王者・川崎Fが一挙17選手と契約更新! 主将DF谷口彰悟にFW小林悠、MF家長昭博、MF三笘薫も

2021.01.21 19:15 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
川崎フロンターレは21日、17選手の契約更新を発表した。今回、川崎Fと2021シーズンの契約を更新したのは、主将DF谷口彰悟(29)をはじめ、FW小林悠(33)、MF家長昭博(34)、DF登里享平(30)、DF車屋紳太郎(28)、MF大島僚太(27)、MF長谷川竜也(26)、MF脇坂泰斗(25)、MF田中碧(22)、DF山根視来(27)、MF三笘薫(23)、FW旗手怜央(23)、MF山村和也(31)、GK丹野研太(34)、GK安藤駿介(30)、DF神谷凱士(23)、DFイサカ・ゼイン(23)となっている。


昨シーズンからキャプテンを任された谷口は明治安田J1に30試合出場して3得点を挙げ2年ぶりのリーグ制覇に貢献。小林はリーグ戦に27試合出場して昨季クラブ最多の14得点を叩き出した。リーグ戦29試合に出場した家長はキャリアハイに並ぶ11得点をマーク。登里もリーグ戦29試合に出場し、左サイドを駆け上がり多くのチャンスを演出した。

左サイドバックのレギュラーを登里に譲る形となった車屋は、センターバックなどでも出場しリーグ戦22試合1得点を記録。大島は負傷離脱もありながらリーグ戦22試合で3得点を挙げた。調子を上げていた中で開幕早々に負傷離脱を強いられた長谷川はリーグ戦12試合で3得点の成績にとどまった。中盤を構成した脇坂はリーグ戦31試合に出場して3得点。同じく中盤で躍動した田中はリーグ戦31試合で5得点を挙げた。

右サイドバックで存在感を放った山根はリーグ戦31試合に出場して4得点をマーク。異彩を放った三笘は途中出場が多いもののリーグ戦30試合で新人最多得点タイの13得点。アシストも二桁とチームの優勝に尽力した。

チームの負傷事情で一時左サイドバックもこなした旗手はリーグ戦31試合5得点。どこのポジションでもカバーする山村はリーグ戦13試合1得点の成績を収めた。丹野、安藤、神谷、イサカ・ゼインはそれぞれリーグ戦の出番がなかった。
関連ニュース
thumb

今季白星発進の神戸、ケニア代表FWマシカの獲得を正式発表! 「一員になれて誇り」

ヴィッセル神戸は1日、ケニア代表FWアユブ・マシカ(28)の完全移籍加入決定を発表した。背番号は「40」を着用する。 マシカは2011-12シーズンにヘンクでプロデビューした身長167cmのウィンガー。リールセ、北京人和、黒竜江火山鳴泉を経て、昨年2月からレディングにレンタルで加わり、北京人和と契約満了の昨夏以降はフリーの状況だった。 ケニア代表としては26試合5得点の実績。昨季まで柏レイソルに籍を置き、最優秀選手賞と得点王に輝いたFWマイケル・オルンガ(現アル・ドゥハイル)とともに2019年のアフリカ・ネイションズカップにも出場した。 Jリーグ初挑戦のマシカはクラブを通じて、意気込みを語っている。 「こんにちは。アユブ マシカです。まずは、信頼をしてくれて僕にチャンスをくれたこの素晴らしいクラブに感謝します。神戸ファミリーの一員になれて誇りに思いますし、凄く嬉しいです。もう待ちきれないですし、サポーターの皆さんとたくさんの良い思い出を作っていきたいです。また、すぐ会いましょう」 神戸は先月27日に本拠地で行われた明治安田生命J1リーグ開幕節でガンバ大阪を1-0で破り、今季を白星スタート。2日に行われる次戦はYBCルヴァンカップとなり、グループB第1節で大分トリニータとアウェイで対戦する。 2021.03.01 11:10 Mon
twitterfacebook
thumb

マテウス2発の名古屋、福岡との昨季J1&J2最小失点対決を制す!【明治安田J1第1節】

明治安田生命J1リーグ開幕節の1試合が28日にベスト電器スタジアムで行われ、アウェイの名古屋グランパスが2-1でアビスパ福岡を下した。 5年ぶりのJ1リーグ参戦となる福岡は新戦力のブルーノ・メンデスと志知が先発入り。ブルーノ・メンデスはフアンマ・デルガドと2トップを形成した。一方、今オフの積極補強で11年ぶりのリーグ優勝に機運を高めた名古屋は新戦力から柿谷がトップ下で先発。木本、長澤、齋藤がベンチからスタートした。 昨季のJ2リーグ、J1リーグで最小失点を記録したチーム同士の試合は開始早々に動く。4分、左サイドの相馬が自身を追い越す動きで深くのスペースを目指したマテウスに展開すると、カルロス・グティエレスの股下にワンタッチでボールを潜らせ、ボックス左に侵攻。カバーリングに戻った重廣も冷静に交わして、左足シュートで相手GKの股下を射抜き、名古屋が幸先良く先制する。 マテウスの華麗な個人技であっさりと先取した名古屋はその後も危なげない戦いを披露。相手に攻め入られるシーンこそあるものの、連動した守りでピンチらしいピンチを許さず、攻撃に転じれば18分に山﨑、19分に相馬が追加点を目指す。結局、追加点こそ生まれなかったが、福岡の攻撃陣を1本のシュートで抑え込む盤石の戦いでハーフタイムを迎えた。 盛り返しを目指して後半の頭から石津と杉本の交代を施した福岡だが、名古屋が優勢の展開を続けるなか、追加点を奪い切る。55分、左サイドの吉田が右足で上げ、山崎が合わせにかかったボールがゴール前にこぼれると、カルロス・グティエレスがクリア。ボックス左でフリーのマテウスが中途半端なクリアボールを左足ダイレクトでゴール右に叩き込み、勝利をぐっとたぐり寄せる。 前半に続いて序盤に守りが乱れて、リードを広げられてしまった福岡は63分、今オフに電撃的な復帰を果たした金森のカードを切り、さらに反撃姿勢を打ち出すが、ハーフタイム明けからピッチに立った杉本が70分に負傷交代するアクシデント。すかさず田邊を送り込むが、74分にデビュー戦の齋藤と宮原のカードを切った名古屋が攻守に安定した戦いを続け、流れを掴んで離さない。 どこかで一矢報いたいものの、なかなかフィニッシュの形に持っていけない展開が続く福岡は78分にバイタルエリア右に仕掛けたエミル・サロモンソンが左足で最終ラインのスペースに陣取ったゴール前のブルーノ・メンデスに浮き球パスを供給。そのブルーノ・メンデスが頭で合わせていったが、惜しくも右ポストの外側を叩いて、ゴールとはならない。 それでも、福岡は81分に名古屋が前田と新加入の木本を入れ、試合を終わらせにかかった直後、ブルーノ・メンデスが前方に頭でボールを繋ぐと、金森が胸トラップで収めてゴール方向に。マークにつく吉田に左足でクリアされてしまったが、これがGKランゲラックの頭上を越してゴールマウスに吸い込まれ、オウンゴールで1点差に詰め寄った。 これで勢いづいた福岡はレジェンドの城後を送り込み、反撃ムードを高めたが、名古屋がこれ以上の反撃を許さず、2-1で勝利。マッシモ・フィッカデンティ監督体制3年目の今季を見事に白星スタートで切った。 アビスパ福岡 1-2 名古屋グランパス 【福岡】 OG(後37) 【名古屋】 マテウス(前4、後10) 2021.02.28 15:15 Sun
twitterfacebook
thumb

柏がパウメイラスのブラジル人DF獲得か、3年契約と現地報道

Jリーグクラブが興味を持っているとされていたパウメイラスに所属するDFエメルソン・サントス(25)だが、そのクラブは柏レイソルのようだ。ブラジル『O Dia』が報じた。 報道によると、柏がパウメイラスへ獲得オファーを出したとのこと。保有権の70%を獲得し、100万ドル(約1億700万円)のオファーを出したようだ。また、交渉は前向きに考えられており、パウメイラスがオファーを受ける可能性が高いとされている。 柏からエメルソン・サントスに対しては、金額こそ明らかにされていないが良い年俸に加え、ゴールでのボーナスを加える3年契約が提示されたとのことだ。 なお、パウメイラスはコパ・ド・ブラジルの決勝が残っており、グレミオ戦を終えてからの移籍になるとされている。 エメルソン・サントスは、センターバックを主戦場に右サイドバックでもプレー可能なディフェンダー。本田圭佑も所属していたボタフォゴの下部組織で育つと、2015年4月にファーストチームへ昇格する。 2018年1月にパウメイラスへと完全移籍すると、インテルナシオナウへのレンタル移籍を経て、2019年12月に復帰していた。 今シーズンはカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAで12試合に出場し1ゴールを記録。クラブ・ワールドカップのメンバーには選ばれていたが、出場機会はなかった。なお、セリエAでは通算62試合に出場し2ゴール1アシストを記録している。 2021.02.28 15:10 Sun
twitterfacebook
thumb

神戸が本拠での関西勢対決を制す! 古橋ループ弾でG大阪破る【明治安田J1第1節】

明治安田生命J1リーグ開幕節の1試合が27日にノエビアスタジアム神戸で催され、ホームのヴィッセル神戸が1-0でガンバ大阪を下した。 昨季14位に終わった雪辱を期す神戸だが、いまだリハビリが続くアンドレス・イニエスタが欠場。一方で、新加入の井上が左サイドハーフに入り、今季から背番号「7」を背負う郷家が藤本との2トップで先発した。一方、昨季2位のG大阪はFUJI ZEROX SUPER CUPの川崎フロンターレ戦から2選手を変更。昌子が左センターバックに入り、川崎F戦を負傷欠場した宇佐美が右ウィングでスタメン入りした。 開幕戦からいきなりの関西勢による一戦はホームの神戸が立ち上がりからボールの主導権争いで上回り、G大阪が守勢に。フィニッシュのシーンこそさほど多くないものの、セカンドボールの反応も鋭く、相手に守備のはめどころを限定させない戦いでペースを掴む。 ボールを奪い切れず、揺さぶられるG大阪だが、相手の攻撃を跳ね返し続けると、40分に左サイドのスペースを突いた山本の折り返しから宇佐美が左足で強振。続く41分に左CKのチャンスから井手口が右足ミドルを見舞うなど、徐々に相手ゴールに迫り始める。 互いにフィニッシュシーンが少ない戦況で折り返した試合は神戸が藤本とドウグラスの交代をハーフタイム明けに施してスタート。しかし、62分にボックス右の宇佐美が胸トラップから右足ボレーを放つなど、敵陣内での時間を増やしたG大阪が盛り返す展開となる。 明らかに後半のペースを握られ、守備に追われる神戸は67分に2枚目のカードで増山を投入。それに対して、G大阪も相手の交代を打ち消すかのように高尾とレアンドロ・ペレイラを同時に送り込み、白星スタートを狙う両軍のベンチワークが活発化する。 すると、72分、左サイドからバイタルエリア中央にボールを運んだ古橋の右足シュートがクロスバーを叩いた神戸は続く74分にビッグチャンス。守りの乱れを突いて、右サイド高い位置でボールをかっさらった古橋が折り返すが、慌てて戻った三浦と昌子の対応に遭う。 嫌な場面が続き、倉田とチュ・セジョンを投入したG大阪だが、神戸が79分、自陣センターサークル付近の山口が前線にロングフィード。最終ラインの間から背後に抜け出した古橋が前がかるGK東口の頭上を越す左足ループシュートでネットを揺らして、均衡を破る。 追うG大阪は最後のカードでチアゴ・アウベスを送り込み、勝ち点1でも拾おうと総力戦を転じるが、巧みに時間も進めた神戸が完封勝利。昨季ダブルを食らったG大阪を下して、白星スタートを切った。 ヴィッセル神戸 1-0 ガンバ大阪 【神戸】 古橋亨梧(後34) 2021.02.27 18:58 Sat
twitterfacebook
thumb

15年ぶり復帰の大久保嘉人が早速ゴール!坂元にもゴールが生まれたC大阪が柏を破り白星スタート【明治安田J1第1節】

2021シーズンの明治安田生命J1リーグ開幕節、セレッソ大阪vs柏レイソルが27日にヤンマースタジアム長居で行われ、2-0でC大阪が勝利した。 C大阪は昨季は4位の好成績を残したものの、ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督とは契約を結ばず、レヴィー・クルピ監督が2013年以来の復帰を果たした。選手の入れ替えに関しては、柿谷曜一朗やマテイ・ヨニッチ、木本恭生といった主力が退団した一方、大久保嘉人の15年ぶりの復帰や原川力に松田力、ダンクレーなど、加入選手に対する期待も高くなっている。 対する柏も多くの選手が去ったが、大きかったのは昨季のJ1得点王オルンガの退団だ。また、中村航輔もポルトガルに移籍し、攻守の要を一度に失ってしまった。それでも、イッペイ・シノヅカや椎橋慧也、ブラジルから完全移籍加入したドッジとアンジェロッティなど期待値の高い選手を獲得し、チームとして厚みが増した印象だ。 まずチャンスを作ったのはアウェイの柏。2分に江坂のクロスから呉屋がボレーで合わせるが、うまくミートできずボールは流れる。8分には最終ラインからのロングボールに抜け出したクリスティアーノがシュートへ。しかし、ここはGKキム・ジンヒョンに防がれた。 C大阪も徐々に大久保と豊川の2トップにボールが集まりだすと、22分に右サイドでボールを持った坂元のインスイングのクロスを豊川が右足で合わせる。シュートはゴール左下を捉えたが、GKキム・スンギュがこれを掻き出すビッグセーブを見せる。さらに24分にも、ボックス左の豊川が鋭いシュートを浴びせるが、ここもキム・スンギュに止められた。 すると28分、C大阪のCKの場面で奥埜が頭で合わせたシュートがポストに直撃し、そのこぼれ球を瀬古が押し込んでネットを揺らす。しかし、奥埜のシュートが丸橋の手に当たっており、今季から導入されたVARでチェックした結果、ノーゴールと判断された。 それでもこのプレーで流れを引き寄せたC大阪は、35分に味方のパスで大久保が最終ラインを抜け出すと、J1デビューの上島が倒してしまい一発退場に。これでテコ入れせざるをえなくなった柏は呉屋を下げて染谷を投入した。 だが、数的有利で勢いのついたC大阪は42分、坂元のパスから右サイドの高い位置でボールを持った松田の丁寧なクロスを、飛び込んだ大久保が左肩で押し込んで先制に成功。大久保はこれがJ1通算186点目となった。 <div id="cws_ad"><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1sc60k9g4ekgd19fjspbzdrpwn" async></script></div> 後半から柏はさらに椎橋に代えてヒシャルジソン、大谷に代えて三原を投入。上島の退場から布陣は[4-4-1]に変更している。 意外にも柏の徹底した守りと、ロングボールに割り切ったシンプルな攻撃に苦戦するC大阪。C大阪は平均的なプレーエリアこそ高いものの、なかなかシュートまで運べない時間が続く。逆に柏は51分に瀬川、54分にクリスティアーノとシュート本数は稼ぐが、シンプル過ぎる攻撃ではネットを揺らすまでには至らない。 そんな中、C大阪は大久保を下げて高木、豊川を下げて加藤を投入し、前線を入れ替える、ツエーゲン金沢から加入した加藤は、これがJ1デビューとなった。 その加藤は78分、左サイドでボール奪取した高木のクロスに頭で合わせてシュートを記録。85分には右ポスト直撃のシュートを放つが、そのこぼれ球を坂元が流し込んで、試合を決定づける2点目を挙げた。 そして、試合はそのまま終了。C大阪がホームのサポーターの前で初戦白星を挙げた。 セレッソ大阪 2-0 柏レイソル 【C大阪】 大久保嘉人(前42) 坂元達裕(後40) 2021.02.27 18:05 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly