賭博違反のトリッピアー、FIFAがアトレティコの訴えを却下し10週間の出場停止が確定

2021.01.18 23:30 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
国際サッカー連盟(FIFA)は18日、アトレティコ・マドリーのイングランド代表DFキーラン・トリッピアーへの10週間の出場停止処分を改めて科すことを発表した。トリッピアーは、2019年夏にトッテナムからアトレティコへ移籍する際、友人グループに移籍に関する内部情報を漏洩。2020年5月にイングランドサッカー協会(FA)が違反行為と定める賭博に関与したとして、告発されていた。

FAの調査の結果、トリッピアーは7つの違反疑惑の内、3件の嫌疑は晴れたものの、残る4件の違反行為が立証されたため、10週間の出場停止と7万ポンド(約980万円)の罰金処分が科されていた。

しかし、FAが下したこの制裁措置に対して、スペインリーグとアトレティコ・マドリーはFA傘下で現在プレーしていないトリッピアーに対する出場停止処分は受け入れられないとし、訴えを申し入れていた。その結果、一時的に出場停止処分が凍結され、12日に行われたラ・リーガ第1節延期分のセビージャ戦でトリッピアーは復帰していた。

だが、今回の決定によりトリッピアーは2月28日まで出場停止処分が科され、2月23日に行われるチャンピオンズリーグ・ラウンド16・1stレグのチェルシー戦を含め、今後9試合を欠場することが決まった。
関連ニュース
thumb

サウール代理人がイングランドへ! 移籍先はユナイテッドorリバプール?

アトレティコ・マドリーからの移籍が囁かれるスペイン代表MFサウール・ニゲス(26)の代理人が選手の将来を早々に決着させようと、イングランドに飛ぶようだ。イギリス『ミラー』が報じた。 下部組織時代から過ごすアトレティコで公式戦300試合以上を誇るサウール。2017年7月に2026年までの9年という異例の超長期契約を結び、クラブに絶対なる忠誠を誓った中盤のプレーヤーだが、昨季に絶対的主力の地位が薄れ、今夏の退団が囁かれ始めている。 アトレティコにウディネーゼからアルゼンチン代表MFロドリゴ・デ・パウルが加入したことで、クラブの売却候補に挙がるサウールを巡っては当初こそバルセロナ行きが取り沙汰されたが、次第に沈静化。それに反して、イングランド行きの可能性が熱を帯びる。 そうしたなか、サウールの代理人を務めるジョナサン・バーネット氏はアトレティコから他クラブとの移籍交渉の許可を経て、2日にもイングランド入りへ。移籍先として現時点でマンチェスター・ユナイテッドが有力だが、リバプールも熱望しているとみられる。 そんなバーネット代理人はプレミアリーグとラ・リーガが開幕する8月中旬までの決着を希望。当初こそ1億2500万ポンドの売り値を設定したアトレティコだが、現在の市場価値も考慮して、3500万〜4000万ポンド(約53億3000万〜61億円)程で移籍を認めるという。 2021.08.01 13:20 Sun
twitterfacebook
thumb

アトレティコ会長、シメオネ監督の更なる長期政権を希望

アトレティコ・マドリーのエンリケ・セレソ会長は、ディエゴ・シメオネ監督の永久続投を望んでいるようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 2011年冬にアトレティコの指揮官に就任したシメオネ監督。昨季の7シーズンぶりの優勝を含む2度のリーグ制覇やヨーロッパリーグ(EL)制覇など、輝かしい成績を残しており、8日には2024年まで契約を延長した。 セレソ会長はシメオネ監督に対し、リーベル・プレートで8シーズン目を迎えるマルセロ・ガジャルド監督を引き合いに出して、この先もクラブで指揮することを熱望。望む限り監督を続けられるとお墨付きを与えた。 「シメオネは退団したくなる時までクラブに居られるよ」 「我々は満足しており、何年も監督続けてくれることを願っている。これまで一緒に結果を出してきたからね」 「彼のアトレティコでのサイクルは、ガジャルドのそれと似ていると思う」 「その一方で、フットボールの世界ではそれぞれの人生が全く違うことも確かだ」 2021.07.31 17:49 Sat
twitterfacebook
thumb

アトレティコ新加入デ・パウルの背番号は「5」に決定

アトレティコ・マドリーは30日、アルゼンチン代表MFロドリゴ・デ・パウルの背番号が「5」に決定したことを発表した。 今月13日に移籍金3500万ユーロ(約45億8000万円)でウディネーゼから加入したデ・パウル。ウディネーゼ時代には5年間で公式戦184試合に出場して34ゴール36アシストを記録し、アルゼンチン代表の常連選手にまで成長した。 新シーズンに向けてスペイン代表MFサウール・ニゲスの退団が濃厚となっているアトレティコでは、中盤の補強が急務となっていた。その中でディエゴ・シメオネ監督がご執心と言われていたデ・パウルは攻撃的MFを主戦場に左右のサイドでもプレー可能なマルチロール。 移籍金からも大きな期待が窺えるが、背番号は5番に決まったようだ。アトレティコではガーナ代表MFトーマス・パルティ(現アーセナル)や元ポルトガル代表のチアゴ・メンデス氏が着けていた番号で、昨季はアーセナルからローンしていたウルグアイ代表MFルーカス・トレイラが着用した。 2021.07.31 14:08 Sat
twitterfacebook
thumb

アトレティコ新加入のマルコス・パウロが右太もも負傷で離脱、開幕は厳しいか

アトレティコ・マドリーは29日、元U-19ポルトガル代表FWマルコス・パウロの離脱を発表した。 28日のトレーニング中に右太ももに違和感を感じたマルコス・パウロは、そのまま練習を中断。翌日に行われたザルツブルクとのプレシーズンマッチに臨むチームにも帯同せず、検査を受けた。 マルコス・パウロは、右太ももの筋肉損傷で離脱。スペイン『マルカ』は離脱期間を少なくとも2~3週間と推定しており、8月16日に予定されているラ・リーガ開幕節のセルタ戦の出場は厳しいという見方のようだ。 今夏、フルミネンセを退団し、フリートランスファーで加わったマルコス・パウロは、高い身体能力やパスセンスを武器に、両サイドでプレーが可能な21歳の万能型アタッカー。ブラジル生まれでありながらもポルトガル国籍を持つことから、EU圏内の選手扱いとなる。 2021.07.30 18:08 Fri
twitterfacebook
thumb

大型補強完遂のユナイテッド、次のターゲットはやはりトリッピアー

マンチェスター・ユナイテッドは、やはりアトレティコ・マドリーのイングランド代表DFキーラン・トリッピアー(30)の獲得を諦めていないようだ。イギリス『マンチェスター・イブニング』が伝えている。 今夏の移籍市場で大型補強を敢行したユナイテッド。ドルトムントからイングランド代表MFジェイドン・サンチョ(21)、レアル・マドリーからフランス代表DFラファエル・ヴァラン(28)を獲得し、今夏の市場で重要視していた補強計画が一段落した。 お目当の選手を獲得できたユナイテッドだが、残り1カ月ある移籍市場でさらなる動きを見せるようだ。予てから獲得候補に挙げていたトリッピアーを再びターゲットにしているとのことだ。 トリッピアーはアトレティコでの昨シーズンは公式戦35試合6アシストを記録。右サイドバックを主戦場としていたものの、ユーロ2020では左サイドバックとしてもプレーしていた。 現在、ユナイテッドで右サイドバック一強状態のDFアーロン・ワン=ビサカの攻撃力に満足していない首脳陣は、競争相手や左サイドバックのオプションとしてトリッピアーを獲得するとされている。 一方、アトレティコは10億ユーロ(約1300億円)の負債があるとされており、トリッピアーの移籍金を高く見積もりたいところだが、ユナイテッドはサンチョ、ヴァラン獲得時の値下げ交渉に成功しているため、難しい状況。またトリッピアーの契約も残り1年となっており、あまり多くの移籍金は設定できない状況だ。 また、マンチェスター生まれのトリッピアーはマンチェスター・シティのアカデミー出身。本人を含めた家族も移籍には前向きであり、実現すると故郷への凱旋となる。 2021.07.30 17:00 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly