カリアリ、かつてSPALをセリエA昇格に導いたセンプリチ氏を新指揮官に招へい!

2021.02.23 07:10 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
カリアリは22日、イタリア人指揮官レオナルド・センプリチ氏(53)を新監督に招へいしたことを発表した。契約期間は2022年6月30日までとなる。現役引退直後から監督業をスタートし、イタリア国内の下部リーグクラブを中心に4クラブの監督を歴任したセンプリチ氏。2014年12月に当時レガ・プロ・ジローネB(イタリア3部)に所属していたSPALの指揮官に就任すると、2015-16シーズンに1位となりセリエBへ昇格。そのシーズンにはセリエB優勝まで果たし、セリエA昇格を決めていた。


1967-68シーズンぶりとなるセリエA挑戦となった2017-18シーズンは17位でセリエA残留を果たすと、2018-19シーズンは一度も降格圏に沈むことなく13位でフィニッシュ。しかし、セリエA復帰3年目となった昨季は開幕から極度の不振に喘ぐと、第23節終了時点で4勝3分け16敗の最下位に低迷。昨年2月にSPALの監督を解任されて以降、フリーの状態が続いていた。

カリアリでは、成績不振から同日にエウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督(51)が解任されており、新監督には昨年11月末の勝利を最後に16試合未勝利のチームの立て直しが期待されている。
関連ニュース
thumb

ドルトムント、来季に向けて3人の若手CBをリストアップ!

ドルトムントが来シーズンに向けてセンターバックの補強に動いているようだ。ドイツ『スカイ』が報じている。 ドルトムントではサイドバックとセンターバックのバックアッパーを担う元ポーランド代表DFウカシュ・ピシュチェク(35)が今シーズン終了後に現役を引退し、U-21フランス代表DFダン=アクセル・ザガドゥ(21)も度重なる負傷に悩まされており、来シーズンに向けてセンターバックの補強が優先事項のひとつとなっている。 そういった中、『スカイ』は新戦力候補にセリエAで活躍する2人のセンターバックと、パリ・サンジェルマン(PSG)のアカデミーに在籍する10代の若手DFの名前を挙げている。 現時点で最有力候補に挙がるのは、フィオレンティーナに所属するセルビア代表DFニコラ・ミレンコビッチ(23)。 母国のパルチザンで台頭したミレンコビッチは2017年にフィオレンティーナへ加入。3バックと4バックのセンターバックに加え、右サイドバックもこなす汎用性が高い195cmの若手DFだ。 抜群の空中戦の強さと長いストライドを生かした幅広い守備範囲、一定のボールスキルと、総合力の高いプレーでセリエA屈指のセンターバックと評される逸材は、現行契約が2022年6月までとなっており、今夏のタイミングで市場に出る可能性が高い。そして、ドルトムントはすでに獲得を目指してコンタクトを取っているという。 そのミレンコビッッチのプランBとして名前が挙がっているのは、カリアリに所属するポーランド代表DFセバスティアン・ウォルキエビッツ(20)。 2019年にカリアリに加入した188cmの大型DFは、昨シーズン後半からレギュラーに定着。すると、2年目の今季はチームが下位に低迷している中、個人としては安定した守備に加え、ビルドアップの局面でも存在感を発揮しており、国内外で評価を高めている。ドルトムントはポゴニ・シュチェチン在籍時代から関心を示している同選手に対して具体的な動きは見せていないが、財政難のカリアリが換金対象に見なしていることもあり、獲得の可能性は十分にあるようだ。 3人目はPSGのU-19チームに在籍しているU-18フランス代表DFスマイラ・クリバリ(17)。 将来性豊かな190cmのセンターバックは、PSGとの契約が今シーズン終了までとなっており、ドルトムント移籍に向けて口頭合意に至っているという。ただ、先日にクリバリはヒザ前十字じん帯を断裂する重傷を負っており、その影響によって現時点では正式契約に踏み切るかどうかが慎重に検討されているようだ。 2021.02.23 23:54 Tue
twitterfacebook
thumb

カリアリ、1月に契約延長したディ・フランチェスコ監督を解任!後釜はセンプリチ氏か

カリアリは22日、エウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督(51)を解任したことを発表した。 かつてサッスオーロやローマなどを率いたディ・フランチェスコは2020年8月、2年契約でカリアリの監督に就任。今年1月に2023年まで契約を延長した同監督だが、先日行われたセリエA第23節終了時点で3勝6分け14敗で18位に沈んでおり、昨年11月末の勝利を最後に16試合未勝利という悲惨な状況だった。 なお、イタリア『フットボール・イタリア』によると、クラブは後任として昨年2月までSPALを率いていたレオナルド・センプリチ氏(53)の招へいを検討しているという。 2021.02.22 23:00 Mon
twitterfacebook
thumb

残留争うカリアリ戦前にトリノの2選手がコロナ陽性に

トリノは18日、2選手が新型コロナウイルスの検査で陽性反応を示したことを発表した。なお、感染した選手は明かされていない。トリノによれば2選手は既に隔離に入っているとのことだ。 トリノは声明にて「トップチームの2選手が新型コロナウイルスの検査で陽性反応を示した。保険当局の指導を受け、2選手は医療スタッフの監督の下、隔離に入った」と発表。 ダビデ・ニコラ監督就任後、リーグ戦5試合連続ドローで残留圏内ぎりぎりの17位に位置するトリノは19日、2ポイント差で降格圏に沈む18位カリアリとのアウェイ戦を戦う。 2021.02.19 00:30 Fri
twitterfacebook
thumb

VARに救われたアタランタ、終盤のムリエル弾で辛勝《セリエA》

アタランタは14日、セリエA第22節でカリアリとのアウェイ戦に臨み、1-0で辛勝した。 前節トリノ戦では21分までに得た3点のリードを守り切れずにドローとされた7位アタランタ(勝ち点37)は、4日前に行われたコッパ・イタリアではナポリ相手にペッシーナのドッピエッタなどで3-1と快勝し決勝進出を果たした。そのナポリ戦のスタメンから3選手を変更。ムリエル、GKゴッリーニ、出場停止のトロイに代えてイリチッチ、GKスポルティエッロ、ロメロを起用した。 18位カリアリ(勝ち点15)に対し、最前線にサパタ、2シャドーにイリチッチとパシャリッチを起用したアタランタは、25分に右CKからディムスティがヘッドでゴールに迫るシーンがあったものの、前半は膠着した展開が続き、ゴールレスで後半へ折り返した。 迎えた後半、低調な出来を受けてアタランタはパシャリッチとペッシーナに代えてデ・ルーンとミランチュクを投入。 しかし、前半に続き膠着状態を打破できない。69分にはムリエルを投入すると、終盤の83分にようやく決定機。ドロップボールの流れからサパタのヘディングシュートがバーに直撃した。 このままゴールレスで終わるかに思われたが90分、アタランタにゴールが生まれる。ムリエルがDF2人の間をうまく突破してボックス左に侵入。コントロールシュートをゴール右に蹴り込んだ。 試合終了間際、PKを献上しかけたアタランタだったが、VARの末に判定が覆って助かり、1-0で勝利。リーグ戦3試合ぶりの白星としている。 2021.02.15 01:05 Mon
twitterfacebook
thumb

インモービレ弾でウノゼロ勝利のラツィオが6連勝で4位浮上《セリエA》

ラツィオは7日、セリエA第21節でカリアリをホームに迎え、1-0で勝利した。 前節アタランタに快勝し5連勝として6位に浮上したラツィオ(勝ち点37)は、インモービレとコレアの2トップで臨んだ。 降格圏に沈む18位カリアリ(勝ち点15)に対し、立ち上がりの主導権争いを経て、徐々にラツィオがポゼッションを高める展開となった。 すると28分に決定機。右サイドを上がったラッツァーリがクロスを送ると、ファーサイドのL・アルベルトがボレー。だが、枠を捉えたシュートはGKクラーニョにセーブされた。 さらに36分、ボックス左に抜け出したコレアの折り返しをインモービレがボレーで狙ったが、ここもGKクラーニョのセーブに阻まれた。 ラツィオが主導権を握ったもののゴールレスで迎えた後半、圧力をかける展開としていたが、54分にピンチ。しかし、ボックス左に抜け出したマリンのシュートはわずかに枠を外れて助かった。 すると61分、ラツィオが均衡を破る。ミリンコビッチ=サビッチのヘッドでの落としに反応したボックス右のインモービレが左足でゴールにねじ込んだ。 先制後も試合をコントロールしたラツィオがウノゼロで逃げ切り。6連勝でチャンピオンズリーグ出場圏内の4位に浮上している。 2021.02.08 06:40 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly