南野の欠場は確定、4連敗中のサウサンプトン指揮官が意気込む「決勝までは長い道のりだが、チャンスはある」

2021.02.11 21:21 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本代表FW南野拓実の欠場が決まっているサウサンプトンだが、苦しい状況に立たされている。

11日、FAカップ5回戦でウォルバーハンプトンと対戦するサウサンプトン。現在はプレミアリーグで4連敗中と結果が出ておらず、苦しい状況が続いている。

2日に行われたマンチェスター・ユナイテッド戦は2人の退場を出して9-0と屈辱の大敗。6日に行われた前節のニューカッスル戦は最終的に9人となった相手を崩せず3-2で敗戦となっていた。
リバプールから獲得した南野が即先発していきなりゴールを決めるという喜ばしいニュースもあったが、結果が出ていない状況でウォルバーハンプトンとの連戦を迎えた。

11日のFAカップでは南野はリバプール時代に出場していたために起用できず。さらに、MF スチュアート・アームストロング、MFイブラヒマ・ディアロ、FWマイケル・オバフェミ、FWセオ・ウォルコット、MFウィル・スモールボーンも欠場することとなり選手が足りない状況だ。

ラルフ・ハッセンヒュッテル監督も試合に向けて「これはカップ戦であり、おそらく120分間とPK戦のを戦う準備をしなければらない」と語り、「全てが本当にシャープであることに焦点を当てている」とコメント。それでも「決勝までは長い道のりだが、チャンスはある。強い相手であることは承知しているが、良い日であれば誰にでも勝てるということを示したいと思う」とウォルバーハンプトン戦への意気込みを語った。

週末のプレミアリーグでもウォルバーハンプトンと対戦するサウサンプトン。リーグ戦へ弾みをつける勝利を挙げることができるだろうか。

関連ニュース
thumb

「彼が憎たらしい笑」解説者も思わず…引退から1カ月経たずにゴルファーデビューのベイル、PGAツアーでプロも驚愕のスーパーショット披露

1月9日に現役引退を電撃発表した元ウェールズ代表FWガレス・ベイルがゴルファーとしてデビューを果たした。 ウェールズ代表としてカタール・ワールドカップ(W杯)を戦ったベイルは、その後にピッチに立つことはなく引退を発表した。 そのベイルは現役時代からサッカーと同様に愛していたのがゴルフ。自身の大会を開くなどの熱の入れようで、一時期はケガでサッカーがプレーできない中でゴルフをすることもあり、ゴルフの方が大事だとファンに揶揄されることも少なくなかった。 そのベイルは、アメリカプロゴルフのツアーであるPGAツアーの1つであるAT&Tペブルビーチ プロアマに出場することを報告していたが、ついにその夢が叶った。 156人のプロとアマチュアのゴルファーが出場するこの大会。ベイルはアメリカ人のョセフ・ブラムレットとペアを組んでいる。 アマチュアの参加者の中では10番目にハンディキャップが少ないベイル。その大会では、プロゴルファーも脱帽のスーパーショットを見せた。 グリーン脇のカートが通る道の外に出ていたボールをベイルがショット。すると、直接カップを狙うのではなく、手前のラフで一度バウンドさせてグリーンに乗せることに成功。カップまで1mもない位置につけるスーパーショットとなった。 これにはコース脇で見ていたコメンテーターも「彼が憎たらしいね」と冗談めいてコメント。プロゴルファーからも嫉妬されるほどのゴルフの腕前をしっかりと大会でも見せるあたりは、サッカーで大舞台に立ち続けてきた経験がなせる技なのかもしれない。 サウサンプトンの下部組織で育ったベイルは、2006年4月にファーストチームデビュー。2007年夏に加入したトッテナムでは2013年までの在籍期間に公式戦203試合56ゴール58アシストを記録した。 2013年夏にトッテナムから8500万ポンド(約115億3000万円)といわれる移籍金でレアル・マドリーに加入。クラブ公式戦通算251試合の出場で105ゴール68アシストの成績を収め、5度のチャンピオンズリーグ制覇や3度のラ・リーガ優勝など計15個ものタイトル獲得に貢献。キャリアの最後はメジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルスFCで過ごしていた。 カタール・ワールドカップ(W杯)では64年ぶりとなる出場に導くなど、ウェールズ代表最多の111キャップを誇り、40ゴールを記録していた。 <span class="paragraph-title">【動画】プロ顔負けの実力!ベイルが見せたとんでもないスーパーショット!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="DZfgmrryV88";var video_start = 86;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.02.03 12:50 Fri
twitterfacebook
thumb

47年ぶりファイナルのニューカッスル監督「今の我々にはチームスピリットと一体感がある」

ニューカッスル・ユナイテッドのエディ・ハウ監督が喜びを言葉にした。 ニューカッスルは1月31日にサウサンプトンとのカラバオカップ準決勝2ndレグに臨み、2-1で勝利。MFシェーン・ロングスタッフの2発で2-1の勝利を収め、1stレグに続く白星で決勝進出を決めた。 プレミアリーグでトップ4争いを演じるなか、カラバオカップでも47年ぶりにファイナルの舞台に導いたハウ監督はイギリス『スカイ・スポーツ』で自軍を誇った。 「チームスピリットと一体感は長い道のりを乗り越える力だ。今の我々にはそれがある。それを守り、鼓舞し、高めるのが私の役目。ドレッシングルームには今季を通じてクラブを誇らしくさせるプロフェッショナルたちがいる」 殊勲のロングスタッフについても「彼はニューカッスル出身であり、非常に重要な存在。素晴らしい選手だし、彼がゴールを重ねると、周りも意識が高まる。称賛に値する選手だし、とても嬉しいよ」と語った。 また、レッドカードのMFブルーノ・ギマランイスについては「大きな痛手だし、受け入れるのに時間がかかる。すべてが彼を経由してだし、重要な選手。彼の不在は悲しい。でも、他の選手にはチャンスだ」と述べた。 なお、もう1つのカードであるマンチェスター・ユナイテッドとノッティンガム・フォレストの2ndレグは1日に開催。先の1stレグでは3-0でユナイテッドが先勝している。 2023.02.01 15:30 Wed
twitterfacebook
thumb

W杯にも出場したガーナ代表FWスレマナがサウサンプトンに完全移籍、両ウイングでプレー

サウサンプトンは1月31日、スタッド・レンヌのガーナ代表FWカマルディーン・スレマナ(20)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2027年夏までとなる。 スレマナは、これまでノアシェラン、レンヌでプレー。レンヌでは公式戦通算47試合に出場し6ゴール4アシストを記録していた。 今シーズンもリーグ・アンで14試合に出場し1ゴール。ヨーロッパリーグ(EL)でも4試合に出場し2アシストを記録していた。 両ウイングでプレーできるスレマナは、ガーナ代表としても15試合に出場。カタール・ワールドカップ(W杯)でも2試合に出場していた。 2023.02.01 11:27 Wed
twitterfacebook
thumb

伊東純也の元相棒、ヘンクのFWオヌアチュがサウサンプトンに完全移籍

サウサンプトンは1月31日、ヘンクのナイジェリア代表FWポール・オヌアチュ(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は2026年夏までの2年半となる。 オヌアチュはミッティラン、ヴェイレとデンマークでプレー。2019年8月にヘンクに完全移籍で加入する。 2mを超える長身を生かしヘンクでブレイク。日本代表MF伊東純也(スタッド・ランス)とのコンビは破壊力抜群で、ヘンクでは公式戦134試合で85ゴール10アシストを記録。2020-21シーズンは33ゴールを決めてジュピラー・プロ・リーグの得点王に輝いていた。 今シーズンもリーグ戦19試合で16ゴールと驚異的な得点力を誇り、チームも首位を快走していたが、プレミアリーグへの挑戦を選択した。 なお、サウサンプトンは現在最下位。プレミアリーグ残留の起爆剤となれるか注目だ。 2023.02.01 10:30 Wed
twitterfacebook
thumb

充実のニューカッスルがロングスタッフの2発でセインツ撃破、47年ぶり決勝進出《EFLカップ》

EFLカップ準決勝2ndレグ、ニューカッスルvsサウサンプトンが1月31日に行われ、2-1でニューカッスルが勝利。この結果、2戦合計スコアを3-1としたニューカッスルが決勝へ進出している。 1stレグではニューカッスルが敵地で1-0と先勝していた一戦。 決勝進出へあと一歩に迫ったニューカッスルはウィルソン、ジョエリントン、アルミロンの3トップで臨んだ。 一方、逆転突破を目指すサウサンプトンはアダムスとアームストロングの2トップで臨んだ。 立ち上がりからニューカッスルが攻勢に出ると5分に先制する。ボックス右でトリッピアーのパスを受けたロングスタッフがシュートを決めきった。 その後もニューカッスルが攻め手を緩めず試合を進めると、21分に加点。決めたのはまたもロングスタッフ。ボックス左でスルーパスを引き出したアルミロンのクロスをゴール前に走り込んだロングスタッフが押し込んだ。 劣勢のサウサンプトンは28分、ワンチャンスで1点を返す。ジョエリントンのバックパスミスをカットしたアダムスがミドルシュートを叩き込んだ。 それでもハーフタイムにかけても主導権を握ったニューカッスルが2-1とリードして前半を終えた。 迎えた後半も前がかるサウサンプトンに対し、ニューカッスルが難なく受け止めると、61分にはイサクやサン=マクシマンらフレッシュなアタッカーを投入。 サウサンプトンに対する牽制を強めた中、72分のピンチではGKポープがアームストロングとの一対一を阻止。そして79分にギマランイスの左足ミドルがポストに直撃した。 その後、80分にギマランイスがボールを奪いにかかったプレーでエドジーの足首にスパイクが入り、VARの末に一発レッドカードを受けるアクシデントがあったものの、2-1のまま逃げ切り。2戦合計スコア3-1で47年ぶりの決勝進出とした。 2023.02.01 07:15 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly