肉をやめてケガから回復? リバプールDFの実体験に驚き、今季はプレミアデビュー

2021.01.16 22:20 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
食生活の改善により、ケガが回復するという意外な事実が証明されたようだ。イギリス『リバプール・エコー』が伝えた。

その驚くべき効果を身を以て体験したのは、リバプールのDFナサニエル・フィリップスだ。


フィリップスは、ボルトンのアカデミーで育ち、2016年8月にリバプールのU-23チームに加入。2019年7月に昇格すると、そのままシュツットガルトへとレンタル移籍した。

2020年1月に復帰するも、再びシュツットガルトへレンタル。しかし、今シーズンはリバプールでプレーし、プレミアリーグデビューを果たすなど3試合に出場している。

そのフィリップスだが、シュツットガルト時代には足首の度重なるケガに悩まされていたという。しかし、食生活を変更。ビーガンになる為に肉を食べるのをやめたところ、ケガに悩まされることがなくなったようだ。

リバプールのイングランド代表FWアレックス・オックスレイド=チェンバレンが試合日に肉を食べないことをサポーターに呼びかける活動の一環で行った、ジョーダン・ヘンダーソンジェルダン・シャキリとの会話で明かした。

「肉を減らした選手と話したことがあるけど、彼らはより良い感じだと言っていたよ」

「ナット・フィリップス、彼が足首を痛めた時のことを覚えている?彼は、ずっと足首のケガが酷くて、ずっと腫れが引かなくて、炎症を繰り返し起こしていたんだ」

「その後、彼はシュツットガルトにレンタル移籍したけど、その時に肉を完全にやめてビーガンになったと言っていたよ」

「それからは足首が大丈夫になったみたいだ。炎症は治まっていた。ナットは3〜4週間かかったって言っていたのを覚えているけど、それからは調子が良くなったらしいよ」

今シーズンはオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクが重傷により長期離脱。また、元カメルーン代表DFジョエル・マティプもケガをしており、マンチェスター・ユナイテッド戦に出場できない可能性がある。

食生活を変更したことでケガが癒え、チームを助けることができているフィリップス。ここから出場機会を増やしていくだろうか。

なお、リバプールは二酸化炭素排出量を減らす為、オフィシャルパートナーのクォーン・フーズと協力し、試合日には肉を食べないように呼びかける運動を行なっている。

関連ニュース
thumb

リーズFWラフィーニャにユナイテッド&リバプールが関心

リーズ・ユナイテッドに所属するブラジル人FWラフィーニャ(23)にマンチェスター・ユナイテッドとリバプールが関心を寄せているようだ。イタリア『スカイ・スポルト』で働く移籍市場に精通したジャンルイジ・ロンガリ氏が主張している。 スタッド・レンヌでの活躍を受けて、昨夏に1700万ポンド(約25億5000万円)でリーズに加入したラフィーニャ。順応が難しいマルセロ・ビエルサ監督の独特のスタイルにすぐさま順応すると、ここまでリーグ戦20試合5ゴール5アシストを記録。その数字以上に高精度の左足とブラジル人アタッカーらしい多彩な仕掛けを生かした局面の打開力、チャンスメークの精度で存在感を放っている。 そして、ロンガリ氏が伝えるところによれば、すでに多くのビッグクラブの関心を集めている中、とりわけユナイテッドとリバプールが獲得レースを牽引する構えを見せているという。 ユナイテッドはイングランド代表FWメイソン・グリーンウッドに加え、イコートジボワール人FWアマド・ディアロという2人の逸材がプレー可能だが、以前から右ウイングの補強を目指しており、ラフィーニャは打ってつけの存在だ。 加えて、スポルティング・リスボン時代にポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスと一緒にプレーしており、今季のプレミアリーグでの経験と併せて獲得に動くメリットがある。 一方、ビッグ3のバックアッパーの問題を抱えるリバプール左右のウイングでプレー可能で、ビエルサ仕込みのハイインテンシティにも耐えうるラフィーニャのプロフィールに注目しているが、財政面の問題を抱えているだけに獲得に動くかは移籍金やサラリーを考慮する必要がありそうだ。 2021.02.25 23:40 Thu
twitterfacebook
thumb

誰もを魅了した唯一無二の“ミドルシュート”、レッズの“象徴”スティーブン・ジェラード

2019-20シーズンのプレミアリーグを圧倒的な強さで制し、30年ぶりのトップリーグ優勝を果たしたリバプール。ユルゲン・クロップ監督の下で悲願を達成し、2018-19シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)優勝と共に、ファン・サポーターは喜びに明け暮れた。 ディフェンディングチャンピオンとして臨んでいる2020-21シーズンのプレミアリーグでは、24試合を消化し勝ち点40の6位に位置。昨シーズン見せた圧倒的な強さはそこにはなく、らしさが見て取れない。 もちろん、そこには様々な要因があるのは広く知られたこと。1つは、守備の要であったオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクを含めたセンターバックが相次いで負傷したこと。2つ目は、チーム全体として精彩を欠いていることだ。これは、昨シーズンから続く連戦による蓄積された疲労に加え、代わりの選手がなかなか見つからないというところが影響していると考えられる。 クロップ監督によって作られた現在のリバプールは、個々の能力の高さもありながら、やはりチームとして、1つの集団として機能した時に絶大な強さを発揮する。一方で、その中核を担う選手が力を発揮できなければ、必然的にチーム力は落ちてしまうのも仕方のないことだろう。 しかし、敢えて言うならば、強烈な“タレント”が不足しているとも言える。例を挙げるなら、クラブのレジェンドであるスティーブン・ジェラードのような存在だ。 <span class="paragraph-title">◆若き頃から見せていた勝負強さ</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/20210224gerrard_tw2.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 幼少の頃からリバプールのアカデミーで育ったジェラードは、1998-99シーズンの11月にファーストチームでデビュー。18歳でデビューした当時は、右サイドバックとしてプレーしていた。 その後は、セントラルミッドフィルダーとしてプレーすると、3年目の2000-01シーズンからレギュラーに定着。ジェラール・ウリエ監督の下でFAカップ、リーグカップ、UEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)のカップ戦三冠を達成していた。 このシーズンは、リーグカップ決勝のマンチェスター・ユナイテッド戦、そしてUEFAカップのアラベス戦でゴールを決めており、この頃から大舞台での勝負強さを発揮していた。 2003-04シーズン途中からチームのキャプテンを務めると、一気に中心選手としての才能が開花。2004-05シーズンは、チャンピオンズリーグのグループステージで敗退の危機にあった中、最終節のオリンピアコス戦で試合終了間際に衝撃のミドルシュートを決めて突破を決めると、このシーズンは決勝にまでチームは勝ち上がり、“イスタンブールの奇跡”と呼ばれるミランとの激闘を制して優勝を達成。この決勝でも逆転につながるゴールを決めていた。 チームの精神的支柱でもあったジェラードが持つ勝負強さは、何度となく救うことになった。 <span class="paragraph-title">◆誰もを魅了するミドルシュート</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/20210224gerrard_tw3.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> クラブキャリアではリバプールとロサンゼルス・ギャラクシーで191ゴールを記録、イングランド代表としても21ゴールを記録しているジェラード。そのジェラードの代名詞といえば、やはり“ミドルシュート”だろう。 右足から放たれる強烈な一撃は、打った瞬間に入る予感すらさせるもの。その軌道の美しさもさることながら、シュートスピードは驚くべきものがある。 スピードあるミドルシュートは“弾丸ミドル”という表現がピッタリであり、地を這うような軌道は圧巻そのものだった。 前述した通り勝負強さにも繋がるところだが、ジェラードのゴールはチームの窮地を救うものが多く、試合の終盤で劣勢な状況でも何か起こるのではという予感さえあった。 <div id="cws_ad"><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJqMXBzNXlFaCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 例えば2004-05シーズンのミドルスブラ戦では、ハーフウェイライン付近からのフィードを受けたジェラードがトラップ。コースが空いているのを見ると、中央やや右寄りの距離のあるポジションから右足一閃。ゴール左上に強烈なミドルシュートが突き刺さっていった。 ミドルシュートというよりはロングシュートに近いが、あのポジションから右足を振り抜くという判断も、ミドルシュートが得意なジェラードならではかもしれない。 その他、前述の2004-05シーズンのチャンピオンズリーグのオリンピアコス戦。あと1点が必要な状況で、ボックス手前でルーズボールに反応したジェラードが右足を振り抜くと、高速シュートが右隅に決まった。 このように最大の武器であったミドルシュートで多くのピンチを救ったことで、ファン・サポーターからも一層愛される存在となっていったジェラード。似たようなミドルシュートを打てる現役選手はほとんどおらず、唯一無二の存在だったとも言える。まさに、サッカー史に残るレジェンドと言って良いだろう。 2021.02.25 19:40 Thu
twitterfacebook
thumb

リバプールGKアリソンの父、自身で所有するダムにて遺体で発見

リバプールの守護神を務めるブラジル代表GKアリソン・ベッカーの父が遺体で見つかった。ブラジル『グローボ』が伝えた。 アリソンと、兄弟でフルミネンセの守護神であるGKムリエル・ベッカーの父であるホセ・アゴスティーニョ・ベッカーさんは57歳で他界することとなった。 『グローボ』によると、ホセ・アゴスティーニョ・ベッカーさんはブラジルのポルトアレグレから320kmほど離れたリオグランデ・ド・スル州カンパーニャのダムで24日の12時ごろに行方が分からなくなったとのことだ。 このダムはベッカー家が所有するものであり、自身の敷地内で発見された形となった。 ラブラス・ド・スル消防署によると、24日の22時50分ごろ、敷地の従業員と友人によって遺体が発見されたことを確認したとのことだ。 なお、遺体が発見された時は警察も現場におり、消防隊はダムに到着したときに遺体が見つかったことを伝えられたという。 ムリエルが所属するフルミネンセはこの訃報を受け「フルミネンセは、GKのムリエルとアリソンの父である、ホセ・アゴスティーニョ・ベッカーの死をとても残念に思います。仲間、家族にご多幸をお祈り申し上げます」と声明を発表していた。 2021.02.25 14:58 Thu
twitterfacebook
thumb

悲報続くリバプールに朗報、ジョタがフルトレーニング参加

ケガ人続出のリバプールに朗報だ。昨年12月にヒザを痛めて以降、戦列を離れていたポルトガル代表FWジオゴ・ジョタが24日の全体練習に合流したようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 今季、ウォルバーハンプトンから加入したジョタは公式戦17試合の出場で9ゴールと、リバプールの新たな攻撃のオプションとなっていた。 また、昨年10月にヒザの前十時じん帯を損傷したDFヴィルヒル・ファン・ダイクはボールを使ったメニューをこなしているとのことだ。 新たに主将のMFジョーダン・ヘンダーソンがそ径部の負傷で長期離脱の可能性があるリバプールだが、主力2選手は順調な回復を見せているようだ。 2021.02.25 06:00 Thu
twitterfacebook
thumb

リバプールにさらなる追い討ち…主将ヘンダーソン、最悪3カ月離脱か

リバプールのイングランド代表MFジョーダン・ヘンダーソンが長期離脱する可能性が高まっているようだ。イギリス『サン』が伝えている。 ヘンダーソンは20日に行われたプレミアリーグ第25節のエバートン戦で負傷。30分程で交代を余儀なくされており、0-2で敗れた試合後、ユルゲン・クロップ監督から「そけい部、内転筋を痛めてしまった。良くなさそうだ」と報告されていた。 『サン』によると22日に精密検査を行ったというヘンダーソンだが、手術を受けなければならない可能性が高い模様。その場合、離脱期間は最大12週間となり、多数の負傷者に苦しむリバプールにさらなる打撃を与えることになる。 たとえ手術を必要としない場合でも、4月半ばまでの離脱が見込まれており、プレミアリーグではチェルシー戦やアーセナル戦を含む6試合、加えてチャンピオンズリーグのライプツィヒ戦2ndレグの欠場は決定的なようだ。 痛手となるのはリバプールに限らず、今夏にユーロを控えるイングランド代表にとっても心配の種となっている。 2021.02.24 22:05 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly