2度の精巣ガン乗り越えたビルバオDFジェライが9ケ月ぶりの復帰! 「人生で最も幸せな瞬間」2018.02.07 03:36 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽2度に渡る精巣ガンを乗り越えたアスレティック・ビルバオのスペイン人DFジェライ・アルバレスが4日に行われたジローナ戦で9ケ月ぶりの戦列復帰を果たした。同試合後、ジェライはスペイン『カデナ・セル』で喜びのコメントを残した。▽ジェライは2016年12月に精巣ガンの摘出手術を受けて、一度は戦列に復帰しながらも、再発の疑いがあり昨年6月から化学療法での治療をスタートしていた。その後、同年9月に化学療法の治療が完了し、そこから復帰に向けた調整を続けていた。

▽そして、ジェライは4日に行われたリーガエスパニョーラ第22節のジローナ戦で先発フル出場し、9ケ月ぶりの戦列復帰を果たした。惜しくも試合は0-2の敗戦に終わったものの、ジェライは再びサッカーをできる喜びを噛みしめている。

「僕の人生において最も幸せな瞬間だった」

「日曜の試合(ジローナ戦)は僕にとってアスレティックでプレーした最後の試合から260日後の特別な試合だった。だから、個人的にデビュー戦を繰り返すような緊張感があったんだ」

「僕だけでなく家族にとっても厳しい時期を過ごしてきた。とくに、両親にとって22歳の息子が再びガンを患ったことを確認したのはとても恐ろしいことだったと思うよ」

▽また、ジェライは昨年7月に化学療法をスタートした際、治療の副作用で毛髪が抜ける自身を励ますため、全員が坊主になるなど支え続けてくれたチームメートへの感謝を口にしている。

「チームメートが頭を剃った姿をみたときは、本当に素晴らしい気分だったよ。厳しい時期を通して、彼らはいつも僕の支えになってくれたんだ」

▽2度に渡る精巣ガンを乗り越えて三度ピッチに舞い戻った不死鳥のようなジェライには、自身を支え続けてきた周囲の人たち、同じ病気を患う人たちのためにもピッチ上で躍動する姿を見せ続けてほしい。
コメント
関連ニュース
thumb

ソシエダ、ビルバオ退団のGKレミロをフリーで獲得!

レアル・ソシエダは10日、アスレティック・ビルバオからスペイン人GKアレックス・レミロ(24)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。7月1日から正式加入となる同選手は2023年6月30日までの4年契約にサインしている。 ビルバオの下部組織出身のレミロは、2012年に同クラブのCチームにあたるバスコニアでプロデビュー。その後、Bチームにあたるビルバオ・アスレティックでのプレーを経て2016年にトップチームに昇格した。 しかし、現在チェルシーに所属する同年代のスペイン代表GKケパ・アリサバラガとのポジション争いに敗れ、レバンテ、ウエスカにレンタルに出されるなど、ビルバオのトップチームでは出場機会を得ることができず。 この結果、レミロは今シーズン限りで満了する現行契約を更新することを拒否。そして、アルゼンチン代表GKヘロニモ・ルジの退団が濃厚な地元のライバルへの加入を決断した。 なお、2017-18シーズンにレンタルで在籍したウエスカでは正GKとして同クラブのプリメーラ初昇格に貢献しており、ソシエダでもポジション奪取の期待がかかる。 2019.06.11 13:13 Tue
twitterfacebook
thumb

ビルバオにレジェンド帰還! ホセバ・エチェベリアがリザーブチーム新監督に就任

アスレティック・ビルバオは28日、ホセバ・エチェベリア氏(41)がリザーブチームのビルバオ・アスレティックの新監督に就任することを発表した。同氏は来シーズンから2021年6月30日までの契約にサイン。なお、今回の契約には更なる1年間の契約延長オプションが付随している。 1995年にレアル・ソシエダでデビューを飾ったエチェベリア氏は、その翌年にビルバオに加入。右サイドやセカンドトップを主戦場に15年間に渡ってビルバオの主力として活躍したエチェベリア氏は、スペイン代表でも53試合12ゴールを記録した同クラブきってのタレントだった。 また、自身の現役ラストシーズンとなった2009-10シーズンにはクラブへの感謝を示すために異例の“無給”でプレーしたことが、大きな話題を集め、クラブ歴代3番目となる公式戦514試合出場という記録と合わせてレジェンド中のレジェンドとして記憶されている。 現役引退後はバスコニア、アモレビエタといった下部カテゴリーの監督を歴任し、昨シーズンはセグンダA(スペイン2部)のテネリフェを率いていた。 なお、ビルバオ・アスレティックは現在、セグンダB(スペイン3部)に所属している。 2019.05.29 06:06 Wed
twitterfacebook
thumb

38歳アドゥリス、ビルバオと契約更新!

ビルバオは22日、元スペイン代表FWアリツ・アドゥリス(38)との契約を1年更新したことを発表した。契約は2020年6月30日までとなる。 ビルバオの下部組織出身のアドゥリスは、ブルゴスやレアル・バジャドリー、マジョルカ、バレンシアなどへの移籍も経験しながら、2012年7月にビルバオへ復帰した。 通算在籍12年を数えるアドゥリスはこれまでに公式戦390試合に出場し171ゴールをマーク。歴代6位の得点数を誇っている。 今季はヒザのケガもありリーグ戦出場は20試合に留まった。コパ・デル・レイではウエスカ戦のファーストレグとセカンドレグでそれぞれ2得点を記録する活躍を披露した。 2019.05.22 21:48 Wed
twitterfacebook
thumb

通算22シーズン在籍したスサエタが今季限りでビルバオを退団

アスレティック・ビルバオは6日、元スペイン代表MFマルケル・スサエタ(31)が今シーズン限りで退団することを発表した。 スサエタはビルバオのユース出身で、2007年にトップチームへと昇格を果たし、以降はビルバオ一筋で12シーズンプレーしていた。下部組織時代を合わせると、22シーズンにわたってビルバオに所属していた。 ビルバオでは、ここまで公式戦通算506試合に出場し56ゴール87アシストを記録。リーガエスパニョーラでは378試合に出場し38ゴール60アシスト、コパ・デル・レイは50試合に出場し6ゴール8アシストを記録。また、チャンピオンズリーグは6試合に出場し1ゴール1アシスト、ヨーロッパリーグは54試合に出場し10ゴール12アシストを記録していた。 今シーズンもキャプテンとしてリーガエスパニョーラで21試合に出場し1ゴール2アシスト、コパ・デル・レイで3試合に出場し2アシストを記録していた。 2019.05.07 10:00 Tue
twitterfacebook
thumb

マタ、残留or移籍で悩む プレミア&リーガクラブから関心

マンチェスター・ユナイテッドに所属する元スペイン代表MFフアン・マタ(31)に複数クラブが関心を示しているという。イギリス『ミラー』が報じた。 今シーズン終了後に契約が失効するマタ。その契約期間が残り2カ月を切ったなか、ユナイテッドは同選手に対して、1年間の延長オプションが付随した単年契約のオファーを新たに打診したとみられる。だが、マタはプレータイムを得られる確証がないことを懸念しており、将来の回答を導き出せていない模様だ。 そのマタを巡っては、古巣バレンシアや、プレミアリーグ残留決定のブライトン&ホーヴ・アルビオンが関心。さらに、アスレティック・ビルバオが2年契約のオファーを提示して獲得を試みているとのことだ。 2014年1月にチェルシーから加入したマタは唯一無比のテクニシャンとして公式戦通算217試合45得点37アシストを誇り、FAカップやヨーロッパリーグ(EL)のタイトル獲得に貢献。今シーズンは公式戦31試合6得点4アシストを記録している。 2019.05.05 11:25 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース