マルティネス監督、長期離脱中のヴィツェルをユーロに招集か

2021.05.14 02:30 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ベルギー代表を率いるロベルトマルティネス監督が、ドルトムントのベルギー代表MFアクセル・ヴィツェルをユーロ2020に招集する可能性を示唆した。

ヴィツェルは、ブンデスリーガ第15節のRBライプツィヒ戦に先発するも、28分に負傷交代。その後の検査でアキレス腱断裂との診断結果が発表され、11日には手術を実施していた。

トレーニングを再開しているもののユーロ2020に間に合うか微妙なヴィツェルについてマルティネス監督は、ベルギー『Sporza』のインタビューで次のように答えている。

「アクセルがユーロでプレーするためには万全の状態である必要がある。我々は毎日彼を観察している。とても努力しているよ。招集できる選手枠が26名になったことで、彼を連れていくというリスクをとる可能性も考えている。チームに彼の代わりになるような選手はいないからね」

「我々はロシア・ワールドカップでも負傷していたヴァンサン・コンパニを招集したことがある。アクセルがユーロに向けて完全にフィットすれば、彼はプレーするだろう。そうでない場合は、彼が良い状態でドルトムントでのシーズンを迎えられるようにするよ」

関連ニュース
thumb

ベルギー指揮官、一発勝負の今後について「個々が最高の状態であるのが大切」

ベルギー代表のロベルト・マルティネス監督が泣いても笑っても一発勝負の戦いが続く今後に決意を新たにした。『UEFA.com』が報じている。 ユーロ2020のグループB初戦から2戦全勝で最終節を残して突破を決めたベルギー。21日にサンクトペテルブルクで行われた最終節のフィンランド代表戦も2-0の勝利で飾り、3連勝での首位通過を果たした。 MFエデン・アザールやMFケビン・デ・ブライネら7選手が今大会先発の一戦だったが、優勝候補の一角らしく、グループステージ最終戦を勝利で締めくくったマルティネス監督。試合後、感想を述べている。 「我々はよく集中して、プロフェッショナルだった。非常に良い守りをして先制点を待つことができれば、すべてがうまくいくと思っていたんだ。前半からゴールを決めるまでもうちょっとのところまでいったが、難敵にうまく対処されてしまった。フィンランドはここまで素晴らしい大会にしている。今日の試合を勝つためにもベストを尽くさなければならなかったのだからね」 危なげなくグループ突破を決めたベルギーは次のラウンド16からいよいよノックアウトステージに。メジャー大会初制覇に導こうと日々奮闘するマルティネス監督は一発勝負となる今後の戦いに気を引き締めた。 「このチームはこの5年間、非常に安定している。ここからの戦いは一人ひとりが最高の状態であるのが大事になってくる。これからはセビリアに舞台を移すが、チームがより良くなるためにもすべての選手が適応して、準備をしていかなければならない」 2021.06.22 09:15 Tue
twitterfacebook
thumb

デ・ブライネが今大会初先発でMOM 「大事なのはチームとしてのプレー。個人的にもプッシュを心がけ」

ベルギー代表MFケビン・デ・ブライネがチームとしてのプレーを大事にした。『UEFA.com』が報じている。 ユーロ2020のグループB初戦から2戦全勝で最終節を残して突破を決めたベルギー。21日にサンクトペテルブルクで行われた最終節のフィンランド代表戦も2-0の勝利で飾り、優勝候補の一角らしく3連勝での首位通過を果たした。 顔面のケガで出遅れたデ・ブライネだが、第2節のデンマーク代表戦で途中出場から1得点1アシストの活躍を披露。フィンランド戦で今大会初先発を果たすと、81分に追加点をアシストして、変わらずの存在感を発揮している。 そうした活躍からフィンランド戦のマン・オブ・ザ・マッチに輝いたデ・ブライネは試合後、受賞を素直に喜びつつ、ここから一発勝負の戦いとなる次のラウンド16に。フィンランド戦での戦いぶりも振り返っている。 「個人賞をもらうのは嬉しいが、一番大事なのはチームとしてのプレー。チームが良くなるように、個人的にもプッシュしていくことを心がけている。今日はかなりの学びがあった。これからは次の試合に向けての準備を進めていかないとね」 「今日はタフな試合だった。フィンランドはとてもコンパクトに戦ってくるチームで、崩すのが難しかった。でも、僕らが先制してから相手が出ていかざるを得なくなり、よりオープンな展開になっていった。後半はもっとよくなっていったね」 2021.06.22 08:30 Tue
twitterfacebook
thumb

3戦全勝のベルギーが首位通過、3位フィンランドは結果待ち《ユーロ2020》

ユーロ2020グループC最終節、フィンランド代表vsベルギー代表が21日にロシアのサンクトペテルブルクで行われ、0-2でベルギーが勝利した。 5日前に行われたロシア代表戦を0-1と競り負けて1勝1敗となった3位フィンランドは、引き分けでも突破の可能性がある中、ポヒャンパロやプッキ、GKフラデツキーらがスタメンとなった。 一方、4日前のデンマーク代表戦をデ・ブライネの活躍で2-1と逆転勝利し、連勝で決勝トーナメント進出を決めたベルギーは、引き分け以上で首位通過となる中、デ・ブライネが今大会初スタメンとなった他、アザールやヴィツェルらも初先発となった。 引き続き[3-4-3]で臨んだベルギーが立ち上がりから押し込む展開で推移するも、5バックを形成するフィンランドを崩しきれない状況が続く。 自陣に張り付くフィンランドに対し、圧力をかけるベルギーはデ・ブライネやドクのドリブルでアクセントを付けると、前半終盤の38分に初の枠内シュート。 デ・ブライネのフィードからルカクがヘディングシュートを放ったが、GKフラデツキーの守備範囲だった。さらに42分にはビッグチャンス。ボックス左で仕掛けたドクがカットインシュートを放つも、枠を捉えたシュートはGKフラデツキーの好守に阻まれた。 ゴールレスで迎えた後半、ベルギーが攻勢をかける入りとすると、58分にチャンス。右CKのサインプレーからアザールがシュートに持ち込んだが、GKの守備範囲だった。さらに63分、ヴィツェルのパスを受けたアザールがゴール至近距離からシュートを放つも、ここもGKフラデツキーのファインセーブに阻まれる。 65分にはベルギーが押し切ったかに思われたが、デ・ブライネのパスを受けたルカクがネットを揺らしたプレーはVARの末にオフサイドを取られてノーゴールに。 それでも74分、デ・ブライネの左CKからフェルマーレンのヘディングシュートが右ポストに直撃すると、GKフラデツキーの手に当たってゴールに吸い込まれ、ベルギーが正真正銘先制した。 さらに81分、ルカクが取り消されたゴールを自ら奪い返す。デ・ブライネのパスをボックス中央で受け、反転から右足で一閃した。 これで試合の大勢は決し、2-0でベルギーが勝利。3連勝で首位通過としている。対するフィンランドは3位となり、突破の行方は残り3グループの結果待ちとなった。 2021.06.22 05:52 Tue
twitterfacebook
thumb

マドリーでもリーダーになる野望を語るアザール「プレー時間が増えればきっと」

レアル・マドリーのベルギー代表FWエデン・アザール(30)が、クラブでリーダー的な存在になる野望を語った。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 2019年にチェルシーからマドリーへ移籍をしたアザール。ここまでの2シーズンは、度重なるケガの影響などもあり、公式戦43試合5ゴール8アシストと思うような結果が残せず、一時は“不良債権”とされ、ファンやサポーターから退団を望む声が多く挙がっていた。 現在も少なからずケガの影響は残っているものの、ベルギー代表FWは自分の価値を証明できると自信。その上でいずれはクラブのリーダーになりたいとの望みを語った。 「足首を3回も折ってしまったから、10年前と同じようにはいかない」 「でも、調子が良ければフィールドで自分を証明できることはわかっているし、今はそのために努力しているんだ」 「僕は誰かのためではなく、ピッチ上でリーダーになれるよう努力している。そのためには良いプレーをしなければならないけど、代表では(キャプテンとして)多くの試合をこなしているからね」 「レアル・マドリーでプレーする時間が増えれば、ここでリーダーになることもできると思うよ」 また、その代表でアザールはユーロ2020のロシア代表戦、デンマーク代表戦ではいずれも途中出場。「まだ100%ではないと思う」とフィットネスが万全でないことを自身で認めながらも、それが計画的なものであると明かしている。 「先発の準備はできているよ。でも、大会が始まる前から、このような段階的なアプローチを取ることは常に考えていた」 「100%の状態になるまで少しずつプレー時間を増やしていくつもりだよ。明日(21日のフィンランド代表戦)はどれだけ長くプレーできるか楽しみだね」 「それが僕を徐々に成長させ、ノックアウト(ステージ)で完全にフィットするようにするための計画だったのさ」 2021.06.21 15:00 Mon
twitterfacebook
thumb

復帰戦で躍動もデ・ブライネの負傷完治には半年を要す 「歯医者に行った後の感覚」

マンチェスター・シティに所属するベルギー代表MFケビン・デ・ブライネがチャンピオンズリーグ(CL)決勝で負った自身のケガについて言及した。『ESPN』が伝えている。 デ・ブライネは17日に行われたユーロ2020グループB第2節のデンマーク代表戦に後半頭から途中出場。54分に絶妙な折り返しでMFトルガン・アザールの同点ゴールを演出すると、70分には見事な左足のダイレクトシュートを突き刺し、2-1の逆転勝利の立役者となった。 そして、先月末に行われたチェルシーとのCL決勝で負った鼻骨および左眼窩底骨折からの復帰戦を見事に飾った千両役者は、自身のパフォーマンスに満足感を示した。 「幸運にも最速で復帰することができた。(デンマーク戦では)30分ほどはとても良い緊張感があり、その後に少し痛みを感じたよ。でも、プレーできたことを嬉しく思うよ」 「自分のパフォーマンスはオーケーだったと思っているよ。デュエルの場面では少し怖さを感じるところはあったけど、それは普通のことだと思う」 復帰戦で即健在ぶりを発揮したデ・ブライネだが、前述のケガが完治するには半年程度を要することも明かしている。 「歯医者に行った後のように、(顔の)左側に何も感じないんだ」 「神経の部分に大きな影響があるみたいで、(完治には)半年はかかるかもしれない。それは心地いい感覚ではないけど、最も重要なのはプレーできることさ」 2021.06.18 23:00 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly