北九州がルーキーで活躍したFW佐藤亮、DF村松航太ら5選手と契約更新

2020.12.30 17:55 Wed
©︎J.LEAGUE
ギラヴァンツ北九州は30日、5選手との契約更新を発表した。

今回更新が発表されたのは、DF新井博人(24)、FW佐藤亮(23)、DF村松航太(23)、DF河野貴志(24)、FW佐藤颯汰(21)の5選手となった。
新井は明治学院大学から2019年に入団。2年目の今シーズンは明治安田J2で5試合に出場した。

ルーキーの佐藤亮は、明治大学から入団。明治安田J2で26試合に出場し3得点を記録。順天堂大学から入団したルーキーの村松は40試合に出場した。

関西大学から2019年に入団した河野は、2年目の今シーズンは10試合に出場。日章学園高校から2018年に入団し3年目を迎える佐藤颯は3試合の出場に終わった。
5選手はクラブを通じてコメントしている。

◆DF新井博人
「来シーズンもギラヴァンツ北九州でプレーさせていただくことになりました。今年はなかなかチームに貢献できず、悔しいシーズンでした。この悔しさを来年にぶつけ、J1昇格の力になりたいと思います。よろしくお願いします」

◆FW佐藤亮
「来年も北九州で闘えることに誇りと責任を持ち、結果でチームに貢献出来るよう努めます。ファン、サポーターの皆様と共に喜びを分かち合える日を楽しみにしています!」

◆DF村松航太
「今年は大変な1年でしたが、たくさんの応援ありがとうございました。来シーズンもギラヴァンツ北九州でプレーさせていただきます!」

「このクラブで皆さんと一緒に戦えることを嬉しく思います。来シーズンも応援よろしくお願いします!体調にはお気をつけて、またスタジアムでお会いしましょう!良いお年を!」

◆DF河野貴志
「今季得ることのできた経験を来季に活かせるようコツコツ真面目に一生懸命励みます。チームと街が一体となり、今季以上の結果を残せるチームを作り上げていきましょう!
皆さん良いお年を!」

◆FW佐藤颯汰
「来シーズンもギラヴァンツ北九州でプレーする事になりました!来シーズンはファン、サポーターの皆さんとJ1へ行けるよう、全力でチームに貢献できるように頑張るので熱い応援よろしくお願いします!!」

新井博人の関連記事

ギラヴァンツ北九州は12日、DF新井博人(25)が関東サッカーリーグ1部のVONDS市原へ完全移籍することを発表した。 新井は東京都出身で、FC東京U-15深川から桐蔭学園高校、明治学院大学を経て、2019年に北九州へと入団した。 プロ1年目はJ3で21試合に出場し1得点を記録。J2昇格へ貢献したものの、この2シーズンは合計7試合と出場機会があまりなかった。 新井はクラブを通じてコメントしている。 「はじめまして!2022年シーズンよりボンズ市原に加入することになりました、新井博人です!」 「住み慣れた関東の空気を吸って暴れまくり、ボンズ市原のJFL昇格に必ず貢献してみせます。最高の一年にしましょう!」 2022.01.12 12:29 Wed
ギラヴァンツ北九州は3日、DF新井博人(25)、DF岡村和哉 (33)との契約満了を発表した。 新井は東京都出身で、FC東京U-15深川から桐蔭学園高校、明治学院大学を経て、2019年に北九州へと入団した。 プロ1年目はJ3で21試合に出場し1得点を記録。J2昇格へ貢献したものの、この2シーズンは合計7試合と出場機会があまりなかった。 岡村は岡山県出身で、セレッソ大阪U-15、U-18と過ごし、大阪学院大学から2010年にロアッソ熊本へ入団。V・ファーレン長崎、カマタマーレ讃岐を経て、2019年から北九州でプレーしている。 1年目はJ3で26試合に出場し2得点を記録。J2昇格に貢献すると、2020シーズンはJ2で28試合1得点、今シーズンも28試合に出場していた。 両選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆DF新井博人 「ギラヴァンツ北九州に関わる全ての皆様、3年間大変お世話になりました!3年前に何も知らずに来たこの北九州という街で大好きな人がいっぱいできて、その人達の優しさに触れ、たくさん救われながら3年が経ちました。試合で勝った時に僕の下手くそな踊りに付き合ってくれたり、僕に向かって満面の笑みで手を振ってくれたり、たくさんのメッセージをくれたサポーターの皆様、僕は絶対に忘れません。心から感謝しています」 「そして、チームメイト。今年試合に出られていない時も踏ん張れたのは間違いなくチームメイトのおかげです。本当に一人一人思い入れがあって離れるのはすごく寂しいですがまた必ずどこかで会えると信じています。ありがとう」 「そして伸二さんはじめ、スタッフにも感謝しています。特に長崎との練習試合での決勝点が決まった時に、誰よりも喜んでいたアマさんのあの姿は一生忘れないと思います。そんな熱い方々に出会えて本当に良かったです。ありがとうございました!」 「僕は必ず違うチームで、次は敵としてギラヴァンツ北九州に勝ってミクスタで一人で踊ってやろうと思います(笑)。北九州大好き。また会いましょう!」 ◆DF岡村和哉 「ギラヴァンツ北九州に関わるすべての皆様、3年間本当にありがとうございました。J3優勝、J2昇格1年目での躍進、今年の苦しいシーズン。ものすごく濃い3年間を最高の仲間と過ごす事ができました」 「今年はチーム最年長として、もっともっとやれる事があったんじゃないかと、少し悔いが残っています。でもギラヴァンツ北九州の一員として真摯にサッカーに向き合ってきた自信はあります」 「北九州大好きです。サポーターは僕の誇りです。3年間本当にありがとうございました」 2021.12.03 18:33 Fri
Jリーグ移籍情報まとめ。12月30日付けのJリーグ各クラブにおける移籍動向を一挙にお届け。 【J1】 ◆柏レイソル [IN] 《昇格内定》 GK佐々木雅士(18) DF大嶽拓馬(18) ◆横浜FC [IN] 《期限付き満了》 FW戸島章(29)←大宮アルディージャ [OUT] 《完全移籍》 FW戸島章(29)→松本山雅FC ◆湘南ベルマーレ [IN] 《完全移籍》 GK立川小太郎(23)←AC長野パルセイロ ◆清水エスパルス 《契約更新》 DF立田悠悟(22) MF石毛秀樹(26) DF奥井諒(30) [IN] 《完全移籍》 DF鈴木義宜(28)←大分トリニータ FWディサロ燦シルヴァーノ(24)←ギラヴァンツ北九州 [OUT] 《完全移籍》 MF六平光成(29)→ギラヴァンツ北九州 ◆名古屋グランパス [OUT] 《完全移籍》 FW深堀隼平(22)→水戸ホーリーホック ◆サンフレッチェ広島 《契約更新》 FW永井龍(29) GK林卓人(38) MF土肥航大(19) [OUT] 《完全移籍》 DF櫛引一紀(27)→大宮アルディージャ 《期限付き移籍》 MF松本大弥(20)→大宮アルディージャ ◆大分トリニータ 《契約更新》 GK高木駿(31) DF三竿雄斗(29) DF刀根亮輔(29) MF野村直輝(29)、 FW髙澤優也(23) GK吉田舜(24) [IN] 《完全移籍》 DF福森健太(26)←ギラヴァンツ北九州 [OUT] 《完全移籍》 FW三平和司(32)→ヴァンフォーレ甲府 DF鈴木義宜(28)→清水エスパルス MF島川俊郎(30)→サガン鳥栖 FW渡大生(27)→アビスパ福岡 ◆サガン鳥栖 [IN] 《完全移籍》 MF島川俊郎(30)←大分トリニータ 【J2】 ◆モンテディオ山形 [OUT] 《期限付き移籍》 DF小野寺健也(23)→栃木SC DF三鬼海(27)→FC町田ゼルビア 《現役引退》 DF田村友(28) ◆水戸ホーリーホック 《契約更新》 DF岸田翔平(30) MF松崎快(23) [IN] 《完全移籍》 GK小澤章人(28)←AC長野パルセイロ FW深堀隼平(22)←名古屋グランパス ◆栃木SC [IN] 《期限付き移籍》 DF小野寺健也(23)←モンテディオ山形 《加入内定》 FW松岡瑠夢(22)←慶応義塾大学 ◆大宮アルディージャ 《契約更新》 DF高山和真(24) MF小野雅史(24) [IN] 《完全移籍》 DF櫛引一紀(27)←サンフレッチェ広島 《期限付き移籍》 MF松本大弥(20)←サンフレッチェ広島 [OUT] 《期限付き満了》 FW戸島章(29)→横浜FC ◆ジェフユナイテッド千葉 《契約更新》 MF高橋壱晟(22) MF見木友哉(22) DF新井一耀(27) GK相澤ピーターコアミ(19) ◆東京ヴェルディ [IN] 《完全移籍》 GK長沢祐弥(24)←アスルクラロ沼津 [OUT] 《完全移籍》 MF澤井直人(25)→レノファ山口FC ◆FC町田ゼルビア 《契約更新》 MF佐野海舟(20) FW晴山岬(19) FW岡田優希(24) GK福井光輝(25) DF酒井隆介(32) [IN] 《期限付き移籍》 DF三鬼海(27)←モンテディオ山形 ◆ヴァンフォーレ甲府 《契約更新》 DF山本英臣(40) [IN] 《完全移籍》 FW三平和司(32)←大分トリニータ ◆松本山雅FC 《契約更新》 GK圍謙太朗(29) GK村山智彦(33) [IN] 《完全移籍》 FW戸島章(29)←横浜FC [OUT] 《完全移籍》 GK田中謙吾(31)→AC長野パルセイロ DF森本大貴(25)→藤枝MYFC 《契約満了》 MFアルヴァロ・ロドリゲス(27) MFアウグスト(28) ◆アルビレックス新潟 《契約更新》 GK阿部航斗(23) FW矢村健(23) [IN] 《完全移籍》 FW谷口海斗(25)←ロアッソ熊本 [OUT] 《期限付き満了》 DFマウロ(31)→テネリフェ(スペイン) ◆ツエーゲン金沢 《契約更新》 FW杉浦恭平(31) MF大橋尚志(24) MF窪田稜(19) ◆レノファ山口FC [IN] 《完全移籍》 MF澤井直人(25)←東京ヴェルディ ◆愛媛FC 《契約更新》 GK岡本昌弘(37) DF前野貴徳(32) MF横谷繁(33) FW藤本佳希(26) MF岩井柊弥(20) FW吉田眞紀人(28) MF田中裕人(30) MF小暮大器(26) FW西田剛(34) MF忽那喬司(23) DF茂木力也(24) GK加藤大智(23) DF三原秀真(19) DF池田樹雷人(24) DF渡邊創太(20) GK辻周吾(23) DF吉田晴稀(19) MF山瀬功治(39) ◆アビスパ福岡 《契約更新》 FWフアンマ・デルガド(30) DF湯澤聖人(27) [IN] 《完全移籍》 FW渡大生(27)←大分トリニータ ◆ギラヴァンツ北九州 《契約更新》 DF新井博人(24) FW佐藤亮(23) DF村松航太(23) DF河野貴志(24) FW佐藤颯汰(21) [IN] 《完全移籍》 MF六平光成(29)←清水エスパルス 《加入内定》 FW平山駿(22)←法政大学 [OUT] 《完全移籍》 FWディサロ燦シルヴァーノ(24)→清水エスパルス DF福森健太(26)→大分トリニータ ◆V・ファーレン長崎 《契約更新》 MF大竹洋平(31) MF磯村亮太(29) ◆FC琉球 《契約更新》 FW阿部拓馬(33) DF福井諒司(33) DF鳥養祐矢(32) MF田中恵太(31) MF風間宏希(29) MF茂木駿佑(24) 【J3】 ◆ブラウブリッツ秋田 [IN] 《完全移籍》 MF稲葉修土(27)←カターレ富山 FW才藤龍治(27)←SC相模原 ◆Y.S.C.C.横浜 [OUT] 《完全移籍》 MF宮尾孝一(27)→FC今治 ◆SC相模原 《契約更新》 MF梅鉢貴秀(28) DF白井達也(23) [OUT] 《完全移籍》 FW才藤龍治(27)→ブラウブリッツ秋田 《期限付き満了》 DF田村友(28)→モンテディオ山形 ◆AC長野パルセイロ 《契約更新》 MF東浩史(33) DF吉村弦(24) MF小西陽向(19) [IN] 《完全移籍》 GK田中謙吾(31)←松本山雅FC DF遠藤元一(26)←カマタマーレ讃岐 MF森川裕基(27)←カマタマーレ讃岐 《加入内定》 GK矢田貝壮貴(22)←大阪体育大学 [OUT] 《完全移籍》 GK小澤章人(28)→水戸ホーリーホック ◆アスルクラロ沼津 [OUT] 《完全移籍》 GK長沢祐弥(24)→東京ヴェルディ ◆藤枝MYFC 《契約更新》 MF谷澤達也(36) DF鈴木翔太(24) MF横山暁之(23) MF河上将平(23) [IN] 《完全移籍》 DF森本大貴(25)←松本山雅FC ◆カターレ富山 [OUT] 《完全移籍》 MF稲葉修土(27)→ブラウブリッツ秋田 監督 安達亮(51)→ラインメール青森(JFL) ◆カマタマーレ讃岐 [OUT] 《完全移籍》 MF池谷友喜(25)→クリアソン新宿(関東一部) MF森川裕基(27)→AC長野パルセイロ ◆FC今治 [IN] 《完全移籍》 MF宮尾孝一(27)←Y.S.C.C.横浜 ◆ロアッソ熊本 《契約更新》 FW北村知也(24) [OUT] 《完全移籍》 FW谷口海斗(25)→アルビレックス新潟 2020.12.31 07:30 Thu
Jリーグ移籍情報まとめ。12月19日付けのJリーグ各クラブにおける移籍動向を一挙にお届け。 【J1】 ◆ベガルタ仙台 《就任》 木山隆之氏(47) ◆浦和レッズ 《完全移籍》 DF森脇良太(33)→京都サンガF.C. ◆湘南ベルマーレ 《完全移籍》 MF秋野央樹(25)→V・ファーレン長崎 ◆サガン鳥栖 《完全移籍》 MF小屋松知哉(24)←京都サンガF.C. 【J2】 ◆ジェフユナイテッド千葉 《契約更新》 MF工藤浩平(35) 《完全移籍》 GK岡本昌弘(36)→愛媛FC FW吉田眞紀人(27)→愛媛FC ◆FC町田ゼルビア 《契約更新》 GK福井光輝(24) ◆京都サンガF.C. 《完全移籍》 DF森脇良太(33)←浦和レッズ MF小屋松知哉(24)→サガン鳥栖 ◆レノファ山口FC 《契約更新》 DFヘナン(23) DF楠本卓海(24) ◆愛媛FC 《完全移籍》 DF茂木力也(23)←浦和レッズ GK岡本昌弘(36)←ジェフユナイテッド千葉 FW吉田眞紀人(27)←ジェフユナイテッド千葉 ◆アビスパ福岡 《契約更新》 DF篠原弘次郎(28) DF桑原海人(19) MF北島祐二(19) FW石津大介(29) ◆V・ファーレン長崎 《契約満了》 MF中村北斗(34) 《完全移籍》 MF秋野央樹(25)←湘南ベルマーレ ◆鹿児島ユナイテッドFC 《契約更新》 MF野嶽惇也(25) 【J3】 ◆ガイナーレ鳥取 《契約満了》 GK井上亮太(29) 《契約更新》 DF西山雄介(25) DF石井光輝(24) DF井上黎生人(22) MFフェルナンジーニョ(38) MF上松瑛(28) MF可児壮隆(28) MF三沢直人(24) MF小林智光(24) MF魚里直哉(24) MF山本蓮(22) MF世瀬啓人(20) ◆カマタマーレ讃岐 《契約満了》 GK瀬口拓弥(31) ◆ギラヴァンツ北九州 《契約更新》 DF新井博人(23) DF河野貴志(23) MF新垣貴之(23) FWディサロ燦シルヴァーノ(23) ◆ロアッソ熊本 《契約更新》 DF鈴木翔登(27) MF中原輝(23) 2019.12.20 06:30 Fri
ギラヴァンツ北九州は19日、DF新井博人(23)、FWディサロ燦シルヴァーノ(23)、MF新垣貴之(23)、DF河野貴志(23)との契約更新を発表した。 新井はFC東京の下部組織出身で、桐蔭学園高校から明治学院大学を経て今シーズン入団。明治安田生命J3リーグでは21試合に出場し1得点、天皇杯で1試合に出場していた。 ディサロ燦シルヴァーノは三菱養和SCユースから法政大学を経て今シーズン入団。J3リーグでは26試合に出場し7得点、天皇杯で2試合に出場していた。 流通経済大学から今シーズン入団した新垣は、J3リーグで30試合、天皇杯で1試合に出場。関西大学から今シーズン加入した河野は、J3リーグで18試合に出場し2得点を記録していた。4選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆DF新井博人 「来シーズンもギラヴァンツ北九州でプレーさせて頂くことになりました新井博人です」 「今年はJ3優勝、J2昇格を成し遂げることが出来ました。それはチームの全員がそれを信じ続けてきたからこそだと思っています」 「来年、目指すはJ1。J2優勝です。明らかにレベルが高く、今年よりも厳しくなることは誰しも思っていることとは思いますが、叶わない夢はありません。選手、スタッフ、サポーター、クラブに携わる全ての方々の力を合わせて必ず勝ち取ります」 「そして、そのピッチに自分が立ち続けることを信じて、日々の厳しい練習、どんな困難にも立ち向かう強い覚悟を持って、来シーズン死ぬ気で戦っていこうと思います」 「まだまだ未熟な僕ですが、どうかよろしくお願い致します」 ◆FWディサロ燦シルヴァーノ 「2020シーズンもギラヴァンツ北九州でプレーすることになりました、レレことディサロ燦シルヴァーノです」 「プロ1年目でJ2昇格、J3昇格をいずれもミクスタで成し遂げることができました。このような素晴らしい成績を来年も残し、このクラブと街の皆様に恩返しできるよう、そしてみんなの笑顔をまた見るためにも今年以上の活躍をここに約束します!2020シーズンもよろしくお願いします!!」 ◆MF新垣貴之 「来季もギラヴァンツ北九州でプレーさせて頂く事になりました!」 「J1昇格を目標にチームの力になれるよう精一杯努力しますので、応援よろしくお願いします」 ◆DF河野貴志 「来シーズンもギラヴァンツ北九州でプレーさせていただきます河野貴志です!」 「新たにJ2の舞台でギラヴァンツ旋風を巻き起こすためにチーム一丸、北九州一丸となって闘います!」 「応援してくださるファン、サポーターの皆様と共に最高なシーズンにできるよう、このチームの為に頑張ります!来年も熱い応援、よろしくお願いします!」 2019.12.19 12:15 Thu

記事をさがす

ギラヴァンツ北九州の人気記事ランキング

thumb
1

今治が金沢に3発快勝で2位浮上! 北九州に敗れた宮崎は依然18位…松本は浅川2発でリーグ最少失点のFC大阪を撃破【明治安田J3第21節】

14日、明治安田J3リーグ第21節の3試合が各地で行われた。 ◇北九州 1-0 宮崎 18位・テゲバジャーロ宮崎はアウェイで11位・ギラヴァンツ北九州に敗れ、順位もステイ。GK清水羅偉を今季初めてゴールマウスに据えた守備で最少失点に抑えるも、ゴールを奪えなかった。 宮崎は6試合未勝利に。ひとつ下のカテゴリーであるJFLに目を向けると、「2025シーズンJ3クラブライセンス」の申請を開始したクラブが上位6チーム中5チームを占めており、宮崎としては、そろそろギアを上げねば最悪の結末も考えられる。 ◇松本 2-0 FC大阪 暫定13位・松本山雅FCはホームにリーグ最少失点の暫定7位・FC大阪を迎え入れ、24分に先制点。FW浅川隼人が今季9ゴール目となる右足シュートを流し込む。浅川は続けて34分にも今季10ゴール目となる追加点だ。 松本は浅川の2発を守り抜く形で2-0と勝利。今季3度目の連勝を目指す次節(20日)は、アウェイで北九州と対戦する。 ◇今治 3-0 金沢 勝ったほうはJ2リーグ昇格圏の2位へ浮上という、暫定6位・FC今治vs暫定5位・ツエーゲン金沢。上位対決はホーム今治の完勝だ。 26分に新井光のヘディング弾で先手を取ると、69分に新井のFKからマルクス・ヴィニシウスのヘディング弾。最後は75分、途中出場したウェズレイ・タンキの右足弾で締め括った。 上述の通り、勝利した今治は2位浮上。2試合連続の3ゴールでバッチリ2連勝だ。 ◆第21節 ▽7月14日(日) ギラヴァンツ北九州 1-0 テゲバジャーロ宮崎 松本山雅FC 2-0 FC大阪 FC今治 3-0 ツエーゲン金沢 ▽7月13日(土) ヴァンラーレ八戸 1-0 ガイナーレ鳥取 大宮アルディージャ 1-0 カマタマーレ讃岐 SC相模原 1-0 アスルクラロ沼津 Y.S.C.C.横浜 2-1 福島ユナイテッドFC AC長野パルセイロ 0-0 いわてグルージャ盛岡 カターレ富山 3-0 FC琉球 FC岐阜 1-1 奈良クラブ 2024.07.14 21:01 Sun
2

6月の月間優秀監督賞、J1は6月無敗の福岡・長谷部茂利監督…J2は横浜FC・四方田修平監督、J3は北九州・増本浩平監督が受賞

Jリーグは16日、6月度の明治安田Jリーグ月間優秀監督賞を発表した。 6月度は明治安田J1リーグがアビスパ福岡の長谷部茂利監督、明治安田J2リーグが横浜FCの四方田修平監督、明治安田J3リーグがギラヴァンツ北九州の増本浩平監督の受賞となった。長谷部監督は通算3度目、四方田監督は通算2度目、増本監督は初受賞となる。 長谷部監督率いる福岡は、6月に行われた公式戦6試合無敗。J1リーグでは5試合4勝1分けと絶好調であり、チームに安定感を植え付けている。 選考委員会の総評と長谷部監督のコメントは以下の通り。 ◆Jリーグ選考委員会による総評 足立修委員長 「確実に勝点3を取る、負けゲームも勝点1を絶対拾う。したたかというか、さらに磨かれてきた」 北條聡委員 「勝たせる手腕は流石の一語。金看板の堅守は言うに及ばず、両翼からクロスを徹底させ、主砲ウェリントンの“高さ”を最大限に生かす戦いぶりは実に効率的だった」 丸山桂里奈特任委員 「6月無敗で勝点を積み上げた。首位の町田に対してもやりたいようにやらせなかった。途中投入した選手が結果を出したりと、采配も冴えていた」 GAKU-MC特任委員 「5試合負けなしは立派。九州ダービーというファンの期待値が高い試合で落とさないというのも大切」 ◆長谷部茂利監督(アビスパ福岡) 「名誉ある賞を受賞でき、光栄です。6月を負けなしで終える事ができたのは、全力でプレーしてくれている選手、支えてくれるコーチやスタッフ、どんな時も応援し続けてくれるサポーターの皆さまのおかげです」 「また、パートナー企業の皆さん、日頃よりクラブを支えてくださっている方々に改めて感謝を申し上げます。目標のリーグ戦6位以上に向けて、さらに一丸となって戦っていきます。引き続き応援よろしくお願いします」 四方田監督率いる横浜FCは、6月の5試合全勝。そのうち4試合は複数得点を記録しており、チームを一気に首位争いへと押し上げている。 選考委員会の総評と四方田監督のコメントは以下の通り。 ◆Jリーグ選考委員会による総評 足立修委員長 「愛媛には逆転勝ち。そして、熊本、いわきには大差の勝利と今月は手が付けられない貫禄を感じるゲームが多かった」 寺嶋朋也委員 「文句なしの6月5連勝。昨季J1でも通用していた守備の堅さをベースに福森ら「違い」を生み出せる選手を加え、堅守速攻スタイルに磨きをかけている」 丸山 桂里奈特任委員 「5戦全勝で、首位長崎に迫ってきた。後ろからパスの精度が良いメンバーが揃い、前線に得点力の高い選手がいて、かなり完成度が高いチームになっている」 植松隼人特任委員 「5月途中から7連勝中(6月終了時点)であることとチームの戦い方がとてもバランスよくロングカウンターもショートカウンターも面白い試合を展開しているところに評価」 ◆四方田修平監督(横浜FC) 「この度、明治安田J2リーグ6月の月間優秀監督賞に選出していただき誠にありがとうございます。このような素晴らしい賞をいただけたのは、最後まであきらめず全力でプレーしてくれる選手、チームをサポートしてくれるスタッフ、どんな時でも選手を後押ししてくれるサポーターの皆様のおかげです」 「開幕ダッシュは決して満足のいくスタートではなかったですが、少しずつチームの結束力が強くなり、いまの連勝に繋がっていると思います。ただこれで満足せず、J1昇格を達成するためにも残りのシーズンを全力で戦い、シーズン終了後にこのような素晴らしい賞をまたもらえるように、日頃から頑張りたいと思います」 増本監督率いる北九州は、6月の5試合で3勝2分け。無敗で6月を戦い抜き、徐々にチームの順位を上昇させている。 選考委員会の総評と増本監督のコメントは以下の通り。 ◆Jリーグ選考委員会による総評 足立修委員長 「ベテランのセンターラインを動かしながら、大卒の若い選手を機能させていて素晴らしい」 JFA技術委員 「Jリーグの監督としての経験値が浅いながらもこれだけ結果が出せる監督にぜひ注目していただきたい」 平畠啓史委員 「3勝2分で負けなし。4失点。僅差で勝てるチームを作り上げている。着実に勝ち点を重ね、プレーオフ圏までの勝点差は「3」。6月のJ3の中でもギラヴァンツ北九州の活躍は特筆すべきものだった」 橋本英郎委員 「今月の(チーム)パフォーマンスはとても良かった。短期間に確実に結果を出せる事はシーズンを戦い抜くうえでとても大事。今年度のJリーグの監督の中では、比較的若い監督なので、今後の活躍にも期待したい」 ◆増本浩平監督(ギラヴァンツ北九州) 「6月度月間優秀監督賞を受賞させていただき大変嬉しく思っております。この賞は、日々支えてくれている現場のスタッフ、チームが気持ち良く活動する為に陰ながら整えてくれているフロントスタッフ、いつも明るく前を向いて挑戦し続けてくれている選手達、そして常に我々の背中を力強く支えてくれ共に戦ってくれているファンサポーターの皆さんの物だと思っております」 「この夏をひまわりの様に咲き誇り、勢いを持ち続けてギラヴァンツ北九州らしく熱く上を向いて前進し続けたいと思います。これからも全身全霊、北九州の勝利の為に戦いたいと思います。本当にありがとうございました」 2024.07.16 17:00 Tue
3

北九州、U-18所属DF世良務の2025シーズン昇格内定発表「小さい頃から応援していた大好きなクラブで」

ギラヴァンツ北九州は18日、ギラヴァンツ北九州U-18に所属するDF世良務(18)が、2025シーズンよりトップチームに昇格すると発表した。 世良は地元である北九州市の出身。U-15から北九州の下部組織に所属しており、順調に昇格を続けていた。 新シーズンからプロの舞台に立つことが決まった世良は、クラブを通じてコメントしている。 「2025シーズンからトップチームに昇格することとなりました世良務です。プロサッカー選手としてのキャリアを、小さい頃から応援していた大好きなクラブで始められることをとても嬉しく思います」 「日々のトレーニングから全力で取り組み北九州の勝利のために全てをかけてプレーしていきたいと思います。ギラヴァンツ北九州のファン、サポーターの皆さん。応援のほどよろしくお願いします!」 2024.07.18 12:30 Thu
thumb
4

首位独走中・大宮の連勝は「3」でストップ…2位沼津に4発大勝の松本は6位に浮上【明治安田J3第17節】

明治安田J3リーグ第17節の8試合が16日に各地で行われた。 3連勝中で首位独走の大宮アルディージャ(勝ち点39)は11位カターレ富山(勝ち点21)のホームに乗り込んだ。前半は両チーム共にチャンスを作り、特に富山の喜平翼がゴールまであと一歩に迫ったが、大宮守備陣の集中した守備に阻まれ、ハーフタイムを迎える。 後半も無得点のまま終盤まで推移すると、耐えていた大宮に待望の先制点。82分、アルトゥール・シルバがゴール左隅を射抜き、4試合連続ゴールを記録する。しかし、その6分後に碓井聖生がダイレクトシュートを突き刺して富山が同点。大宮は連勝が「3」でストップした。 2連勝中で2位につけるアスルクラロ沼津(勝ち点28)は、9位松本山雅FC(勝ち点23)とのアウェイゲーム。序盤から先手を取ったのは松本で、9分に左サイドのスローインの流れから樋口大輝がヘディングで先制点。5分後には浅川隼人がゴール前に詰めて追加点を奪う。 松本の2点リードで迎えた後半、開始直後に浅川が右クロスを押し込み、3点差とすると、78分には山口一真がダメ押し。2試合連続の4得点で2連勝とした松本は6位に浮上し、敗れた沼津は大宮との勝ち点差が「12」に広がった。 その他、3位FC琉球(勝ち点27)と6位福島ユナイテッドFC(勝ち点23)との上位対決は、2点を先行した福島に軍配が上がり、5位に上昇。5位SC相模原(勝ち点25)は10位FC今治(勝ち点23)に2-1で敗れ、勝利した今治は8位に順位を上げた。 ◆第17節 ▽6/16(日) ヴァンラーレ八戸 0-0 テゲバジャーロ宮崎 松本山雅FC 4-0 アスルクラロ沼津 カマタマーレ讃岐 0-1 ツエーゲン金沢 ギラヴァンツ北九州 2-1 奈良クラブ カターレ富山 1-1 大宮アルディージャ いわてグルージャ盛岡 3-2 AC長野パルセイロ FC今治 2-1 SC相模原 FC琉球 1-2 福島ユナイテッドFC ▽6/15(土) FC大阪 2-1 ガイナーレ鳥取 Y.S.C.C.横浜 1-2 FC岐阜 2024.06.16 21:17 Sun
5

「テンション爆上がり」「これすごくない!?」人気漫画『アオアシ』、キャラのモデルになった監督がJ3で来季から指揮、作者からのイラストが大きな話題に「たまげた」

愛媛FCのサポーターであることでも知られる大人気サッカー漫画『アオアシ』の作者である小林有吾先生が、ギラヴァンツ北九州サポーターへ粋な計らいをして話題となっている。 『アオアシ』はJリーグのユースをテーマに描かられている人気漫画。主人公の青井葦人は愛媛県の弱小サッカー部に所属しながらも、類まれなる才能を見せて、「東京シティ・エスペリオンFC」のユースチームに入団。成長を描いている漫画だ。 小林先生は愛媛県出身で、地元のクラブ愛媛FCのサポーターでもあり、今シーズンの明治安田生命J3リーグの優勝時には、描き下ろしのイラストをプレゼントしていたほどだ。 多くのサッカーファンが愛する『アオアシ』だが、今回は愛媛ではなく北九州に向けてイラストを描き下ろし。そこに描かれていたのは、来シーズンから北九州を指揮する増本浩平監督だった。 増本監督は、神奈川県出身。ガイナーレ鳥取でプレーするも、Jリーグでのプレー経験はなく、指導者としては育成に携わってきた。 今季途中から鳥取の監督に就任すると、チームは急浮上。就任当初18位だったチームは6位でシーズンを終えるなどしたが鳥取を退団。しかし、北九州の監督に就任することが発表されていた。 この増本監督は、ライバルクラブでもある「東京武蔵野U-18」の佐竹晃司監督のモデルになっていたとのこと。そこで、今回の監督就任に際し、増本監督と佐竹監督のイラストを合わせてメッセージを送った。 過去には小林先生が取材を行ったというエピソードも。感謝の気持ちを込めて、イラスト共にメッセージを送った。 「増本浩平新監督は『アオアシ』東京武蔵野U-18佐竹監督のモデルになった人です」 「アオアシがまだ知られていない時期に増本(当時武蔵野U18)監督の恐れそ知らない好奇心で濃密な取材を引き受けてくれたのでアオアシは今があります」 「Jの監督にまでなた今。来季のJ3はギラヴァンツを応援させていただきます」 応援宣言も飛び出したイラストにファンは「モデルの方がいたのか」、「これすごくない!?」、「これは知らんかったー」、「大興奮」、「たまげた」、「期待しかないわ!」、「これは感謝しかない」、「テンション爆上がり」とコメントが寄せられている。 北九州は今シーズンのJ3で最下位に終わり、JFL降格の可能性もあった中でなんとか残留。来季の巻き返しを図る上で、大きな援軍と共に、増本監督への期待が高まっている。 <span class="paragraph-title">【写真】『アオアシ』のキャラのモデルがJ3北九州の新監督に! 描き下ろしイラストが話題</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">ギラヴァンツ北九州サポーターの皆さんへ <a href="https://t.co/7BBylWsCAQ">pic.twitter.com/7BBylWsCAQ</a></p>&mdash; 【アオアシ】公式/アニメ好評配信中&amp;単行本34集12/27発売! (@aoashiofficial) <a href="https://twitter.com/aoashiofficial/status/1736584831436484676?ref_src=twsrc%5Etfw">December 18, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.12.19 23:15 Tue

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly