【プレイバック2020】シティがFFP違反!新型コロナの猛威でJリーグが中断《2020年2月》

2020.12.21 20:30 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
残すところあとわずかとなった2020年。今年は新型コロナウイルスの感染拡大による各リーグの延期や中止、さらには無観客試合など、サッカー界にとっても未曾有の1年となった。

今年も様々な注目すべき出来事が起こった中、今回は「超ワールドサッカー」で人気があったトップニュースを1月~12月まで1カ月ごとにプレイバック。今年のサッカー界を振り返っていく。

2020年2月

◆メッシが珍しく反論 アビダルの発言に「名前を出せ」(2020/2/5)

当時バルセロナのスポーツ・ディレクターを務めていたエリック・アビダル氏が、インタビューのなかで、エルネスト・バルベルデ氏の解任理由としてドレッシングルームでの怠慢を挙げ、多くの選手が不満を抱き、内部のコミュニケーションも不十分だったと話した。

それに対し、自らの主張を大々的にする印象のないアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが反論した。

「正直、こんなことをするのは好きじゃないけど、誰もが自らのタスクと上が下す決断に責任を負わなくちゃいけない。そのなかにピッチ上のことも含まれるけど、うまくプレーできていないとき、真っ先に非を認めるのは僕ら選手だ。上の人たちだって、自分たちが下す決断に対して、責任を負わないといけない。最後に、選手について話をするなら、名前を出すべきだ。そうじゃないと、ゴシップとして拡散されてしまう。その多くが真実じゃない」

◆シティに衝撃! FFP違反で今後2季にわたってCL締め出しへ! (2020/2/15)

欧州サッカー連盟(UEFA)は、マンチェスター・シティがファイナンシャル・フェア・プレー(FFP)に関し、重大な違反を犯しているとして、今後2シーズンにわたって欧州の大会から締め出すことを発表した。また、2500万ポンド(約35億7000万円)の罰金も科された。

UEFAによると2012年から2016年にかけてのスポンサー収入を水増ししていたとのことだったが、これを不服とした同クラブは、スポーツ仲裁裁判所(CAS)に異議申し立てし、7月に出場禁止処分の撤回と罰金の減額が決まった。

◆Jリーグ、新型コロナウイルスの影響で3月15日までの公式戦全94試合の延期が決定(2020/2/25)

2月25日の午前中、Jリーグは26日に開催予定だったYBCルヴァンカップ第2節の全7試合(1試合は元々3月開催予定)の延期を発表。新型コロナウイルスの感染拡大を防止する策としての対応だと発表した。

その際、Jリーグは3月15日(日)までに開催予定のすべての公式戦の開催延期について理事会で起案すると発表。その起案が通り、3月15日までの公式戦を中止とし、日程を改めることが決まった。

結果的には、その後も新型コロナウイルスの猛威は収まらず、6月27日にJ2再開、J3開幕、7月4日にJ1が再開した。


他にも、注目を集めたニュースは国内外で様々。サポーターたちが一喜一憂する出来事が多く起こっている。

・年間52億円も稼ぐ監督は誰だ? 2位とは24億円差とダントツ
・復帰間もないアザール、またも離脱…右足腓骨の亀裂骨折で今季のほとんどを欠場か
・トゥールーズ昌子 源がJリーグ復帰 “古巣”G大阪に電撃移籍
・ベルナベウでペップ・シティが逆転勝利! マドリーは主将退場で試練に《CL》
・リバプールが苦しみながらも逆転勝利で44戦無敗&18連勝!《プレミアリーグ》

関連ニュース
thumb

【サッカー迷珍場面】警備の薄さを利用? マジョルカvsバルセロナに10代男性が乱入「メッシと写真を」

新型コロナウイルス(COVID-19)に年間を通して悩まされた2020年。新年を迎えたものの、その猛威は続いており、今までとは違う正月を過ごしていることでしょう。 そこで、超ワールドサッカー編集部が新年初笑いをお届け!厳選した2020年の笑撃珍プレーを、改めてご紹介するシリーズ。存分に笑っていただければと思います。 <div id="cws_ad">◆ジダンと言えばこのゴール!<div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJIVlNOR0VCRCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 【2020年6月13日の出来事】 6月13日に行われたラ・リーガ第28節のマジョルカvsバルセロナ。日本では、ラ・リーガの再開とともに、日本代表MF久保建英(現ビジャレアル)が古巣のバルセロナと対戦するとあって注目を集めたが、その試合で最も注目を集めたのは別の男だった。 試合の54分、ピッチに若い男が突如乱入。新型コロナウイルス(COVID-19)の影響もあり観客はいないはずだが、見知らぬ男がピッチに現れ、警備員に確保され、ピッチを去って行った。 フランス出身でマジョルカ島に在住している男性。10代の少年だったという。 スペイン『ムンド・デポルティボ』は、その少年がどのようにしてスタジアムに侵入し何が目的だったかを取材。リオネル・メッシと写真を撮る計画を遂行したことが判明した。 「僕はそれをコロナウイルスの前から計画していた。メッシは僕のアイドルだ」 「試合が中断される前から、僕の考えはメッシを一緒に写真を撮ることだった。僕の夢は彼と一緒に写真を撮り、彼に会うことだ。しかし、最初に僕はジョルディ・アルバを見て、彼と写真を撮った。それから僕はメッシに行った。しかし、ウイルスのため、写真は撮れなかった。その後、警察は僕に全てを削除させた」 「彼らは僕に写真を削除させ、詳細に僕のことを記した文書に署名させた。彼らは、罰金があるかどうかを連絡してくる」 「僕は何人かの友人と一緒にいて、40分に到着した。約2メートルのフェンスを飛び越え、スタンドから階段を降りてピッチに行った」 年に何度か起こるピッチへの迷惑な乱入。新型コロナウイルスの影響でスタジアムが警備を薄くしていることが裏目に出る形となった。 2021.01.03 15:00 Sun
twitterfacebook
thumb

【サッカー迷珍場面】グルノーブルGKがJリーグ伝説のオウンゴールを完コピ? スローイングが直接ゴールに

新型コロナウイルス(COVID-19)に年間を通して悩まされた2020年。新年を迎えたものの、その猛威は続いており、今までとは違う正月を過ごしていることでしょう。 そこで、超ワールドサッカー編集部が新年初笑いをお届け!厳選した2020年の笑撃珍プレーを、改めてご紹介するシリーズ。存分に笑っていただければと思います。 【2020年2月27日の出来事】 リーグ・ドゥ(フランス2部)のカーンvsグルノーブルでアウェイチームのGKによる衝撃的なオウンゴールが生まれた。イギリス『Caught offside』が伝えた。 今回、衝撃的なオウンゴールを献上してしまったのはグルノーブルのフランス人GKブライス・モーブル。 17分にチームが先制点を奪われた直後の18分、モーブルは自陣のボックスから味方にスローイングでボールを繫ごうとしたところ、相手のマークによって投げるのをやめようとした際、うまくコントロールできず、ボールがそのままゴールネットに向かう。 必死の反応でゴールライン付近でボールをかき出そうとしたもののわずかに間に合わず。モーブル含めグルノーブル陣営は素早いリスタートでごまかそうとしたが、主審はモーブルのオウンゴールによるカーンのゴールを認めた。 非常に珍しい形でのオウンゴールとなったが、昔からJリーグを見てきたサッカーファンにとっては既視感のあるモノと言えるかもしれない。 そのオウンゴールとは2004年5月22日に行われたJ1リーグのサンフレッチェ広島vs柏レイソルで、当時柏の守護神を務めていた元日本代表GK南雄太が自軍ゴールに投げ入れた、あのJリーグ史に残る伝説のオウンゴールだ。 両者を比べると、若干の違いはあるものの、ほぼ完コピといえるオウンゴールとなった。 ※画像はイメージ <div id="cws_ad">◆あのゴールを完コピ?<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr">Buuuuuuuuuut de Brice Maubleu, le joueur de 30 ans qui marque, c’est exceptionnel merci <a href="https://twitter.com/GF38_Officiel?ref_src=twsrc%5Etfw">@GF38_Officiel</a> <a href="https://t.co/xPN8K5A0wO">pic.twitter.com/xPN8K5A0wO</a></p>&mdash; (@_Axolt_) <a href="https://twitter.com/_Axolt_/status/1233481370082652160?ref_src=twsrc%5Etfw">February 28, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> </div> 2021.01.03 09:00 Sun
twitterfacebook
thumb

【サッカー迷珍場面】ラグビー選手が乱入!? 北マケドニアで衝撃の茶番劇、ドリブルするボールに別のボールを投げつける

新型コロナウイルス(COVID-19)に年間を通して悩まされた2020年。新年を迎えたものの、その猛威は続いており、今までとは違う正月を過ごしていることでしょう。 そこで、超ワールドサッカー編集部が新年初笑いをお届け!厳選した2020年の笑撃珍プレーを、改めてご紹介するシリーズ。存分に笑っていただければと思います。 <div id="cws_ad">◆ジダンと言えばこのゴール!<div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJIVlNOR0VCRCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 【2020年2月27日の出来事】 北マケドニアの1部リーグで、見たこともない茶番劇が起こった。イギリス『ガーディアン』が伝えた。 舞台となったのはマケドニア・ジョルチェ・ペトロフvsアカデミア・パンデフの一戦。この試合で、サッカーとは思えない光景を目にすることとなった。 0-0で迎えた65分、マケドニア・ジョルチェ・ペトロフのFWアレン・ジャサロスキが左サイドをドリブルで持ち上がると、アカデミア・パンデフのDFステファン・コストフが追いかける。 すると、あっさり切り返され、フリーとなったジャサロスキがシュート。と思ったら、急に選手の足が止まる事態に。するとジャサロスキが主審へと何かを訴え、詰め寄った。 このシーンをリプレイで見ると、追いかけていたコストフはなぜか小脇にボールを抱えている状態。さながら、ラグビーでトライを目指す選手のような状態から、持っていたボールを投げ、ジャサロスキがドリブルしていたボールに当てたのだ。 コストフがなぜボールを持っていたか分からないが、恐らくスローインの流れで持っていたのだろう。ボールは見事にジャサロスキの足元のボールに命中し、どちらが本物のボールか一瞬分からない状態になっていた。 当然、こんなプレーが許されるはずもなく、コストフはレッドカードを提示され一発退場に。チームはその後失点し、試合にも敗れコストフとしては何ともきまりが悪い結末となってしまった。 <div id="cws_ad"><script>var video_id = "ZyCGKgk0hPU";</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script></div> 2021.01.02 19:00 Sat
twitterfacebook
thumb

【サッカー迷珍場面】アーセナルの試合前集合写真に“12人目”? 迷子のエスコートキッズが飛び入り

新型コロナウイルス(COVID-19)に年間を通して悩まされた2020年。新年を迎えたものの、その猛威は続いており、今までとは違う正月を過ごしていることでしょう。 そこで、超ワールドサッカー編集部が新年初笑いをお届け!厳選した2020年の笑撃珍プレーを、改めてご紹介するシリーズ。存分に笑っていただければと思います。 【2020年2月20日の出来事】 サッカーの試合前は百戦錬磨の選手たちにとっても緊張が張り詰めるものだ。それを愛くるしい表情や行動で和ませてくれるのが、エスコートキッズやマスコットキッズと呼ばれる子供たちの存在。2月20日に行われたヨーロッパリーグ(EL)でアーセナルの選手たちはそのアシストを受けることになった。イギリス『フットボール・ロンドン』が伝えた。 アーセナルは、敵地で行われたヨーロッパリーグ(EL)ラウンド32・1stレグでオリンピアコスと対戦し、FWアレクサンドル・ラカゼットによる後半終盤のゴールによって1-0のスコアで先勝した。 同試合では試合前の集合写真撮影の場面では1人の可愛いエスコートキッズの少年による珍しいハプニングが起こっていた。 通常、エスコートキッズは両チームの先発選手と共に手を繫いでピッチに入場し、アンセムを聞いた後に対戦相手と選手が握手をかわした流れでピッチを走って去る流れになっている。 だが、今回の試合では1人の少年が緊張で事前の指示を忘れてしまったのか、周囲のエスコートキッズが一目散にピッチを後にした中、1人ピッチに残って完全に迷子のような状態に。さらに、同少年は先ほどまで手を繫いでいたアーセナルの選手たちに助けを求めようとしていたのか、試合前の集合写真のためにスタンバイしていた選手たちを不安そうに見つめていた。 このハプニングに機転を利かせたのが、MFマッテオ・グエンドウジやFWガブリエウ・マルティネッリ、MFジョー・ウィロックの若手3選手。3選手は少年に対して「ここに来なよ」と、前列のマルティネッリとウィロックの間のスペースを指さし、記念撮影に参加するようにお膳立て。 そして、明らかに事情は理解していなかった少年はアーセナルの“12人目”として記念撮影に参加。その後、アーセナルの選手と運営スタッフの誘導によって同少年は無事に他のエスコートキッズと合流することができた。 なお、この迷子のエスコートキッズが起こした可愛いハプニングによって緊張なく試合に臨めたアーセナルは、難所ギリシャの地から勝利という最高の結果を持ち帰ることができた。 2021.01.02 15:00 Sat
twitterfacebook
thumb

【サッカー迷珍場面】ブラジルで退場回避の集団芸? こっそりと替え玉敢行も…

新型コロナウイルス(COVID-19)に年間を通して悩まされた2020年。新年を迎えたものの、その猛威は続いており、今までとは違う正月を過ごしていることでしょう。 そこで、超ワールドサッカー編集部が新年初笑いをお届け!厳選した2020年の笑撃珍プレーを、改めてご紹介するシリーズ。存分に笑っていただければと思います。 <div id="cws_ad">◆ジダンと言えばこのゴール!<div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJIVlNOR0VCRCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 【2020年2月14日の出来事】 現在、VARの普及によってシミュレーションなどの不正行為は非常にリスクのあるプレーとなっているが、まだまだ牧歌的な雰囲気も残るブラジルで珍プレーがあった。イギリス『Caught offside』が伝えた。 珍プレーが起きたのは、2月14日に行われたコパ・ド・ブラジルのサイライムンドvsクルゼイロ。最終的にクルゼイロの勝ち上がりとなったこの一戦だったが、後半半ば過ぎの77分にクルゼイロのDFエドゥが退場した場面で集団芸が行われることになった。 ルーズボールの競り合いの場面でエドゥが相手選手にアフター気味にヒップタックルを見舞い、主審は即座にイエローカードを掲示。その後、激しい接触でエドゥが足を痛めた様子をみせ、時間を稼いだ。 実はエドゥはこの試合ですでに1枚カードをもらっていたが、主審はすぐにそのことに気付かず、エドゥの回復を待っていたこともあり、試合は中断。すると、クルゼイロ陣営は主審を囲んでエドゥの身体を隠しつつ起き上がらせ、代わりに別の選手が足を痛めた仕草を見せながらエドゥが倒れていたポジションにこそっと移って替え玉になるという手段芸を見せた。 しかし、渾身の集団芸は実らず、ファウルを犯した選手がエドゥであることをしっかりと認識していた主審は迷わず、同選手にレッドカードを掲示した。 幸い、数的不利を乗り越えて何とか勝ち抜けに成功したクルゼイロだが、映像技術が発達した現代においては正直にいたほうが良さそうだ。 <div id="cws_ad">◆こっそりと替え玉敢行も…<div style="width: 100%; height: 0px; position: relative; padding-bottom: 56.250%;"><iframe src="https://streamable.com/s/zurhc/wwzmsx" frameborder="0" width="100%" height="100%" allowfullscreen style="width: 100%; height: 100%; position: absolute;"></iframe></div></div> 2021.01.02 09:00 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly