フライング先発のオルンガは不発、ブーンジャーのハットでアル・サッドが逆転勝利《カタール・スターズリーグ》

2021.01.13 10:07 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
柏レイソルからアル・ドゥハイルへ移籍したケニア代表FWオルンガが、即公式戦に先発した。12日、カタール・スターズリーグ第14節のアル・サッドvsアル・ドゥハイルが行われた。

アル・ドゥハイル、そして柏レイソルと両クラブからの移籍加入の発表がなされないまま、まさかのスタメン発表がなされたオルンガ。その後、柏は深夜に移籍を発表した中、2トップの一角としてオルンガは先発した。

2トップを組むのは、カタール代表FWアルモエズ・アリ。2019年のアジアカップで日本代表相手に決勝でもゴールを決めたカタール代表のエースだ。その他、ユベントスでもプレーしたモロッコ代表DFメディ・ベナティアらが先発した。

対戦するアル・サッドは、かつてバルセロナでプレーしたチャビ・エルナンデス監督率い、ビジャレアルやアーセナルで活躍したスペイン代表MFサンティ・カソルラやエースのアルジェリア代表FWバグダード・ブーンジャーらが出場した。

試合は6分、アルモエズ・アリがドリブルを仕掛けボックス内に侵入すると、相手に倒されPKを獲得。これをアルモエズ・アリが決めて、アル・ドゥハイルが先制する。

しかし14分に左サイドのスルーパス抜け出したブーンジャーが、DFにマークされながらもドリブルで突破すると、ボックス内で粘りを見せてシュート。これが決まり、アル・サッドが同点に追いつく。

1-1のタイスコアで前半を終えると、50分にはアル・サッドがラッキーな形で追加点。CKからのこぼれ球がライン際でギリギリ残ると、最後はブーンジャーが蹴り込み、勝ち越しに成功した。

さらに87分には、自陣からのスルーパスでカウンターを仕掛けると、パスを受けたブーンジャーが独走して冷静にゴール。ブーンジャーのハットトリックの活躍で、アル・サッドが勝利を収めた。

なお、フライング先発したオルンガは67分にピッチを後にしている。

アル・サッド 3-1 アル・ドゥハイル

0-1 06分:アルモエズ・アリ
1-1 14分:バグダード・ブーンジャー
2-1 50分:バグダード・ブーンジャー
3-1 87分:バグダード・ブーンジャー
コメント
関連ニュース
thumb

来月カタール開催のFIFAクラブワールドカップの対戦カード決定!

FIFAクラブワールドカップ(CWC)2020の組み合わせ抽選会が19日に行われ、対戦カードが決定した。 新型コロナウイルスの感染拡大の影響によって延期となっていたCWCだが、昨年11月に今年2月にカタールで開催されることが決定。ただ、コロナ禍によってオセアニア王者のオークランド・シティ(ニュージーランド)の参加辞退が決定し、現行の7チーム制から6チーム制への変更を余儀なくされた。 2回戦ではCONCACAFチャンピオンズリーグ(北中米カリブ海王者)のUANLティグレス(メキシコ)と、AFCチャンピオンズリーグ王者(アジア王者)の蔚山現代(韓国)が対戦。もう1カードは開催国王者であり、柏レイソルからケニア代表FWオルンガが加入したことで注目を集めるアル・ドゥハイル(カタール)が、CAFチャンピオンズリーグ王者(アフリカ王者)のアル・アハリ(エジプト)と対戦する。 また、チャンピオンズリーグ王者(欧州王者)のバイエルン(ドイツ)と、サントス(ブラジル)とパウメイラス(ブラジル)が今月30日に決勝を戦うコパ・リベルタ・ドーレス王者(南米王者)は準決勝からの参戦。 前者はアル・ドゥハイルvsアル・アハリの勝者と、後者はUANLティグレスvs蔚山現代の勝者と対戦することになる。 ★FIFAクラブワールドカップ2020 日程 ◆2回戦 ▽2/4(木) UANLティグレス vs 蔚山現代[Match 2] アル・ドゥハイル vs アル・アハリ[Match 3] ◆5位決定戦 ▽2/7(日) [Match 2]の敗者 vs [Match 3]の敗者[Match 4] ◆準決勝 ▽2/7(日) コパ・リベルタ・ドーレス王者 vs [Match 2]の勝者[Match 5] ▽2/8(月) [Match 3]の勝者 vs バイエルン[Match 6] ◆3位決定戦 ▽2/11(木) [Match 6]の敗者 vs [Match 5]の敗者 ◆決勝 ▽2/11(木) [Match 6]の勝者 vs [Match 5]の勝者 2021.01.20 02:20 Wed
twitterfacebook
thumb

電撃デビューから4日…アル・ドゥハイルが正式に元柏FWオルンガの加入を発表、3年契約を締結

カタールのアル・ドゥハイルは16日、ケニア代表FWマイケル・オルンガ(26)の加入を発表した。 オルンガは12日、カタールのアル・ドゥハイルへと完全移籍。柏からの移籍が発表されず、アル・ドゥハイルも加入を発表していない中、オルンガはいきなり試合のスターティングメンバーに名を連ねるという驚きの事態となり、残念な別れの形となっていた。 加入の発表がないままデビュー戦を戦ったオルンガだが、アル・ドゥハイルはようやく加入を発表。契約期間は3年間とのことだ。 オルンガは2018年8月にスペインのジローナから柏に加入。1年めは明治安田J1で10試合に出場し3得点を記録。しかし、チームはJ2に降格していた。 2年目となった2019シーズンは明治安田J2で大暴れ。30試合に出場し27得点を記録し、チームのJ2優勝に大きく貢献していた。 そして迎えた2020シーズンは、明治安田J1で32試合に出場し28得点を記録。柏の選手として初の得点王に輝くとともに、アフリカ出身選手として初めてJリーグの最優秀選手賞を受賞していた。 なお、アル・ドゥハイルはカタール・スターズリーグを戦っている他、2月に行われるクラブ・ワールドカップにも開催国王者として出場が決定。「オルンガも重要なメンバーになるだろう」とクラブも発表している。 2021.01.17 16:15 Sun
twitterfacebook
thumb

降格圏のパルマ、アル・ドゥハイルの元ユベントスDFベナティア獲得へオファー

かつてユベントスでプレーしていたモロッコ代表DFメディ・ベナティア(33)がセリエAに復帰する可能性があるようだ。 イタリア『スカイ』によると、ベナティアの獲得に動いているのはパルマとのこと。オファーをすでに出しているとのことだ。 ベナティアはマルセイユやロリアンなどフランスでキャリアを積み、2010年7月にウディネーゼへと移籍。その後、ローマバイエルンと渡り歩き、2016年7月にユベントスへ加入した。 2019年1月にはカタールのアル・ドゥハイルへと完全移籍。先日柏レイソルを退団したケニア代表FWオルンガと同僚になっていた。 報道によれば、ベナティアはこのオファーを受け入れることを検討しているとのこと。数日で回答するようだ。 ベナティアはアル・ドゥハイル加入後は公式戦43試合に出場し2ゴールを記録している。 セリエAではウディネーゼ、ローマ、ユベントスと3クラブで通算153試合に出場し14ゴール1アシストを記録。降格圏で苦しむパルマとしては、加入となれば大きな戦力をなりそうだ。 2021.01.16 22:57 Sat
twitterfacebook
thumb

スタメン発表で移籍が発覚したJリーグMVPのFWオルンガが改めて感謝のメッセージ

カタールのアル・ドゥハイルへ電撃移籍をしていた元柏レイソルのケニア代表FWオルンガが、改めて感謝の気持ちを述べた。 オルンガは12日、カタールのアル・ドゥハイルへと完全移籍。柏からの移籍が発表されず、アル・ドゥハイルも加入を発表していない中、オルンガはいきなり試合のスターティングメンバーに名を連ねるという驚きの事態となり、残念な別れの形となっていた。 そのオルンガは、自身のツイッター(@OgadaOlunga)を更新。柏へ改めて感謝の気持ちを述べている。 「柏レイソルファミリーのみなさん、2年半の応援に心から感謝しています」 「経営陣、チーム、サポーターのみなさんに心から感謝します。僕に示してくれた信頼と、サッカーのピッチで、みなさんを代表して戦う機会を与えてくれたことに感謝します」 「柏での日々を楽しみました。今後もよろしくお願いします」 オルンガは2018年8月にスペインのジローナから柏に加入。1年めは明治安田J1で10試合に出場し3得点を記録。しかし、チームはJ2に降格していた。 2年目となった2019シーズンは明治安田J2で大暴れ。30試合に出場し27得点を記録し、チームのJ2優勝に大きく貢献していた。 そして迎えた2020シーズンは、明治安田J1で32試合に出場し28得点を記録。柏の選手として初の得点王に輝くとともに、アフリカ出身選手として初めてJリーグの最優秀選手賞を受賞していた。 <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Thank you for everything <a href="https://twitter.com/REYSOL_Official?ref_src=twsrc%5Etfw">@REYSOL_Official</a> <a href="https://twitter.com/J_League_En?ref_src=twsrc%5Etfw">@J_League_En</a> <a href="https://t.co/jD8BmnMcj0">pic.twitter.com/jD8BmnMcj0</a></p>&mdash; MICHAEL OLUNGA (@OgadaOlunga) <a href="https://twitter.com/OgadaOlunga/status/1350121540508114946?ref_src=twsrc%5Etfw">January 15, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.01.16 11:42 Sat
twitterfacebook
thumb

JリーグMVP&得点王の柏FWオルンガがカタールのアル・ドゥハイルへ完全移籍

柏レイソルは12日、ケニア代表FWオルンガ(26)がカタールのアル・ドゥハイルSCへ完全移籍することを発表した。 オルンガは2018年8月にスペインのジローナから柏に加入。1年めは明治安田J1で10試合に出場し3得点を記録。しかし、チームはJ2に降格していた。 2年目となった2019シーズンは明治安田J2で大暴れ。30試合に出場し27得点を記録し、チームのJ2優勝に大きく貢献していた。 そして迎えた2020シーズンは、明治安田J1で32試合に出場し28得点を記録。柏の選手として初の得点王に輝くとともに、アフリカ出身選手として初めてJリーグの最優秀選手賞を受賞していた。 オルンガはクラブを通じてコメントしている。 「柏レイソルのファンの皆様、今までのサポートに対して、心から感謝したいと思います。レイソルという素晴らしいクラブで在籍した期間は本当に楽しく過ごすことができました。今後、このクラブがもっともっと発展できることを願い、これから迎える大会でも成果を挙げられるように応援しています。将来いつかまた、この美しいクラブでプレーできることを願っています。2021年シーズン、クラブの成功を祈っています。ありがとうございます!」 なお、12日に行われるアル・サッドとの試合ではいきなりスターティングメンバーに名を連ねている。背番号は「26」 2021.01.13 00:53 Wed
twitterfacebook