オサスナ、アトレティコ生え抜きのDFマヌエル・サンチェスをレンタルで獲得

2021.01.12 11:25 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
オサスナは11日、アトレティコ・マドリーのU-21スペイン代表DFマヌエル・サンチェス(20)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。

マヌエル・サンチェスは、アトレティコの下部組織で育った左サイドバック。これまでアトレティコのファーストチームでは7試合に出場し1アシストを記録していた。

今シーズンはラ・リーガで1試合に出場し、1アシストを記録していた。

また、2020年11月にはU-21スペイン代表としてデビュー。将来が期待されている選手の1人だ。

コメント
関連ニュース
thumb

2位マドリーが痛恨ドロー…攻撃陣振るわず、極寒パンプローナから勝ち点1を持ち帰るにとどまる《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第18節、オサスナvsレアル・マドリーが9日にエル・サダールで行われ、0-0のドローに終わった。 前節、好調セルタを相手にルーカス・バスケス、アセンシオの両翼コンビが揃って1ゴール1アシストの活躍をみせ、2-0の完勝を収めた2位のマドリー(勝ち点36)。首位のアトレティコ・マドリーを勝ち点2差で追う中、降格圏の19位オサスナ(勝ち点14)を相手に連勝を目指した。 セルタ戦からは先発2人を変更。ナチョに代えて体調不良から回復したセルヒオ・ラモス、出場停止のカルバハルに代えてアザールを起用し、バスケスがウイングからサイドバックにポジションを下げた。 スペイン全土を襲う寒波の影響により、ピッチの一部が凍結する劣悪なコンディションの中でスタートした一戦。アウェイのマドリーはピッチ状況を確かめながらの慎重な入りをみせ、なかなか攻撃のギアが上がっていかない。 前半半ば過ぎまで互いに決定機はおろかシュート自体が少ないクローズな展開が続く中、最初の決定機はオサスナに訪れる。30分、左CKの場面でキッカーのルベン・ガルシアがニアに入れたクロスをオイエルが頭で合わすが、これはGKクルトワが冷静にはじき出す。 その後もボールを保持するマドリー、鋭いロングカウンターを仕掛けるオサスナという構図の下、拮抗した状況が続く。前半のうちにゴールをこじ開けたいアウェイチームは左サイドを起点にモドリッチ、メンディらが幾度か相手ゴールに迫るが、決定機には至らなかった。 迎えた後半、立ち上がりの49分にボックス手前でバスケスからパスを受けたアセンシオが決定的なシュートを放つなど、良い入りを見せたマドリー。61分にはボックス左でクロースが折り返したボールをベンゼマがダイビングヘッドで合わせる。さらに、このこぼれ球を泥臭くゴールに流し込むが、ここはヘディングシュートの場面でオフサイドを取られた。 前半に比べて攻撃が活性化されたものの、ゴールまであと一歩という状況が続く中、ジダン監督は後半半ばを過ぎて交代カード3枚を切る。アセンシオ、アザール、モドリッチを下げてバルベルデ、マリアーノ、イスコを投入。この交代で並びを[4-3-1-2]の形に変更した。 だが、この交代も流れを引き寄せる一手とはならず、決定機を作れないまま試合は最終盤に突入。切り札セルヒオ・ラモスを前線に上げて力業でゴールをこじ開けにかかるが、89分にクロース、ベンゼマ、セルヒオ・ラモスの3選手の連携でゴールネットを揺らしたプレーは再びオフサイドの判定で認められず。 逆に、試合終了間際には前がかりなところを相手に引っくり返されかけるが、最後の場面ではきっちり身体を張ってゴールは許さず。そして、試合はこのまま0-0でタイムアップ。 劣悪なピッチコンディションの影響もあり、極寒のパンプローナから勝ち点1を持ち帰るにとどまったマドリーは、首位のアトレティコにプレッシャーをかけることはできなかった。 2021.01.10 06:59 Sun
twitterfacebook
thumb

ビジャレアルがエース&2人の若武者躍動で5戦ぶりの白星! 久保は今季公式戦初の出場機会なし…《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第14節、オサスナvsビジャレアルが19日にエル・サダールで行われ、アウェイのビジャレアルが1-3で勝利した。なお、ビジャレアルMF久保建英はベンチ入りも今季の公式戦で初めて出場機会はなかった。 直近4試合連続ドローと足踏みが続く4位のビジャレアル(勝ち点22)は、最下位オサスナ(勝ち点11)とのアウェイゲームで5戦ぶりの白星を目指した。前節のベティス戦からは先発2人を変更し、イボーラが長期離脱となったアンカーに本職センターバックのフォイスを置き、久保に代わってジェレミ・ピノを起用した。 互いに勝ち切れない試合が続いていることもあり、慎重な戦いが予想されたが、思わぬワンサイドゲームとなった。開始7分、ビジャレアルはパウ・トーレスの持ち上がりで局面を変えてフェル・ニーニョを経由したボールがペナルティアーク付近のトリゲロスに渡る。ここでジェラール・モレノの動き出しに合わせた絶妙なスルーパスが通ると、ゴール左角度のないところからジェラール・モレノの左足のチップキックがゴールネットに吸い込まれた。 早い時間帯の先制点で勢いづくアウェイチームは売り出し中の若手アタッカーコンビが魅せる。まずは19分、前線で相手DFアリダネと入れ替わってゴール前に抜け出しかけたフェル・ニーニョが後ろから抱え倒されると、決定機阻止との判定でアリダネにレッドカードが掲示されて数的優位を手にする。 続く29分には左サイドで果敢に仕掛けたジェレミ・ピノからの絶妙な斜めのスルーパスに飛び出したフェル・ニーニョが冷静にGKとの一対一を制し、嬉しいプリメーラ初ゴールを挙げた。 18歳のジェレミ・ピノ、20歳のフェル・ニーニョの躍動によって余裕の試合運びが可能となったビジャレアルは以降も相手を押し込み続ける形で危なげなく前半を終えた。 さらに、迎えた後半、過密日程を考慮してエストゥピニャン、フォイスを下げてハーフタイム明けにハウメ・コスタ、モイ・ゴメスを投入したビジャレアルは、立ち上がりから決定機を創出。モイ・ゴメスやジェラール・モレノが際どいシュートで3点目に迫る。 追加点こそ奪えないものの危なげない試合運びを見せるビジャレアルだったが、ひとつのプレーをキッカケに流れを失うことに。70分、自陣ボックス内の競り合いでジェレミ・ピノのヒジが相手の顔面に当たってしまいPKを献上。これをロベルト・トーレスに決められて点差を縮められる。 点差を縮められるも未だ1点のリードと数的優位があるアウェイチームだが、直近の連続ドローの影響か、ここから相手に押し込まれる難しい状況を強いられる。 この流れを変えたいエメリ監督はジェレミ・ピノ、フェル・ニーニョに代えてチュクウェゼ、ペーニャを続けてピッチに送り込むと、この交代が3点目をもたらす。86分、左サイドに抜け出したペーニャが右足アウトサイドで折り返しを入れると、ゴール前に走りこんだジェラール・モレノがスライディングしながら利き足とは逆の見事な右足のハーフボレーで合わせた。 その後、最後の交代カードにセンターフォワードのミジャンを投入し、逃げ切りを図ったビジャレアルは今度こそ相手の攻撃をきっちり封じてこのまま3-1で試合をクローズ。 頼れるエースに加え、2人の若武者の活躍が光ったビジャレアルは、最下位相手の順当な勝利で5戦ぶりの白星を手にした。 2020.12.20 04:32 Sun
twitterfacebook
thumb

メッシが英雄マラドーナに捧ぐゴラッソ! グリーズマン1G1Aなど攻撃陣爆発のバルサが2戦ぶり白星!《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第11節、バルセロナvsオサスナが29日にカンプ・ノウで行われ、ホームのバルセロナが4-0で快勝した。   前節、アトレティコ・マドリーに0-1のスコア以上の完敗となった13位のバルセロナは、同試合でDFピケとDFセルジ・ロベルトを負傷で失い、さらなる苦境に立たされている。それでも、直近のチャンピオンズリーグ(CL)ではディナモ・キエフを相手にFWメッシら複数の主力を温存した中、伏兵FWブラースヴァイトの2ゴールの活躍などで4-0の快勝。グループステージ4連勝で決勝トーナメント進出を決めた。   リーグ2戦ぶりの白星を目指す14位のオサスナとのホームゲームではアトレティコ戦から先発4人を変更。負傷のピケに代わってプリメーラデビューの21歳DFミンゲサが起用されたほか、セルジ・ロベルト、ピャニッチ、デンベレに代わってデスト、コウチーニョ、ブラースヴァイトが起用された。   クラブのレジェンドであるディエゴ・マラドーナ氏を悼む厳かなムードでスタートした一戦。[5-3-2]の守備的な布陣に変更したアウェイチームに対して、バルセロナが積極的な入りを見せる。   この試合、ブラースヴァイトを最前線に置き、グリーズマンをセカンドトップに配した[4-2-3-1]の変則的な布陣で臨んだバルセロナは、その2トップがスペースとギャップへのランニングを繰り返して相手守備に揺さぶりをかける。11分にはメッシのスルーパスに抜け出したグリーズマンがボックス右ライン際でボールを残してGKを引き付け、中央でフリーのコウチーニョに繋ぐ。コウチーニョはすかさず右足を振り抜くが、ここは相手DFのゴールライン上のスーパークリアに阻まれる。   その後、相手に負傷者が出た中、相手陣内で押し込む時間が続くホームチームはコウチーニョやグリーズマンが際どいシュートを浴びせていく。そして29分、メッシの斜めのスルーパスに抜け出したジョルディ・アルバがボックス左で折り返したボールをゴール前のコウチーニョがシュート。   これはGKに弾かれるが、こぼれ球に詰めたブラースヴァイトが泥臭く身体に当てた浮き球のボールがネットへ向かう。これに反応したメッシが母国の英雄にして恩師マラドーナの代名詞である“神の手ゴール”のオマージュのような形でプレーに関与を試みるが、ボールに触れることはなく、ブラースヴァイトの公式戦2試合連発となる今季リーグ初ゴールが生まれた。   前半のうちにゴールをこじ開けたバルセロナは畳みかける攻めで2点目を奪う。42分、ボックス付近でメッシを起点に細かくボールを動かし、再び左サイド深くに侵攻したアルバが浮き球のクロス。これを相手DFが頭でクリアしたところに反応したグリーズマンが左足を一閃。弾丸ボレーシュートがゴールネットに突き刺さった。   グリーズマンのスーペルゴラッソにより、2点差を付けて試合を折り返したバルセロナはペドリに代えて負傷明けのブスケッツを投入。後半も立ち上がりから主導権を握ると、57分にはグリーズマン、ブラースヴァイトの身体を張ったプレーからボックス左のグリーズマンに相手のクリアが渡る。そして、すかさず折り返したボールをゴール前のコウチーニョがワンタッチで流し込んだ。   この3点目で勝利を大きく引き寄せた中、クーマン監督は61分にデスト、ブラースヴァイト、コウチーニョに代えてトリンコン、デンベレ、ジュニオール・フィルポを同時投入。だが、直後の63分には相手との接触プレーで右足首を痛めたラングレがプレー続行不可能となり、アレーニャが緊急投入される。   センターバックの新たな負傷者にややバタついて相手に押し返される場面もあったが、70分にはメッシの中央突破からこぼれ球を回収したトリンコンのスルーパスに抜け出したデンベレが冷静にネットを揺らす。だが、ここはVARのレビューの結果、トリンコンの戻りオフサイドを取られてゴールは認められない。   それでも、73分にはこの試合で最もゴールを渇望していたバルセロナの背番号10にゴールが生まれる。ペナルティアーク付近でトリンコンからパスを受けたメッシは左にドリブルで運びながらシュートコースが空いた瞬間に左足を一閃。強烈なシュートがゴール右隅の完璧なコースに決まった。   そして、メッシはゴール直後にユニフォームを脱ぎ、事前に着用していた自身とマラドーナ氏の古巣であるニューウェルズ・オールドボーイズの背番号10のユニフォーム姿で天国へ旅立った英雄へゴールを捧げた。   メッシの4点目で相手の心を完全に折ったバルセロナはその後危なげなく試合を締めくくり4-0の大勝。マラドーナ氏に捧げる快勝でリーグ2戦ぶりの白星を手にした。 2020.11.29 23:58 Sun
twitterfacebook
thumb

途中出場で岡崎復帰も未勝利続くウエスカは7引き分け目《ラ・リーガ》

ウエスカは20日、ラ・リーガ第10節でオサスナとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。ウエスカのFW岡崎慎司は75分から出場している。 代表ウィーク前に行われた前節エイバル戦を1-1で引き分け、6分け3敗と未勝利が続く最下位ウエスカ(勝ち点6)は、10月3日のエルチェ戦で左足太ももを痛めてリーグ戦4試合を欠場していた岡崎がベンチ入りした。 13位オサスナ(勝ち点10)に対し、ウエスカが開始5分に先制する。サンドロ・ラミレスのパスでボックス右に抜け出したラファ・ミルが鋭いクロスを送ると、GKが弾いたルーズボールをサンドロ・ラミレスが押し込んだ。 15分にもフェレイロがGK強襲のシュートを浴びせたウエスカがオサスナを攻守で上回る時間が続くと、37分にもラファ・ミルがGK強襲のシュートを放ち、ウエスカが1点をリードして前半を終えた。 迎えた後半立ち上がり、CKから決定的なヘディングシュートを許したウエスカは守勢の入りとなると、51分にもブディミルにGK強襲の決定的なシュートを許してしまう。 そして68分、同点とされてしまう。CKの流れからダビド・ガルシアにヘディングシュートを決められた。 追い付かれたウエスカは75分、サンドロ・ラミレスに代えて岡崎を最前線に投入。前線からハイプレスをかける岡崎に牽引されたウエスカが終盤にかけて流れを引き寄せるも、勝ち越しゴールを奪うには至らず1-1で終了。未勝利が続くウエスカは7引き分け目となった。 2020.11.21 06:50 Sat
twitterfacebook
thumb

フェリックス2発&トレイラの移籍後初弾でアトレティコがリーグ戦3連勝!《ラ・リーガ》

アトレティコ・マドリーは10月31日、ラ・リーガ第8節でオサスナと対戦し、3-1で勝利した。 ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループA第2節のザルツブルク戦を打ち合いの末に勝利したアトレティコは、その試合から先発を3人変更。スアレスやフェリペ、ロージに代えてビトロ、ホセ・ヒメネス、エルモソを起用した。 3試合無敗中のオサスナに対し、フェリックスとコレアを2トップに並べた[4-4-2]で試合に臨んだアトレティコは、開始早々のにピンチを迎える。2分、素早いリスタートから左サイドでパスを受けたホニーのクロスをゴール前フリーのガジェゴがヘディングシュート。しかし、これは枠の上に外れて難を逃れた。 その後は膠着状態が続く中、アトレティコは25分に決定機。コケのロングパスに反応したコレアがボックス左でボールを収めると、相手GKを引きつけ中央へのラストパス。駆け上がったフェリックスが右足で合わせようとしたが、これはうまく当てられず、シュートは右に逸れていった。 先制のチャンスを逃したアトレティコだったが41分、フェリックスのパスを左サイドで受けたビトロがドリブルで切り込むと、ボックス左深くでロンカーリアに倒されてPKを獲得。このPKをフェリックスがゴール左隅に決めた。 1点リードで前半を終えたアトレティコは、後半開始早々にもチャンスを迎える。46分、コケのパスをボックス左で受けたコレアがトラップした際の浮き球をオイエルが手でブロックすると、VARの末にPKを獲得。しかし、フェリックスのPKは左ポストを直撃。さらにこぼれ球にコレアが反応したが、シュートは枠に上に外れた。 後半の主導権を握ったアトレティコは、49分にもコレアが右ポスト直撃のミドルシュートでオサスナゴールを脅かすと、55分にもコケのスルーパスに抜け出したコレアが決定機を迎えたが、シュートはGKセルヒオ・エレーラの好セーブ防がれた。 再三の決定機を活かせないアトレティコだったが、69分に待望の追加点が生まれる。GKオブラクのロングフィードを中盤のM・ジョレンテ頭で繋ぐと、これを受けたコレアが右サイドを突破。相手DFを引きつけ中央へパスを送ると、これに反応したフェリックスがペナルティアーク内から強烈なシュートをゴール右に突き刺した。 その後、80分にブディミルのゴールで1点を返されたアトレティコは、85分にフェリックスを下げてトレイラ、87分にコレアを下げてレルマを投入。すると88分、バイタルエリア右でボールを受けたトリッピアーのクロスをボックス右に駆け上がったトレイラが収めると、素早く右足を振り抜きニアサイドにシュートを突き刺した。 結局、試合はそのまま3-1でタイムアップ。オサスナに完勝したアトレティコが、リーグ戦3連勝を飾っている。 2020.11.01 04:32 Sun
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly