スパーズ3選手とランシーニが大人数でパーティー! ロンドンのクラブでプレーする一部選手がロックダウン規則違反…

2021.01.03 06:30 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ロンドンのクラブでプレーする一部選手たちが新型コロナウイルスの感染再拡大が続く中、大人数でのクリスマスパーティーに参加するロックダウンの規則違反を犯した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

現在、イギリス国内ではコロナウイルスの深刻な感染拡大が続いており、プレミアリーグでもニューカッスル、マンチェスター・シティ、フルアムの3クラブのチーム内クラスター発生の影響で合計4試合の開催延期を余儀なくされている。

そういった中、警戒レベルが自宅待機を意味する「ティア4」に設定されているロンドンの3クラブでプレーする選手たちが、大人数でのクリスマスパーティーに参加する愚行を犯した。

その当事者となったのが、ウェストハムのアルゼンチン代表MFマヌエル・ランシーニ、トッテナムのアルゼンチン代表MFエリク・ラメラ、同MFジオバニ・ロ・チェルソ、スペイン代表DFセルヒオ・レギロンの4選手だ。

4選手は年末年始の期間にロ・チェルソの自宅と思われる場所に家族らと共に集まり、大人15名、子供3名でクリスマスパーティーを行い、その記念写真がSNSに投稿されたことで、ロックダウンの規則違反が発覚。

そして、ウェストハムとトッテナムの両クラブは自クラブの選手たちの愚行を受けて、遺憾の意を表明している。

「クリスマスに家族や友人と一緒にいる一部のプレーヤーを示すこの画像は、特に祝祭期間中に全国のすべての人が安全を保つためにそれを犠牲にしたことを理解しているため、非常に遺憾なことです」

「ルールは明確で例外はありません。私たちは定期的にすべてのプレーヤーとスタッフに、最新のプロトコルを遵守して模範を示す責任について周知徹底しています。なお、この問題はクラブ内部で処理されます」

また、今回のルール違反が発覚したランシーニ、ラメラ、ロ・チェルソのアルゼンチン人選手3名は自身の公式SNSを通じて、自らの行いを全面的に謝罪している。

さらに、トッテナムを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は2日に行われたプレミアリーグ第17節のリーズ戦(3-0で勝利)後にベンチ外となったロ・チェルソ、ラメラ、ベンチスタートのレギロンの愚行に対して失望を口にしている。

「私は怒っているというよりも、失望していると言いたい。我々はクラブ内部で今回何が起きたかを把握している。したがって、そのことを対外的に広げていく必要はないと思っている。内々でそのネガティブなサプライズにどれだけ深く迫れるかというところだ。とにかく、私は失望している」

また、クラブ内でクラスターが発生したフルアムに所属するセルビア代表FWアレクサンダル・ミトロビッチ、クリスタル・パレスの同MFルカ・ミリボイェビッチも大晦日の夜に両家族でホームパーティーを行ったことで多くの批判を浴びている。

関連ニュース
thumb

ユナイテッド撃破のウェストハム、PK失敗で敗戦から中2日での勝利にコーチが言及「この試合で何かを証明できたかも」

ウェストハムでコーチを務めるスチュアート・ピアース氏が、マンチェスター・ユナイテッド戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 22日、EFLカップ(カラバオカップ)3回戦でマンチェスター・ユナイテッドと対戦した。 両者は19日に行われたプレミアリーグ第5節でも対戦。ウェストハムのホームで行われた試合は、1-2でユナイテッドが勝利していた。 その試合では1-1で試合が推移すると89分に昨季はレンタル移籍でプレーしていたジェシー・リンガードがゴールを決めユナイテッドが勝ち越し。しかし、ウェストハムは後半ラストプレーでPKを獲得する。 このシーンで生え抜きのレジェンドでありPKキッカーでもあるマーク・ノーブルを投入。しかし、そのPKはGKダビド・デ・ヘアが見事にセーブし、1-2でユナイテッドが勝利していた。 その試合から中2日、カップ戦で相見えた両者だがウェストハムが9分にマヌエル・ランシーニのゴールで先制。その後ユナイテッドに押し込まれる展開も逃げ切り、リーグ戦での借りを返した。 デイビッド・モイーズ監督に代わって試合後に取材対応したピアース監督は、悔しい思いをした3日前のリーグ戦から立ち直れたことを喜んだ。 「週末に何も得られなかったのは本当に残念だった。少なくとも勝ち点1を得るには十分なプレーができていたと思うので、この試合で何かを証明できたかもしれない」 「その前のサウサンプトン戦もそうだったが、週末のファンのみんなは本当に素晴らしかった」 「今日の勝利には価値があったと思う。試合の終盤にいくつかチャンスがあれば、もっと差が開いていたかもしれない」 また、先制点を決めたシーンも評価。チャンスをもっと生かすべきだったとしながらも、リバウンドメンタリティを見せた選手たちを称えた。 「ライアン・フレデリックスがゴールの場面で素晴らしい働きをしてくれた。彼が相手を抜き、皿の上にボールを置いた。マヌ(エル・ランシーニ)がそこにいて、綺麗にゴールを決めた」 「他にもいくつかチャンスがあった。ジャロッド(・ボーエン)も良いチャンスがあったと思う。このようなチャンスをいくつか決められれば、今よりももう少し楽な試合になるかもしれない」 「心が折れそうになった時もあったが、今夜の選手たちが示したキャラクターは素晴らしかった。ウェストハムのスタッフは皆、この結果と彼らの活躍を誇りに思っている。監督は土曜日のリーズ戦に向けて、再び集中力を高めるだろう」 2021.09.23 11:25 Thu
twitterfacebook
thumb

EFLカップ4回戦の対戦カード決定! ユナイテッド撃破のハマーズが王者シティと対戦

EFLカップ(カラバオカップ)4回戦の組み合わせ抽選会が22日に行われ、全8カードが決定した。 3回戦では王者マンチェスター・シティ、チェルシー、リバプール、トッテナム、アーセナルとプレミアリーグのビッグ6が順当に勝ち抜けを決めた。 その一方で、直近のリーグ戦でも対峙したウェストハムにリベンジを許したマンチェスター・ユナイテッド、エバートンとワトフォードが下位カテゴリーのチームにジャイアントキリングを許している。 今回決定した4回戦の組み合わせではウィコム(3部)に圧勝の王者シティがユナイテッドを撃破したウェストハムと対戦するほか、FW南野拓実の2ゴールの活躍でノリッジを撃破したリバプールはチャンピオンシップ(イングランド2部)のプレストン・ノースエンドと、DF冨安健洋を擁するアーセナルはリーズ・ユナイテッドとの対戦が決定している。 なお、4回戦は10月の第5週のミッドウィークに開催予定だ。今回決定した4回戦組み合わせは以下の通り。 ◆EFLカップ4回戦組み合わせ チェルシー vs サウサンプトン アーセナル vs リーズ ウェストハム vs マンチェスター・シティ バーンリー vs トッテナム レスター vs ブライトン プレストン(2) vs リバプール ストーク(2) vs ブレントフォード QPR(2) vs サンダーランド(3) ※()内は所属カテゴリー 2021.09.23 07:32 Thu
twitterfacebook
thumb

主力温存ユナイテッド、ウェストハムの前に敗退《EFLカップ》

マンチェスター・ユナイテッドは22日、EFLカップ3回戦でウェストハムをホームに迎え、0-1で敗れた。 3日前にプレミアリーグで対戦した両チームの一戦。GKデ・ヘアのラストプレーPKストップで2-1と勝利したユナイテッドは、3日前のスタメンから全選手を変更して臨んだ。 ボーエンを起用してきたものの、こちらも主力を温存てきしたウェストハムに対し、3トップに右からリンガード、マルシャル、サンチョと並べたユナイテッドだったが、9分に失点する。ボックス右深くまでフレデリックスに切れ込まれ、マイナスのクロスをランシーニに蹴り込まれた。 先手を取られたユナイテッドの反撃は27分、リンガードのミドルシュートが枠を捉えるもGKアレオラのセーブに阻まれる。 さらに35分、マルシャルがドリブルシュートでゴールに迫れば、追加タイム1分にはサンチョがマルシャルとの関係からボックス左に進入してGK強襲のシュートを浴びせたが、前半を1点ビハインドで終えた。 迎えた後半、膠着状態で推移した中61分、ヤルモレンコのミドルシュートで牽制されたユナイテッドは、マタに代えてグリーンウッドを投入。 すると直後、そのグリーンウッドに決定機が訪れる。ファン・デ・ベークのパスに抜け出したグリーンウッドがシュート。だが、GKアレオラのセーブに阻まれた。 73分にはブルーノ・フェルナンデスを投入したユナイテッドだったが、0-1のままシャットアウト負け。3回戦敗退となっている。 2021.09.23 05:43 Thu
twitterfacebook
thumb

ウェストハム、在籍11年のニュージーランド代表DFウィンストン・リードの退団を発表

ウェストハムは21日、元ニュージーランド代表DFウィンストン・リード(33)が双方合意の下で退団することを発表した。 ニュージーランド出身のウィンストン・リードは10歳の頃に継父の影響でデンマークに移住し、名門ミッティランでプロデビュー。その後、2010年夏にウェストハムに移籍した。 ウェストハムでは、チームが1年でチャンピオンシップからプレミアリーグに復帰した2012-13に主力に定着し、191cmの屈強な体躯を生かして長らくハマーズの最終ラインを支え続けた。通算の公式戦出場は223試合にも上る。 しかし、2018年3月のスウォンジー戦でヒザに大ケガを負い、2018-19シーズンを全休。さらに、公式戦復帰を目前に控えた2019-20シーズン開幕前に再びヒザを負傷し、さらに3カ月の離脱を余儀なくされた。 復帰した頃にはリードの居場所はなく、2020年2月にMLSのカンザスシティにレンタル移籍。年末までプレーした後、翌年2月には当時チャンピオンシップのブレントフォードにレンタルし、リーグ戦10試合に出場した。また、昇格プレーオフでは決勝のスウォンジー戦に途中出場。クラブのプレミアリーグ初昇格に貢献していた。 代表においては、十分なデンマーク在住歴があったため、アンダー世代の同代表で何度か出場していたが、A代表はルーツであるニュージーランド代表を選択。2010年5月のオーストラリア戦でデビューし、ここまで最後の出場となっている2019年11月のアイルランド代表戦までに25試合に出場。そのうち8試合でキャプテンを務めた。 また、ニュージーランドでは2011年と2015年、2016年に3度の年間最優秀選手に選ばれた実績もある。 そんなウィンストン・リードはこの度、11年過ごしたハマーズ退団を決意。公式サイトを通じて感謝の気持ちを伝えた。 「クラブには本当に感謝している。我々は全員にとって良好な合意を見つけることができた」 「ファンに支えられていることを常に感じていたし、そんなファンのために常にベストを尽くそうとしてきた。結局のところ、サッカー選手は多くのファンの前でプレーすることが一番の楽しみなのだ」 「私はただ『ありがとう』と言いたい。みんなの今後の成功を願っているよ」 「年を重ねるごとに賢くなっていくものだけど、一般的には、私だけでなくクラブも良い方向に進んでいる。選手としてベストを尽くし、できる限りのことをしていれば、ここのファンはいつもそれを評価してくれる」 「私はここでプレーしたこと、クラブのために全力を尽くしたことに常に感謝している。そして、いつまでも懐かしく思うことだろう」 2021.09.22 17:55 Wed
twitterfacebook
thumb

ウェストハム監督、奏功せずの采配を回想 「ノーブルは我々にとって最高のPKキッカー」

結果的に大胆采配が功を奏さなかったウェストハムのデイビッド・モイーズ監督だが、悔いていないようだ。イギリス『フットボール・ロンドン』が報じた。 今季のプレミアリーグで2勝2分け無敗のスタートを切ったウェストハム。19日に行われた第5節ではここまで3勝1分け無敗で優勝争いを割って入ろうとするマンチェスター・ユナイテッドをホームに迎え撃った。 そんなウェストハムは今季のここまで公式戦5ゴールを挙げるジャマイカ代表FWマイケル・アントニオを出場停止で欠いたが、30分に先制。だが、その5分後に追いつかれると、89分に勝ち越され、今季初黒星を喫した。 後半アディショナルタイムにはPKのチャンスを獲得したが、モイーズ監督が残る交代枠でキッカーとして投入したイングランド人MFマーク・ノーブルが失敗。勝ち点1を掴むチャンスもあったが、それも逃した。 勝機を感じさせる戦いぶりだったが、力尽きたウェストハム。モイーズ監督は試合後、「我々は本当にうまく戦った。敗北に値するとは思わない。ちゃんとした試合で、本当に良い試合だった」と振り返った。 また、ノーブルにPKキッカーを託した決断に対する悔いを尋ねられると、「まったくないね。マーク・ノーブルは我々にとって最高のPKキッカーのひとりだから。私の選択であり、私の決断だ」と返答した。 なお、イギリス『スカイ・スポーツ』によると、ノーブルにとって、プレミアリーグでのPK失敗は2016年12月以来、約5年ぶり。過去10回はすべて成功していたという。 2021.09.20 18:25 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly