好調アセンシオ&ベンゼマ揃い踏みのマドリーが公式戦4連勝! エイバルは後半投入の乾に2度の見せ場も泥沼の12戦未勝利…《ラ・リーガ》

2021.04.04 01:09 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラ・リーガ第29節、レアル・マドリーvsエイバルが3日にアルフレド・ディ・ステファノで行われ、ホームのマドリーが2-0で勝利した。なお、エイバルのMF乾貴士は後半頭から途中出場。一方、FW武藤嘉紀は招集外となった。

前節、セルタ相手に苦戦しながらもエースFWベンゼマの公式戦4戦連発となる2試合連続のドブレーテの活躍で勝ち切った3位のマドリー(勝ち点60)。来週からエル・クラシコを挟んでチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝リバプール戦という重要な3連戦を控える中、今節は降格圏に沈む18位のエイバル(勝ち点23)と対戦した。ジダン監督は負傷で招集外のセルヒオ・ラモスやアザールに加え、クロース、ヴァラン、ヴィニシウスをベンチに置き、負傷明けのマルセロや、ミリトン、イスコを先発で起用。[3-4-1-2]の布陣で臨んだ。

一方、前節はアスレティック・ビルバオ相手に1-1のドローと健闘を見せたものの、11戦未勝利と泥沼が続くエイバルでは乾が引き続きベンチスタートなり、武藤はケガの影響で再びメンバー外となった。

立ち上がりから攻勢を仕掛けるマドリーは畳みかける攻めでいきなりゴールに迫っていく。まずは3分、ポソの不用意なGKへのバックパスをかっさらったベンゼマがボックス左に持ち込んでシュートを放つが、ここはGKドミトロビッチのビッグセーブに遭う。続く5分にはマルセロからの正確なクロスを再びベンゼマが頭で合わせてゴールネットを揺らすが、これは惜しくもオフサイドの判定となった。

以降も内と外を巧みに織り交ぜた攻撃でエイバルのプレスをいなして良い形の攻めを続けるホームチーム。21分にはアセンシオの直接FKがクロスバーを叩く場面も作ったが、時間の経過と共にやや攻撃が停滞し始める。

その流れの中で36分には右サイドへの大きな展開からルーカス・バスケス、イスコと繋いでゴール前のアセンシオが巧みなワンタッチシュートでGKの股間を抜きゴールネットを揺らす。だが、これはVARのレビューの結果、戻りオフサイドを取られてしまいゴールは認められず。

それでも、前半終了間際の41分には中盤でのカウンタープレスでディオプの縦パスをカットしたカゼミロが右足アウトにかけた絶妙なスルーパスを通すと、巧みなファーストタッチでDFを一気に振り切ったアセンシオがゴール前でバランスを崩しながらも左足のシュートを流し込み、自身初の公式戦3試合連続ゴールとした。

圧倒したマドリーが1点リードで折り返した中、ビハインドを追うエイバルが先に動く。前半に足を痛めた上、1枚カードをもらっていたブライアン・ヒルを下げて乾を同じ左ウイングに入れた。

エイバルの反撃が期待されたものの、後半も主導権を譲らないマドリー。52分にはボックス手前右でベンゼマからパスを受けたアセンシオが鋭い左足のシュートを放つが、これはGKドミトロビッチのワンハンドセーブに阻まれた。

追加点こそ奪えないものの危なげなく試合をコントロールするホームチームは61分、モドリッチと殊勲のアセンシオを下げてロドリゴ、クロースをピッチに送り出す。この交代直後の62分にはL・バスケスのバックパスが濡れたピッチで大きく伸びてあわやオウンゴールというピンチを招くが、ここはGKクルトワが何とか掻き出して事なきを得る。

その後、68分にイスコとマルセロを下げてヴィニシウス、アリーバスの若手2選手をピッチに送り出すと、この選手交代が試合を決定づける追加点をもたらした。73分、左サイドで仕掛けたヴィニシウスがそのままボックス内に侵入し丁寧な浮き球のクロスを入れると、ボックス中央でフリーとなったベンゼマが頭で合わせ、公式戦5試合連続ゴールとした。

これで勝利を確信したマドリーはベンゼマを下げてマリアーノを最後の交代カードとして投入。対して一矢報いたいエイバルは乾が74分に個人技から枠内シュートを放つなど、キケ・ガルシアら前線の選手が単発ながらフィニッシュに絡む。さらに、87分には右CKの二次攻撃からボックス左でクリアボールに反応した乾が右足のジャンピングボレーシュートを枠の左下隅に飛ばすが、これはGKクルトワの好守に阻まれた。

そして、試合はこのまま2-0のスコアでタイムアップを迎え、好調のアセンシオとベンゼマの揃い踏みの活躍によって公式戦4連勝のマドリーがCLリバプール戦に大きな弾みを付けた。一方、完敗のエイバルは泥沼の12戦未勝利となった。

関連ニュース
thumb

乾貴士所属のエイバル、昇格目指しかつて3部から1部に引き上げたガリターノ氏を招へい

エイバルは7日、新指揮官にガイスカ・ガリターノ氏(45)を招へいしたことを発表した。契約期間は2年間となる。 ガリターノ氏は、現役時代にはアスレティック・ビルバオやエイバル、レアル・ソシエダ、アラベスでプレー。引退後はエイバルで指導者のキャリアをスタートさせた。 2009年7月にアシスタントコーチに就任すると、2010年7月にはBチームの監督に就任。2012年6月にファーストチームの監督に就任すると、2015年6月まで指揮。その後、レアル・バジャドリー、デポルティボ・ラ・コルーニャ、アスレティックのBチームで監督を務め、2018年12月にアスレティックのファーストチームの監督に就任した。 2021年1月までアスレティックで指揮を執ったが解任されていた。 エイバルに戻るのは6年ぶり。かつて指揮した時は135試合で57勝37分け41敗。当時セグンダB(スペイン3部)に所属していたエイバルを、2年で1部にまで昇格させた手腕を見せていた。 2021.06.08 20:20 Tue
twitterfacebook
thumb

2部降格のエイバル、ローン組6選手の退団を発表 武藤嘉紀はニューカッスルへ復帰

エイバルは27日、FW武藤嘉紀を含むローン選手6名の退団を発表した。 今回退団が発表されたのは、ポルトガル人DFラファ・ソアレス(26/ヴィトーリア・ギマランイス)、スペイン代表FWブライアン・ヒル(20/セビージャ)、スペイン人DFアレハンドロ・ポソ(22/セビージャ)、スペイン人MFレシオ(29/レガネス)、元ポルトガル代表DFケビン・ロドリゲス(27/ソシエダ)、そして武藤嘉紀(28/ニューカッスル)の6選手。 FW乾貴士との日本人共演で注目された武藤はラ・リーガ26試合に出場。第11節のベティス戦で移籍後初ゴールを挙げたが、その後は2アシストにとどまり、大きな戦力にはなれず。 一方で、同じアタッカーとしてブライアン・ヒルは主力として29試合に出場。乾のお株を奪うキレのあるドリブルで、崩しの局面で真価を発揮し、4ゴール3アシストの成績を残した。この活躍もあり、今年3月にはスペイン代表デビューも。同じくセビージャからのローン選手であるポソも右サイドバックを主戦場に30試合に出場した。 なお、エイバルは今季のリーグ戦で最下位となり、8シーズンぶりにセグンダ・ディビシオンへ降格。2022年夏まで契約を残す乾に関しては「スペインで続けたい」と公言しているものの、去就は不透明となっている。 <span class="paragraph-title">【動画】武藤嘉紀がコパ・デル・レイ・で決めたゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJQa0FGN3dwQSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.05.27 19:10 Thu
twitterfacebook
thumb

退任のエイバル指揮官、クラブへの感謝を表明「この6年間には何かの価値があったはず」

エイバルの退任が決まったホセ・ルイス・メンディリバル監督が、クラブへの感謝を語った。スペイン『マルカ』が伝えている。 2015年6月にエイバルの指揮官に就任したメンディリバル監督は、5シーズン連続でチームを1部残留に導く辣腕を発揮。しかし、今シーズンは開幕から低迷が続くと、16試合未勝利の期間もあり、6勝12分け20敗の成績で最下位で終了。昇格7年目にして初の降格となり、25日に指揮官退任が発表された。 退任会見に出席したメンディリバル監督は、クラブ関係者全員への感謝を表明。達成感を抱きながらクラブを去ると語った。 「すべての人に感謝したい。私をここに連れてきてくれて、辛抱強く見守ってくれた会長や取締役会、そして私との契約に最善を尽くしてくれたスポーツ・ディレクターにね。我々は肩を並べ仕事をしてきた。同意できることもそうでないこともあったが、それは親友であっても同じだろう」 「この1年半、ファンが我々と一緒にいられなかったことを残念に思う。これからもチームにエネルギーを注いでほしい。そして私の仕事を楽にしてくれたクラブスタッフ、コーチ陣、ドクター、理学療法士、グラウンドキーパー…彼らのおかげで、日々の生活が楽しかった」 「最終的に、毎日一緒に戦わなければならないのが選手だ。中には、6年の付き合いになる選手もいるね。こんなに長い間いれば、良いことも悪いこともあったが、良いことだけを残しておきたい。今後、エイバルが良い方向に向かうことを願っているし、プリメーラに復帰するチャンスもあるだろう。役員たちはトップリーグでの7年間を最大限に活用している」 「プリメーラとセグンダ、どちらに所属するか分からないめちゃくちゃな時期に私はやってきた。たくさんの良い瞬間があり、特に1つを言うことはできない。大事な試合で選手は私の望むプレーをしてくれたので、喜んで帰ることができていた。良い時間だった。浮き沈みはあったが、チームは良い結果を出して乗り切ってきたと思う。この別れを大切にしたい」 また、メンディリバル監督は会見のなかで、しばらくは休養をとりたいとコメント。また、クラブの今後についても、心配はしていないと語った。 「私はどのクラブや代理人からの連絡も待っていない。どこかのチームと話しているという話は嘘だ。今は休みたいね。とはいえ、興味がある話なら聞かないわけではない。じっくりと時間をかけて、判断していきたいと思う」 「クラブがやるべきことはたくさんある。これから話し合いや交渉が多くなり、大変になるだろう。ただ、それはシーズンが終わるたびに起こることだ。今は仕事をする時だが、これはクラブが慣れ親しんでいることでもあり、彼らは何の恐れもなくそれを行うはずだ」 「別の監督が来れば、その人のサッカーを導入するだろう。とはいえ、下位カテゴリーのチームの中には我々と同じようなトレーニングやプレーをするところもあり、我々は良いことを成し遂げたのだと思うね。少なくとも、この6年間には何かの価値があったはずだ」 2021.05.27 12:47 Thu
twitterfacebook
thumb

降格エイバル、メンディリバル監督が今季限りで退任…

エイバルは25日、ホセ・ルイス・メンディリバル監督(60)の今シーズン限りでの退任を発表した。 バジャドリーの1部昇格やオサスナを残留に導くなど実績を残したメンディリバル監督は、2015年6月にエイバルの指揮官に就任。戦力に乏しい小クラブを5シーズン連続でプリメーラ残留に導く見事な手腕を発揮してきた。 しかし、就任6年目となった今シーズンは補強面の失敗に加え、ハイライン・ハイプレスの単調とも言える戦術が相手に研究し尽された影響もあり、開幕から低迷。とりわけ、リーグ2番目に少ない得点力不足(29点)によって勝ち切れない試合が続き16戦未勝利も経験。その結果、6勝20敗12分けの最下位で昇格7年目にして初の降格となった。 そして、セグンダ降格を受けて、クラブとメンディリバル監督は双方合意の下で来シーズンの契約を更新しないという結論に至った。 2021.05.26 06:00 Wed
twitterfacebook
thumb

オサスナ、エイバルの主砲FWキケ・ガルシアを獲得! 今季キャリアハイの12ゴール

オサスナは25日、エイバルからスペイン人FWキケ・ガルシア(31)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までとなる。また、契約解除金は1500万ユーロ(約20億円)に設定されている。 ムルシアでプロキャリアをスタートし、ミドルズブラを経て2016年にエイバルに加入したキケ・ガルシア。加入初年度から主力ストライカーとしてポジションを掴むと、ここまで公式戦160試合に出場し37ゴールを記録していた。 今シーズンはチームが残留争いに巻き込まれて最終的に最下位でセグンダ降格を強いられた中、個人としてはいずれもキャリアハイとなるリーグ戦37試合12ゴールという見事な数字を残していた。 そして、エイバルとの現行契約満了に伴い、オサスナを新天地に選択した。 2021.05.25 22:31 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly