバージョスのレンタル終了を発表したアーセナルだが、これからネヴェスを獲得する動きをさらに強めていくのだろうか。 2021.06.07 14:25 Mon
twitterfacebook
thumb

エバートン、アンチェロッティ監督の後任にヌーノ監督を指名か

エバートンがウォルバーハンプトンの監督を退任したヌーノ・エスピリト・サント氏(47)の招へいに興味を持っているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 エバートンでは、2019年12月から1年半にわたりチームを率いていたカルロ・アンチェロッティ監督がレアル・マドリーに引き抜かれる形で退任。 現在新たな指揮官を探しており、今季スコットランド・プレミアリーグを無敗優勝したレンジャーズのスティーブン・ジェラード監督や元リバプール指揮官のラファエル・ベニテス氏や今季限りでローマを退任したパウロ・フォンセカ監督らが後任候補にリストアップされていた。 今回の報道によれば、エバートンは2日に後任監督についての役員会議を実施。その中で、最も支持を集めたがヌーノ監督だったようだ。 2017年5月に当時チャンピオンシップ(イングランド2部)に所属していたウォルバーハンプトンの指揮官に就任したヌーノ監督は、就任1年目にチャンピオンシップ優勝を果たしてプレミアリーグに昇格に導くと、そこからの2シーズンいずれも7位の好成績を収めただけでなく、昨シーズンはクラブを50年ぶりのヨーロッパリーグ(EL)準々決勝進出に導いた。 しかし、今シーズンは負傷者に悩まされたこともありプレミアリーグ13位に終わると、シーズン終了後の退任が発表されていた。 なお、ヌーノ監督には同じく新指揮官を探しているトッテナムやクリスタル・パレスなどが興味を持っている状況。新天地はどこになるだろうか。 2021.06.03 00:15 Thu
twitterfacebook
thumb

夏の移籍計画を練るトゥヘル、ターゲット一人はトラオレか

チェルシーのトーマス・トゥヘル監督が、今夏の移籍市場に向けて準備を進めているようだ。イギリス『デイリー・エクスプレス』が『テレグラフ』を引用して伝えている。 今季は9年ぶりのビッグイヤーでシーズンを締めくくったをチェルシー。就任4カ月という短期間にチームを正解に導く見事な手腕を示したが、プレミアリーグでの覇権奪還に向けて「2、3人の補強ができるとベストだ」とコメントを残していた。 『テレグラフ』によると、ドイツ人指揮官はGKを除く各ポジションに一人ずつ戦力を増やすことを目指しているようで、すでに6選手をリストアップ。そして『エクスプレス』は、そのうちの1人がウォルバーハンプトンのスペイン代表FWアダマ・トラオレ(25)と予想している。 2018年夏からウルブスでプレーするトラオレは、恵まれた体格とスピードを生かして相手を蹂躙するドリブラーで、今季は公式戦41試合で3ゴール3アシストを記録。本来はウイングやセンターFWを得意とするプレイヤーだが、チェルシーは右ウイングバックとしての起用を見込んでいるそう。 一方で、チェルシーはFWタミー・エイブラハムやDFフィカヨ・トモリの売却で資金繰りを企てており、両イングランド代表選手が希望通り現金化できた場合、2億ポンド(約310億円)の資金を移籍金に回すことができるとのこと。トラオレは2023年夏まで契約を残しているものの、そこから移籍金を捻出することが理想のシナリオとなっている模様だ。 なお、他の候補としては、ボルシアMGのドイツ代表MFヨナス・ホフマン(28)、インテルのベルギー代表FWロメロ・ルカク(28)、トッテナムのイングランド代表FWハリー・ケイン(27)、ウェストハムのイングランド代表MFデクラン・ライス(22)、モナコのU21フランス代表オレリアン・チュアメニ(21)の名が挙がっている。 2021.06.01 21:40 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly