東京Vから群馬にレンタル中のFW林陵平が今季限りで現役引退…「自分の持てる力は全て出し、やりきりました」

2020.11.19 17:26 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎TOKYO VERDY
東京ヴェルディは19日、ザスパクサツ群馬に期限付き移籍中のFW林陵平(34)が今シーズン限りで現役を引退することを発表した。東京V下部組織出身の林は明治大学を経て、2009年に東京Vに加入。その後、柏レイソルやモンテディオ山形、水戸ホーリーホックを渡り歩き、2018年に東京Vへ帰還した。

復帰1年目は明治安田生命J2リーグで28試合7ゴールを記録し、クラブのJ1参入プレーオフ決定戦進出に貢献。しかし、昨シーズンはシーズン半ばからFC町田ゼルビアへ期限付き移籍し、今シーズンはレンタル先を群馬に変えていた。なお、群馬では今季ここまで28試合出場もノーゴールだった。

ここまでのキャリアを通じては柏時代にJ2リーグ、J1リーグの優勝を経験。11月19日時点でのリーグ戦通算成績は292試合65得点(J1では36試合3得点)となっている。

今季限りでスパイクを脱ぐ決断をした林は、東京Vと群馬の公式サイトを通じて以下のようなコメントを残している。

「私、林陵平は2020シーズンをもちましてスパイクを脱ぐことに決めました。厳しいプロの世界でサッカー選手として12年間、嬉しい事も苦しい事もありましたが、どんな状況下でも信念を持ち、サッカーのために全てを捧げてきたことは私の誇りです。充実感に満ち溢れた、幸せで夢のような現役生活でした。自分の持てる力は全て出し、やりきりました。後悔はありません」

「東京ヴェルディ 、柏レイソル、モンテディオ山形、水戸ホーリーホック、FC町田ゼルビア、ザスパクサツ群馬と沢山の素晴らしいクラブでお世話になりました。各チームで共に戦ったチームメイト、スタッフ、チーム関係者、スポンサー、ファン・サポーターの全ての皆様に深く感謝いたします」

「また、プロサッカー選手になるまでにお世話になりました清水北FC、ヴェルディアカデミー、明治大学体育会サッカー部と私のサッカー人生に関わって下さった全ての方にもこの場を借りて感謝を伝えたいです」

「小さい頃からの夢を実現するために支え、応援してくれた両親、兄、自分の意見を尊重し常に隣でサポートしてくれた妻、娘達には感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとう」

「今後につきましてはまだ何も決まっていませんが、サッカーが大好きなので、今後もサッカー界に恩返し出来るようどんな形でも携わっていきたいです」

「最後に、ファン・サポーターの熱い声援が常に私を奮い立たせ、支えてくれました。勝利の瞬間、ゴールを決め共に歓喜した瞬間を忘れる事はありません。本当にありがとうございました!残り8試合も持てる力を全て出して戦います。最後まで応援よろしくお願いします」
コメント
関連ニュース
thumb

J1昇格の徳島、政府の入国制限により監督が始動日に間に合わず「様々な手段を使いながら動いています」

徳島ヴォルティスは15日、新指揮官のダニエル・ポヤトス監督がチーム始動時に不在となることを発表した。 日本政府は新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて、外国人の新規入国を制限していた。 徳島は「政府の方針に基づき、スポーツ庁よりJリーグを通じて、緊急事態宣言下における外国人プロスポーツ選手等の入国について、出国元の国・地域を問わず新規入国が認められないとの連絡ありました。そのためスペイン在住のダニエル・ポヤトス監督は1月18日(月)の新チーム始動時は不在となります」と報告。「また、同様の理由によりマルセルコーチも不在となります」とし、指揮官不在で新シーズンを指導することを報告した。 なお、ポヤトス監督はバルセロナから入国予定だが、入国予定日は未定とのこと。不在時は、甲本偉嗣ヘッドコーチが統括するとのことだ。 ポヤトス監督はクラブを通じてコメントしている。 「最愛の徳島ファミリーの皆さんへ。不運なことに世界中の人々が、新型コロナウイルスとパンデミックが引き起こしている様々な例外的な状況に悩まされています。私は日本政府からの指示に従っているため、ファンの皆さんに私自身が最初のトレーニングに帯同することができないことを知らせたいと思います」 「そして、私達はJ1定着を成し遂げるための最適なチーム作りをしていくために、様々な手段を使いながら動いています。ファンの皆さんが心配をなさらないことを願います」 「この状況は、クラブ全員にとって難しい状況ですが、今こそより団結し、この状況に適応しながら、人生が私達に与えた試練を共に乗り越えて行きましょう」 2021.01.15 20:05 Fri
twitterfacebook
thumb

鹿児島、元アトレティコ・マドリーB所属のブラジル人DFジェルソンを獲得

鹿児島ユナイテッドFCは15日、ブラジル人DFジェルソン(28)が完全移籍加入することを発表した。 ボタフォゴの下部組織出身のジェルソン・ギマラエス・ジュニオールは、かつてはアトレティコ・マドリーやPSVのリザーブチームにも在籍した身長186㎝のセンターバック。だが、ボタフォゴ退団以降、キャリアを通じて半年から1年でクラブを転々としており、2012年夏に加入したオーストリアのカプフェンベルガーSV以降、在籍したクラブは「9」に上る。 2017年7月から12月にかけては韓国の江原FCでもプレー。2018年4月には無所属となりながらも、翌年1月にブラジルに戻り、セリエBやセリエCのクラブでプレーを続けていた。 そして、今回日本初上陸となるジェルソン。鹿児島の公式サイトで新しいチャレンジを楽しみにしていると語っている。 「はじめまして、Gersonです。鹿児島という素晴らしいクラブでのチャレンジをとても楽しみにしています。クラブ、ファンが団結して、2021年を魔法のような一年にするために、そして素晴らしい結果を残せるようにともに戦っていきましょう!よろしくお願いします!」 2021.01.15 18:56 Fri
twitterfacebook
thumb

YS横浜がMF佐藤祐太とFW金子大晟の契約更新を発表

Y.S.C.C.横浜は15日、MF佐藤祐太(25)と、FW金子大晟(22)との2021シーズンの契約を更新したことを発表した。 佐藤は横浜F・マリノスのジュニアユースから前橋育英高校と専修大学を経て、2018年に加入。プロ1年目は出場機会に恵まれなかったものの、2019シーズンにはJ3リーグ24試合に出場、2020シーズンは31試合に出場し3ゴールを挙げるなど、着実に力を付けてる。 同クラブのユース出身の金子は2017年にトップチームに昇格するも、出場機会を求めて2019年8月から台湾社会人リーグの台中Futuroに期限付き移籍。復帰した2020シーズンは4試合の出場だった。 ◆佐藤祐太 「今シーズンもY.S.C.C.でプレーさせて頂けることになりました。去年は不甲斐ないシーズンになってしまいました。今年は去年の経験を活かして、チームを勝利に導ける選手になります。今シーズンも熱い応援宜しく御願い致します」 ◆金子大晟 「2021シーズンもY.S.C.C.でプレーさせて頂く事になりました。どんな時でも結果にこだわって、チームの勝利に貢献できるように全力で闘います!応援宜しくお願いします!」 2021.01.15 18:26 Fri
twitterfacebook
thumb

名古屋、金崎夢生の完全移籍移行を発表! 昨年11月の大ケガまで攻撃陣を牽引

名古屋グランパスは15日、サガン鳥栖に所属する元日本代表FW金崎夢生(31)の完全移籍加入決定を発表した。 代表通算11試合2得点の金崎は大分トリニータ、名古屋、ニュルンベルク(ドイツ)、ポルティモネンセ(ポルトガル)、鹿島アントラーズを経て、2018年途中に鳥栖入り。昨年3月にレンタルで2010〜2012年までを過ごした名古屋に復帰した。 名古屋に8年ぶりの復帰を果たすと、明治安田生命J1リーグ25試合の出場で6得点。上位争いを演じるチームを牽引したが、昨年11月に右ヒザ前十字じん帯損傷および外側半月板損傷で約6〜8カ月の治療期間を要して、終盤を棒に振った。 なお、マッシモ・フィッカンディ体制3年目の名古屋はAFCチャンピオンズリーグ(ACL)にも参戦する新シーズンに向け、DF木本恭生やDF森下龍矢、MF長澤和輝、MF齋藤学、FW柿谷曜一朗の実力者獲得に成功している。 2021.01.15 18:20 Fri
twitterfacebook
thumb

沼津退団のGK朴昇利、新天地は栃木シティ!

アスルクラロ沼津は15日、GK朴昇利(27)が関東サッカーリーグ1部の栃木シティに加わると発表した。 朴昇利はFC大阪(日本フットボールリーグ)やザスパクサツ群馬、tonan前橋(関東サッカーリーグ2部)を経て、2019年から沼津でプレー。昨季は明治安田生命J3リーグ2試合の出場にとどまり、先月14日に契約満了による退団が決定した。 新シーズンから栃木シティのためにプレーする朴昇利はクラブを通じて意気込みを語っている。 「初めまして、今季から加入することになりました朴昇利です! 栃木シティのために全身全霊をかけてゴールを守ります! 必ずJFLに昇格しましょう! よろしくお願いします!」 2021.01.15 17:55 Fri
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly