清水、DF伊藤研太との契約更新を発表

2020.01.10 18:35 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
清水エスパルスは10日、DF伊藤研太(20)との契約更新を発表した。

愛知県出身の伊藤は、名古屋グランパスU-12からグランパス三好で経験を積んだ。その後、清水ユースへ加入し、2018年に清水ユースからトップ昇格を果たした。同年には、ルヴァンカップ3試合に出場したが、今シーズンは出場機会がなかった。
コメント
関連ニュース
thumb

21世紀のJ1で最も勝率が高いのは? 今季の18クラブを徹底調査

4日(土)に再開を迎えるJ1リーグ。思い思いに優勝予想や得点王を予想している人も多いのではないだろうか。 今回は今シーズンのJ1全18クラブの2001〜2020年の20年間の勝敗を合計し勝率を算出。「21世紀のJ1で最も勝っている」クラブを調査してみた。 (※2020シーズン第1節結果反映済み) 【2001年以降の各クラブのJ1での勝率】 ◆鹿島アントラーズ/52.0% 328勝126分け177敗(631試合) ◆川崎フロンターレ/50.7% 259勝112分け140敗(511試合) ◆ガンバ大阪/48.1% 287勝181分け129敗(597試合) ◆浦和レッズ/47.5% 300勝138分け193敗(631試合) ◆横浜F・マリノス/44.4% 280勝156分け195敗(631試合) ◆名古屋グランパス/41.5% 248勝131分け218敗(597試合) ◆FC東京/41.4% 247勝135分け215敗(597試合) ◆サンフレッチェ広島/41.4% 235勝130分け202敗(567試合) ◆柏レイソル/38.9% 206勝122分け201敗(529試合) ◆清水エスパルス/38.2% 228勝133分け236敗(597試合) ◆セレッソ大阪/37.4% 161勝106分け164敗(431試合) ◆サガン鳥栖/37.0% 101勝67分け105敗(273試合) ◆ベガルタ仙台/33.2% 133勝100分け168敗(401試合) ◆ヴィッセル神戸/32.7% 184勝133分け246敗(563試合) ◆大分トリニータ/29.4% 88勝70分け141敗(299試合) ◆北海道コンサドーレ札幌/27.3% 63勝38分け130敗(231試合)/ ◆湘南ベルマーレ/23.9% 49勝46分け110敗(205試合) ◆横浜FC/11.4% 4勝5分け26敗(35試合) 最も勝率が高かったのは“常勝軍団”鹿島アントラーズだ。常にJ1の舞台で戦い続けながら、2009年にはJリーグ史上初の3連覇を達成するなど、称賛される記録を作ってきた。続く川崎フロンターレも2017、2018シーズンはJ1リーグを連覇。この2チームが勝率50%超えを記録している。 1年でJ1の舞台に戻ってきた柏レイソルは、2011年にJ1昇格からの即優勝を果たすなど、勝ち越しており、今世紀のJ1での勝率は40%に迫っている。 一方、もう一つの昇格組である横浜FCが唯一J1で戦ったのは2007シーズンのこと。この時はわずか4勝しか挙げられず、1年でのJ2降格となった。今シーズンはそれ以来13年ぶりのJ1復帰となるが、どこまで結果を残せるかに注目だ。 2020.07.02 11:15 Thu
twitterfacebook
thumb

JリーグがJ1再開に先駆けてJリーグリモートカンファレンスを開催! チェアマンと日本プロサッカー選手会会長が決意新たに

Jリーグが4日の明治安田生命J1リーグ再開に先駆け、トークイベント『Jリーグリモートカンファレンス』を開催した。 スポーツチャンネル『DAZN(ダゾーン)』の独占ライブ配信で行われた『Jリーグリモートカンファレンス』は2部構成で放送。MCの西岡明彦氏とJリーグ副理事長でコメンテーターの原博実氏が主導となり、進行された。 第1部は「再開するJ1リーグの見どころ紹介」や「27日、28日に行われたリモートマッチのレビュー」、そして「ゲストトーク」の構成で進められ、ゲストとして日本代表の森保一監督が登場した。 第2部は「J1リーグ第2節の対戦カード紹介」や「対戦カードごとの参加選手インタビュー」を実施。J1リーグ全18チームの代表選手たちが対戦カードごとに出演して、再開初戦の意気込みを語った。 会の終盤にはJリーグチェアマンを務める村井満氏と日本プロサッカー選手会会長でサガン鳥栖の元日本代表MF高橋秀人が登場。それぞれの立場からついに迎える再開に向けて想いを口にした。 ◆高橋秀人 「先週、J2とJ3が再開して、今週からようやくJ1が再開する。中断された約4カ月間、選手たちは本当に色んなことを感じた。中断当初、長いトンネルのように『どうモチベーションを保ったら良いのか』、『どうコンディションを保てば良いのか』、また新型コロナウイルスの感染者が多くなっていくなかで『サッカーなんてやっている場合なのか』、『でもサッカー選手だから、サッカーをしなかったら何が残るのか、どうやって社会に貢献できるのか』をたくさんのことを感じた。また、『大事なサポーターやファンがサッカーから離れていくんじゃないか』という危惧する想いもあった」 「そのなかで、選手のひとりひとりが感じて、主にSNSでの発信でサポーターのみなさんと交流をさせていただき、やはりサッカー選手としてファンやサポーターの前で『サッカーがやりたい』という想いがより一層強まったと思う。最初はリモートマッチで互いに慣れない部分もあるが、互いの安全を考慮しての再開になる。僕ら選手たちも引き続き感染予防に努めて、ファンやサポーターも引き続き感染予防に努めて、段階的にファンやサポーターがスタジアムに足を運んでいただき、素晴らしい臨場感、素晴らしい一体感を作り出せるように徐々にそういった進行のなかで、僕らもプレーさせていただきたい」 「またこうやってサッカーができるような環境を整備してくれたJリーグ関係者方々にも本当に感謝したい。選手会としても色々な選手側の不安だったりを聞いていただいて、色々なガイドライン、プロトコルを作成していただいた。そういう感謝の気持ちを持って、観ている方々に勇気と感動を与えられるような試合がしたい。新型コロナウイルスの影響で試合がなく、おそらくモヤモヤした気持ちがあったと思うが、そういうものを発散できるように、清々しい気持ちになっていただけるようなプレーを期待していてほしい。J1も再開します。みなさん、よろしくお願い致します」 ◆村井満 「4カ月ぶりの再開になる。ファンやサポーターのみなさんはどれほど痺れを切らしたでしょう。本当に長きにわたり、我慢を強いられせてしまった。本当にここまで堪えていただきありがとうございました。サッカーのファンやサポーターである前にホームタウンの市民でいらっしゃるわけで、仕事をされている方は大変だったと思うし、学生の方も色々なことがあったと思う。みなさんが感染防止に努めていただいたおかげで、ここでサッカーがもう一度、戻ってくることになった。ひとえにみなさまのお力添えだと思う。本当にありがとうございます」 「そして、Jリーグパートナーのみなさんにも感謝したい。明治安田生命Jリーグであるが、我々が未曾有の状況下でどうエンゲージしていけるか、どう一緒に戦っていくかを思い悩んでいるとき、明治安田生命様がとても大きな増額の特別協賛を決めていただいた。そして、トップパートナーの各社の皆様も常に私を励ましてくれた。そうしたトップパートナーの各社の皆様にも感謝を申し上げたい」 「まずはリーグ戦からの再開となるが、間もなくてルヴァンカップも始まる。ヤマザキビスケット様、社長とも夜な夜な『世界に誇れるカップ戦を作ろう』と夢を語り合った。中継はリーグ配信のDAZN、カップ戦配信のフジテレビにしていただく。全てのみなさまのおかげでここまでくることができた。全ての関係者を代表して、お礼を申し上げたいと思う」 「選手からすれば、『村井さん、いい加減にしてくれ』という気持ちだったと思う。私は『試合をやるぞ』と言いながら4度も中断の決断を下してしまった。この4カ月の間で、4回もトップコンディションから落とすという過程はアスリートとして極限状態。たぶんメンタルを含めて、大変の状況だったと思うが、うまく結束を固めていただいた。自分の身体が資本なので、自分の身体そのものも不安だったにも関わらず、家族を守るひとりの市民として、選手は本当に頑張っていただいた。その点に関しても、本当に感謝したい」 「いよいよ始まり、J1リーグの再開を残すところとなる。ファンやサポーターのみなさんにはまだまだ不自由をおかけしての再開になる。一緒に作っていく大会というのが今季のコンセプトになり、世界の色々なリーグがJリーグを注視している。感染防止に関する日本のスタイルは世界で驚きを持って伝えられていた。何か罰則を設けるわけじゃなく、プライバシーに踏み込むものでもなく、ひとりひとりの自主性を持って、今回の感染対策に臨んできたと思う。サッカーもそういったみなさんの力で作っていきたい」 「今季開幕前の私はいわゆる日本式、『世界を驚かす日本のスタイルを魅せよう』と申し上げたが、まさにコロナ禍下で新たなフットボールの観戦のあり方、サッカーとの関係性のあり方を日本から世界に発信していきたい。全ての方々に恩返しできるとすれば、全力でプレーすることに尽きる。選手のみなさん、サッカーができる喜びに溢れ、本気で一緒にやりましょう。そして、恩返しをしていきましょう」 2020.07.01 21:35 Wed
twitterfacebook
thumb

Jリーグがドイツやオーストリア、セルビアなどで放送開始!

Jリーグは1日、2020明治安田生命Jリーグに関して、海外での放送が追加されたことを発表した。 中国や香港、オーストラリアのアジア圏やイギリス、アイルランドではこれまで放送されていたが、今回新たに『Sportdigital』と契約で合意し、ドイツ・スイス・オーストリアで放送が決定した。 また、セルビア、モンテネグロ、スロベニア、クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、北マケドニアのバルカン半島地域では、『SportKlub』を通じてJ1リーグが放映されることとなる。 その他、これまでもJ1リーグで放送されていたタイでは、『MCOT』を通じてもJ1リーグが放送される。 2020.07.01 19:41 Wed
twitterfacebook
thumb

柏FW山崎亮平がモデルの安藤やよいさんと入籍! 「新しい家族とレイソルのために、より一層頑張っていきたい」

柏レイソルは7月1日、FW山崎亮平(31)が6月27日に入籍したことを発表した。お相手はモデルの安藤やよいさんとのことだ。 結婚した山崎はクラブ公式サイトで以下のように喜びを語っている。 「私事ですが、このたび、安藤やよいさんと入籍しました。これからは、新しい家族とレイソルのために、より一層頑張っていきたいと思います」 2007年にジュビロ磐田でプロキャリアをスタートさせた山崎は、アルビレックス新潟を経て、2018年に柏レイソルへ加入。今シーズンは公式戦2試合共にベンンチ入りはしていなかった。 2020.07.01 18:10 Wed
twitterfacebook
thumb

G大阪DF藤春廣輝、後続車との追突事故 双方にケガなし

ガンバ大阪は30日、DF藤春廣輝の自動車乗車中における交通事故を報告した。 藤春は同日7時半頃に吹田市内で渋滞のため、停止したところ、後方の自動車が追突する事故が発生。双方にケガはなく、事故発生を受けて速やかに警察等、関係各所に連絡をして対応したという。 2011年に大阪体育大学から入団して以降、G大阪一筋でプレーする藤春は中断前に行われた公式戦2試合にいずれもフル出場している。 2020.06.30 21:20 Tue
twitterfacebook