バルセロナがブスケッツのバックアップ探しに着手! 国内外の若手3選手に興味

2021.05.06 23:58 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バルセロナがスペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツ(32)のバックアップ探しに着手しているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じている。

今年7月に33歳となるブスケッツは、今シーズンここまで公式戦46試合に出場。シーズン序盤こそロナルド・クーマン監督の下で試行錯誤の戦いの中、ドブレピボーテの一角でやや苦しんだものの、中盤以降は本職のアンカーのポジションで本来の輝きを取り戻している。

とはいえ、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチの振るわないパフォーマンスもあってフル稼働が続いており、クラブとしてはバックアッパーの確保が急務となっている。

そういった中、地元紙『ムンド・デポルティボ』が伝えるところによれば、クラブはスタッド・レンヌのフランス代表MFエドゥアルド・カマヴィンガ(18)、サッスオーロのイタリア代表MFマヌエル・ロカテッリ(23)、レアル・ソシエダのスペイン代表MFミケル・メリノ(24)の若手3選手の獲得に関心を示しているようだ。

ポール・ポグバエンゴロ・カンテのハイブリッドとも評されるカマヴィンガは、長らくレアル・マドリーのターゲットとして名前が挙がった逸材で、ここ最近ではバイエルンからの関心も噂される超逸材だ。

一方、イタリア代表で新世代のレジスタとして注目を集めるロカテッリに関しては、以前からバルセロナが定期的にチェックしていたタレントで多くの競合クラブはあるものの、選手本人は今夏のステップアップを示唆している。

また、ラ・リーガとスペイン代表で実績十分のメリノは、最も適応が期待される存在だが、3選手の中で最も長い2025年までの契約がソシエダとの間で結ばれており、6000万ユーロ(約79億円)という契約解除金も含めてタフな交渉が必要となる。

関連ニュース
thumb

らしくないパワープレーでなんとかドローのバルサ、土壇場同点弾のアラウホが明かす「ピケをFWとしては練習していない」

バルセロナのウルグアイ代表DFロナルド・アラウホが、ドローに終わったグラナダ戦について語った。スペイン『アス』が伝えた。 バルセロナは20日、ラ・リーガ第5節でグラナダをホームに迎えた。チャンピオンズリーグ(CL)のバイエルン戦で0-3と惨敗したことから、風当たりの強いバルセロナだったが、この試合も出鼻を挫かれる。 2分、ドミンゴス・ドゥアルチにゴールを許し先行される展開に。この試合はメンフィス・デパイ、コウチーニョ、ユスフ・デミルの3トップで臨んだが、攻撃が上手く機能せずゴールは奪えない。 攻め手を見出せないバルセロナは、75分にジェラール・ピケを投入しパワープレーに。終盤はアラウホも前線に上がり、ルーク・デ・ヨングを含めて力業に出ると、90分にアラウホがヘディングで1点をもぎ取り、なんとかドローに終わった。 ホームでギリギリのドロー。全く評価を受けていないチームだが、勝ち点1獲得に貢献したアラウホが試合後にコメント。悪い内容ではなかったとしながらも、引き分けを悔やんだ。 「勝ちたいと思っていたから残念だ。序盤に失点してしまったが、素晴らしい試合ができたと思う。彼らは盛り返したが、僕たちが主人公だった。ゴールがとても遅かったのは残念だった」 「グラナダのゴールはセットプレーから生まれたもので、これは集中力の欠如だ。僕たちは修正しなければいけない」 「とても明確なヘディングのチャンスが3回ほどあったけど、ゴールを決めて貢献できてよかった。彼らは多くの時間を無駄にしたが、僕たちはそれでも自分のゲームができたと思う」 「リーグ戦はまだたくさん残っており、今はカディス戦に集中しなければいけない」 また、ピケが前線で起用される件については「ピケをFWとして練習したわけではない」とコメント。それでも「外からのクロスを入れるときは、彼は背が高いのでオプションとなる」とかたり、パワープレーは一定の効果があるとした。 2021.09.21 11:15 Tue
twitterfacebook
thumb

グラナダから何とか勝ち点1…クーマン「今のバルサは8年前のバルサとは違う」

バルセロナのロナルド・クーマン監督が「今のバルサは8年前のバルサじゃない」と語った。 今季のラ・リーガで2勝1分け無敗のスタートを切り、20日に行われた第5節でグラナダをホームに迎え撃ったバルセロナはここまで2分け2敗の相手に開始2分で先制を許す展開に。途中出場のDFジェラール・ピケとDFロナルド・アラウホを最前線に残してのパワープレーに転じた終盤に追いついたが、勝ち越しとはならず、1-1の引き分けに終わった。 先日にバイエルンを本拠地に迎え撃ってのチャンピオンズリーグ(CL)グループE第1節で0-3の完敗を喫し、更迭論も加熱するクーマン監督。試合後、「試合前は勝つことを考える。ホーム戦となれば、なおさらね。しかし、入りが悪く、ゲームが難しくなってしまった。良い入りができなかったのは私のせいだ」だと振り返つつ、結果に一定の満足感を示した。 「先制した相手は2分の段階から時間を使って、より守備的になり、スペースを空けさせまいとした。それだと、我々も難しい。それでも、試合がつれ、良くなっていった。戦い方に変更を施して、サイドからクロスを放り込み、得点に注力したのだ。もっとゴールがほしかったが、勝ち点1という結果はないよりマシ。我々は引き分けに値した。チームはコミットメントを示して、野心をみせたというのを強調しなければならない。応援してくれたファンに感謝する」 今回の結果を受けて、より進退に注目が集まりそうなオランダ人指揮官はまた、細かくパスを繋いで攻めていくティキ=タカからクロス攻撃に大きくシフトした戦いぶりにもコメントをした。 「戦い方というのは欠場者や個々のプレーで際立つ選手たちにも依存するもの。メンバー表を見ると、やるべきことをやった。我々にティキ=タカをするための選手たちがいなかったのだ。自分たちのスタイルでプレーしなければならないが、チームに変化が必要なら、そうしなければならない」 「サイドからのクロスに徹する必要性があったとしたら、今日の我々は良い戦いぶりだった。もう少し時間があったら、勝てたかもしれない。基本のシステムである[4-3-3]で前半に臨んだが、同点に追いつこうと、それから状況に応じて変更を施した。交代カードも使いながらね。今のバルサは8年前のバルサとは違うのだ」 なお、危ぶまれる自らの将来についても尋ねられたクーマン監督だが、「これ以上、自分の将来について語るのはやめよう」と具体的な言及を避けた。 2021.09.21 09:55 Tue
twitterfacebook
thumb

終盤CB2枚にL・デ・ヨングの力業で土壇場同点弾もバルセロナがホームで痛恨ドロー…《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第5節、バルセロナvsグラナダが20日にカンプ・ノウで行われ、1-1のドローに終わった。 開幕2勝1分けの上々のスタートを切ったバルセロナだが、チャンピオンズリーグ(CL)初戦のバイエルン戦では0-3のスコア以上の完敗を喫し、今シーズンの公式戦初黒星を喫した。負傷者の多さというエクスキューズはあるものの、就任2年目のクーマン監督に対する風当たりは強く、今回のホームゲームでは解任論を払しょくする勝利が求められた。 その重要な一戦ではバイエルン戦から先発4人を変更。負傷のペドリとジョルディ・アルバに加え、ベンチスタートのピケとルーク・デ・ヨングに替わってデストと、今季初スタメンのコウチーニョ、デミル、プリメーラデビューのアレックス・バルデが起用された。 ホームで勢いを持って試合に入りたいバルセロナだったが、いきなり出ばなを挫かれる。開始2分、グラナダの左CKの流れから左サイド深くのエスクデロにあっさりとクロスを上げられると、これをファーサイドでフリーのドゥアルチに頭で叩き込まれた。 3トップに右からデミル、デパイ、コウチーニョを配置したフレッシュなアタッキングユニットですぐさま反撃を目指すホームチームは、失点直後にボックス内で仕掛けたコウチーニョが倒されるが、VARのレビューが入ったものの、ノーファウルの判定となった。 以降は最前線にモリーナを残して[4-5-1]の後ろに重い布陣で、中央を徹底的に締めるアウェイチームに対して、デストとバルデを常に高い位置に張らせながらサイドを起点に攻略を図っていく。18分には右CKの流れからボックス中央のセルジ・ロベルトが狙いすました右足のコントロールシュートを放つが、これは惜しくもクロスバーを叩いた。 以降はバルセロナが70%を超えるボール支配率で、相手を完全に押し込んでハーフコートゲームを展開。だが、最後の局面で粘りを見せるグラナダの守備を崩し切れない。 前半終了間際の42分には腰を痛めたバルデに替えてミンゲサを投入し、ミンゲサを右サイドバック、デストを左サイドバックに配置を変更。前半アディショナルタイムには制空権を握ったセットプレーからアラウホ、ミンゲサと打点の高いヘディングシュートから三度決定機を作り出すが、GKマクシミアーノのビッグセーブなどに阻まれて前半のうちに追いつくことはできなかった。 クーマン監督は逆転を期す後半に向けてセルジ・ロベルトを下げてL・デ・ヨングをハーフタイム明けに投入。この交代でデパイが左ウイング、コウチーニョが左のインテリオールと配置を変えた。 早い時間帯にゴールがほしいホームチームは、左サイドのデストとデパイを起点に個人の仕掛けとシンプルなクロスに攻め手を見出すが、セットプレーからのアラウホのヘディング、ボックス内でルーズボールに反応したデパイと続けざまの決定機をモノにできず。 60分にはコウチーニョを諦めてガビを投入したバルセロナは、以降も相手を押し込み続けるが、専守防衛の構えを見せるグラナダの守備をこじ開けることができない。 これを受けてクーマン監督は75分、デミルとブスケッツを下げてリキ・プッチとピケを投入。ピケをL・デ・ヨングと共に最前線に配置し、ここからクラブの攻撃哲学を捨ててクロスの雨を降らしていく。だが、L・デ・ヨングが絶好機を逸するなど、この試みも機能しない。 それでも、試合終盤に入ってアラウホまで空中戦のターゲットとして前線に残したバルセロナは、90分にストライカーと化したピケとアラウホのボックス内でのポストワークからボックス右でガビが上げた柔らかなクロスを、最後はアラウホが頭で押し込み、土壇場で同点に追いついた。 しかし、ここから徹底的に時計を進めるプレーで勝ち点1奪取を目指すグラナダ相手に逆転ゴールを奪うまでには至らず。タイムアップを告げるホイッスルと同時にブーイングが吹き荒れるカンプ・ノウでの一戦は、1-1のドローに終わった。 2021.09.21 06:13 Tue
twitterfacebook
thumb

財政難のバルサを悩ませる条項…クーマン監督解任で約8億円の支払いに

チャンピオンズリーグ(CL)のバイエルン戦での惨敗を受け、にわかに周囲が騒がしくなっているバルセロナのロナルド・クーマン監督だが、とある条項に守られているようだ。 今夏の移籍市場ではアルゼンチン代表FWリオネル・メッシがパリ・サンジェルマン(PSG)へ、フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンがアトレティコ・マドリーへと移籍したバルセロナ。選手の放出以上に話題となったのが、多額の負債だった。 前会長のジョゼップ・マリア・バルトメウ体制下での杜撰な管理も原因とされるバルセロナの負債。新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大による収入減もその一員だが、それ以上に負債額が驚きだった。 その結果、メッシを手放すことになった上、DFジェラール・ピケやMFセルヒオ・ブスケッツ、DFジョルディ・アルバ、DFセルジ・ロベルトなどキャプテン勢は、サラリー上限に抵触する結果選手登録ができないことを受けて、サラリーの減額に応じる始末。選手たちの協力によってなんとか保たれるという苦しい状況となっている。 そんな中、スタートした今シーズンだったが、14日に行われたCL初戦のバイエルン戦ではホームで0-3と完敗。結果以上に内容が全くなく、大きな非難を集めることとなってしまった。 また、この結果を受けてクーマン監督の手腕にも懐疑的な目を向けられることとなり、ケガなどで選手が大幅に不足していることもありながら、今後の試合の結果次第では解任という話まで出ている状況だ。 しかし、スペイン『Esport3』の情報をもとにスペイン『アス』がクーマン監督とクラブのある条項を報道。契約解除になった場合でも、バルセロナは金銭をクーマン監督に払わなければいけないようだ。 クーマン監督は2020年夏にバルセロナの監督に就任。それまではオランダ代表を率いていたが、バルセロナへ復帰するという条項を盛り込んでいたため、任期の途中で退任し、バルセロナの監督に就任していた。 しかし、その際にクーマン監督は、オランダサッカー連盟(KNVB)に補償金を支払っていたとのこと。クーマン監督の3シーズン目となる2022-23シーズンも継続して指揮ができなかった場合は、バルセロナが600万ユーロ(約7億7000万円)を支払うという契約がなされているという。 これはバルトメウ前会長がクーマン監督と2年契約を結んだ際に盛り込んだ条項とのこと。ジョアン・ラポルタ会長の体制下で契約を解除した場合にも発動してしまうということだ。 『Esport3』によれば、バルセロナはクーマン監督を解雇しても契約更新後に解雇しても、1300〜1400万ユーロ(約16億7000万〜18億円)を支払うことには変わりないという。 ただでさえ財政的に厳しいバルセロナ。思わぬところにも潜んでいた金銭が絡む契約問題だが、このままクーマン体制で結果が出ることが何よりも望ましいということになる。 2021.09.20 23:05 Mon
twitterfacebook
thumb

デ・リフトの引き抜き困難か? 来夏に約190億円の契約解除条項が有効に

ビッグクラブが関心を示すオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(22)だが、ユベントスが放出を望まない限り、引き抜きは非常に困難なようだ。 2019年夏にアヤックスからユベントスに7500万ユーロ(約96億3000万円)の金額で加入したデ・リフト。ここまで2年間の在籍期間に公式戦79試合に出場している。 その逸材センターバックに関しては、2019年夏にもユベントスと競合したバルセロナを始め、幾つかのメガクラブが獲得に関心を示している。 だが、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が伝えるところによれば、デ・リフトとユベントスの契約には1億5000万ユーロ(約192億円)の契約解除条項があり、その条項は2022年夏に有効になるという。 そのため、他クラブがユベントスとの契約交渉を行わずに引き抜くことは事実上不可能と言ってもいい。 また、現在デ・リフトはセンターバックの3番手という立ち位置だが、イタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニ(37)と、同DFレオナルド・ボヌッチ(34)がキャリア終盤に差し掛かっていることもあり、来シーズン以降は最終ラインの主軸を担うことが期待されている。 先日にデ・リフトの代理人を務めるミーノ・ライオラ氏は、同選手が来シーズンもトリノに留まるかはわからないと、クラブへのけん制とも取れるコメントを残していたが、現時点では退団の可能性は非常に低いようだ。 2021.09.20 22:53 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly