磐田がベテランDF今野泰幸やユースから昇格し初ゴールのFW三木直土ら14名と契約更新

2020.12.29 15:43 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ジュビロ磐田は29日、14名との契約更新を発表した。

今回契約更新が発表された14選手は、GK八田直樹(34)、MF今野泰幸(37)、DF大井健太郎(36)、MF大森晃太郎(28)、MF山田大記(32)、MF松本昌也(25)、FW三木直土(19)、GK杉本大地(27)、DF中川創(21)、DF小川大貴(29)、MF藤川虎太朗(22)、FW吉長真優(18)、MF清田奈央弥(19)、GK三浦龍輝(28)となった。

八田は今シーズンのJ2で守護神を務め27試合に出場。ベテランの今野は出場機会に恵まれなかったが、鈴木政一監督就任後は3バックの一角として起用され6試合に出場、大井は25試合に出場し3得点を記録した。

大森は1試合を除く41試合に出場し4得点、山田は40試合に出場し3得点、松本は36試合に出場し2得点、小川は41試合に出場し1得点を記録し、レギュラーとしてチームを支えた。

その他、今季磐田U-18から昇格した三木はプロ初ゴールを記録するなど15試合出場で2得点、同じく昇格した清田は3試合出場、成立学園高校から今季加入した吉長は5試合に出場した。また、杉本は8試合に出場、中川は3試合で1得点、藤川は18試合で2得点、三浦は出場機会がなかった。

関連ニュース
thumb

磐田が早稲田大学のMF植村洋斗の2024シーズン加入を発表、横浜FMの下部組織出身

ジュビロ磐田は7日、早稲田大学のMF植村洋斗(20)の2024シーズンの加入内定を発表した。 植村は横浜F・マリノスの下部組織出身。プライマリー、ジュニアユースを経て、日本大学藤沢高校に進学。その後、早稲田大学に進学し、現在3年生だ。 U-20日本代表候補に選ばれ、2022年は全日本大学選抜に選ばれていた。 今シーズンの関東大学サッカーリーグ1部で11試合に出場し1アシストを記録している。 磐田は植村について「高い基本技術と、状況判断の良さ、中盤の位置からボールを前に運んでいける推進力がある。ボール奪取力もこの1年間で大きく向上しており、攻守において存在感を発揮するボランチ。また中盤の複数ポジションを担える、ポリバレント能力を併せもつ選手」とプレーの特徴を紹介している。 植村はクラブを通じてコメントしている。 「2024シーズンからジュビロ磐田に加入することになりました、早稲田大学の植村洋斗です。小さい頃からの夢であったプロサッカー選手としてのキャリアをスタートできること、そのスタートをジュビロ磐田という素晴らしい輝かしい歴史と伝統のあるクラブで始められることを非常に嬉しく思います」 「いつからサッカーを始めたのか思い出せないほど、小さなときからサッカーはいつも身近な存在でした。サッカーをこれまでやってきた中で、多くの学びがありました。高校では仲間の大切さを学びました。自分が大怪我をしたとき、チームメイト達が連絡をくれ励ましてくれたこと、自分の復帰を待っていてくれたことは自分の支えとなりました」 「大学では多くの壁にぶつかった中で、自分と向き合うことの大切さを学びました。試合に全く出られなくなった時期、自分のミスを認めようとしないことや周りからの意見をプライドが邪魔をし中々聞かなかった時期、同期全員から自分の弱さを突き付けてもらう中で、試合に出られるために何が自分に足りないのか、自分自身に向き合い、行動に移すことで結果が出るようになり、今の自分に繋がっていると感じます。残りの大学生活、早稲田の10番としてチームを引っ張っていき、さらに成長したいと思います」 「自分のプレーの特徴は中盤からボールを前に運ぶドリブル、ボールを持った際のアイデアです。ジュビロ磐田の選手として自分のプレーで多くの人を魅了し、チームの勝利に貢献していきたいです。ジュビロ磐田の為に自分の持っているすべてを全力で表現していきます。そしてジュビロ磐田の中心となり、チームを引っ張っていく存在になります」 「これまで自分を支えてくださった指導者の方々、チームメイト、友人、そして家族。自分に関わっていただいた全ての方々には感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます」 「最後に改めて、ジュビロ磐田のファン・サポーターの皆様、関係者の皆様、ジュビロ磐田に関わる全ての皆様、よろしくお願いします!」 2022.07.07 10:25 Thu
twitterfacebook
thumb

山岸のゴールを守り切った福岡、磐田を退け6試合ぶり白星【明治安田J1第20節】

明治安田生命J1リーグ第20節、ジュビロ磐田vsアビスパ福岡が6日にヤマハスタジアムで行われ、0-1で福岡が勝利した。 16位の磐田と14位の福岡による下位対決。前節の磐田はサンフレッチェ広島に完敗し、3試合ぶりの黒星。一方の福岡はFC東京とドローに持ち込んだが、リーグ戦5試合未勝利の状況だ。 立ち上がりに攻勢に出たのはアウェイの福岡。立て続けにCKのチャンスを獲得し、磐田を押し込んでいく。ただ、7分のCKは味方が頭で合わせるもジャストミートできず、12分の奈良のクロスから鈴木が頭で合わせたシュートも枠を捉えることができなかった。 押され気味の磐田だが、黒川を中心に徐々に攻撃を仕掛けていく。しかし、精度が低く、なかなかシュートに結びつけることができない。左CKのシーンでは、上原のクロスからファーサイドで待ち構えていた鈴木がダイレクトボレーを試みたが、枠に収めることができず。 互いに枠内シュート0で迎えた後半、51分に磐田がビッグチャンスを迎える。右サイドのFKで上原のクロスを大井が折り返し、最後は黒川がボックス右からシュート。至近距離からのシュートだったが、J1リーグ2試合目の出場となったGK永石のビッグセーブに遭う。 立ち上がりのピンチを凌いだ福岡はその直後、ワンチャンスをものにする。味方の浮き球のパスで裏を取ったルキアンがボックス右に侵入。グラウンダーのクロスを送ると、山岸が丁寧にプッシュして先制点を挙げた。 ようやく均衡が破れた一戦。磐田も55分、金子がボックス右から入れたクロスのこぼれ球を鈴木がダイレクトで狙ったが、ここもGK永石の左手一本によるビッグセーブが炸裂してしまう。 その後は互いにチャンスなく試合は推移。選手同士がヒートアップする場面も見られた一戦は、最後まで山岸のゴールを守り切った福岡が逃げ切り、6試合ぶりの白星を手にした。 ジュビロ磐田 0-1 アビスパ福岡 【福岡】 山岸祐也(後7) 2022.07.06 21:31 Wed
twitterfacebook
thumb

「病院のデータ上ほぼ0」磐田FW大津祐樹が突発性難聴の“奇跡”の完治を報告「早期治療の大切さと諦めずにできる治療はすべて行ってほしい」

突発性難聴と診断され離脱していたジュビロ磐田の元日本代表FW大津祐樹が、完治したことを報告した。 6月21日、磐田は大津が耳の不調を訴えて検査を受けたことを発表。突発性難聴と診断され、復帰時期は未定だとされていた。 サポーターからは大津を支える横断幕などが出され、妻の久冨慶子さんは順調な回復をSNSで伝えていた中、大津が自身のインスタグラムを更新。無事に完治したことを報告した。 大津は、聴力検査の結果とともに、今回治療方法を細かく公表。同じ苦しみを味わっている人の力になればと、詳細を伝えた。 「ご報告です。本日の聴力検査の結果で左耳の聴力が完治しました。公表した理由の1つでもある病気と闘っている方に少しでも力になれればと思い詳細も書かせていただきます」 「まず「聖隷浜松病院でステロイド治療」を8日間行いその後東京へ行き、「東京医科歯科大学病院の高圧酸素治療」「一掌堂治療院の針治療」をほぼ毎日10日間両方ともの治療を続けました」 「僕の症状からすると入院から退院する時には正直本当に良くて50%の聴力回復しか望めないし、50%まで戻らない可能性も高いので覚悟してくださいと伝えられた状況でした」 「それがほぼ100%近い聴力回復をする事ができました。今までこの症状から回復をした人は病院のデータ上ほぼ0だったそうです」 「僕が伝えたいのは「早期治療の大切さと諦めずにできる治療はすべて行ってほしい」という事です。正直どの治療が効いたのか僕自身も分かりません。ただ諦めずに治療することで限りなく0に近い数%の可能性でもひっくり返す事ができるかもしれないという事です」 「今回治療に関わってくださったすべての方々、最初に異変に気づき病院へすぐに向かわせた妻、そしてサポーターの方々から頂いたパワーのおかげで奇跡的な回復をする事ができました。本当に感謝しています」 「ここからはチームのトレーニングに合流し、コンディションを上げピッチで感謝の気持ちを伝えれるように頑張ります!!」 「#たくさんのメッセージありがとうございました」 <span class="paragraph-title">【写真】大津が難聴の完治を報告!ファンからの激励の寄せ書きも</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cflkao1pyyZ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cflkao1pyyZ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cflkao1pyyZ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">大津祐樹/Yuki Otsu ジュビロ磐田(@o2yuki)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.07.05 10:12 Tue
twitterfacebook
thumb

広島が前節の黒星を払拭する無失点快勝! ホームで磐田に3発【明治安田J1第19節】

明治安田生命J1リーグ第19節、サンフレッチェ広島vsジュビロ磐田が2日にエディオンスタジアムで行われ、3-0で広島が勝利した。 前節まで4連勝と快調だった広島は、3日前の先月29日に延期されていた第15節のガンバ大阪戦を行った。相手は4連敗と不振にあえでいたが、広島は連戦の疲れからか、相手の個人突破に後手に回される展開に。不運な形で失点が続き、7試合ぶりの黒星を喫した。 一方の磐田は、6月25日に行われた第18節では川崎フロンターレとドロー。王者相手に最少失点で試合を進めた中、終盤にCKから伊藤がJ1初ゴールを挙げて、引き分けに持ち込んだ。天皇杯も含めると、現在は4戦負け無しという状況だ。 スタメンに関しては、広島はほぼ固定メンバーそのままで臨む。G大阪戦で右ヒザを負傷し、全治6週間と診断されたドウグラス・ヴィエイラに代わって棚田がベンチ入りしている。磐田は前節から2人変更。松本と杉本が外れ、鈴木と小川が入っている。 両チーム合わせて最初のチャンスは5分。右サイドからアーリ―クロスがボックス左に走る小川に繋がり、胸トラップからシュートへ。しかし、威力が弱くGKの正面に飛んだ。 対して、8分の森島のミドルシュートが初シュートとなった広島は12分、味方のパスに抜け出したベン・カリファが倒されゴール正面でFKを獲得。名古屋グランパス戦で直接決めた野津田に期待がかかったが、今回は枠を大きく外す一発となった。 徐々に攻勢を強める広島は18分、敵陣右サイドのポケットを突く森島に見事なロングパスが通ると、マイナス方向へグラウンダーで折り返し。ここに飛び込んだ松本がダイレクトで抑えの利いた強烈なシュートを放ったが、GK三浦のビッグセーブに阻まれた。 しかし、その4分後の22分、攻める広島が敵陣左サイドでFKを獲得。満田が右足でクロスを入れると、荒木が頭で合わせてネットを揺らした。 その後、攻勢を続ける広島は、満田や佐々木がミドルシュートで果敢にゴールを狙う。どれも枠を捉えるものの、ことごとくGK三浦の正面に飛んでしまう。 1点ビハインドで後半に入る磐田は、山本義道と鹿沼を下げてジャーメイン良と山本康裕を投入。47分にその山本康裕のクロスを吉長が頭で合わせて早速シュートシーンを迎えた。 50分には相手の不十分なクリアを高い位置で拾い、ジャーメイン良がフィニッシュへ。ここもチャンスだったがGKにキャッチされた。 良い入りを見せる磐田だが、大森がシュートの際に足を痛めてプレー不可能に。54分に杉本と交代となった。 しばらく劣勢の広島だったが、55分のゴール正面からのFKで流れを断ち切り、63分には右サイドの深い位置で再びFKを獲得。野津田が左足でクロスを上げると、ニアで佐々木が頭で合わせて追加点を挙げた。 これで勝利を大きく手繰り寄せたホームチームは、68分に相手のゴールキックをはね返すと、ボールはそのままゴール前の森島のもとへ。GKと一対一となった森島は冷静に流し込んだ。 これで勝利を決定的なものにした広島。77分には満田のスルーパスから途中出場のジュニオール・サントスが最終ラインを突破。完全にフリーでGKと一対一の局面を迎えたが、丁寧に右上を狙ったシュートを枠に収めることができず。オフサイドだったためどちらにせよゴールとはならなかったが、印象の悪い外し方となってしまった。 一方、意地を見せたい磐田は79分に鈴木のシュートがポスト直撃。ただ、攻撃は単発に終わってしまう。 その後、広島は高卒ルーキーの棚田を投入。棚田はこれがJ1デビューとなる。また、終盤に投入された今津も今季のJ1初出場となった。 そして、最後まで危なげないパフォーマンスで試合をクローズ。G大阪戦の敗戦を払拭する快勝を収めた。 サンフレッチェ広島 3-0 ジュビロ磐田 【広島】 荒木隼人(前22) 佐々木翔(後18) 森島司(後23) 2022.07.02 20:30 Sat
twitterfacebook
thumb

家族で誕生日を祝った久冨慶子アナ、突発性難聴の夫・大津祐樹の状態も報告「健康第一!!」

テレビ朝日のアナウンサーである久冨慶子さんが34歳のバースデーを迎え、家族で祝ったようだ。 2012年にテレビ朝日に入社。『やべっちFC〜日本サッカー応援宣言〜』のキャスターを務める中、2018年1月1日に元日本代表MF大津祐樹と結婚。2021年2月に第1子が誕生し、現在は産休中となっている。 度々家族の仲睦まじい様子をインスタグラムで投稿してくれている久富さんだが、27日に34歳のバースデー。家族で祝ったようだ。 インスタグラムには大津と息子と共にケーキを持った久富さんの姿が。満面の笑みでケーキを持つ1ショットも投稿されている。 現在大津は突発性難聴を発症して離脱中。久富さんは誕生日を報告するとともに、大津の状況も報告した。 「今月27日に34歳の誕生日を迎えました!」 「先日夫が突発性難聴になりとても心配な日々が続いていましたが、お陰様で少しずつ回復してきています。改めて家族の大切さを感じた出来事でした」 「健康第一!!暑い日が続いていますが皆様お身体大切にされてください」 <span class="paragraph-title">【写真】久富アナ、大津と息子とケーキとの幸せショット!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CfbHUhhJKBS/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CfbHUhhJKBS/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CfbHUhhJKBS/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">久冨慶子(@keiko0hisatomi)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.06.30 22:10 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly