1枚の写真に政府激怒、ウルグアイ代表で16名感染のクラスター発生…罰金処分も

2020.11.21 22:20 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウルグアイ代表の空気を読まない行動が政府からも批判されている。ウルグアイ代表は、11月の代表活動でカタール・ワールドカップに向けた南米予選を戦っていた。しかし、代表活動後に新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者が続出。16人が陽性反応を示してしまい、クラスター発生となってしまった。



ウルグアイ『ラ・ナシオン』によると、20日はカリアリのDFディエゴ・ゴディンが陽性反応を示し、これで感染者が16人になったという。

そのうち選手は10名にのぼり、ゴディンの他、アトレティコ・マドリーのFWルイス・スアレスとMFルーカス・トレイラ、ベンフィカのFWダルウィン・ヌニェス、ロサンゼルスFCのFWディエゴ・ロッシとFWブライアン・ロドリゲス、セロ・ポルテーニョのGKロドリゴ・ムニョス、ナシオナルのMFガブリエル・ネベス、レンティスタスのDFアレクシス・ロリン、パウメイラスのDFマティアス・ビニャ(とのことだ。

また残り6名にはチームドクターのアルベルト・パン、広報担当のマティアス・ファラルが含まれているとのことだ。

ウルグアイの公衆衛生省は、状況説明のためにウルグアイサッカー協会(AUF)を召喚。64万5000ウルグアイペソ(約157万円)の罰金を科すことを決めたようだ。

さらに問題を大きくしているのが、ルーカス・トレイラがツイッターに投稿した写真だ。この写真には9人の選手が写っており、水筒とマテ茶を手に焚き火の周りを囲んでいるもの。選手同士の距離もとても近く、ソーシャル・ディスタンスが取られていないものだった。

加えて、この9人のうち5人が陽性反応を示している状況。ウルグアイ政府は怒りを隠さず、「出回っているいくつかの写真でも見られるように、いくつか見落としている部分がある。みんなで火を囲んでいる。ルールを守られていないほどの共存と兄弟愛があった」と大臣が皮肉を口にしたようだ。

◆政府の怒りを買った写真
コメント
関連ニュース
thumb

スアレス、トレイラに続きゴディンも新型コロナ陽性反応…ウルグアイ代表3人目

カリアリは20日、ウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディンが新型コロナウイルス(COVID-19)で陽性反応を示したことを発表した。 ゴディンは、ウルグアイ代表としてカタール・ワールドカップ(W杯)南米予選に出場。コロンビア代表、ブラジル代表との2試合を戦い、イタリアへ帰国した。 しかし、新型コロナウイルスの検査で陽性判定を受けたとのこと。同じウルグアイ代表に招集されていたMFナイタン・ナンデスも帰国したが、ナンデスは陰性だったとのことだ。 それでも、クラブはメディカルスタッフと話し合い、遠征中に接触した全ての選手を保護するため、ゴディント共にナンデスもトリノ戦のメンバーから外すことを決めたという。 ウルグアイ代表では、アトレティコ・マドリーのFWルイス・スアレスとMFルーカス・トレイラも陽性反応を示しており、明日のバルセロナ戦を欠場することに。ウルグアイ代表だけで3人目の陽性反応者となったが、今後も増える可能性がありそうだ。 2020.11.20 22:15 Fri
twitterfacebook
thumb

リシャルリソン、自身への踏み付けで退場カバーニに「骨折してたかも。だけど、悪意はなかった…」

ブラジル代表FWリシャルリソンが、自身への危険な踏み付けで退場処分となったウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニについて言及した。イギリス『ミラー』が伝えている。 ブラジルは17日、カタール・ワールドカップ(W杯)南米予選第4節でウルグアイ代表と対戦し、2-0で勝利を飾った。 同試合で先発出場し、チームを勝利に導く貴重な追加点を記録したリシャルリソンだが、同試合の後半半ばにはあわや重傷というアクシデントに見舞われていた。 69分、ピッチ中央でドリブルを仕掛けたリシャルリソンは、後方から追いかけてきたカバーニに右足をスパイクされてピッチでもんどりうった。このファウルに対して主審はイエローカードを掲示したが、オンフィールドレビューの末にウルグアイ代表FWに対してレッドカードを掲示した。 そして、リシャルリソンはこの直後にFWエヴェルトンとの交代を強いられていた。 重傷も懸念されたリシャルリソンだったが、幸いなことに大事には至らず。試合後にはこのプレーに関して自身の見解を示している。 0-2のビハインドによるフラストレーション、近くに味方DFマルティン・カセレスがいたことを考えれば、カバーニのプレーは故意、あるいは行き過ぎたプレーに見えたが、リシャルリソンはプレー自体の危険性は認めながらも、あくまで「ボールの奪い合い」だったと偶発的なプレーであったと考えているようだ。 「個人的には単なるボールの奪い合いだったと思う。ただ、彼の足は少し上に行き過ぎていた感じだったね」 「もし、自分の足が芝に引っかかっていたら、足首を骨折していたかもしれない。だけど、彼に悪意はなかったと思っているよ」 「彼はボールを取ろうと試みていたけど、それがうまくいかなかっただけさ」 ひとつ間違えば、重傷を負う可能性もあったリシャルリソンだが、カバーニに対して非常に寛大な反応を示した。 なお、所属するエバートンではリバプールとのマージーサイド・ダービーでスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラへのアフターチャージで一発退場となっていたリシャルリソンは、3試合の出場停止処分を科されていた。しかし、22日に開催されるフルアム戦で出場停止が明ける。 2020.11.18 22:07 Wed
twitterfacebook
thumb

ブラジルがウルグアイ下し無傷の4連勝! エクアドルが6人6発でコロンビア一蹴《カタールW杯南米予選》

カタール・ワールドカップ(W杯)南米予選第4節の5試合が17日に行われた。 開幕3連勝のブラジル代表は、2勝1敗のウルグアイ代表とアウェイで対戦。0-2でブラジルが勝利し、開幕4連勝を飾った。 新型コロナウイルス(COVID-19)に感染したルイス・スアレスを欠くウルグアイは、エディンソン・カバーニとダルウィン・ヌニェスが2トップを形成。対するブラジルはケガでネイマールが離脱した中、トップにロベルト・フィルミノを置き、右にガブリエウ・ジェズス、左にリシャルリソンがはいる[4-3-3]で臨んだ。 序盤からブラジルが攻め込む展開となる中、ウルグアイはハードワークで応戦。しかし先制したのはブラジル。34分にボックス手前でアルトゥールがミドルシュートを放つと、ディフレクトしたボールが決まる。 さらに45分にも追加点。ローディのクロスにリシャルリソンがヘディングで合わせて追加点。そのままブラジルが逃げ切った。 ここまで2勝1分けのアルゼンチン代表は、1分け2敗のペルー代表と対戦。0-2でアルゼンチンが勝利した。 ラウタロ・マルティネスを1トップ、トップ下にリオネル・メッシを配置したアルゼンチンは17分に左サイドを仕掛けるとジョバンニ・ロ・チェルソのパスを受けたニコラス・ゴンサレスが左足で沈め先制。28分にはパレデスのスルーパスに抜け出たラウタロがGKをかわして無人のゴールへ。0-2で勝利した。 その他、エクアドル代表がコロンビア代表に6-1で圧勝。前半だけで4ゴールを奪うと、6ゴール全てが違う得点者となり、コロンビアを一蹴した。 ◆第4節結果 ▽11/17 ベネズエラ代表 2-1 チリ代表 【ベネズエラ】 ルイス・デル・ピノ(前9) サロモン・ロンドン(後36) 【チリ】 アルトゥーロ・ビダル(前15) エクアドル代表 6-1 コロンビア代表 【エクアドル】 ロベルト・アルボレダ(前7) アンヘル・メナ(前9) ミカエル・エストラーダ(前32) シャビエル・アレアガ(前39) ゴンサロ・プラタ(後33) ペルビス・エストゥピニャン(後46) 【コロンビア】 ハメス・ロドリゲス(前46) ウルグアイ代表 0-2 ブラジル代表 【ブラジル】 アルトゥール(前34) リシャルリソン(前45) パラグアイ代表 2-2 ボリビア代表 【パラグアイ】 アンヘル・ロメロ(前19[PK]、後27) 【ボリビア】 マルセロ・マルティンス(前41) ボリス・セスペデス(前45) ペルー代表 0-2 アルゼンチン代表 【アルゼンチン】 ニコラス・ゴンサレス(前17) ラウタロ・マルティネス(前28) <span class="paragraph-title">◆カタール・ワールドカップ南米予選順位表</span> 勝ち点(勝/分/負/得失点) 1.ブラジル 12(4/0/0/+10) 2.アルゼンチン 10(3/1/0/+4) 3.エクアドル 9(3/0/1/+7) 4.パラグアイ 6(1/3/0/+1) ─────W杯出場 5.ウルグアイ 6(2/0/2/0) ─────大陸間PO 6.チリ 4(1/1/2/0) 7.コロンビア 4(1/1/2/-5) 8.ベネズエラ 3(1/0/3/-4) 9.ペルー 1(0/1/3/-6) 10.ボリビア 1(0/1/3/-7) 2020.11.18 12:36 Wed
twitterfacebook
thumb

スアレスに新型コロナウイルス陽性反応…ブラジル代表戦&古巣バルセロナ戦欠場へ

ウルグアイサッカー協会(AUF)は6日、ウルグアイ代表に招集中のアトレティコ・マドリーFWルイス・スアレスに新型コロナウイルスの陽性反応が確認されたことを公式ツイッターで発表した。 スアレスは13日に行われたカタール・ワールドカップ南米予選のコロンビア代表戦(3-0の勝利)に先発し70分までプレー。54分にはPKからチーム2点目をなるゴールを挙げていた。 AUFの発表によれば、ウルグアイ代表の全選手とチームスタッフを対象とした検査でスアレスとGKロドリゴ・ムニョス、そしてスタッフ1名の計3名に新型コロナウイルス陽性反応が確認されたとのこと。 すでに隔離措置に入っているスアレスは、17日に行われる南米予選第4節のブラジル代表戦の欠場が決定。また、スペイン『マルカ』は21日に行われるラ・リーガ第10節の古巣バルセロナ戦の欠場も決定的と伝えている。 2020.11.17 06:20 Tue
twitterfacebook
thumb

ネイマールら不在のブラジルが無傷の3連勝! ウルグアイ&チリもそれぞれ白星《カタールW杯南米予選》

カタール・ワールドカップ(W杯)南米予選第3節の3試合が13日に行われた。 開幕2連勝スタートのブラジル代表は2連敗中のベネズエラ代表とホームで対戦。ネイマールやコウチーニョ、ファビーニョらをケガで欠くなかでの一戦に向け、ガブリエウ・ジェズス、リシャルリソン、フィルミノをスタートから起用した。 序盤から攻め立てたブラジルは7分にリシャルリソンがゴールネットを揺らしたが、味方がオフサイドを取られ、ノーゴールに。その後も攻撃のイニシアチブを握ったが、ベネズエラの守りを崩せず、なかなかスコアが動かない展開となる。 打破できぬまま試合を折り返したブラジルだったが、66分にエベルトン・リベイロが右サイド深くから右足浮き球パスを出すと、ファーサイドでの競り合いで中央にこぼれたボールをフィルミノがプッシュ。ブラジルがついに均衡を破った。 このゴールが決勝点となり、ブラジルが3連勝を達成。17日に敵地で予定するウルグアイ代表との大一番に向けて、弾みをつけた。 また、ウルグアイはコロンビア代表とのアウェイ戦に臨み、カバーニやスアレス、ヌニェスのゴールで3-0の勝利。ペルー代表をホームに迎え撃ったチリ代表はビダルの2ゴールで2-0の勝利を収め、3試合目にして予選初白星を手にした。 ◆第3節結果 ▽11/13 コロンビア 0-3 ウルグアイ チリ 2-0 ペルー ブラジル 1-0 ベネズエラ ▽11/12 アルゼンチン 1-1 パラグアイ ボリビア 2-3 エクアドル 2020.11.14 12:30 Sat
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly