サンパオリ監督がアトレチコ・ミネイロと契約解消! マルセイユ行きが決定的に

2021.02.23 22:25 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アトレチコ・ミネイロは22日、ホルヘ・サンパオリ監督(60)との契約を双方合意の下で解消したことを発表した。これまでチリ代表やアルゼンチン代表、セビージャなどの指揮官を歴任してきたサンパオリ監督はサントスの指揮官を経て、今シーズンからアトレチコ・ミネイロの新指揮官に就任。

カンピオナート・ミネイロ制覇に加えて、カンピオナート・ブラジレイロ・セリエAを3位でフィニッシュさせ、コパ・リベルタ・ドーレス出場権獲得に導いた。


クラブとの契約は2021年末となっていたが、予てよりマルセイユの新指揮官候補に挙がっていた同監督は、フランス行きに向けて契約解消の話し合いを行っており、シーズン終了後のこのタイミングでの合意に至った。

これにより、アンドレ・ビラス=ボアス前監督(44)の後任として、DF酒井宏樹、DF長友佑都を指導することが決定的となった。
関連ニュース
thumb

ケインがトロフィー望み今夏の移籍を希望?プレミア複数クラブが獲得に関心か

トッテナムのイングランド代表FWハリー・ケイン(27)が、今夏の移籍を希望しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 トッテナムのアカデミーで育ったケインは、2013-14シーズンにファーストチーム定着を果たすと、これまで公式戦通算334試合出場220ゴール46アシストを記録。2度のプレミアリーグ得点王に輝くなど、世界屈指のストライカーに成長を遂げた。 今シーズンもプレミアリーグ33試合22ゴール13アシストを記録し得点ランキングトップに立つなど、エースとしての責任を全う。しかし、輝かしい個人成績とは対照的にチームタイトルとは無縁の日々が続いており、これまでトッテナムでは1度も主要タイトルを獲得できていない。 今シーズンもタイトル獲得のチャンスがあったEFLカップ決勝ではマンチェスター・シティに敗れ準優勝。加えて、現在チームはリーグ6位に沈んでおり、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場は極めて難しい状態になっている。 こうした状況のなか、ケインは予てから主張してきたタイトル獲得への思いが再燃。自身の去就について言葉を濁し続けていたが、『スカイ・スポーツ』によればクラブに対して今夏の移籍希望を伝えたようだ。また、ケインはプレミアリーグ内の移籍を望んでおり、6月に開催されるユーロ2020の前に決着をつけたいと考えていると報じている。 ケインの獲得については、シティやマンチェスター・ユナイテッド、チェルシーが候補となっており、特にFWセルヒオ・アグエロが今シーズン限りで退団するシティと、今季獲得したドイツ代表FWティモ・ヴェルナーが期待に応えきれていないチェルシーが動く可能性が高いとされている。 一方で、ケインとトッテナムの契約は2024年6月まで残っており、エースの売却は決して望んでいない状況。獲得するためには莫大な移籍金が発生するとされており、今後の動向が注目されている。 2021.05.18 11:23 Tue
twitterfacebook
thumb

PSG、今季限りで退団の噂されたドラクスラーと2024年まで契約延長

パリ・サンジェルマン(PSG)は17日、ドイツ代表MFユリアン・ドラクスラー(27)との契約延長を発表した。契約期間は2024年6月30日までとなる。 PSGとの契約が今季限りとなっていたドラクスラーには、今夏にレンタルバックするブラジル代表FWドグラス・コスタの後釜を探すバイエルンが関心を示していたが、パリでの生活に満足している同選手はクラブが新たな契約延長オファーに合意したようだ。 2017年1月にヴォルフスブルクから加入したドラクスラーだが、トーマス・トゥヘル前監督(現チェルシー監督)の下では、途中出場が多く、本職ではないセントラルMFでの起用など、便利屋としての扱われ方が目立ち、完全に脇役に甘んじていた。 しかし、今年1月に就任したマウリシオ・ポチェッティーノ監督の下では出場機会を増やしており、今季はここまで公式戦34試合の出場で4得点7アシストを記録。PSGでは通算で公式戦172試合に出場し、24ゴール39アシストの数字を残している。 2021.05.18 07:40 Tue
twitterfacebook
thumb

グラナダ、チーム得点王の36歳FWソルダードと2022年まで契約延長!

グラナダは17日、元スペイン代表FWロベルト・ソルダード(35)との契約延長を発表した。契約期間は2022年6月30日までとなる。 レアル・マドリーの下部組織出身で、ヘタフェやバレンシアで活躍したストライカーのソルダードは、トッテナム、ビジャレアル、フェネルバフチェを経て、2019年の夏にフリーでラ・リーガ1部復帰を果たしたグラナダへ加入。 加入初年度となった昨季はラ・リーガ33試合で7ゴール5アシストをマークし、ヨーロッパリーグ(EL)出場権の獲得に貢献。今季もここまでラ・リーガ28試合に出場しチームトップの9ゴールをを記録。クラブ史上初となったELでは8試合に出場。ラウンド16のモルデ戦では1stレグ、2ndレグ共にゴールを記録しチームを準々決勝に導いた。 新契約にサインしたソルダードは、自身のツイッター(@R9Soldado)で「グラナダでもう一年続けることを伝えられて、これほど嬉しいことはないよ。これからも戦い続けるよ」と、喜びを語っている。 2021.05.18 07:00 Tue
twitterfacebook
thumb

フランクフルト、バレンシアから期待の逸材FWを獲得

フランクフルトは17日、バレンシアからU-16スペイン代表FWファビオ・ブランコ(17)を獲得した。契約期間は2023年6月30日までで、延長オプションが付随している。 2016年にバレンシアのアカデミーに入団したファビオ・ブランコは、各カテゴリで文句なしのパフォーマンスを発揮。今季から飛び級でフベニールA(U-19相当)に昇格すると、突破力に優れたプレーと主戦場が右ウイングであることからサポーターから“フェラン・トーレス2世”と評されていた。 また、U-16スペイン代表としてもプレーするファビオ・ブランコに関しては、バルセロナやレアル・マドリー、バイエルン、マルセイユなど国内外のビッグクラブが興味を示していたが、最終的にはフランクフルトが逸材FWの確保に成功した。 フランクフルト移籍が決まったファビオ・ブランコは、公式サイトで以下のように喜びを語っている。 「ベン・マンガ氏との話し合いで、僕も家族もフランクフルト移籍が次の成長へのステップになると確信しました。クラブはここ数年で素晴らしい発展をみせており、来季は国際大会に出場することから多くの出場機会を期待できる。ここでさらに成長し、故郷から遠く離れることになるけどそこでステップアップを遂げたい。ドイツでの生活をとても楽しみにしているよ」 2021.05.18 02:02 Tue
twitterfacebook
thumb

イタリア代表、マンチーニ監督と2026年まで契約延長! W杯予選敗退の失態から立て直した手腕を評価

イタリアサッカー連盟は17日、同国代表を率いるロベルト・マンチーニ監督(56)との契約を2026年まで延長したことを発表した。 マンチーニ監督の現行契約は2022年6月末となっていたが、今回結んだ長期契約により、来夏に1年延期されたユーロ2020、2022年のカタール・ワールドカップ(W杯)に加え、ドイツで開催されるユーロ2024、アメリカ、カナダ、メキシコの3カ国共同開催の2026年W杯までイタリア代表を指揮することになった。 これまでフィオレンティーナやラツィオ、インテルなどのイタリア国内クラブに加え、マンチェスター・シティ、ガラタサライ、ゼニトなど国外トップクラブの指揮官を歴任したマンチーニ監督は、2018年5月にジャンピエロ・ヴェントゥーラ前監督の解任を受けてイタリア代表監督に就任。 2018年ロシア・ワールドカップ出場を逃す失態を犯したイタリアを立て直し、ユーロ2020の予選では10戦全勝で本戦への出場権を獲得。また、UEFAネーションズリーグ2020-21ではオランダ代表やポーランド代表、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表が同居した中、無敗で決勝ラウンド進出まで導く見事な手腕を発揮。ここまでの通算戦績は19勝2敗7分けとなっている。 2021.05.18 01:20 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly