CLでの得点率上位の選手たちは?1位は1試合1ゴール以上のペースでゴールを量産

2020.12.03 18:30 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チャンピオンズリーグ(CL)歴代最多得点者であるユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、通算ゴール数を132まで伸ばした。(CL予選での1ゴール除く)CLでの通算得点数は、さらにバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(118ゴール)、バイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ(71ゴール)と続いているが、単純なゴール数ではなく、1試合当たりのゴール数でみれば、どんなランキングになるのだろうか。

◆C・ロナウドがカルデロンで決めたアトレティコキラーぶりを見せつけるハットトリック


『Transfermarkt』の情報をもとに、出場10試合以上の選手に限定したデータを紹介する。
C・ロナウドは、これまで173試合に出場して132ゴールと、1試合あたりに換算すると、0.76ゴールとなる。これは6番目に優れた数値で、試合数を重ねれば重ねるだけ数値を上げるのは難しいため、さすがといったところか。

また、メッシは146試合で118ゴール。1試合当たりの0.81ゴールとC・ロナウド以上の数値を残している。メッシは2012年3月のレバークーゼン戦で1試合最多記録の5ゴールをマークするなど、固め取りの印象も強い。

彼ら2人を数字で上回っているのが、トッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインとドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドだ。

今シーズンのプレミアリーグでも好調を維持しているケインは、今年こそCLに出場していないものの、これまでに24試合に出場して20ゴールという数字を残している。

そして、唯一1試合当たりのゴール数が1を超えたのがハーランドだ。昨シーズンにザルツブルクでCLデビューを飾ったハーランドは、ドルトムント移籍後もゴールを重ね、12試合で16ゴールをマーク。CLの舞台で1試合当たり驚異の1.33点を記録していることになる。

◆チャンピオンズリーグでの1試合当たりのゴール数
1.アーリング・ハーランド
出場チーム:ザルツブルク、ドルトムント
12試合/16ゴール
1試合平均:1.33ゴール

2.ハリー・ケイン
出場チーム:トッテナム
24試合/20ゴール
1試合平均:0.83ゴール

3.リオネル・メッシ
出場チーム:バルセロナ
146試合/118ゴール
1試合平均:0.81ゴール

4.ウィントン・ルーファー
出場チーム:ブレーメン
10試合/8ゴール
1試合平均:0.80ゴール

5.ルート・ファン・ニステルローイ
出場チーム:PSV、マンチェスター・ユナイテッド、レアル・マドリー
73試合/56ゴール
1試合平均:0.77ゴール

6.クリスティアーノ・ロナウド
出場チーム:マンチェスター・ユナイテッド、レアル・マドリー、ユベントス
173試合/132ゴール
1試合平均:0.76ゴール

7.ロベルト・レヴァンドフスキ
出場チーム:ドルトムント、バイエルン
94試合/71ゴール
1試合平均:0.76ゴール

8. ウィサム・ベン・イェデル
出場チーム:セビージャ
14試合/10ゴール
1試合平均:0.71ゴール

9.ロベルト・ソルダード
出場チーム:レアル・マドリー、バレンシア
23試合/16ゴール
1試合平均:0.70ゴール

10.マウロ・イカルディ
出場チーム:インテル、パリ・サンジェルマン
13試合/9ゴール
1試合平均:0.69ゴール

関連ニュース
thumb

W杯だけじゃない!女子CLでバルサが"らしさ"全開のパスワークからゴラッソ決める

カタール・ワールドカップ(W杯)が盛り上がりを見せているが、UEFA女子チャンピオンズリーグ(UWCL)でも素晴らしいゴールが生まれた。 24日、UWCLのグループステージ第3節、バルセロナvsバイエルンが、Spotifyカンプ・ノウで行われ、3-0でバルセロナが快勝。バイエルンのなでしこジャパンDF熊谷紗希は74分から途中出場を果たしている。 試合を通じて主導権を握ったバルセロナは、前半こそ無得点に終わったものの、後輩開始早々にブラジル女子代表ジェイゼ・フェレイラのヘディングで先制に成功。60分には左サイドをえぐったスウェーデン女子代表MFフリドリーナ・ロルフォの折り返しを、スペイン女子代表MFアイタナ・ボンマティが流し込んでリードを広げた。 さらに、その6分後にはこれぞバルセロナという、精錬されたビルドアップからダメ押しの3点目を奪う。 高い位置からはめに来たバイエルンのプレスをGKも使ってかいくぐると、中盤ではワンタッチのパスを駆使してサイドのスペースへ展開。最後は2018年U-17女子ワールドカップのMVP、FWクラウディア・ピナがボックス手前から鮮やかなミドルシュートを決めた。 この日も4万6937人の観衆を集め、完勝でタイムアップを迎えたバルセロナ。グループステージ3戦を終えて16得点1失点で全勝と、盤石の強さを発揮している。 <span class="paragraph-title">【動画】プレスをかいくぐるパスワークから最後はゴラッソで仕上げ!女子バルセロナが奪った3点目</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="b4NTgZVQ3cg";var video_start = 300;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.11.25 18:15 Fri
twitterfacebook
thumb

トッテナムと対戦のミラン、ピオリ監督は自信示すも「偉大な監督が率いる強敵との難しい試合」

ミランのステファノ・ピオリ監督がチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16への感想を述べた。『フットボール・イタリア』が伝えている。 2日に行われたCLグループE最終節のレッドブル・ザルツブルク戦に勝利し、2013-14シーズン以来の決勝トーナメント進出が決定したミラン。7日の組み合わせ抽選会の結果、ラウンド16の相手はトッテナムに決定した。 イタリアを知り尽くしたアントニオ・コンテ監督率いるチームとの対戦だが、ピオリ監督は自信を示し、ベスト8進出に向けた意気込みを語った。 「我々をよく知る偉大な監督が率いる強敵との難しい試合だ。ラウンド16で簡単な相手などいないが、可能な限りベストな方法で準備していきたい。チャレンジングな相手だが、自分たちの良さを出して、自信を持ってプレーしたいと思う」 「我々は良いプレーをする必要がある。試合は戦略的に準備すべきであり、何かの瞬間に流されず、自分たちのやり方を貫かなければならない。相手は決意を固めてくるだろうが、我々もそうでなければならないだろう」 「無敵のチームや完璧なチームは存在しない。我々はラウンドを通過するためプレーしたいね。プレミアリーグのクラブとの対戦成績は歴史的に見てもマイナスだが、この傾向を覆すため努力したい」 また、ピオリ監督はトッテナムやプレミアリーグへの印象にも言及。レベルの高さを認めつつ、互角に渡り合えるはずだと見解を語った。 「トッテナムには、ハリー・ケイン、ソン・フンミン、デヤン・クルゼフスキ、イバン・ペリシッチら強い個性を持ったチームだ。ミランやイタリアのサッカーを知る選手も多く、非常にコンパクトで整理されたチームだね。おそらくはバランスの取れた試合になると思う」 「プレミアリーグのレベルは非常に高いが、今はイタリアのチームもこの舞台に3ついるんだ。我々はホームで1stレグを戦うことになり、それが試合を決める要因にもなるだろう。我々はうまくやらなければならない」 2022.11.08 16:12 Tue
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリーとの再戦決定に「楽しみ」 クロップが心境

リバプールのユルゲン・クロップ監督がチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16の抽選結果に感想を述べた。 今季のここまで故障者にも悩まされ、プレミアリーグで本調子と言いがたいリバプールだが、CLではグループAをナポリに次ぐ2位で突破。7日の組み合わせ抽選では昨季王者のレアル・マドリーとの対戦が決定した。 両雄といえば、2017-18シーズンと昨季のファイナル、そして2020-21シーズンの準々決勝で激突したのが記憶に新しく、リバプールはいずれも涙を呑む結果に。クロップ監督はクラブ公式サイトで心境を明かした。 「この抽選結果にまず言えるのはこれぞCLということ。この対戦カードそのものがそれを物語り、我々の誰もが胸を躍らせるべきものさ」 「レアル・マドリーとは近年のファイナルで何度か対戦しているが、その両クラブがこの段階で顔を合わせるのはそうないし、楽しみだ」 「レアルのヨーロッパにおける記録は最高だ。それはわかっている。だが、我々の記録も悪くない。それに我々にはアンフィールドがあり、それが何を意味するのかを誰もが理解している」 「本当に良い抽選結果だし、本当にエキサイティングなドローだよ。試合はまだ数カ月先だが、2つの試合がどんな雰囲気に包まれるかは想像しがいものではないだろう」 「もちろん、その前にたくさんの試合があり、まずはそれぞれに意識を向けることになるが、この抽選結果は我々を楽しみな気持ちにさせるための特別なものを与えてくれた」 2022.11.08 09:35 Tue
twitterfacebook
thumb

バイエルンはR16でPSG戦 ナーゲルスマン「パリも我々との対戦を喜んではいないだろう」

バイエルンのユリアン・ナーゲルスマン監督がチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16の抽選結果にコメントした。クラブ公式サイトが伝えている。 バイエルンはインテル、バルセロナと同居する“死の組”グループCに入ったが、無傷の6連勝で首位通過。7日のドローではグループを通過したグループHをベンフィカに次ぐ2位で突破したパリ・サンジェルマン(PSG)との対戦が決まった。 2019-20シーズンのCL決勝カード再現となり、翌シーズンの準々決勝でも激突した両者。ナーゲルスマン監督は決意を口にした。 「手強い相手だが、グループステージにもそういう相手がいた。グループステージでパーフェクトだったからって、本当に報われたというわけではないね。ただ、それはパリも同様で、我々との対戦を喜んではいないだろう。まだ先の話で、ワールドカップもあって、その前にも試合がある。ワールドクラスな選手を多数擁する難敵だが、我々もそう。CLならではだ」 2022.11.08 08:50 Tue
twitterfacebook
thumb

マンチェスター・ユナイテッドとの対戦決定にチャビ監督「最も難しい対戦相手に当たった」

バルセロナのチャビ・エルナンデス監督が、ヨーロッパリーグ(EL)のノックアウトステージ・プレーオフの相手がマンチェスター・ユナイテッドに決まったことを受けてコメントを残している。クラブ公式サイトが伝えた。 今年のチャンピオンズリーグ(CL)では、バイエルンやインテルが同居し“死の組”と称されたグループCで3位に終わり、ELプレーオフに回ることとなったバルセロナ。 7日に行われた抽選会で、プレーオフの相手が強豪マンチェスター・ユナイテッドに決定。チャビ監督はかつてCLで何度も死闘を繰り広げたユナイテッドとの対戦について最も難しい相手になると話した。 「またしても最も難しい対戦相手に当たった。歴史的に偉大的なクラブのマンチェスターユナイテッドとの対戦だ。テン・ハグと共に成長を遂げたチームで、素晴らしい選手が揃っている。マンチェスターのようなチームと対戦するのはより難しいが、選手たちはよりモチベーションを高めてくれるだろう」 2022.11.08 07:00 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly