群馬が4選手と契約更新 背番号10の青木翔大「全力でチームの勝利の為に」

2021.01.05 18:25 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ザスパクサツ群馬は5日、DF川上優樹(23)、DF小島雅也(23)、MF金城ジャスティン俊樹(23)、FW青木翔大(30)との契約更新を発表した。

川上は2020年に明治大学から入団。明治安田生命J2リーグ17試合1得点を記録した。

小島はベガルタ仙台、FC町田ゼルビア、ツエーゲン金沢を経て、2020年に加入。30試合1得点だった。

金城は2018年夏にデュッセルドルフ(ドイツ)から加入。13試合に出場して1得点を挙げた。

青木は横浜FC、AC長野パルセイロ、FC琉球、アスルクラロ沼津を経て、2019年入団。33試合/2得点をマークした。

4選手は契約更新を受け、クラブを通じて次のようにコメントしている。

川上優樹
「昨シーズンも応援ありがとうございました。今年もこのチームで戦えることを嬉しく思います。去年より厳しい戦いになると思いますがファン・サポーターの皆さん、共に戦いましょう!」

小島雅也
「あけましておめでとうございます。今シーズンもザスパクサツ群馬でプレーさせて頂くことになりました。昨シーズンは苦しい時もありましたが、皆さまの心強い後押しがあって1年間戦い抜くことが出来ました。本当にありがとうございました。今シーズンは昨シーズンの結果を上回れるように、まずはしっかり怪我を治してチームに貢献できるように頑張ります。今シーズンも応援よろしくお願いいたします!」

金城ジャスティン俊樹
「あけましておめでとうございます。昨年は大変な状況の中、皆さんの支えがあったお陰で無事シーズンを終えることができました。ありがとうございました。今年もザスパクサツ群馬でプレーします。群馬の皆さんに見せなきゃいけないプレーがまだまだたくさん残っています。個人的にもチーム全体としてももう一つ上のレベルに行けるように、走って闘います。今年も一つになって闘いましょう!」

青木翔大
「昨シーズンはコロナ禍で大変な中、ザスパクサツ群馬をご支援頂いたスポンサー企業様、ファン、サポーターの皆さん、本当にありがとうございます。また、医療従事者の方々や、たくさんの方の支えがあり、サッカーが出来る事に感謝致します。2021年もザスパクサツ群馬でプレーさせて頂きます。今シーズンは高い志と強い覚悟を持って、全力でチームの勝利の為に戦いたいと思います。引き続き熱いご声援、ご支援よろしくお願い致します」

関連ニュース
thumb

横浜FCの守護神が接触で落下し意識不明、ピッチに救急車で緊急搬送も長崎下して首位に迫る…残留争う群馬は高井がハットの山口に大量6失点【明治安田J2第38節】

24日、明治安田生命J2リーグ第38節の4試合が行われた。 首位アルビレックス新潟を3ポイント差で追う2位横浜FCは、8位V・ファーレン長崎とアウェイで対戦した。 最初にゴールに迫ったのはホームの長崎。左サイドを突破したクレイソンがボックス内に切れ込み、中央へ折り返す。これを受けた奥田が右足のシュートを放つも、相手GKが好セーブ。 逆にこのこぼれ球を横浜FCのバックラインが繋ぎ、山根が自陣から左サイドの裏のスペースへとスルーパスを供給。抜け出したマルセロ・ヒアンが抜群のスピードで相手DFをちぎり、相手GKとの一対一を破って先制点を奪った。 横浜FCが1点をリードした状況のまま、ハーフタイムを迎えるかに思われた前半アディショナルタイムにアクシデント。相手のクロスボールを処理しようとした横浜FCの守護神・ブローダーセンと、長崎の米田が空中で激突し、両者がピッチに倒れ込んだ。 落下し、意識を失ったブローダーセンはその後も意識を取り戻す様子のないまま、ピッチ内に救急車が入ることに。そのまま病院へと救急搬送。米田はしばらくして立ち上がったが、ハーフタイムで交代となった。 治療のために15分にもわたった前半アディショナルタイムが終わり、ハーフタイムをはさんで試合は再開。後半に入って最初にゴールに迫ったのは横浜FCだった。49分、敵陣右サイドで速攻を仕掛けるも、相手DFがクリア。しかし、このボールを敵陣中央で拾った長谷川がボックス手前まで持ち込み、左足の強烈なミドルシュートを放つと、ゴール右に決まった。 2点ビハインドとなった長崎は57分、大竹の右サイドからのクロスをがエジガル・ジュニオが頭で落とし、最後はゴール前の奥田。至近距離から右足のシュートを放つも、相手GKのセーブによって阻まれる。 その後も攻勢を敷く長崎だが、横浜FCの堅い守備を相手にゴールは奪えず。0-2のまま試合終了を迎え、アウェイで3ポイントを積み上げた横浜FCが勝ち点で首位に並んだ。 また、14位のレノファ山口は20位ザスパクサツ群馬とアウェイで対戦。残留へ向けて負けられないホームチームを相手に攻撃力を見せつけた。 立ち上がり13分、山口にサイド攻撃からチャンスが訪れる。中盤での細かいパス回しから右サイド浅い位置の吉岡にボールが渡ると、アーリークロスを供給。これをボックス内の梅木が頭で落として、最後はゴール前の池上が押し込んだ。 先制に成功したアウェイチームには23分にも得点を奪う。敵陣中央の池上からのスルーパスでボックス右に抜け出した吉岡が右足でシュート。これが一度は相手GKに阻まれるも、こぼれ球を梅木が詰め、2点リードとする。 前半に2ゴールを奪った山口は試合を折り返しても止まらない。61分、敵陣左サイド浅い位置でパスを回し、前が右足で鋭いボールを供給。これに高井がバイシクルシュートで合わせてゴール右に決めた。 ビューティフルゴールで3点目を奪った高井はここから爆発する。73分に左サイドの橋本のクロスにオーバーヘッド気味に合わせて2点目を奪うと、78分にも再び橋本のグラウンダーの折り返しを右足で流しこんでで3点目を記録。後半だけでハットトリックを達成する離れ業をやってのけた。 5点をリードした山口は89分に群馬の平松に1点を返されるも、後半アディショナルタイムに岸田がダメ押しの6点目を決めて再び5点差に。試合は1-6のままタイムアップを迎え、アウェイで大勝を挙げた。 その他、13位東京ヴェルディは7位のモンテディオ山形をホームに迎え、天候不良による1時間半におよぶ試合中断がありながらも、1-0で勝利。6位大分トリニータは2-1で16位ヴァンフォーレ甲府を下して、昇格プレーオフ圏内をキープした。 ◆明治安田生命J2リーグ第38節 ▽9/24(土) ザスパクサツ群馬 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">6 レノファ山口FC</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">東京ヴェルディ 1</span>-0 モンテディオ山形 V・ファーレン長崎 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 横浜FC</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">大分トリニータ 2</span>-1 ヴァンフォーレ甲府 ▽9/25(日) ファジアーノ岡山 vs ベガルタ仙台 いわてグルージャ盛岡 vs ツエーゲン金沢 ブラウブリッツ秋田 vs FC町田ゼルビア アルビレックス新潟 vs 大宮アルディージャ 徳島ヴォルティス vs 水戸ホーリーホック <span class="paragraph-title">【写真】仲間たちが勝利を緊急搬送のブローダーセンに届ける</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">Get well soon BRODERSEN<a href="https://twitter.com/yokohama_fc?ref_src=twsrc%5Etfw">@yokohama_fc</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%EF%BC%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Jリーグ</a> <a href="https://t.co/Tuo7X1VLqg">pic.twitter.com/Tuo7X1VLqg</a></p>&mdash; Jリーグ(日本プロサッカーリーグ) (@J_League) <a href="https://twitter.com/J_League/status/1573657248110301184?ref_src=twsrc%5Etfw">September 24, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.24 22:23 Sat
twitterfacebook
thumb

群馬、トップチーム選手1名の新型コロナ陽性を発表…濃厚接触疑い者はなし

ザスパクサツ群馬は16日、トップチームの選手1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、当該選手は本日16日の朝に抗原定性検査を実施したところ陽性判定に。その後、改めて実施したPCR検査でも陽性になったとのことだ。当該選手は現在適切な対策のもと、療養しているという。 なお、チーム内に濃厚接触疑い者はいないとのこと。本日16日のトレーニング実施前に全選手、スタッフを対象に抗原定性検査を行い、陰性が確認された人物のみでチーム活動を続けると報告している。 2022.09.16 18:21 Fri
twitterfacebook
thumb

新潟が途中出場・三戸舜介の決勝弾で首位キープ! 横浜FCはチアゴ・アウベスにやられ山形に痛恨の敗戦…下位は岩手が降格圏に逆戻り【明治安田J2第35節】

14日、明治安田生命J2リーグ第35節の全試合が行われた。 首位と勝ち点で並ぶ2位の横浜FC(勝ち点68)はアウェイで8位のモンテディオ山形(勝ち点49)と対戦した。 前節は引き分け、首位陥落した横浜FC。なんとしても勝利したい一戦だったがホームの山形が主導権を握っていく。 互いに譲らないまま時計は進んだが42分、ボックス手前で河合秀人のパスを受けた半田陸がスルーパス。これを走り込んだ加藤大樹が蹴り込むが、わずかに飛び出ていてオフサイド。横浜FCは命拾いする。 ゴールレスで迎えた後半は横浜FCも反撃。49分、長谷川竜也のスルーパスに反応した近藤友喜がボックス内でGKと一対一に。シュートを放ったが、GK後藤雅明がビッグセーブを見せる。 すると74分、右サイドでボールを拾ったチアゴ・アウベスがドリブルを仕掛けてクロス。これをニアサイドで藤田息吹がヘッドも、枠を捉えられない。 それでも79分、横浜FCは敵陣でのスローインからボールを失うと山形はカウンター。藤田が自陣から浮き球のパスを出すと、DFの上を越えたパスを受けたチアゴ・アウベスが冷静に決めて先制する。 さらに83分、細かいパスワークから抜け出たデラトーレがボックス内右からグラウンダーのパス。ボックス中央でチアゴ・アウベスが反転シュートを放ちゴール。横浜FCはゴールを目指すが1点が遠く、2-0で山形が勝利を収めた。 首位のアルビレックス新潟(勝ち点68)はアウェイで14位のヴァンフォーレ甲府(勝ち点42)と対戦した。 前節首位に浮上した新潟。今節はその首位を守るべくアウェイの地に乗り込んだ。 序盤は甲府がペースを握っていた中、18分に新潟が一瞬の隙を突くことに。松田詠太郎がパスをカットすると伊藤涼太郎が左サイドの敵陣中央から縦パス。これを受けた小見洋太がドリブルを仕掛け、角度のないところからゴールを射抜いて先制する。 アウェイの地で先制した新潟。しかし、先制後はホームの甲府がもり返し押し込んでいく。しかし、甲府は決め切れずに前半を終える。 迎えた後半は一進一退の攻防に。すると64分、谷口海斗が高い位置でボール奪うと、高木善朗へ。その高木が絶妙なスルーパスを送ると、途中出場の三戸舜介が走り込んで受けて決め切り、貴重な追加点を奪う。 甲府を尻目に効果的に得点を重ねた新潟。しかしその甲府は、途中投入のウィリアン・リラがゴールへと迫るが、2度の決定機を生かせず。それでも、81分にウィリアン・リラがこぼれ球を拾って浮き球のシュートでゴール。終盤に1点を返す。 ここから押し込みゴールに迫っていくが、なかなかこじ開けられず。それでもアディショナルタイム4分には左からイゴールのクロスをウィリアン・リラがヘッド。シュートはゴール右に飛ぶが、GK小島亨介が横っ飛びセーブで防ぎ得点を許さない。 プレーオフ圏の4チームも今節は明暗分かれることに。3位のファジアーノ岡山(勝ち点63)はアウェイで11位の徳島ヴォルティス(勝ち点48)と対戦。Jリーグ最多の引き分け「22」に迫る徳島との試合だったが、ホームの徳島が藤尾翔太のゴールで1-0で勝利。岡山は痛恨の敗戦となった。 4位のロアッソ熊本(勝ち点57)は9位のFC町田ゼルビア(勝ち点49)と対戦し0-0のドロー。6位の大分トリニータ(勝ち点55)は19位の大宮アルディージャ(勝ち点34)と対戦し、2-2のドローに終わった。 また、5位のベガルタ仙台(勝ち点55)はアウェイで15位の栃木SC(勝ち点40)と対戦。中山仁斗のゴールを守り抜き、伊藤彰新監督にとっての初勝利となった。 なお、降格圏の直接対決となった21位のザスパクサツ群馬(勝ち点32)と22位のFC琉球(勝ち点29)の直接対決は0-0のドロー。ただ、20位のいわてグルージャ盛岡(勝ち点33)が10位ジェフユナイテッド千葉(勝ち点49)1に1-2で敗れており、群馬と入れ替わり岩手が降格圏に沈んだ。 ◆明治安田生命J2リーグ第35節 ▽9/14(水) いわてグルージャ盛岡 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 ジェフユナイテッド千葉</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">モンテディオ山形 2</span>-0 横浜FC 水戸ホーリーホック 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 V・ファーレン長崎</span> 栃木SC 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 ベガルタ仙台</span> ザスパクサツ群馬 0-0 FC琉球 大宮アルディージャ 2-2 大分トリニータ 東京ヴェルディ 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 ブラウブリッツ秋田</span> レノファ山口FC 1-1 ツエーゲン金沢 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">徳島ヴォルティス 1</span>-0 ファジアーノ岡山 ロアッソ熊本 0-0 FC町田ゼルビア ヴァンフォーレ甲府 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 アルビレックス新潟</span> 2022.09.14 21:42 Wed
twitterfacebook
thumb

新潟が引き分けに終わった横浜FCを抜いて首位浮上、残留争いは快勝の大宮、土壇場勝利の岩手が浮上で群馬が降格圏転落【明治安田J2第35節】

10日、明治安田生命J2リーグ第35節の11試合が行われた。 首位の横浜FC(勝ち点67)は15位の栃木SC(勝ち点39)と対戦し、0-0のゴールレスドローに終わった。 前節のレノファ山口FC戦は2点差を追いつかれるというまさかの引き分けに終わった中、この試合は5バックを形成。ポゼッションしながら栃木に対して攻め込んでいく。 しかし、栃木のハードワークの前に苦戦。逆にボールを奪うプレスをかけた栃木が何度か決定機を作っていくがゴールは生まれない。 14分には相手CKからカウンターを仕掛けた横浜FCは、中村拓海のパスに伊藤翔が合わせにいくが、届かずゴールを奪えない。 その後も攻め込む一方で、栃木の集中した粘りの守備の前にゴールを奪えず。時間ばかりが経過する中、82分には途中出場の山下諒也のシュートがクロスバーに嫌われゴールならず。0-0で引き分けに終わった。 勝てば首位に浮上できる2位のアルビレックス新潟(勝ち点65)は、最下位のFC琉球(勝ち点29)と対戦した。 “声出し応援”が再開した新潟。およそ3年ぶりのチャントが戻ってきた中、前半は新潟ペースで試合が進む。 立ち上がりこそ落ち着かなかったが、徐々にペースを握ると何本もシュートを浴びせるが、ゴールには繋がらない。 ゴールレスで前半を終えた中、55分に動きが。渡邊泰基のロングスローから最後は高木善朗が蹴り込み、新潟が先制する。 残留のために負けられない琉球は、途中出場のサダム・スレイが活性化。しかしゴールを奪えないでいると、75分に伊藤涼太郎のパスから高木が追加点。さらに85分には途中出場のアレクサンドレ・ゲデスが加入後初ゴールを決めて3-0で勝利。首位に浮上した。 その他、上位では3位のファジアーノ岡山(勝ち点60)、5位のロアッソ熊本(勝ち点54)、6位の大分トリニータ(勝ち点52)が揃って勝利。一方で、監督交代に踏み切った4位のベガルタ仙台(勝ち点55)は大分との昇格争い直接対決で1-0と敗れ、5位に転落した。 また、残留争いも白熱。降格圏の21位・いわてグルージャ盛岡(勝ち点30)は、11位の水戸ホーリーホック(勝ち点46)と対戦。互いに譲らない展開となる中、お互いに決定力を欠いて引き分けに終わるかと思われた。 しかし91分、中村太亮のクロスに宮市剛が飛び込んでゴール。土壇場で6試合ぶりに勝ち点3を獲得し、降格圏を脱出した。 20位の大宮アルディージャ(勝ち点31)は13位のヴァンフォーレ甲府(勝ち点42)と対戦。甲府はクラブ史上初の天皇杯ベスト4入りを果たした一方で、中2日という過密日程での戦いとなった。 するとコンディション的に有利な大宮が立ち上がりに攻め込む。まずは5分、矢島慎也のアウトサイドのスルーパスをボックス内右で富山貴光がダイレクトシュート。これが決まり、大宮が先制する。 さらに25分にも大宮。相手陣内でボールを奪った柴山昌也がスルーパス。これに反応した富山が完全にフリーとなり、GKとの一対一を決め切り追加点を奪った。 その後はゴールがなかなか生まれなかったが、85分にはボックス付近で得たFKから大山啓輔がクロス。これを袴田裕太郎がヘッドで合わせて3点目を奪い、0-3で快勝した。 岩手、大宮が勝った中、19位のザスパクサツ群馬(勝ち点31)は14位の東京ヴェルディ(勝ち点41)と対戦し、1-1のドロー。新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性者が多く出ている中、控えにGKがいないという異例のメンバー構成に。それでも54分に川本梨誉のゴールで先制するも、58分に東京Vが森田晃樹のゴールですぐさま同点に追いつく。その後は互いにゴールを奪えず、引き分けに終わって降格圏に転落した。 ◆明治安田生命J2リーグ第35節 ▽9/10(土) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">いわてグルージャ盛岡 1</span>-0 水戸ホーリーホック <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ジェフユナイテッド千葉 1</span>-0 ツエーゲン金沢 東京ヴェルディ 1-1 ザスパクサツ群馬 FC町田ゼルビア 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 レノファ山口FC</span> 横浜FC 0-0 栃木SC ヴァンフォーレ甲府 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 大宮アルディージャ</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">アルビレックス新潟 3</span>-0 FC琉球 ブラウブリッツ秋田 0-0 徳島ヴォルティス <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ファジアーノ岡山 2</span>-1 モンテディオ山形 V・ファーレン長崎 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 ロアッソ熊本</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">大分トリニータ 1</span>-0 ベガルタ仙台 2022.09.10 22:25 Sat
twitterfacebook
thumb

群馬のトップチームスタッフ1名が新型コロナ陽性…今週に入り合計10名

ザスパクサツ群馬は9日、トップチームのスタッフ1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、当該スタッフは6日のPCR検査で陰性、7日の抗原定性検査でも陰性が確認されていた。 しかし、8日の起床後に発熱。PCR検査で陽性となった。 なお、チーム内に濃厚接触疑い者はいないとのこと。体調不良者もいないという。 群馬ではこのところ陽性者が相次いでおり、5日に選手2名、7日に選手5名、8日に選手1名とスタッフ1名が陽性と発表されていた。 10日には東京ヴェルディ戦を控えているが、現時点では予定通り開催されるとのことだ。 2022.09.09 09:43 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly