チチャリート躍動のLAギャラクシーがインテル・マイアミに逆転勝利、ネビル監督は初陣で黒星《MLS》

2021.04.19 14:45 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
2021シーズンが開幕したメジャーリーグ・サッカー(MLS)だが、開幕戦からレベルの高い戦いが見られた。

デイビッド・ベッカム氏がオーナーを務めるインテル・マイアミは、ホームに古巣でもあるロサンゼルス・ギャラクシーを迎えての一戦。かつてヨーロッパで活躍した選手たちが躍動した。

インテル・マイアミは、イングランド女子代表の監督を務めていたフィル・ネビル監督の初陣に。互いに試合は堅い入りを見せ、なかなかゴールを奪うことができない。

それでもインテル・マイアミは32分、ボックス中央で横パスを受けたゴンサロ・イグアインが豪快に左足一閃。しかし、これはGKにセーブされてしまう。

それでも前半アディショナルタイムにはイグアインが浮き球のパスに反応し抜け出すと、そのままドリブルでボックス内に侵入しGKと一対一に。すると横パスを出し、ロビー・ロビンソンが落ち着いて流し込み、インテル・マイアミが先制する。

先制を許したLAギャラクシーだったが、後半もインテル・マイアミに押し込まれる展開に。それでも62分、左サイドで29がパスを受けると、ドリブルで持ち上がりグラウンダーのクロス。これをボックス中央受けた“チチャリート”ことハビエル・エルナンデスが相手をかわしてシュート。これが決まり、1-1の同点に追いつく。

追いつかれてしまったインテル・マイアミだが、66分にPKを獲得。ロドルフォ・ピサーロがボックス内で倒されて得たPKをイグアインが右隅にしっかり決め、2-1と勝ち越しに成功する。

勝ち越しに成功したインテル・マイアミだが、73分に失点。左サイドからのクロスをGKがファンブル。こぼれ球をチチャリートが詰めて再び同点に追いつく。

さらに81分には、右サイドを仕掛けるとグラウンダーのクロスがルーズボールに。最後はマイナスのパスをサーシャ・クリエスタンが蹴り込むとGKは全く反応できず、左ポストを叩いたシュートが決まり、LAギャラクシーがついに逆転。そのまま逃げ切り、2-3で開幕戦を制した。

インテル・マイアミ 2-3 ロサンゼルス・ギャラクシー

1-0 45+2分:ロビー・ロビンソン(インテル・マイアミ)
1-1 62分:ハビエル・エルナンデス(LAギャラクシー)
2-1 68分:ゴンサロ・イグアイン(インテル・マイアミ)【PK】
2-2 73分:ハビエル・エルナンデス(LAギャラクシー)
2-3 81分:サーシャ・クリエスタン(LAギャラクシー)



1 2
関連ニュース
thumb

ゼニト退団のFWドリウッシがMLS新規参入のオースティンFCに加入

メジャー・リーグ・サッカー(MLS)のオースティンFCは29日、ゼニトを退団したアルゼンチン人FWセバスティアン・ドリウッシ(25)の獲得を発表した。 リーベル・プレートの下部組織出身のドリウッシは、2013年にトップチームデビュー。卓越したテクニックと運動量に加え、アルゼンチン人ストライカーらしい決定力を併せ持つ若き逸材は、2017年に幾つかのビッグクラブとの争奪戦を制したゼニトへ加入。 ゼニトでは在籍4年間で公式戦138試合に出場し、24ゴール22アシストを記録。リーグ3連覇を含む6つのタイトル獲得に貢献。ただ、クラブとドリウッシは昨シーズン限りまでとなっており契約を延長することなく、今夏のタイミングで退団が決定していた。 2021シーズンから27番目のクラブとしてMLSに新規参入したオースティンFCは、ウェスタン・カンファレンスで8試合を行い2勝2分け4敗の10位につけている。 2021.07.30 02:00 Fri
twitterfacebook
thumb

NFLのスターQBマホームズがMLSスポルティング・カンザスシティの共同オーナーに

NFLのスーパースターの1人であるカンザスシティ・チーフスのクォーターバック(QB)、パトリック・マホームズ(25)がメジャーリーグサッカー(MLS)のスポルティング・カンザスシティの共同オーナーとなった。 日本の横浜ベイスターズ(現横浜DeNAベイスターズ)で投手としてプレーしたパット・マホームズ氏を父親に持つマホームズは、2017年のNFLドラフトでチーフスから1巡指名(全体10位)を受け、2019年のスーパーボウルではMVPを獲得し、チームに50年ぶりのスーパーボウル制覇をもたらしたスーパースターだ。 そのマホームズは今回、スポルティング・カンザスシティのオーナーグループの新メンバーに就任することになった。 マホームズはクラブ公式サイトを通じて、共同オーナー就任を決めた理由について以下のように説明している。 「スポルティング・カンザスシティのオーナーチームに参加し、ファンと僕が愛する街との繋がりを深める機会を得たことに感謝しているよ」 「スポルティングは地域に密着したクラブであり、カンザスシティのサッカーの成長を引き続きサポートできることに興奮しているよ」 なお、カンザスシティの街を誰よりも愛するマホームズはMLBのカンザスシティ・ロイヤルズのパートオーナーも務めており、パートナーのブリタニー・マシューズは女子サッカープロリーグのカンザスシティNWSLの共同オーナーも務めている。 一方、1996年のMLS開幕時から同リーグに参加しているスポルティング・カンザスシティは、過去に2度のMLSカップを制するなど通算7個のトロフィーを獲得した名門。現チームにはメキシコ代表FWアラン・プリード、元バルセロナDFアンドレウ・フォンタスらが在籍している。 2021.07.29 18:38 Thu
twitterfacebook
thumb

レスター奇跡の優勝メンバー、DFフックスがアメリカ2部に挑戦

アメリカ2部のシャーロット・インディペンデンスは27日、レスター・シティを退団した元オーストリア代表DFクリスティアン・フックス(35)の獲得を発表した。 契約期間は今シーズン終了までとなる。 フックスは、母国のウィーナー・ノイシュタットやマッテルスブルクでプレーし、その後はドイツへ活躍の場を移すと、ボーフムやマインツでプレー。2011年7月にはシャルケへと完全移籍する。 シャルケでは公式戦136試合に出場し8ゴール30アシストを記録。元日本代表DF内田篤人と両サイドバックを務めるなどし、主力としてプレー。2015年7月にレスターへと移籍した。 左足から繰り出される高精度のキックはレスターでも武器に。加入1年目の2015-16シーズンからいきなり左サイドバックのレギュラーに定着すると、プレミアリーグで32試合に出場し4アシストを記録。チームの奇跡のプレミアリーグ優勝に大きく貢献した。 その後も左サイドバックのレギュラーとしてプレーし、公式戦152試合に出場し3ゴール13アシストを記録していたが、2020-21シーズン限りでの退団が発表されていた。 また、オーストリア代表としても78試合に出場し1ゴールを記録。2016年までプレーし、ユーロ2008と2016の2大会に出場していた。 シャーロット・インディペンデンスは2014年に設立されたクラブ。今シーズンはここまで13試合を終えて勝ち点16の10位(16チーム中)に位置している。 2021.07.28 09:16 Wed
twitterfacebook
thumb

ナポリFWメルテンスがアメリカへ? インテル・マイアミがオファー

デイビッド・ベッカム氏がオーナーを務めるメジャーリーグ・サッカー(MLS)のインテル・マイアミが、ナポリのベルギー代表FWに関心を持っているようだ。 イタリア『Il Mattino』によると、インテル・マイアミが狙っているのはFWドリエス・メルテンス(34)とのこと。すでに代理人とコンタクトを取っており、オファーを提示したようだ。 メルテンスは、ヘントの下部組織出身で、その後はオランダのAGOVVアペルドールン、ユトレヒト、そしてPSVでプレー。2013年7月にナポリへと完全移籍で加入した。 これまでナポリでは360試合に出場し135ゴール87アシストを記録。セリエAでも265試合に出場し102ゴール63アシストと、攻撃面でチームに大きな貢献し、クラブ史上最多ゴール記録を保持している。 メルテンスとナポリの契約は2022年6月30日まで。1年間の延長オプションがついているが、ナポリがメルテンスを売却しないということではないようだ。 とはいえ、クラブに貢献してきたレジェンドの1人。簡単に手放すとは思えないが、インテル・マイアミは今シーズンのMLSで苦戦しており、補強を行いたいところ。果たして話は進むだろうか。 2021.07.24 22:38 Sat
twitterfacebook
thumb

休みなし、給水制限の“パワハラ”指導が原因? アトランタ・ユナイテッド監督解任の裏事情

アメリカのメジャーリーグ・サッカー(MLS)に所属するアトランタ・ユナイテッドで18日まで監督を務めたガブリエル・エインセ氏は、かなりスパルタな指導を行っていたようだ。 フランク・デ・ブール前監督の後任として、2020年12月にアトランタ・ユナイテッドの新指揮官に就任したエインセ氏。4月に開幕した2021シーズンは13試合で2勝7分け4敗と苦戦を強いられ、早々に解任された。 クラブが解任に踏み切った理由としては、もちろん成績不振が大部分を占めるだろうが、どうやら「パワハラ指導」という別の原因もあるとのこと。あまりにも事態が悪化したため、選手たちを代表してMLS選手協会がリーグに苦情を申し立てたほどだという。 また、関係者がアトランタの日刊紙『The Atlanta Journal Constitution』に当時の状況を告白。コーチングスタッフはシーズン前の練習中に選手が飲む水の量を制限し、チームドクターが介入しなければならなかった状況だったとのこと。加えてエインセ氏は定められた日数分の休日を選手に与えず、選手にはいつでも電話に出たりトレーニング場に来たりできるよう求めていたようだ。 同関係者は、コーチングスタッフは何も変えてくれなかったとコメント。選手のメンタルはボロボロだったと主張している。 「クラブは彼に、『ピッチ外で何かを変えなければならない』と言ったけどコーチングスタッフが何もしなかったので、選手にとっては非常に難しい状況になった」 「(解任は)時間の問題だったんだ」 「戦術やサッカー面はともかく、フィールドの外でいろいろありすぎて、常に選手たちは精神的に疲弊していた」 なお、取材に応じた選手たちはこの件に関しては何も語っていないとのことだ。 2021.07.20 20:43 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly