王者・川崎Fが一挙17選手と契約更新! 主将DF谷口彰悟にFW小林悠、MF家長昭博、MF三笘薫も

2021.01.21 19:15 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
川崎フロンターレは21日、17選手の契約更新を発表した。今回、川崎Fと2021シーズンの契約を更新したのは、主将DF谷口彰悟(29)をはじめ、FW小林悠(33)、MF家長昭博(34)、DF登里享平(30)、DF車屋紳太郎(28)、MF大島僚太(27)、MF長谷川竜也(26)、MF脇坂泰斗(25)、MF田中碧(22)、DF山根視来(27)、MF三笘薫(23)、FW旗手怜央(23)、MF山村和也(31)、GK丹野研太(34)、GK安藤駿介(30)、DF神谷凱士(23)、DFイサカ・ゼイン(23)となっている。


昨シーズンからキャプテンを任された谷口は明治安田J1に30試合出場して3得点を挙げ2年ぶりのリーグ制覇に貢献。小林はリーグ戦に27試合出場して昨季クラブ最多の14得点を叩き出した。リーグ戦29試合に出場した家長はキャリアハイに並ぶ11得点をマーク。登里もリーグ戦29試合に出場し、左サイドを駆け上がり多くのチャンスを演出した。

左サイドバックのレギュラーを登里に譲る形となった車屋は、センターバックなどでも出場しリーグ戦22試合1得点を記録。大島は負傷離脱もありながらリーグ戦22試合で3得点を挙げた。調子を上げていた中で開幕早々に負傷離脱を強いられた長谷川はリーグ戦12試合で3得点の成績にとどまった。中盤を構成した脇坂はリーグ戦31試合に出場して3得点。同じく中盤で躍動した田中はリーグ戦31試合で5得点を挙げた。

右サイドバックで存在感を放った山根はリーグ戦31試合に出場して4得点をマーク。異彩を放った三笘は途中出場が多いもののリーグ戦30試合で新人最多得点タイの13得点。アシストも二桁とチームの優勝に尽力した。

チームの負傷事情で一時左サイドバックもこなした旗手はリーグ戦31試合5得点。どこのポジションでもカバーする山村はリーグ戦13試合1得点の成績を収めた。丹野、安藤、神谷、イサカ・ゼインはそれぞれリーグ戦の出番がなかった。
関連ニュース
thumb

G大阪の新型コロナ感染者発生でJ1第2節のG大阪vs鹿島が開催中止…

Jリーグは4日、明治安田生命J1リーグ第2節、ガンバ大阪vs鹿島アントラーズの開催中止を発表した。 今回の一戦は当初、3月6日(土)の16:00にパナソニックスタジアム吹田で開催予定となっていたが、G大坂においてトップチームの選手5名・スタッフ1名に新型コロナウイルス感染症の陽性判定が出たことを受け、同クラブが現時点で感染の影響範囲を確認できないため、開催中止を決定した。 G大阪では今月3日に実施された新型コロナウイルス感染症の検査で、選手4名・スタッフ1名に対する陽性判定、および選手1名・スタッフ1名のJリーグの基準による濃厚接触疑い者が発生。これにより、3日に開催予定だったJ1第11節の名古屋グランパス戦が開催中止となっていた。 さらに、4日に実施されたトップチーム選手・トップチームスタッフ・アカデミー選手・アカデミースタッフ・フロントスタッフ・アカデミー寮関係者・スタジアムに勤務する関係者の計225名を対象とした最新の検査では新たにトップチーム選手1名に陽性判定が出ていた。ただ、その他224名に関しては陰性が確認されている。 なお、代替日については決定次第改めて通知される予定だ。 2021.03.04 22:22 Thu
twitterfacebook
thumb

「ネットいじめはサイテーだよ。カッコ悪いよ。」前園真聖氏が25年前を再現、Jリーグ誹謗中傷防止啓発映像に起用

Jリーグは4日、元サッカー日本代表の前園真聖氏を起用したSNSによる誹謗中傷防止のための啓発動画を公開した。 2021年3月4日(木)14時より行われた法務省、全国人権擁護委員連合会、公益財団法人人権教育啓発推進センター3社主催による「インターネットと人権・オンラインフォーラム〜心ない投稿・コメントで人を傷つけないために〜」にて初公開された。 昨今、SNSの普及などにより、人格を否定するような誹謗中傷がより深刻な問題となっている。スポーツ界もその例外ではなく、クラブや選手に対する誹謗中傷が大きな問題となっている。そこで、Jリーグではこの問題を少しでも抑制し、一部の心ない人間によって心を痛めている多くの選手やファン・サポーターを守るために、SNSによる誹謗中傷防止のための啓発映像「ネットいじめ、カッコ悪い。」を制作した。 今回の映像では「いじめ」「サッカー」「啓発CM」の3つのテーマから連想される人物として、今から25年前「いじめ、カッコ悪い。」のCMにて社会問題に対し自らのメッセージで呼びかけ大きな反響を呼んだ元サッカー日本代表・前園真聖氏をメッセンジャーに起用。SNSでの誹謗中傷=“ネットいじめ”への思いを、前園氏が自身の言葉で語りかけるものとなっている。 現在、スポーツの領域のみならずバラエティ番組出演などマルチな活躍を見せる前園氏ですが、本映像で見せる真剣な表情や一言一言にはSNSによる誹謗中傷抑制への強いメッセージが込められています。尚、本映像はJリーグ2021年シーズンの全試合会場※の大型ビジョンにて使用される予定となっている。 前園氏は今回の撮影について「久々の撮影で緊張感のある中、今回25年前の自分のCMからまた当時とは違う現代においての問題みたいなものを自分の言葉でということでしたが、非常に責任感のあるというか緊張感のある中で楽しくやらせていただきました」とコメント。25年ぶりに起用されたことについては「25年前に違う形で社会に問題提起をさせてもらって、今はスポーツ界でも社会でもネットでの誹謗中傷の問題 は凄く深刻なものがあるので、自分の言葉で皆さんに語り掛けるじゃないですけど、そういう思いでやらせてもらいました」と振り返った。 25年前の映像を見た前園氏は「いじめ、かっこ悪い」と言っていましたが、僕がかっこ悪かったですね、今見ると(笑) あんな感じでよくやってい たなって思いました(笑) もう少し紳士的に…あの時の自分に言い聞かせてやりたいですけど。ただあのCMが今も時々話題に上がったり、いじられたりすることもあるんですけど、あの経験をさせてもらったおかげで、また今回 こういう話をいただけたので、非常に良い経験だなと思っています」とコメントした。 今シーズンのJリーグについては「昨年からもそうですけど、コロナ禍でJリーグも選手たちもサポーターの皆さんも大変な中で一生懸命やっているのを外から見ていました。今シーズンはいつ通常開催になるか分かりませんが、選手たちがピッチの中で一生懸命頑張っているし、サポーターファンの方がスタジアムで、みんな楽しく応援できてサッカーを楽しめる日がまた来ると思うので、その日まで僕らはサッカーを応援したいし、Jリーグを応援したいし、それに応えて選手たちは一生懸命ピッチでプレーしてくれると思うので、みんなでサッカー界を盛り上げていけたら良いかなと思っています」とコメント。盛り上げていきたいと語った。 <div id="cws_ad" style="text-align:center;"><script>var video_id ="Ti94aYu7P9k";</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script></div> 2021.03.04 16:45 Thu
twitterfacebook
thumb

王者川崎Fが開幕連勝! 大久保2発のC大阪にL・ダミアン2発、三笘V弾【明治安田J1第11節】

前倒し開催となる明治安田生命J1リーグ第11節の1試合が3日に等々力陸上競技場で行われ、ホームの川崎フロンターレが3-2でセレッソ大阪を下した。 FUJI XEROX SUPER CUPに続いて、J1開幕戦も白星で飾り、公式戦2連勝スタートの川崎F。連戦となるが、昨年のC大阪戦で2戦2発のレアンドロ・ダミアンなど、3試合連続で同じ顔ぶれをスターティングメンバーに起用した。一方、レヴィー・クルピ監督が4度目登板のC大阪も白星発進。その前節から2選手が入れ替わり、藤田と高木が先発入りするなか、開幕戦でゴールを挙げた38歳の大久保も古巣等々力のピッチにスタートから立った。 開幕白星チーム同士の一戦は派手な展開で立ち上がる。5分、この試合がJ1通算450試合目のメモリアルゲームとなる大久保がバイタルエリア右のスペースでボールを受け、ゴールに向かってドリブルを仕掛けると、迷いなく右足を強振。放物線を描いたボールがGKチョン・ソンリョンの伸ばした手も届かないゴール左に突き刺さり、アウェイのC大阪が幸先良く先取する。 大久保の2015年以来2度目となる開幕2戦連続ゴールでリードしたC大阪だが、川崎Fの攻撃陣がわずか2分後に牙を向く。敵陣深くに相手を押し込んだ6分、右サイド深くを突いた動きで脇坂からボールを引き出した山根が右足ダイレクトでゴール前にクロス。ボックス中央のレアンドロ・ダミアンが右足の強烈なボレーでゴール右に叩き込み、試合を振り出しに戻す。 早々にリードを逸したC大阪だが、川崎Fの勝ち越しを許さず、反攻に転じると、バイタルエリア左でFKのチャンスを獲得した22分にキッカーの高木が蹴ったボールを拾い直した松田陸が右サイドから右足でクロスを供給する。ボールは相手GKの伸ばした手を掠めてファーサイドに流れたが、そこに詰めたのが大久保。しっかりとボールを押し込み、再びリードした。 強烈な一撃に続き、ゴール前での嗅覚も研ぎ澄ました大久保に2ゴールを許して、再び追いかける川崎Fはボールの主導権を握って押し込む。38分には左CKのチャンスからジェジエウがヘディングシュートを放つが、GKキム・ジンヒョンがセーブ。続く44分にはボックス中央から三笘が右足シュートでゴールに迫るが、枠に飛ばせず、C大阪が1点のリードで守る。 それでも、川崎Fは後半開始早々にピッチを大きく使った攻撃から追いつく。47分、谷口のロングフィードを敵陣右サイド深くで収めた家長がバイタルエリア右にボールを叩くと、田中が右足で最終ラインの裏にスルーパス。これに反応して抜け出した山根が右足で送り返したボールを中央に走り込んだレアンドロ・ダミアンが頭で合わせ、C大阪に食い下がる。 すると、C大阪は58分に最初のカードで高木と西川の交代に動くが、川崎Fがついに逆転する。62分、敵陣左サイドからゴールに向かって仕掛けた三笘が相手DF3人の密集地帯をレアンドロ・ダミアンとのワンツーで攻略して、ボックス左に侵攻すると、GKキム・ジンヒョンと一対一の場面に。GK右側を突く右足インサイドのキックで流し込み、勝ち越した。 <div id="cws_ad"><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=kfpp3evn842719osu3gbnwqou" async></script></div> たちまち劣勢のC大阪は加藤を送り込み、塚川と橘田のカードを立て続けに切り、バランスを整えてくる川崎Fを崩しにかかる。76分には加藤のポストプレーからボックス右の大久保が右足ダイレクトでゴールに迫っていったが、GKチョン・ソンリョンがファインセーブ。85分には大久保を下げ、松田力を送り込むが、川崎Fがペースを掴んで離さない。 81分に三笘が再びネットを揺らした場面こそVARの判定により、家長の位置がオフサイドを取られ、認められなかった川崎Fだが、それでも残るカードで小林、遠野、長谷川を送り込みながら試合の流れをコントロール。2度のビハンドを跳ね返した川崎Fが勝負強さを発揮して、開幕2連勝を飾っている。 川崎フロンターレ 3-2 セレッソ大阪 【川崎F】 レアンドロ・ダミアン(前7、後2) 三笘薫(後17) 【C大阪】 大久保嘉人(前5、前22) 2021.03.03 19:59 Wed
twitterfacebook
thumb

トーレス引退試合超え!川崎Fvs横浜FMの今季開幕戦がDAZNのJリーグコンテンツ史上最多視聴数を更新!

2021シーズンの明治安田生命J1リーグの開幕戦となった川崎フロンターレvs横浜F・マリノスの一戦が、DAZNでの明治安田生命Jリーグコンテンツで史上過去最高の視聴数となった。 今回計測された視聴数は、ライブ視聴+見逃し配信+ハイライトの合計数。コロナ禍で迎えた新シーズンのJリーグ開幕戦が見事に記録を更新することとなった。 これまでのJリーグコンテンツで最高視聴数だったのは、フェルナンド・トーレスの引退試合でもある2019年8月23日(金)サガン鳥栖 vs ヴィッセル神戸だった。 また、ライブ視聴数でも、歴代最高であった2019明治安田生命Jリーグ開幕戦のセレッソ大阪 vs ヴィッセル神戸を超え、こちらも史上最高に。さらに開幕節全体では、1節における1試合当たりの平均ライブ視聴数が過去最高となり、コロナ渦で厳しい状況下にある中でも開幕を迎えたJリーグへの期待と注目度の高さ、さらにはライブスポーツへの価値が再認識された結果となった。 また、試合のみならず、オリジナルコンテンツも好調を維持している。次節の見どころがわかる『Jリーグプレビューショー』では、J1開幕節10試合を展望した回が過去最高視聴数に。また昨年11月にスタートした、『YABECCHI STADIUM(やべっちスタジアム)』では、開幕を迎えた2月の放送回(全4回、毎週日曜日)のすべてで、平均視聴数(全13回分)を大きく上回り、開幕への期待の高さを示している。 緊急事態宣言下での開幕となり、スタジアムでの観戦が制限されている中、DAZNを通じて試合会場以外でJリーグを楽しんだ方が多かったようだ。 2021.03.03 19:05 Wed
twitterfacebook
thumb

G大阪での新型コロナ感染者発生で名古屋vsG大阪が中止

Jリーグは3日、明治安田生命J1リーグ第11節の名古屋グランパスvsガンバ大阪の一戦を中止とすることを発表した。 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)に出場する影響で前倒しで行われる予定だったこのカード。しかし、3日に新型コロナウイルス感染症の検査で、ガンバ大阪の選手4名・スタッフ1名に対する陽性判定、および選手1名・スタッフ1名のJリーグの基準による濃厚接触疑い者が発生していた。 Jリーグは試合開催に関して協議を進めた結果、同一クラブにおいて複数名の陽性者および濃厚接触疑い者が発生したことから、昨今の社会情勢に鑑み、感染拡大防止の観点から、試合開催を中止することを決定した。 なお、代替日については決定次第発表される。 2021.03.03 17:28 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly