清水がJ・ドゥトラや六平光成、金井貢史ら6選手と契約満了

2020.12.13 16:50 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
清水エスパルスは13日、FWジュニオール・ドゥトラ(32)、MF六平光成(29)、DF金井貢史(30)、GKネト・ヴォルピ(28)、DF伊藤研太(21)、FW平墳迅(21)の6選手との今季契約満了を発表した。かつて京都サンガF.C.や鹿島アントラーズでもプレーしたジュニオール・ドゥトラは2019年夏にコリンチャンスから加わり、7年ぶりにJリーグ復帰。今季はここまで明治安田生命J2リーグ19試合の出場で5得点を記録している。

六平は中央大学卒業の2013年から清水でプレー。それ以降、清水一筋のキャリアを歩み続け、今季もここまで14試合に出場しているが、今季限りで新たな道を歩むこととなった。


金井は横浜F・マリノスでプロキャリアをスタートさせ、サガン鳥栖やジェフユナイテッド千葉、名古屋グランパスを経て、清水に今季入団。13試合に出場して2ゴールを記録している。

ネト・ヴォルピはコロンビアのアメリカ・デ・カリから今季加入。正守護神としての活躍が見込まれての清水入りだったが、負傷離脱もあり、開幕戦の1試合でプレーするにとどまっている。

伊藤は清水の下部組織出身で、2018年にトップチーム昇格を果たしたが、今季もYBCルヴァンカップ3試合の出場のみ。同じく2018年に清水の下部組織からトップチーム昇格の平墳は今季途中から藤枝MYFCに育成型期限付き移籍したが、先日に期間満了を発表。このたび、保有権を持つ清水とも契約満了となった。

今季限りで清水を退団する各選手はクラブの公式サイトを通じて次のように別れのコメントを残している。

◆ジュニオール・ドゥトラ
「清水エスパルスの選手として最後の1週間になります。感謝の気持ちしかありません。初日から選手たち、スタッフ、社長、強化部、洗濯してくれる人たち、バスの運転手、清水エスパルスファミリーの全ての方々、そしてもちろんサポーターの皆さんが温かく迎えてくれました。清水エスパルスでのサイクルは間もなく終わりますが、たくさんの友達ができましたし、エスパルスサポーターの愛情を沢山感じました。これからも清水エスパルスの活躍を成長を祈ってます。清水エスパルスはずっと自分の心の中に残っています。ありがとうございました。ブラジリアン侍」

◆六平光成
「8年間お世話になりました。大学生の時からずっとお世話になり、たくさんの監督やスタッフ、選手、そして自分を応援してくれる人に出会うことができ、プロとして育ててもらいました! この出会いをこれからも大切にしていき、次は敵としてアイスタで試合をできるのを楽しみに頑張っていきたいと思います! 長い間ありがとうございました!」

◆金井貢史
「1年という短い期間でしたが、お世話になりました。チームになかなか貢献出来ずに申し訳ない気持ちでいっぱいです。僕自身もっともっとレベルアップし、皆様に“頑張ってるな、いい選手だな”と思ってもらえるように頑張っていきたいと思います!残り2試合、清水エスパルスの為に全力で戦わせて下さい。本当にありがとうございました!」

◆ネト・ヴォルピ
「日本での生活は自分の人生で素晴らしい経験でした。素晴らしい人々に出会いましたし、そして競争力のあるリーグに来れて非常に良かったです。この素晴らしいリーグでまたプレーしたいです。ありがとう清水エスパルス」

◆伊藤研太
「この度、清水エスパルスを退団することになりました。ユースを含めエスパルスで過ごしたこの6年間は自分にとって、かけがえのない時間でした。熱い声援を送ってくださったサポーターの皆様には、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。自分は、まだまだ現役でサッカーを続けたいと思っているので、新たに成長した自分を見せられるように日々精神して頑張っていきたいと思います。ありがとうございました」

◆平墳迅
「静岡での6年間、幸せな時間でした。チームに貢献することができず、悔しい気持ちでいっぱいですが、これからも自分らしく、がむしゃらに突っ走ろうと思います。応援ありがとうございました」
関連ニュース
thumb

犬飼と杉岡のゴールで鹿島が名古屋を破って3連勝!相馬体制無敗継続【明治安田J1第21節】

明治安田生命J1リーグ第21節の1試合が12日に豊田スタジアムで行われ、アウェイの鹿島アントラーズが2-0で名古屋グランパスを下した。 8日のリーグ戦でセレッソ大阪に勝利し、連敗をストップした名古屋。今節も引き続いてブルーノ・コンカ氏が指揮を執る中、先発はC大阪戦から3人変更。森下、柿谷、相馬が外れ、成瀬、前田、齋藤が名を連ねた。 対する鹿島は9日のFC東京戦で2試合連続となる3-0の快勝を収め2連勝。相馬監督が就任徳島ヴォルティス戦以降は3勝1分けと常勝軍団の立ち居振る舞いを取り戻しつつある中で、今節のスタメンは6人と大幅に変更され、ディエゴ・ピトゥカがリーグ戦初先発となった。 序盤は両チームともに中盤でのプレッシャーが激しく、ボールホルダーが自由に前を向けず、相手ゴールを脅かすシーンを作り出すことができない。 18分には珍しいシーンが。こぼれ球を回収しようと走り込んだ小泉がピッチの中央付近で福島主審と接触。お腹のあたりを抑えて倒れ込んだものの大事には至らず、主審も小泉に謝罪の言葉をかけてわだかまりなく試合は続行された。 22分には名古屋がチャンスを迎える。右サイドでマテウスからボールを受けた成瀬がスルーパスを送り、前田が抜け出してGK沖と一対一に。左足でゴール左隅に流し込み、先制したかに思えたが、オフサイドディレイによって得点は認められず。 セカンドボール争いで徐々に鹿島が主導権握り始め、32分に左からのCKを得ると、永木はインスイングのクロスをゴール前へ供給する。緩やかなボールはランゲラックが難なくキャッチしたかに思えたがまさかのファンブルをしてしまい、すぐ近くにポジションを取っていた犬飼に当たってゴールイン。意外な形で犬飼のバースデーゴールが生まれ、鹿島がリードを奪う。 攻撃の糸口を見いだせない名古屋は前半のうちに選手交代。山崎を下げて柿谷を送り出し、状況の打開を図るも、ビハインドのまま前半を折り返す。 追い付きたい名古屋は、後半の頭から積極的な姿勢を見せ、51分に町田に仕掛けた前田がファウルを誘い、右サイドの敵陣深い位置でFKを獲得。ここでキッカーのマテウスが短く出して成瀬が狙う奇襲に出たが、相手に読まれて至近距離でブロックされた。56分には3枚替えを決行し、前線をさらに活性化させる。 対する鹿島は57分に松村が米本のクリアミスを拾ってゴール正面やや右からミドルを狙うも、アウトにかかって枠の右へ。62分にはこぼれ球を荒木が拾ってペナルティエリア左角付近から右足で狙うもクロスバーの上に外れる。 さらに70分にファン・アラーノに代わって上田を投入すると、直後から立て続けにヘディングシュートで相手のゴールを脅かす。81分にはワンタッチでDFを外して一対一となるも、GKランゲラックに阻まれた。 鹿島に追加点が生まれたのは86分。ペナルティエリア手前の右で松村は横パスを送り、永木が縦パスを入れて荒木がゴールエリアの左角付近で優しく落とすと、タイミング良く走り込んだ杉岡が蹴り込んでリードを広げる。 そして、最後まで運動量を落とさずにタイトな守備を続け、終盤に名古屋を突き放した鹿島が3連勝を達成した。 名古屋グランパス 0-2 鹿島アントラーズ 【鹿島】 犬飼智也(前32) 杉岡大暉(後41) 2021.05.12 21:03 Wed
twitterfacebook
thumb

三笘神話は「15」でストップ、マルティノスの起死回生弾で仙台が土壇場ドロー! 川崎FはJ1記録の21戦無敗【明治安田J1第20節】

12日、明治安田生命J1リーグ第20節の川崎フロンターレvsベガルタ仙台が等々力陸上競技場で行われ、2-2の引き分けに終わった。 ここまで開幕から15試合連続無敗の川崎F。首位を快走している状況だ。対する仙台はここまでわずかに1勝。19位と降格圏で苦しんでいる。 第2節で両者はすでに対戦しており、仙台での試合は1-5で川崎Fが圧勝していた。 川崎Fは前節のガンバ大阪戦から6名を変更。GKチョン・ソンリョン、ジェジエウ、ジョアン・シミッチ、家長昭博、レアンドロ・ダミアン、長谷川竜也が外れ、丹野研太、谷口彰悟、登里享平、小林悠、知念慶、三笘薫が入った。負傷明けの小林が先発に復帰、知念は今季2試合目の先発となった。 対する仙台は前節の浦和レッズ戦から8名を変更。GKヤクブ・スウォビィク、蜂須賀孝治、加藤千尋のみが続けて起用。フォギーニョ、照山颯人、中原彰吾、佐々木匠が初先発となった。 先手を奪われたくない仙台だったが、川崎Fがあっさりとゴールを奪ってしまう。3分、左サイドを登里がドリブルで突破。深さを取るとボックス内左からクロス。これを小林がヘディングで合わせ、川崎Fが早々に試合を動かすこととなる。 あっという間に先制した川崎Fは、その後も攻め立てる。三笘、小林、知念と前線3人がゴールに迫る。7分には車屋が遠目から引くシュート。これを知念が触ってコースが変わったが、GKヤクブ・スウォビィクがなんとか書き出す。8分には左サイドで三笘がドリブルを仕掛けて突破。ボックス内左からグラウンダーのクロスを送ると知念に合わず。それでも右サイドを上がった山根がシュートを放つがブロックされる。 仙台はなかなかチャンスを作れず。それでもCKからシュート。15分には中原が左CKからクロスを送ると、サインプレー。フリーの照山がヘディングで合わせるが、これは枠を越えていく。 川崎Fは16分にビッグチャンス。田中が鋭いパスを送ると、小林がスルー。裏で受けた山根がダイレクトでクロスを送るが、これはDFにクリアされ知念に合わない。 30分にも川崎Fがチャンス。谷口が一本のパスで右サイドの山根へ通すと、山根は素早くクロス。これに対して知念がヘディングで合わせにいくが、わずかに届かず。こぼれ球を三笘が拾いシュートを放つも、ブロックされた。 開始早々に先制を許した仙台だが、その後も押し込まれる中でしっかりと守る展開に。前半は1失点で抑えて後半に入る。 仙台はハーフタイムでこの試合が初先発だったフォギーニョ、前半終盤に足を痛めた蜂須賀を下げ、氣田亮真、シマオ・マテ投入する。 後半も川崎Fがボールを握る展開が続く中、61分に川崎Fがチャンス。ボックス右から小林がクロスを上げると、滞空時間の長いジャンプから知念がヘッド。しかし、これはシュートに力なくGKがセーブする。 なかなか追加点を奪えない川崎Fは知念と脇坂を下げて、家長昭博と塚川孝輝を投入。塚川が 72分、三笘からのパスを旗手がスルーすると小林がダイレクトでパス。これを旗手がボックス内で受けると、角度のないところからシュート。一瞬のプレーでシュートまで持って行ったが、枠を外れる。 なかなか得点が奪えなかった川崎Fだが、仙台が一瞬の隙を突く。GKからのロングボールを皆川が競り合うと落としたボールを氣田が広いドリブル開始。4人に囲まれながらもそのまま前進しボックス内からシュート。これはGK丹野がセーブするも、こぼれ球を中原が落ち着いて蹴り込み、仙台が同点に追いつく。 追いつかれた川崎Fは小林と田中を下げて、レアンドロ・ダミアンと遠野大弥を投入。勝利を目指して攻撃のカードを切る。 すると83分、登里が中に入りボールを持つとスルーパス。これに対して遠野が反応して受けようとするが、わずかに届かず。しかし、左から走り込んだ三笘がこれを受けると、GKとの一対一を冷静に沈め、川崎Fが勝ち越しに成功する。 勝ち越された仙台だったが88分にビッグチャンス。右CKからアピアタウィア久が競り勝つと混戦に。家長とGK丹野が接触しこぼれたボールを赤﨑がプッシュ。しかし、GK丹野が右足でなんとか反応し、ゴールを許さない。 アディショナルタイム3分には、川崎Fのカウンターから遠野が右に展開。ここで待っていたレアンドロ・ダミアンが早いタイミングでクロス。これに三笘が飛び込むが、わずかに合わない。 このまま川崎Fが勝利するかと思われたが、後半アディショナルタイム5分にドラマが。照山のパスを受けたマルティノスが、遠目から左足一閃。ブロックが間に合わないと、そのままネットに突き刺さり、仙台が再び同点に追いつく。 その後、川崎Fはパワープレーに出るがゴールは奪えず。仙台が追いつき、2-2の引き分けに終わった。なお、三笘がゴールを決めた試合は15連勝だった川崎Fだが、連勝がストップ。それでも大宮アルディージャが持つJ1の連続無敗記録の「21」に並んだ。 川崎フロンターレ 2-2 ベガルタ仙台 【川崎F】 小林悠(前3) 三笘薫(後38) 【仙台】 中原彰吾(後29) マルティノス(後50) 2021.05.12 21:03 Wed
twitterfacebook
thumb

カウンター炸裂の広島が7試合ぶり勝利! G大阪は10試合でわずか1勝【明治安田J1第20節】

明治安田生命J1リーグ第20節、ガンバ大阪vsサンフレッチェ広島が12日にパナソニックスタジアム吹田で行われ、1-2で広島が勝利した。 AFCチャンピオンズリーグの日程との兼ね合いから前倒し開催となる一戦。前節は川崎フロンターレに完敗したG大阪は、ここまでわずか1勝に加え総得点も「1」と、開幕から続く長い不調から抜け出せずにいる。 対する広島も、前節はサガン鳥栖とゴールレスドローに終わり6戦未勝利。直近5試合ではG大阪よりも勝ち点が少ない状況だ。 互いに前節からスタメンを4人変更。6試合ぶりに宇佐美をベンチスタートとしたG大阪がポゼッションを高めていく入りに。広島は速攻から何度か浅野がゴール前に抜け出すが、オフサイドが続いてしまう。両チームとも思うようにシュートシーンまで運べない中、先にアウェイチームがチャンスを作る。 18分、自陣左サイドでボールを持ったハイネルが逆サイドへロングボールを供給。これで高い位置をとった森島が味方の攻め上がりを待って右サイドをオーバーラップしてきた野上へ。野上はこれをダイレクトで上げると、飛び込んだジュニオール・サントスが頭で合わせたが、惜しくも枠の上に外れた。 35分には、左サイドを突破した藤井のクロスを再びジュニオール・サントスが頭で合わせるも、今日が35歳の誕生日というGK東口が足で反応。咄嗟に右足を動かし、相手の決定機を阻止した。 それでも徐々にゴールに近づく広島は、その直後の36分に均衡を破る。敵陣左サイドで得たFKの場面。森島が右足でクロスを上げると、フリーとなっていた佐々木が頭で合わせて先制点を奪った。 しかしG大阪も44分、左CKのシーンでチュ・セジョンが右足で入れたクロスをファーサイドの一美がヘディングシュート。地面に叩きつけたシュートにGK大迫も弾き切れず、ボールはゴールラインを割って、試合は振り出しに戻った。 互いに交代なしで迎えた後半。まず広島は51分、森島のパスからジュニオール・サントスがボックス右に侵入。クロスはGKに阻まれてしまったものの、こぼれ球を拾った浅野がボックス中央からシュート。決定機だったが、ゴール寸前で奥野にブロックされてしまった。 ここからG大阪に流れが傾いたが、迎えた65分、G大阪のCKを跳ね返した広島は、柏、ジュニオール・サントスと繋いでカウンターを発動。左サイドのハーフウェイラインまで運んだジュニオール・サントスは右足アウトサイドを使って右サイドに展開すると、駆け上がってきた川辺が勢いを持ってボックス右へ侵入。そのまま右足を振り抜き、強烈なシュートをネットに突き刺した。 このゴールを機に、広島は浅野と柏を下げて鮎川とエゼキエウを投入。G大阪も一美、パトリック、チュ・セジョンに代わり、宇佐美、レアンドロ・ペレイラ、山本と、一挙に3選手を入れ替えた。ホームチームはさらに、78分に井手口を下げてデビュー戦となるウェリントン・シウバを送り込んだ。 その後もボールを持つG大阪と、カウンターで応戦する広島という構図のまま、一進一退の攻防が続く。終盤に入っても広島は攻めの姿勢を崩さず追加点を狙いにいく。 そして、残り時間を上手く進めた広島が1-2で逃げ切り。7試合ぶりの勝利を挙げた。一方のG大阪は5試合未勝利となった。 ガンバ大阪 1-2 サンフレッチェ広島 【G大阪】 一美和成(前44) 【広島】 佐々木翔(前36) 川辺駿(後20) 2021.05.12 20:00 Wed
twitterfacebook
thumb

緊急事態宣言継続でも有観客試合を国が推奨?/六川亨の日本サッカーの歩み

何かと慌ただしい週の始まりだった。10日はNPB(日本野球機構)とJリーグの31回目となる「新型コロナウイルス対策連絡会議」が開催された。スポーツニッポンは浦和が酒井宏樹を獲得と報じ、夕方には神戸が“「イニエスタ選手に関する重要な記者会見」のライブ配信実施のお知らせ”を発信した。 会見は11日の14時からだが、神戸とイニエスタの契約は今年で切れる。このため契約延長か、あるいは昨シーズンのACLで負傷し、手術までした大腿が悪化して、今シーズン限りで現役引退かとの憶測が流れた。 その11日は13時からJリーグの実行委員会後の会見があったが、Jリーグも心得ていたのだろう。14時ちょっと前に会見を終え、神戸の会見に支障がないよう配慮した。 イニエスタに関して言えば、すでに報じられているように2年間の契約延長となった。当日37歳となったイニエスタは、2年後は39歳になる。カズや中村俊輔のような例もあるが、彼らは特別だろう。恐らく2年後のシーズンが終わったところで引退を表明するのではないか。 逆算するなら、イニエスタのプレーが見られるのはあと2年しかない。このため復調すればするほど、改めてイニエスタのプレーは注目を集めるに違いない。緊急事態宣言の出されている兵庫県だけに、5000人しかスタジアムに入れないのは神戸ファンにとっても寂しいことだろう。 その緊急事態宣言について、対策連絡会議では斉藤コミッショナーから会見の冒頭に大胆な発言が飛び出した。4都府県の宣言が5月31日まで延長されたことを受け、「31日までにコントロールできるのか。年間スケジュールを立てている組織は、その都度政府と交渉しないといけない。プロ野球は、無観客ならやる意味があまりない」と断言したのだ。 これには村井チェアマンも同調し、「国民の健康が大前提でも、プロは試合を消化するだけでなく、お客さんとの相互作用、生き甲斐や、やり甲斐になる。対策を講じ94~95パーセントは封じるエビデンスができた。去年の選手の感染数を越えたが、オンサイト検査とPCR検査で去年よりバージョンアップしている」と1年間の成果を強調した。 こうした実績が評価されたのかどうかは後述するとして、4都府県に緊急事態宣言が発令されている間、5月1日のFC東京対横浜FM(味スタ)や5日のルヴァンカップ、神戸対FC東京(ノエスタ)は無観客で、リモートマッチで開催された。 ところが緊急事態宣言が継続され、新たに加わった県があるにも関わらず、5000人か収容人数50パーセントの少ない方での有観客試合が認められた。 このことに関して斉藤コミッショナーは「今回は政府の方が緊急事態宣言を継続するなかで、一部緩和策が政府からリリースされた」と、政府が自ら緩和したことを明らかにした。最初の緊急事態宣言では無観客なのに、継続した緊急事態宣言下では有観客に変わっている。この差(矛盾)はどこにあるのだろうか。 変わったのはそれだけではない。例えば私事で恐縮だが、よくシニアの東京都リーグで使用する、西が丘サッカー場の近くにある赤羽スポーツの森という人工芝のサッカー場がある。ここは最初の緊急事態宣言で11日まで使用禁止になった。ところが宣言が継続される12日からは使用が認められた。恐らく施設は東京都ではなく北区のものだからだろう。 テレビでも、東京都美術館(上野)や江戸東京博物館(両国)ら都立の施設は小池都知事の要請により5月31日まで休館となっている。それに対し東京国立博物館(上野)や東京国立近代美術館(竹橋)は休館を止めるという。国立の博物館や美術館を管理する文化庁の職員は「密にならないし、会話もないので休館にする理由がわからない」とテレビの取材に答えたそうだ。 そこで調べたところ、確かに東京都の施設は5月31日まで休館を延長すると、国立の施設はいずれも5月12日から再開したり、夜間の開館を始めたりするとホームページに出ていた。 考えられる理由は1つしかない。NPBやJリーグの要請以上に、国としては五輪開催のためにも観客を入れたスポーツイベントを開催することで、安全性を証明したいのだろう。 対策連絡会議でも三鴨廣繁ドクター(愛知医科大学)は「五輪を開催か中止か。7~8割の世論は反対している。止めるのは簡単だが、準備を進めないと開催できない」と理解を示した。 IOC(国際オリンピック委員会)のバッハ会長の来日が延期され、聖火リレーのたび重なる予定変更などで、いつの間にかすっかり“悪者”になってしまった東京五輪。ちょっと可哀想な気がしないでもない。 id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2021.05.11 18:15 Tue
twitterfacebook
thumb

緊急事態宣言延長でG大阪、C大阪の5月開催試合はリモートマッチに

Jリーグは11日、緊急事態宣言対象地域におけるJリーグ公式試合の開催方式を発表した。 日本政府は、7日に緊急事態宣言の延長を発表。東京都、大阪府、京都府、兵庫県に加え、愛知県と福岡県を追加し、5月31日まで延長することとなった。 これにより、対象地域でのJリーグ開催について、各地方自治体の方針により決定。大阪府での試合が全てリモートマッチ(無観客試合)となった一方で、その他の試合は5,000人もしくは上限50%の少ないほうの入場制限を行うこととなった。 ガンバ大阪は、この結果5月のホームゲーム4試合がリモートマッチとなり、サンフレッチェ広島、浦和レッズ、徳島ヴォルティス、横浜FC戦が対象に。また、セレッソ大阪はサンフレッチェ広島戦がリモートマッチとなる。 ◆リモートマッチ 【明治安田J1】 ・第20節 5/12(水) 《18:00》 ガンバ大阪 vs サンフレッチェ広島 [パナソニック スタジアム 吹田] ・第14節 5/16(日) 《17:00》 ガンバ大阪 vs 浦和レッズ [パナソニック スタジアム 吹田] ・第15節 5/23(日) 《15:00》 セレッソ大阪 vs サンフレッチェ広島 [ヤンマースタジアム長居] ・第16節 5/27(木) 《19:00》 ガンバ大阪 vs 徳島ヴォルティス [パナソニック スタジアム 吹田] ・第17節 5/30(日) 《17:00》 ガンバ大阪 vs 横浜FC [パナソニック スタジアム 吹田] ◆入場者数の制限:5,000人もしくは上限50%の少ないほう 【明治安田J1】 ・第21節 5/12(水) 《19:00》 ・第16節 5/26(水) 《19:00》 名古屋グランパス vs ベガルタ仙台 [豊田スタジアム] ・第17節 5/30(日) 《14:00》 FC東京 vs サンフレッチェ広島 [味の素スタジアム] ヴィッセル神戸 vs サガン鳥栖 [ノエビアスタジアム神戸] 【YBCルヴァンカップ】 ・第6節 5/19(水) 《19:00》 アビスパ福岡 vs サガン鳥栖 [ベスト電器スタジアム] FC東京 vs 大分トリニータ [味の素スタジアム] 【明治安田J2】 ・第14節 5/16(日) 《14:00》 京都サンガF.C. vs 水戸ホーリーホック [サンガスタジアム by KYOCERA] 《15:00》 東京ヴェルディ vs ギラヴァンツ北九州 [味の素スタジアム] FC町田ゼルビア vs アルビレックス新潟 [町田GIONスタジアム] ・第15節 5/23(日) 《14:00》 ギラヴァンツ北九州 vs 大宮アルディージャ [ミクニワールドスタジアム北九州] 《15:00》 東京ヴェルディ vs ジュビロ磐田 [味の素スタジアム] ・第16節 5/29(土) 《16:00》 東京ヴェルディ vs ブラウブリッツ秋田 [味の素スタジアム] 5/30(日) 《14:00》 京都サンガF.C. vs ヴァンフォーレ甲府 [サンガスタジアム by KYOCERA] 《15:00》 FC町田ゼルビア vs ギラヴァンツ北九州 [町田GIONスタジアム] 2021.05.11 17:55 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly