バスク代表が今後、公式戦参加? 選手市場価値は欧州17位

2020.11.25 00:25 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
将来的にバスク代表の公式戦参加が認められることになるかもしれない。スペインとフランスにまたがるバスク地方では以前からスペインからの独立を求める運動が続いており、フットボール界においても、1988年に設立されたバスクサッカー連盟の下でバスク代表として活動している。


国際サッカー連盟(FIFA)や欧州サッカー連盟(UEFA)への加盟が認められていないため、公式戦に参加することはできないが、今月のインターナショナルマッチウィークにはコスタリカ代表と非公式のトレーニングマッチを行い、2-1で勝利を収めている。

そのバスク代表は2018年12月にFIFAとUEFA加盟を目指していたが、スペインサッカー連盟(RFEF)が強硬に拒否したことで、このタイミングでの加盟は実現しなかった。

しかし、バスクサッカー連盟のルイス・マリ・エルストンド会長は中長期的に公式戦への参加が認められる可能性があると考えている。スペイン『マルカ』が伝えている。

エルストンド会長は先日にバスクのスポーツチームの国際大会への参加に向け、スペイン中央政府とバスク政府の間で予備的な合意があったとの注目の発言を行っていた。

しかし、今回のインタビューでは「自分の表現が悪かった」とその発言を訂正。ただ、「中長期的には別のチームとして受け入れられる可能性がある」と、バスク代表の公式戦出場に向けて楽観的な態度を示している。

また、FIFAとUEFA加盟に向けて最大の障壁となるRFEFのネガティブな反応に関しても、両政府による交渉が進んでいることを理由に、「正式なステータスにどれだけ近づいているかはわからない。だが、我々は近づいている」と同じく楽観的な姿勢を貫いている。

なお、ドイツ『transfermarkt』が伝えるところによれば、現時点でバスク代表のUEFA加盟が認められた場合、代表招集資格がある選手の市場価値はUEFA内で17位にランクインすることになり、スイス代表(現17位)やウェールズ代表(18位)よりも上に入るという。

さらに、現在スペイン代表で活躍するFWミケル・オヤルサバルやMFアンデル・エレーラが加わった場合、代表チームとしての市場価値はさらに上がるという。

ちなみに『transfermarkt』が現時点で選出したバスク代表のスタメン候補は以下の通り。

GK
ウナイ・シモン(アスレティック・ビルバオ)

DF
セサル・アスピリクエタ(チェルシー/イングランド)
ジェライ・アルバレス(アスレティック・ビルバオ)
イニゴ・マルティネス(アスレティック・ビルバオ)
ユーリ・ベルチチェ(アスレティック・ビルバオ)

MF
アンデル・エレーラ(パリ・サンジェルマン/フランス)
イゴール・スベルディア(レアル・ソシエダ)
ミケル・メリノ(レアル・ソシエダ)

FW
イケル・ムニアイン(アスレティック・ビルバオ)
イニャキ・ウィリアムズ(アスレティック・ビルバオ)
ミケル・オヤルサバル(レアル・ソシエダ)
関連ニュース
thumb

コソボを下したスペイン、ルイス・エンリケ監督はベンチでのセルヒオ・ラモスを評価「ベンチにいても貢献する」

スペイン代表のルイス・エンリケ監督が、コソボ代表戦を振り返った。スペイン『アス』が伝えた。 スペイン代表は3月31日、カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループB第3節でコソボ代表と対戦した。 選手を入れ替えて臨んだスペイン代表。予選初勝利を目指すコソボを相手に主導権を握ると、34分に前節値千金のゴールを決めたMFダニ・オルモのゴールで先制。さらに36分にはFWフェラン・トーレスも続き、リードを広げる。 そのスペインは70分にMFベサル・ハリミにゴールを許し1点を返されるが、75分にFWジェラール・モレノがゴールを決め、3-1で勝利した。 3月の予選3試合を2勝1分けで終えたスペイン代表。ルイス・エンリケ監督は、ピッチで示したものには満足感を示した。 「ピッチで示したものは満足している。システムを変更し、より相手は恐怖を感じただろう。良いゴール、多くのチャンスがあったが、内容は良くなかった。でも、我々は常に試合をコントロールしていた」 また、この試合の70分にはディフェンスラインの裏に出されたボールに反応したGKウナイ・シモンがボックスを飛び出して対応。ボールを奪うもタッチが大きくなり相手へパスする形に。ガラ空きのゴールに対して、ハリミが約40mのロングシュートを落ち着いて決めていた。 このシーンについてルイス・エンリケ監督はウナイ・シモンを擁護。ミスで評価はしないと語った。 「彼は飛び出なければならなかった。ウナイは全てのことをしなければならない。自信に満ち溢れ、個性を持った選手たちが集まっている」 「彼は空中戦を支配し、カバーリングをしなければならない。私は選手のミスでは判断しない」 また、この試合ではベンチスタートとなり86分から途中出場したDFセルヒオ・ラモスについても言及。ケガ明けといことも含めての判断だとしたが、ベンチにいてもリーダーシップを発揮していたと評価した。 「単純なことだ。彼の姿勢は称賛に値する。真のリーダーは彼らがプレーしていてもベンチにいても貢献する人間だ」 「私は、最も適すると思った選手を投入している。彼は大きなケガをした後だ。みんなに尋ねる唯一のことは、ラモスのように、不在の時にどうやってリーダーになるかを知るということだ」 「テクニカルな決定だ。それ以上の問題はない。誰がプレーするかを決定している」 「ラモスは問題ないが、彼はケガが癒えたばかり。他の人がプレーすることに決定した。」 <span class="paragraph-title">【動画】ウナイ・シモンが果敢な飛び出しを見せたが…</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">OH MY KOSOVO! <br><br>ONE OF THE WILDEST GOALS YOU&#39;LL SEE TODAY <a href="https://t.co/M9ugDMpLMr">pic.twitter.com/M9ugDMpLMr</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1377354347986751503?ref_src=twsrc%5Etfw">March 31, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.04.01 13:35 Thu
twitterfacebook
thumb

ダニ・オルモの2戦連発弾などでコソボを下したスペインが2連勝!《カタールW杯欧州予選》

スペイン代表は3月31日、カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループB第3節でコソボ代表と対戦し、3-1で勝利した。 28日に行われたジョージア代表戦をダニ・オルモの劇的弾で勝利したスペインは、その試合から先発を4人変更。ブライアン・ヒルやファビアン・ルイス、D・ジョレンテらに代えてダニ・オルモやコケ、M・ジョレンテらが先発に名を連ねた。 予選初勝利を目指すコソボに対し、ホームチームが立ち上がりポゼッションで圧倒するも、最初の決定機が訪れたのは22分。ダニ・オルモのパスをボックス内で受けたモラタがワントラップでボックス深くまで切り込みシュートを放ったが、これは相手GKのセーブに阻まれた。 その後も試合の主導権を握るスペインは34分、右クロスの流れたボールを逆サイドで拾ったジョルディ・アルバが素早くボックス内にパスを送ると、ボックス左で受けたダニ・オルモがコントロールショット。これがゴール右上に吸い込まれた。 待望の先制点を奪ったスペインは、36分にもペドリのサイドチェンジを右サイドで受けたフェラン・トーレスがドリブルでボックス右から侵入すると、狙いすましたシュートをゴール左隅に突き刺した。 後半に入っても主導権を握るスペインは63分、カウンターからドリブルで中央を持ち上がったペドリのラストパスを右サイドで受けたフェラン・トーレスがボックス右まで持ち上がりシュート。しかし、これは相手GKの正面を突き、チャンスをモノにできない。 追加点が遠いスペインは、68分にモラタとペドリを下げてジェラール・モレノとファビアン・ルイスを投入。しかし、スコアを動かしたのはチャンスの少ないアウェイチームだった。70分、ルーズボールに飛び出したGKウナイ・シモンのクリアミスを敵陣中盤で奪ったハリミがロングシュート。これが無人のゴールに吸い込まれた。 まさかのミスで失点したスペインだったが、すぐさま反撃に転じる。すると75分、コケの左CKをニアサイドのジェラール・モレノが頭で合わせると、これはゴール右に突き刺さり、再びリードを広げた。 このゴールで嫌な流れを断ち切ったスペインは、選手交代を行いながら危なげなく試合を締めくくり、3-1でタイムアップ。ダニ・オルモの2戦連発弾などでコソボを下したスペインが2連勝で3月の代表ウィークを締めくくった。 2021.04.01 06:02 Thu
twitterfacebook
thumb

スペインの新星MFペドリ、超危険タックルを受けて宙を舞う… 主審は躊躇なく一発レッドカード…

スペイン代表は28日、カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループB第2節でジョージア代表とアウェイで対戦し、2-1で勝利した。 試合終了間際の劇的なゴールで勝利を収めたスペインだったが、劇的ゴールとは別のプレーも注目を集めている。 問題のシーンは、スペインが2-1と逆転に成功した直後の94分、ハーフウェイラインでジョージアのMFレバン・シェンゲリアがボールを受けるも、トラップが大きくなってしまう。このボールをスペインのMFペドリが取りに行くと、ボールを取り戻しに来たシェンゲリアがスライディングタックルを敢行した。 接触を避けて飛び跳ねたペドリに対し、シェンゲリアは完全にスパイクの裏を見せた状態で高く足を上げたままスライディングをお見舞いし、ペドリは空中でほぼ一回転して地面に叩き付けられてしまった。 この凶悪タックルを目の前で見ていた主審は、シェンゲリアに迷わずレッドカードを提示。試合はそのまま2-1とスペインの勝利に終わったが、何とも後味の悪い最後となってしまった。 また、スペイン『マルカ』によれば、ペドリに負傷はないようだ。 <span class="paragraph-title">◆ペドリを襲った凶悪タックル…</span><span data-other-div="movie"></span><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">This brutal tackle on Pedri made him fly <a href="https://t.co/zFdNyewTZk">pic.twitter.com/zFdNyewTZk</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1376234870507192321?ref_src=twsrc%5Etfw">March 28, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.03.29 19:15 Mon
twitterfacebook
thumb

劇的弾のダニ・オルモ、チームメートのサポートに感謝「このゴールはみんなに捧げる」

RBライプツィヒに所属するスペイン代表MFダニ・オルモは、ジョージア代表戦での決勝ゴールを喜んだ。『UEFA.com』が伝えている。 スペイン代表は28日、カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループB第2節でジョージア代表と対戦。試合はスペイン有利で進むと思われたが、前半終了間際、格下ジョージアがまさかの先制を果たす。 しかし、後半に入ると徐々にスペインがペースを掴み、56分にMFフェラン・トーレスが同点ゴール。そして、後半アディショナルタイムにはダニ・オルモが、見事なミドルシュートを決め、1-2で逆転勝利した。 試合後、劇的な決勝ゴールを決めたダニ・オルモは、「このゴールはチームのみんなに捧げるよ。なぜなら、僕らはあの勝利を必要としていたからだ。あのような形で試合を終えることができて、本当に良かった。今の気持ちを説明するのはとても難しい。独特なものなんだ」と喜びのコメント。さらに、「チームのサポートは素晴らしく、ゴールが決まったときの感動は計り知れないものだったね」と、チームメートへの感謝を口にした。 また、格下と見られていたものの熱戦を繰り広げた対戦相手のジョージア代表についても言及。「称賛しなければならない。彼らは非常に良いプレーをして、カウンターで僕らを苦しめ続けたんだ」と、相手チームのパフォーマンスを称賛した。 2021.03.29 12:32 Mon
twitterfacebook
thumb

劇的ゴールで初勝利のスペイン、ルイス・エンリケ監督「今はまだベストな状態ではない」

スペイン代表のルイス・エンリケ監督が、ジョージアとの一戦を振り返った。スペイン『マルカ』が伝えた。 スペインは28日、カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループB第2節でジョージア代表とアウェイで対戦した。 25日のギリシャ代表との初戦を引き分けていたスペインにとっては、勝利を収めたい一戦。過密日程ということもあり7名を変更したスペインだったが、なかなか上手く試合を運べないと43分にMFクヴィチャ・クワラツヘリアにゴールを許し、リードを許して前半を終える。 しかし、後半に入り息を吹き返すと56分にFWフェラン・トーレスがネットを揺らして同点に。しかし、その後も決め切れずにいるとドローで終わるかと思われたアディショナルタイム2分にダニ・オルモが強烈なミドルシュートを叩き込み逆転に成功。1-2で今予選初勝利を収めた。 試合後ルイス・エンリケ監督が記者会見で試合についてコメント。ジョージアに苦しめられたと語った。 「昨日、とても難しい試合になるだろうといった。ジョージアは素晴らしい仕事をした。我々は大きな勇気を持ち、後半より大胆に、大きな決意を持って好転させた」 「前半は大胆さに欠けていた。後半は疲れが出たのか、より多くのチャンスを生み出し、最終的にはダニ・オルモのゴールが決まった。我々にとっては素晴らしいゴールだった」 「コソボとの対戦では、似たような試合が想像できる」 また、ギリシャ戦に続いて苦戦したことについてはターンオーバーをし過ぎたとも言われているが、その点について反論。次のコソボ代表戦にはより良いパフォーマンスができる選手を起用するとした。 「2つの試合は同じではなく、それぞれの試合にはそれぞれの事情がある。ボールが跳ね、不信感が生まれている。ただ、今はまだベストな状態ではない」 「コソボでの試合に向けて、より活躍できる選手を探したいと思う」 「後半になるとチームは少し重りが外れた。最後のゴールが自信につながるシュートだと願っている」 2021.03.29 09:45 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly