レアルのアイコン、ラウールがダービーマッチで決めたドンピシャ弾丸ヘッド【インクレディブル・ゴールズ】

2020.11.22 19:00 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。今回は元スペイン代表FWラウール・ゴンサレス氏がレアル・マドリーで決めたゴールだ。

◆ラウールがダービーマッチで強烈なヘディングを決める

レアル・マドリーの下部組織出身のラウール氏は、同クラブでプロデビューを飾ると、世界中のスターたちが集うチームの中で、生え抜きのエースとして得点を量産。クラブの象徴的な存在としてファンから愛された。

多くの名ゴールを決めてきたラウール氏だが、2007年8月25日に行われた、ラ・リーガ開幕節、アトレティコ・マドリーとのマドリッド・ダービーでは、見事なヘディングを決めている。

開始早々に先制を許したマドリーだったが、迎えた15分、右サイド深くでボールを持ったDFセルヒオ・ラモスが強めのクロスを上げる。すると、DFとの駆け引きからフリーになったラウールが頭で合わせ、完璧にミートさせた強烈なヘディングシュートを放つ。鋭い弾道のシュートはゴール右に突き刺さり、見事な同点弾となった。

すぐさま追いついたマドリーは、その後逆転に成功し、2-1で勝利している。
コメント
関連ニュース
thumb

ロンドンを渡り歩いた名CBギャラスがチェルシー時代に叩き込んだロケットシュート【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元フランス代表DFウィリアム・ギャラス氏がチェルシーで決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ギャラスが決めた火を噴くような強烈ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJWZFRSZkJvWCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2001年夏にマルセイユからチェルシーに移籍したギャラス氏は、主力DFの1人として第一次ジョゼ・モウリーニョ政権での黄金期のリーグタイトル2連覇などに貢献した。 その後アーセナルやトッテナムなど、ロンドンのビッグクラブを渡り歩いたギャラス氏だが、チェルシー時代の2006年3月11日に行われたプレミアリーグ第29節のトッテナム戦では、圧巻のゴールを決めている。 1-1と同点のまま迎えた93分、相手ボックス前左サイドでボールを持ったギャラスは、鋭いターンで相手DFをはがし、ドリブルで中央へボールを運ぶと、ボックスの外から思い切りシュートを放つ。右足から放たれた豪快なシュートは、圧倒的なパワーとスピードでゴール右に突き刺さり、劇的な勝ち越しゴールとなった。 試合はチェルシーがそのまま2-1で勝利している。 2020.11.25 19:00 Wed
twitterfacebook
thumb

アヤックス時代のミリクが放った美しいコントロールミドル【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はナポリのポーランド代表FWアルカディウシュ・ミリクがアヤックス時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆アヤックス時代のミリクが決めた美しいゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJtNGFTVlJxMSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2014年夏にレバークーゼンからアヤックスにレンタル移籍で加入したミリクは、頭角を現し、翌年同クラブに完全移籍。2016年夏にはナポリに加入し、ステップアップを果たした。 セリエA屈指のストライカーとして活躍するミリクだが、アヤックス時代の2015年2月19日に行われたヨーロッパリーグ(EL)ラウンド32、レギア・ワルシャワとの1stレグでは、美しいゴールを決めている。 0-0で迎えた34分、右サイド深部のアヤックスのスローインから、FWリカルド・キシュナがボールを得ると、ドリブルで中央へ仕掛けてから、ボックス手前のミリクにパスを送る。 ペナルティーアーク付近でボールを受けたミリクは、素早いターンで前を向くと、左足でシュート。カーブのかかったシュートは、GKのリーチを避けるように変化しながらゴール左の完璧なコースに決まり、見事な先制ゴールとなった。 試合はこのゴールを守りぬいたアヤックスが1-0で逃げ切り、勝利している。 2020.11.25 12:00 Wed
twitterfacebook
thumb

リベリが名手チェフのニアポストをぶち抜いた、浮き上がるような弾丸シュート【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はフィオレンティーナの元フランス代表FWフランク・リベリがバイエルン時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆リベリがチェフのニアポストを抜いて決めた強烈ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJsWEdETUFobCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2007年夏にマルセイユからバイエルンに加入したリベリは、王者バイエルンの両ウイングの一角を担い、長年に渡って活躍。攻撃陣を牽引し、数多くのタイトルを勝ち取った。 突破力抜群のドリブルと、パワフルなシュートで高い決定力を見せるリベリだが、2013年8月30日に行われたUEFAスーパーカップ、チェルシーとの決勝では、見事なゴールを決めている。 0-1とバイエルンビハインドの47分、左サイドをドリブルで上がったMFトニ・クロースからのパスを、相手陣内中央辺りで受けたリベリは、ドリブルで前進すると、ボックス外から強烈なシュートを放つ。 低い弾道ながら、物凄いスピードでゴールに飛んでいったボールは、名GKペトル・チェフが守るニアポストを抜き、ゴールネットに突き刺さった。 リベリのゴールで同点に追いついたバイエルン。試合はPK戦までもつれたがバイエルンが勝利している。 2020.11.24 19:00 Tue
twitterfacebook
thumb

フランス人FWノッカールが完璧なコースに叩き込んだゴラッソ【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はノッティンガム・フォレストのフランス人FWアントニー・ノッカールがブライトン&ホーヴ・アルビオン時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆クノッカールが決めた完璧なゴラッソ<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJGWXdDb1FsdyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> フランスでのデビューを経て、スタンダール・リエージュやレスター・シティでプレーしたノッカールは、2016年1月にブライトンに加入した。 ブライトンでは貴重な得点源として活躍したノッカールだが、2019年3月9日に行われたプレミアリーグ第30節のクリスタル・パレス戦では、見事なゴールを挙げている。 1-1の同点で迎えた74分、右サイドでボールを持ったノッカールは、ドリブルで仕掛け、ボックス手前まで侵入。鋭いカットインでシュートチャンスを作ると、ミドルシュートを放つ。 左足から放たれたシュートは、左上の完璧なコースにカーブしながら飛んでいき、ポストの内側に跳ね返ってゴールインした。 ノッカールのゴラッソで勝ち越しに成功したブライトン。試合には2-1で勝利している。 2020.11.23 19:00 Mon
twitterfacebook
thumb

その角度から決める!?10人のチームを救うクアドラードの反則級豪快ミドル【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はユベントスのコロンビア代表MFフアン・クアドラードが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆クアドラードがまさかの位置から豪快ミドルを叩き込む!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ1dFVrQ3M5RiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2015年夏にチェルシーからユベントスへレンタル移籍で加入したクアドラードは、活躍を見せ、2017年夏に完全移籍。主力としてプレーしている。 突破力のあるドリブルとパンチのあるシュートを武器に存在感を示すクアドラードだが、2016年10月18日に行われた、チャンピオンズリーグ(CL)グループステージのリヨン戦では、チームを救う見事なゴールを決めている。 0-0と拮抗した展開となったこの試合だが、54分にユベントスのMFマリオ・レミナが2枚目のイエローカードを受けて退場となる。数的不利となったユベントスだったが、76分、右サイドでボールを持ったクアドラードがドリブルで仕掛け、ボックス内に侵入する。ゴール右の角度のほぼない位置に追い込まれるが、右足一閃。パンチのあるミドルシュートでニアポストをぶち抜くと、見事なゴールを挙げた。 このリードを守り通したユベントスが、そのまま1-0で勝利している。 2020.11.21 19:00 Sat
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly