「絶対負けたくない」韓国代表に勝利、吉田麻也が「こんなにホッとするのは久しぶり」と語った理由は?

2021.03.25 23:16 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
キャプテンとしてチームを統率し、10年ぶりの日韓戦で勝利を収めたサンプドリアのDF吉田麻也が、試合後に喜びを語った。日本代表は25日、国際親善試合で韓国代表と対戦。10年ぶりとなる国際親善試合での対戦となったが、前半17分に前線に抜け出ていた山根視来大迫勇也からのヒールパスに反応し、豪快にゴール。史上34人目の快挙を成し遂げた。

試合は27分に鎌田大地が追加点を奪うと、後半にはCKから遠藤航がヘディングでゴールを奪い、日本が3-0で勝利した。


試合前日のメディア対応で、韓国戦に対して並々ならぬ想いを明かしていた吉田。しっかりと勝利して終えた感想は「久しぶりに、試合が終わってこんなにホッとするのは久しぶりかというぐらいホッとしています」と安堵を口に。また「もちろんいつもそうですが、代表戦は普段と違うプレッシャーもありますし、キャプテンマークを巻く重圧もありますし、今回は韓国戦ということもあってプレッシャーは大きかったです」と語り、「前回の日韓戦からやっている選手は僕しかいなかったので、見えないプレッシャーはいつも以上に大きかったです」と、やはり大きなプレッシャーがありながらのプレーだったと明かした。

3-0という結果だけでなく、内容としても圧倒していた日本。吉田は「向こうは国内組が多くて、こっちはスタメンには海外組が多くて、各々コンディションは良くなかったと思いますが、意識して準備して質の良いパフォーマンスを出せたと思います」とし、選手個々がしっかりと意識できたとコメント。「新しい選手も結果を出したし、いつもいるメンバーが安定したパフォーマンスを出したし、これからこういった韓国とやった試合のような一進一退の試合は最終予選が始まると出てくると思うので、凄く良い準備になったんじゃないかなと思います。次のモンゴル戦に勝って予選突破が必要ですが、先を見据えてプレーできたことは良かったです」と、この先に待っているカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の前のテストとして良かったとコメント。

その吉田だが、サンプドリアの試合が終わってからかなりギリギリのタイミングでの来日となり、その内容が明かされていなかったが、試合に勝利したことで内情を告白。「チャーター機で帰ってきました」と、試合に間に合うように準備された移動手段があったとし、「それもあって、ここで結果を出せなかったら漢じゃないというプレッシャーがいつも以上にありました」とコメント。「だからこそホッとしたという部分もありましたし、次の予選にも勝たなきゃいけないプレッシャーはありますが、1つ結果が出せて良かったです」と、しっかりと期待に応えられて安心したと明かした。

また「協力してくださった協会の皆さん、夜遅かったんですが11時半にギリギリ羽田に入って、僕ら以外の飛行機は飛んでいなかったので、空港の職員の皆さんが待っていて働いてくれていたので、そういったものも含めてなんとか結果を出さないといけないなと」と、多くの人のサポートがあったことを身に染みて感じていた吉田。「ホテルの皆さんも難しい状況で助けてくださって、
韓国もこの難しい状況、賛否両論ある中で日本に来てプレーしてくれたので、日本で試合を開催できたことが良かったですし、そこで結果を出せたことはなんとか面目を保ったかなと思います」と語った。

なお、同じチャーター機には守田英正も乗っていたと言い「選手は僕と守田で、守田もプレッシャーがあったと思います笑」と、後輩をねぎらっていた。

試合にスムーズに入れた日本だったが、「ボールが走るピッチなので、テンポが練習でも上がっていました」と語り、「より大きなピッチでプレーすることでより余裕を持ってできていたので、準備が良かったかなと思います。その中で質が保てたのも良かったと思います」と、トレーニングで会場の感覚を掴めたことが大きかったとコメント。「良い時間帯に点が取れたと思いますし、そういう意味では良い試合ができましたが、3点目、4点目をもっと早く決めてゲームを決めきることが大事だと思います」と、勝利の中にも反省を口にした。また「メキシコ戦はチャンスがあって決めきれずに後半持って行かれたので、もっともっと突き詰めないといけないと思います」とし、しっかりと精度を上げていきたいと反省した。

韓国は前半はゼロトップを採用し、日本を困らせに行ったとパウロ・ベント監督が会見で語っていたが、吉田は「相手が3枚で来るのか4枚で来るのかがあってウォーミングアップを見て4枚だなと。でも、FWは予想とは違いました」と語り、試合前の予想とは違ったとコメント。「試合をやり始めてすぐに20番の選手(イ・ガンイン)が張るわけでも落ちるわけでもない中途半端な位置だなと思っていて、そういうことを狙っているかなと感じました」と韓国の狙いを察知していたと明かした。

また「前半はうまくできましたし、ハーフタイムを2-0で折り返したことで韓国は何かしらを変えてくるだろうと話していて、後半もうまく3バックに変えた時も、FWを変えてもうまく対応できたのは良かったと思います」とし、しっかりとピッチ内で状況判断ができたことを評価した。

さらに球際の部分については「話はしていました。球際はかなりくるだろうと。思ったよりは来なかった気がしますが、前線の選手も(遠藤)航も守田も中盤かなりチェイスしていて、5番(チョン・ウヨン)は嫌そうでした」と語り、しっかりとできたとコメント。「相手にリズムを作らせなかったのが良かったと思います」と、韓国にペースをにぎらせないことに成功したと語った。

日本はカタールW杯の最終予選に進んだ場合は韓国と対戦する可能性がある。今回の勝利が有利に働くのでは?という見解には「そんな甘くないんじゃないですかね。韓国も意地があると思います」と警戒。「韓国も海外組が多く来ると思いますし、ソン・フンミンが来たら全く違うチームになると思います」とし、ベストメンバーの韓国相手では勝手が違うだろうと分析した。
関連ニュース
thumb

トレーニングキャンプに臨むなでしこジャパン候補メンバーが発表

日本サッカー協会(JFA)は7日、トレーニングキャンプに臨むなでしこジャパンの候補メンバーを発表した。 3月に国際親善試合の2試合を戦ったなでしこジャパン。今回は5月11日〜17日にかけてJヴィレッジでトレーニングキャンプを行う。 キャンプ中にはふたば未来学園、いわきFC U-18とのトレーニングマッチも組まれており、東京オリンピックに向けて強化を図っていく状況だ。 今回のメンバーには、3月の活動で招集されていなかったGK平尾知佳(アルビレックス新潟レディース)やDF土光真代(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)、DF脇阪麗奈(ノジマステラ神奈川相模原)らが招集されている。 今回招集されたなでしこジャパン候補メンバーは以下の通り。 ◆なでしこジャパン候補メンバー GK 池田咲紀子(三菱重工浦和レッズレディース) 山下杏也加(INAC神戸レオネッサ) 平尾知佳(アルビレックス新潟レディース) DF 鮫島彩(大宮アルディージャVENTUS) 三宅史織(INAC神戸レオネッサ) 清水梨紗(日テレ・東京ヴェルディベレーザ) 土光真代(日テレ・東京ヴェルディベレーザ) 宮川麻都(日テレ・東京ヴェルディベレーザ) 南萌華(三菱重工浦和レッズレディース) 脇阪麗奈(ノジマステラ神奈川相模原) MF 中島依美(INAC神戸レオネッサ) 水谷有希(三菱重工浦和レッズレディース) 杉田妃和(INAC神戸レオネッサ) 三浦成美(日テレ・東京ヴェルディベレーザ) 塩越柚歩(三菱重工浦和レッズレディース) 北村菜々美(日テレ・東京ヴェルディベレーザ) 宮澤ひなた(マイナビ仙台レディース) 遠藤純(日テレ・東京ヴェルディベレーザ) 木下桃香(日テレ・東京ヴェルディベレーザ) FW 菅澤優衣香(三菱重工浦和レッズレディース) 浜田遥(マイナビ仙台レディース) 上野真実(サンフレッチェ広島レジーナ) 小林里歌子(日テレ・東京ヴェルディベレーザ) 2021.05.07 18:58 Fri
twitterfacebook
thumb

W杯2次予選はスタジアム変更?/六川亨の日本サッカー見聞録

JFA(日本サッカー協会)の反町技術委員長が5月6日、定例の技術委員会後にリモートによる記者会見に臨んだ。質問は今月28日から始まるカタールW杯アジア2次予選と、U-24日本代表の活動に集中した。 まず28日のミャンマー戦は、AFCの発表では千葉県となっていたが、反町技術委員長と広報部長もフクアリ(フクダ電子アリーナ)での開催を認めた。問題は、対戦相手のミャンマーが来日できるかどうかである。 5年前のリオ五輪では、初戦の相手であるナイジェリアがサッカー協会の金銭問題からアメリカ・アトランタのキャンプ地から出発できず、出場が危ぶまれたことがあった。日本の有名な美容整形外科のT須院長が費用を出すと言って話題になったことを覚えている読者もいるのではないだろうか。 U-24日本を率いた手倉森監督(現仙台監督)も「ナイジェリアだけにナイと言われても。あれば、アルジェリア。いや、アルジェリアが来ちゃダメか」と得意のダジャレを飛ばしていたものだ(試合は日本が4-5で敗戦)。 しかしながら今回のミャンマーは、軍事クーデターで内乱状態とかなり深刻な状況である。このため反町技術委員長も試合開催に関して質問されても「わからない。こっちが聞きたいくらい。情報が入って来ない。情報があれば対応できるが、情報がない。AFC(アジアサッカー連盟)の発表を受けて準備しているくらい」とお手上げ状態だ。 試合は5月28日に予定されているので、当日に試合を開催できなければ「見なし開催」として日本の勝利になるのか。それともIMD(インターナショナルマッチデー)は6月15日まであるので、それまでに試合を消化すればいいのかについても、「AFCはミャンマーがゲームをする意思があると捕らえている。15日までに終えないといけないと互いに合意している。我々は最善の準備をするしかないし、調べようがない」と苦しい胸の内を明かした。 影響を受けるのは28日のミャンマー戦だけではない。当初の予定では、サムライブルーは6月3日の札幌ドームでのキリンカップで活動をスタートさせ、7日にパナソニックスタジアム吹田でW杯予選のタジキスタン戦、11日にノエビアスタジアム神戸でのキリンカップ、そして15日に再びパナソニックスタジアム吹田でキルギス戦という日程だった。 しかし東京、大阪、兵庫、京都の4都府県には緊急事態宣言が出されていて、現状では今月末まで延期される可能性が高い。さらに感染が拡大している愛知と福岡も対象に加えると同時に北海道、千葉、埼玉、神奈川、にもまん延防止等重点措置の適用や延長の可能性が出てきた。 これらがいつまで延長されるのか不明だが、サムライブルーは4試合すべてが、U-24日本は6月5日の博多での試合と12日の豊田での試合が、なでしこジャパンは14日の京都での試合に影響が出ることも予想される。 このことに関しても反町技術委員長は「試合の日程を発表できないのは、そういう背景があるから」と認めつつ、「Jリーグの大阪ダービー(5月2日)も無観客になった。状況はよくないのだと思う。我々はどこであろうと、しっかりやりきる準備があることを示すしかない」と先行きが不透明でも準備を進めるしかないことを強調した。 改めて言うまでもなく、すべては新型コロナの影響で、「大阪、千葉を再考せよと政府が言ってくるかどうか」(反町技術委員長)でスタジアムの変更を余儀なくされるかもしれない。それでも最悪なケースを予測しつつ、できる限りの準備(関西圏がNGなら関東圏を最検討するなど)を進めるしか乗り切る方法はないだろう。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2021.05.07 16:50 Fri
twitterfacebook
thumb

パルチザンと横山ジャパン/六川亨の日本サッカーの歩み

日本代表の俊足FW浅野拓磨が5月2日、自身のブログでパルチザン・ベオグラード(セルビアリーグ1部)との契約を解除したことを発表した。その理由として、たび重なる給料の未払いと、それに対する不誠実な対応を挙げた。 浅野は16年に広島からアーセナルへ完全移籍し、16-18年はシュツットガルト、18-19年はハノーファーに期限付き移籍。そして19年8月にパルチザンに完全移籍した。 今シーズンはここまで33試合に出場して18ゴールと、ヨーロッパ1部リーグで日本人最多となる得点を決めていて、記録更新が期待されていただけに残念でもある。それでも今シーズンの活躍で注目度が上がったのは確かだろう。このため契約解除がスムーズに進めば5大リーグへの移籍も可能かもしれない。 そのパルチザンだが、旧ユーゴではレッドスター・ベオグラードと並ぶ名門チームである。国内のタイトルではユーゴスラビアリーグ優勝11回、ユーゴスラビア/セルビア・モンテネグロリーグ優勝8回、セルビアリーグ優勝8回を誇っている(リーグ名の変遷からも複雑な国家であることが分かる)。 そんなパルチザンが91年7月に来日して、大宮サッカー場(現NACK5スタジアム大宮)では1-1、三ツ沢球技場(現ニッパツ三ツ沢)では1-0で日本を下している。 当時のパンフレットによると、オーディオ・ビジュアル機器メーカーのアイワ(aiwa)がパルチザンの胸スポンサーだったことから「日本 ユーゴスラビア親善サッカー」として開催されたことが紹介されている。 前年に開催されたイタリアW杯で、ユーゴは準々決勝でマラドーナ率いるアルゼンチンにPK戦で負けたものの、“ピクシー(妖精)”ストイコビッチが注目を集めただけに、タイミングとしてはマッチしていたのかもしれない(残念ながらストイコビッチはレッドスター所属)。 イタリアW杯でユーゴを率い、パルチザンでも監督として来日したのがイビチャ・オシム氏だったことを知ったのは、彼が日本代表の監督に就任してからだった。それよりも驚いたのは、ユーゴ大使館で開催されたパーティーだった。 ホールでの駐日ユーゴスラビア大使の挨拶が終わると、選手は急いで別室に用意されていたバイキング形式の食堂に駆け込み、タバコを吸いながらビールやワインを飲んでいる。紫煙で食堂がかすむほど、選手は一斉にタバコを吸っていた。 「プロなのに(厳密に言うと社会主義連邦共和国である旧ユーゴにプロは存在しないが、似たようなものだと思っていた)昼間からアルコールを飲んでタバコを吸っていいのか」と訝しんだものだ。 当時の記録によると、大宮での観衆は9500人、三ツ沢が1万人となっているが、正式にカウントしたのではなく、目分量で「だいたい、こんなところだろう」と記録係が決めた可能性が高い。それだけ注目度も低かったということだ。 当時の日本代表は横山ジャパンの時代で、日本国籍を取得したラモス瑠偉とブラジルから帰国した三浦知良が加わり、さらに大学生だった森山泰行(順天堂大)、礒貝洋光(東海大)らを抜擢するなど若返りを図っていた。 しかしこの2試合後、7月27日に長崎県諫早市で開催された日韓定期戦で0-1と敗退。その後のバルセロナ五輪アジア最終予選でもU-23日本代表は6チーム中5位に終わり、横山監督は更迭された。 93年に始まるJリーグを控え、続々と選手がプロ契約を結んでいくなかで、監督だけがアマチュアのボランティアでは限界があると、当時の川淵三郎技術委員長は考えていたのも当然である。 そして翌年の3月にハンス・オフト監督と契約するまで、9カ月近くも日本代表の活動は一切ないという異常事態(92年5月のキリンカップがオフト監督の初陣)だったが、当時はそれを誰もおかしいとは思わなかったこと自体、異常だったと言える。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2021.05.03 21:30 Mon
twitterfacebook
thumb

大岩剛監督率いるU-18日本代表候補、青森山田10番のMF松木玖生らが招集

日本サッカー協会(JFA)は30日、トレーニングキャンプを行うU-18日本代表候補メンバーを発表した。 かつて日本代表でも活躍した大岩剛監督率いるU-18日本代表候補は、5月5日〜9日までJヴィレッジでトレーニングキャンプを実施する。 7日と9日には関東大学選抜とのトレーニングマッチも実施予定。また、内田篤人ロールモデルコーチも帯同予定となっている。 今回のメンバーには、今年1月に行われた全国高校サッカー選手権大会で準優勝だった青森山田高校からMF松木玖生やMF宇野禅斗が招集。また、ベスト4の帝京長岡高校のDF松村晟怜なども選ばれている。 ◆U-18日本代表候補メンバー GK 西村遥己(昌平高校) バーンズアントン(大成高校) 佐藤瑠星(大津高校) DF 菊地脩太(清水エスパルスユース) 松田隼風(JFAアカデミー福島U-18) 松村晟怜(帝京長岡高校) 小澤晴樹(大宮アルディージャU18) 植田悠太(京都サンガF.C.U-18) 大川佳風(流通経済大学付属柏高校) 舩木大輔(横浜F・マリノスユース) MF 吉田温紀(名古屋グランパスU-18) 松木玖生(青森山田高校) 笠柳翼(前橋育英高校) 鈴木淳之介(帝京大可児高校) 池田柚生(サンフレッチェ広島ユース) 甲田英將(名古屋グランパスU-18) 遠山悠希(京都サンガF.C.U-18) 宇野禅斗(青森山田高校) 山崎太新(横浜FCユース) FW 二田理央(サガン鳥栖U-18) 豊田晃大(名古屋グランパスU-18) 高柳英二郎(サンフレッチェ広島ユース) 山崎倫(大宮アルディージャU18) 千葉寛汰(清水エスパルスユース) 升掛友護(柏レイソルU-18) 福田師王(神村学園高校) 2021.04.30 18:57 Fri
twitterfacebook
thumb

女性レフェリー3名が東京五輪に選出、男性は木村博之氏がサポートに

日本サッカー協会(JFA)は26日、東京オリンピックに山下良美 主審[写真左2]、手代木直美 副審[写真左端]、坊薗真琴 副審[写真右端]が派遣されることを発表。また、サポートレフェリーとして、木村博之審判員が選ばれたことを発表した。 これは国際サッカー連盟(FIFA)が23日に発表した、審判員の中にf組まれていたもの。女性審判員3名が選出された。 山下主審は、2015年から国際審判員となり、2016年と2018年のU-17女子ワールドカップや2017年のアルガルベカップ、2018年の女子アジアカップ、2019年の女子ワールドカップで主審を務めた経歴がある。 手代木副審は、2013年から国際審判員となり2013年のAFC U-16女子選手権、AFC U-19女子sん主権や2013年のアルガルベカップ、2014年と2018年の女子アジアカップ、2015年と2019年の女子ワールドカップなどを経験。さらに、2016年のリオ・デ・ジャネイロ・オリンピックも経験している。 坊薗副審は、2015年から国際審判員となり、2017年のアルガルベカップや2018年のU-17女子ワールドカップ、2019年の女子ワールドカップを経験している。 また、Jリーグでも主審を務める木村主審は、ACLやアジアカップで主審を務めた他、U-17ワールドカップでVARなどを務めていた。 4名はJFAを通じてコメントしている。 ◆山下良美主審 「東京オリンピックに参加できることとなり、大変光栄に思います。また、このような機会をとても幸せに思います。サッカーと出会い、審判と出会い、今まで様々な場所でたくさんの方々の支えと応援の中で活動してきました。皆様のおかげで、東京オリンピックというかけがえのない場所でサッカーの審判員を務めることができます。今まで出会った全ての方々に心から感謝いたします。感謝の想いを胸に、自覚と責任を持ってフィールドに立ちたいと思います」 ◆手代木直美副審 「オリンピック開催国の審判員として参加できることをとても光栄に思っています。日頃、審判活動を応援してくださる皆様に心より感謝します。新型コロナウイルスの影響が心配される中ではありますが、開催できることを楽しみに、そして開催にご尽力されている皆様への感謝と共に、今自分にできる最大限の準備をして大会に備えたいと思います。いつも通り、選手のために、主審のために、全力で試合に挑みたいと思います」 ◆坊薗真琴副審 「世界が未だ厳しい状況の中ではありますが、この度オリンピック東京大会へのアポイントを頂き、大変光栄に思います。日頃から私の夢を後押しして頂いている職場の方々、どんな時も応援してくれる家族、日本中にいる最高の審判仲間とその活動を支える審判関係者の方々、そして、お世話になった東京都のサッカー関係者すべての方々への感謝の気持ちでいっぱいです。心身共に万全の準備をし、大会の成功に向けて全力を尽くします」 ◆木村博之審判員 「今回選出されたことに対しての責任をしっかりと持ち、大会で求められる役割を全うできるよう万全の準備をしていきたいと思います」 2021.04.26 17:22 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly