スポルティングCPが悲願の19年ぶりリーグ制覇! 残り2節で無敗優勝も狙う《プリメイラ・リーガ》

2021.05.12 22:42 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
スポルティング・リスボンは11日、プリメイラ・リーガ第32節でボアヴィスタと対戦し、1-0で勝利した。この結果、2節を残して2001-02シーズン以来、通算19度目のリーグ優勝を果たした。

前節終了時点で2位のポルトと8ポイント差を付けて首位に立っていたスポルティングは、今回のホームゲームで16位に低迷するボアヴィスタと対戦。前半の36分にFWパウリーニョが決めたゴールを最後まで守り抜き、1-0で勝利。ホームで自力での優勝を勝ち取った。

なお、スポルティングは第32節終了時点で25勝7分けと未だ無敗を維持しており、次節ベンフィカとのダービー、最終節のマルティモ戦を無敗で乗り切れば、無敗優勝の偉業達成の可能性も残している。

宿敵ベンフィカ、ポルトと共にポルトガル屈指の名門として知られるスポルティングだが、近年は国内カップ戦の優勝こそあったものの、最後にリーグタイトルを獲得したのは、元ブラジル代表FWジャルデウ、元ポルトガル代表FWジョアン・ピント、同FWリカルド・サ・ピント、当時17歳のFWリカルド・クアレスマらを擁した2001-02シーズンまで遡る。

また、2018年にはクラブの練習場に覆面と共に武装した過激サポーターが襲撃事件を起こすなど、多くの混乱に見舞われていた。

そして、19年ぶりとなる待望のリーグ制覇を受け、無観客開催となっていた本拠地エスタディオ・ジョゼ・アルヴァラーデの周辺には数千人規模のサポーターが集まり、歓喜の瞬間を共有していた。

また、最後の優勝を当時ユースチームの選手として目の当たりにしていたクラブOBであるポルトガル代表FWクリスティアーノロナウドも、自身の公式『インスタグラム』を通じてお祝いのメッセージを発信していた。



1 2
関連ニュース
thumb

競り合いでぺぺが“ノールック”で完璧な右アッパー、スポルティングは訴え

ポルトのポルトガル代表DFペペの行為が物議を醸している。 問題が起こったのは11日に行われたプリメイラ・リーが第5節のスポルティング・リスボンvsポルトの一戦だ。 ポルトガル国内のダービーとしても知られる一戦。激戦がいつも繰り広げられる中、ヌーノ・サントスのゴールでスポルティングが先制。しかし、ポルトは71分にルイス・ディアスのゴールで追いつき、試合は1-1のドローに終わった。 問題が起きたのは試合の32分。スポルティングの右CKのシーンだ。 右CKからゴール前にクロスが送られたが、このシーンでは味方に合わず、プレーが終わったが、ボックス内でウルグアイ代表DFセバスティアン・コアテスが倒れているのが発見される。 顔面を抑えうつ伏せに倒れたコアテスはしばらくして立ち上がるが、なにやら激昂。ぺぺに対して怒りを露わにしていた。 このシーンでは特に何もお咎めは無かったが、別角度からの映像ではハッキリと問題の行動が映し出されることに。競り合いの際、コアテスに体を寄せた際に、ぺぺが見事過ぎる右アッパーをお見舞い。完璧にアゴを捉えるパンチが確認できる。 映像を見る限り、動きの中での事故とは言えない動き。ノールックでのアッパーを完璧に決め、さらにイエローカードも出ないとはさすがと言える。 しかし、試合後に黙っていなかったのはスポルティングだ。ポルトガル『レコルド』によると、スポルティングはポルトガル・プロ・サッカーリーグ(LPFP)に対して異議申し立てを行ったとのこと。テレビの映像をもとに申し出ている。 ポルトガルでもVARは導入されており、それでも何のお咎めも無かったペペ。しかし、VARが介入していながらも、明確なミスが見られる試合は多い状況のようだ。 ファウルであればPKを獲得。さらにペペはその後にイエローカードを受けており、このプレーが退場ではなくとも、イエローカードが提示されていれば結果が違った可能性はあり、スポルティングは引き下がるつもりはないようだ。 <span class="paragraph-title">【動画&写真】ペペのノールックアッパーがアゴを完璧に捉える</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pt" dir="ltr">Sporting x Porto: Pepe dá gancho em Coates, e uruguaio fica caído no chão após agressão<a href="https://t.co/v1JPJG33fX">https://t.co/v1JPJG33fX</a></p>&mdash; FOX Sports Brasil (de ) (@FoxSportsBrasil) <a href="https://twitter.com/FoxSportsBrasil/status/1436787376500662272?ref_src=twsrc%5Etfw">September 11, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pt" dir="ltr">Ainda sobre ontem à noite. Como é possível que um jogador fique impune depois de agredir barbaramente, com o queixo, o punho fechado de um anjinho chamado Pepe? Era expulsar esse bandido do Coates e irradiá-lo para dar o exemplo. O futebol tem de ser implacável com gente decente! <a href="https://t.co/iIIyICqPKh">pic.twitter.com/iIIyICqPKh</a></p>&mdash; nuno saraiva (@nuno_a_saraiva) <a href="https://twitter.com/nuno_a_saraiva/status/1436970642683875328?ref_src=twsrc%5Etfw">September 12, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.14 11:55 Tue
twitterfacebook
thumb

サラビアが今夏のスポルティング行きを説明 「プレーすることが自分にとって重要」

今夏の移籍市場でパリ・サンジェルマン(PSG)からスポルティング・リスボンにレンタル移籍したスペイン代表MFパブロ・サラビア(29)が移籍の経緯を明かした。スペイン『ESPN』が伝えている。 2019年7月にセビージャからPSGへ完全移籍したサラビアは、左右のウイングやインサイドハーフを主戦場に、ここまで公式戦79試合で22ゴール12アシストを記録していた。 しかし、今夏の移籍市場でアルゼンチン代表FWリオネル・メッシを獲得した上、フランス代表FWキリアン・ムバッペらも残留を果たした銀河系において出場機会減が見込まれていた。 そして、今夏の移籍市場最終日にはポルトガル代表DFヌーノ・メンデスの獲得交渉と並行する形で、昨シーズンのポルトガル王者へのレンタル移籍が決定した。 7日にカタール・ワールドカップ欧州予選のコソボ代表戦に向けた公式会見に出席した29歳のMFは、今回のレンタル移籍が出場機会を求めてのものであることを認めている。 「彼らが僕に信頼を置いてくれたからこそ、僕はスポルティングに行く決断をしたんだ」 「僕はプレーしてフットボールを楽しみたい。キャリアの中でとても良い段階にいるし、とにかくプレーしたいんだ。ポルトガルに行くのは、自分のキャリアを継続するのに最適な場所だと思っているからさ」 「プレーすることは、僕にとってとても重要なものであり、自分自身の気分を良くするものなんだ。PSGでは非常に難しい状況だったと思うし、今回の決断は正しいと思っている。より多くのプレータイムを楽しむことができるよ」 現在、スペイン代表でも主力クラスとして活躍しているサラビアは、来年に行われるカタールW杯出場を視野にポルトガル行きを決断したようだ。 2021.09.08 23:27 Wed
twitterfacebook
thumb

PSGのスペイン代表MFサラビアがスポルティングへレンタル

スポルティング・リスボンは8月31日、パリ・サンジェルマン(PSG)のスペイン代表MFパブロ・サラビア(29)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 サラビアはレアル・マドリーのカンテラ出身で、ファーストチームに昇格することなく2011年7月にヘタフェへと完全移籍。2016年7月にはセビージャへと移籍した。 ヘタフェでは公式戦146試合で15ゴール20アシスト、セビージャでは公式戦151試合で43ゴール38アシストを記録。2019年7月にPSGへと完全移籍すると、PSGでは79試合で22ゴール12アシストを記録していた。 左右のウイングやセカンドトップでプレーするサラビアは、世代別のスペイン代表を経験。A代表でも9試合に出場し、ユーロ2020でも5試合に出場して2ゴール2アシストを記録していた。 今シーズンも開幕から2試合に出場し第2節のストラスブール戦ではゴールも記録したが、その後はベンチ外だった。 2021.09.01 09:59 Wed
twitterfacebook
thumb

PSGがポルトガル代表SBヌーノ・メンデスを獲得! 買取OP付きのレンタルに

パリ・サンジェルマン(PSG)は8月31日、スポルティング・リスボンからポルトガル代表DFヌーノ・メンデス(19)を買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 なお、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が伝えるところによれば、PSGはレンタル料として700万ユーロ(約9億1000万円)を支払い、買い取りオプションの金額は4000万ユーロ(約52億円)になるという。 スポルティング生え抜きのヌーノ・メンデスは2020年6月のリーグ戦でトップチームデビュー。当時同じポジションでレギュラーだったDFマルコス・アクーニャの負傷離脱で出番が回ってくると、瞬く間に監督の信頼を掴み、その後のリーグ戦全9試合に出場。そのうち8試合は先発だった。 シーズン終了後にアクーニャがセビージャに移籍したことで、昨季は完全に定位置を掴み公式戦35試合に出場。また、今年の3月にはポルトガル代表デビューも果たし、ユーロ2020にもメンバー入り。出場機会はなかったが、今後の成長が期待される大器として注目されている。 その逸材左サイドバックに関してはマンチェスター・シティが関心を示していたものの、新天地は今夏驚愕の積極補強を敢行してきたPSGとなった。 2021.09.01 07:47 Wed
twitterfacebook
thumb

エバートンのU-21ポルトガル代表GKヴィルジニアがスポルティングへレンタル

スポルティング・リスボンは24日、エバートンのU-21ポルトガル代表GKジョアン・ヴィルジニア(21)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ベンフィカの下部組織で育ったヴィルジニアは、その後アーセナルの下部組織を経て、2018年8月にエバートンU-23に入団する。 レディングへのレンタル移籍を経験し、2020年7月にファーストチームへと正式に昇格。これまでファーストチームでは3試合に出場していた。 またU-16からユース年代のポルトガル代表を経験しており、現在はU-21ポルトガル代表のメンバーでもある。 2021.08.25 10:58 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly