マッチアップは長友か中山か?メキシコのトリックスター、ヘスス・マヌエル・コロナ

2020.11.17 20:20 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本代表は17日、国際親善試合でメキシコ代表と対戦する。メキシコはFIFAランキングでも日本よりはるか上位の11位に位置しており、今の日本代表の現在地を測るにはいい相手となってくれるはずだ。

そんなメキシコ代表の中に生粋のドリブラーがいる。日本代表MF中島翔哉も在籍するポルトに所属するMFヘスス・マヌエル・コロナ(27)だ。

母国の名門モンテレイで育ったヘスス・コロナは、2013年にオランダのトゥベンテに加入。ウインガーの登竜門でもあるエールディビジを舞台にそのスキルを磨くと、2014-15シーズンにはレンタルで加入したFW宮市亮とのポジション争いも制し、2015年にポルトに引き抜かれた。

◆メキシコのトリックスター、ヘスス・コロナのテクニックを動画でチェック


ポルトでは移籍初年度から右ウイングを主戦場にレギュラーを獲得。足裏を使ったスキルや、相手の体重移動を上手く利用した緩急抜群のドリブル突破を武器に、攻撃の核として、在籍4シーズンで公式戦231試合に出場し31ゴール60アシストをマーク。今シーズンも公式戦全10試合に先発出場し、2ゴール6アシストを記録している。

2018年のロシア・ワールドカップ以降、代表から遠ざかる時期のあったヘスス・コロナだが、直近の親善試合3試合には右のウインガーとしていずれも先発出場。コンディションに問題がなければ、日本戦にも出場してくるはずだ。

パナマ戦では[3-4-2-1]のシステムで臨んだ日本代表だが、メキシコ代表戦では[4-2-3-1]のシステムで臨む可能性が高い。その場合、ヘスス・コロナと対峙するのは日本の左サイドバックということになるが、パナマ戦で左ウイングバックに入ったDF長友佑都(マルセイユ)、もしくはクラブで左サイドバックを担うMF中山雄太(ズヴォレ)のどちらかが担うことになるだろう。

今夏に加入したマルセイユでは未だ出場機会が少なく、ややコンディションに不安がある長友なのか、それともテストとしての意味合いもある中山が起用されるかは予測が分かれるところだが、いずれにせよワールドクラスと言って過言ではないドリブラーのヘスス・コロナとのマッチアップ次第では、試合運びにも大きな影響が出てくるはずだ。

日本代表vsメキシコ代表は、17日(火)の29時(18日午前5時)にキックオフを迎える。

関連ニュース
thumb

FIFAがメキシコに制裁! 同性愛者差別チャント受け、ホーム2試合の無観客処分

国際サッカー連盟(FIFA)は18日、一部サポーターが同性愛者差別チャントを行った一件を受け、男子メキシコ代表チームに対してホーム2試合の無観客開催処分を科した。『ESPN』が伝えている。 メキシコ代表では今年3月に行われた北中米カリブ海サッカー連盟(CONCACAF)の東京オリンピック予選のU-24ドミニカ共和国代表戦、U-24アメリカ代表戦の2試合において、一部サポーターが同性愛者差別にあたるチャントを行ったことが問題視されていた。 そして、先日に処分を科すことを明言していたFIFAは、メキシコサッカー連盟(FMF)に対してホーム2試合の無観客開催処分および罰金6万スイスフラン(約720万円)を科した。 なお、無観客開催の対象試合は9月2日に予定されるジャマイカ代表戦、10月7日に予定されるカナダ代表戦のカタール・ワールドカップ予選2試合だ。 さらに、今後も同様の事象が発生した場合、ワールドカップ予選などの公式大会における勝ち点はく奪、ワールドカップを含むFIFA管轄下のすべての大会へのメキシコの参加を全面的に禁止することなど、追加処分の可能性を通知した。 なお、メキシコでは5月29日に行われたアイスランド代表との国際親善試合、CONCACAFネーションズリーグの準決勝コスタリカ代表戦、決勝のアメリカ戦においても同様の行為が確認されており、今回の処分決定後に新たな問題が発生した場合、FIFAが前述の厳しい処分に踏み切る可能性は十分にあるようだ。 今回の処分を受けて、FMFのヨン・デ・ルイサ会長は、「メキシコ代表チームの試合におけるあらゆる差別」を拒絶することを改めて強調している。 また、フル代表を率いるヘラルド・マルティーノ会長は、「このような態度が我々に何をもたらすのか、ファンの皆さんに考えてもらいたいと思う。空っぽのスタジアムでプレーすることになるし、国際大会に出場できなくなる可能性もある。重要なことを成し遂げようとする代表チームは、プレーヤーとファンに依存している」とコメント。一部サポーターによる愚行の撲滅を改めて訴えている。 2021.06.19 07:00 Sat
twitterfacebook
thumb

早めの来日で万全を期して臨むメキシコ女子代表モニカ・ベルガラ監督「日本をてこずらせるような試合運びを」

なでしこジャパンとの対戦を控えるメキシコ女子代表モニカ・ベルガラ監督が12日、前日記者会見に出席した。 13日にMS&ADカップ2021のなでしこジャパン戦に臨むメキシコ。ベルガラ監督自身は選手時代の2003年、2007年に女子ワールドカップ(W杯)予選大陸間プレーオフで日本との対戦経験がある。世代別の代表でも指揮官として対戦しており、日本については「非常にレジリエンス(不利な状況を盛り返す力)の高いチーム」という印象を持っているようだ。 メキシコは試合に先立ち7日に来日。心身ともにベストな状態で試合に臨みたいとのことから早めの日本入りを決めたようで、それが双方にとってメリットになると考えているようだ。なでしこジャパンの印象を含めて次のようにコメントしている。 「(なでしこジャパンは)プレーの中にも日本の文化が反映されている。選手たちは非常にリスペクトを持って規律を重視し、自らのプレースタイルに忠実に最初の1分から試合が終了するまで、忠実に戦うチームだという印象を持っています」 「非常に素晴らしいと思います。明日の試合では日本をてこずらせるような試合運びができればと思いますし、それが日本代表のオリンピックに向けての準備の役に立てばと思います」 「日本代表のプレーというのは非常にダイナミックでコンパクトなプレーが特徴的ですし、攻守の両面において非常にアグレッシブだという印象を受けています。メキシコ女子代表にもそういったところを取り入れていきたいと思いますし、日本にとって難しい試合展開を強いるように戦いたいと思います」 自身のチーム作りに関しては「すべての面において全員の選手たちで同じ方向を向いて、同じ言語で理解し合うこと」を大切にしていると述べたベルガラ監督。「それが目指すプレーモデルであり、13日の試合でも見られるだろう」と語った。 また、両チームのキーマンについて尋ねられると、特定の選手名を挙げることはせずにチームプレーを重視していることを強調。日本との試合でもチームとしてどう戦えるかに重きを置いているようだ。 「私が最も大事だと思うのは、日本もメキシコも同じだと思うんですけど、チームでのプレーといういことです。明日の試合でも守備であったり、攻撃の面で何人か目立つ選手が出てくることはあるでしょうけれど、やはり重要なのはチームプレー。攻撃を仕掛ける際もキーパーのところから攻撃は始まっていると私たちは考えますし、もし得点を決めることができれば、それは選手たち全員にとってのプレゼントであるという風に思います。おそらく日本もそういった考え方だと思いますので、明日もチームプレーを重視していきたいと思います」 2021.06.12 22:53 Sat
twitterfacebook
thumb

アメリカ代表がCONCACAFネーションズリーグの初代王者に輝く!プリシッチの延長戦のPKが決勝点に

CONCACAF(北中米カリブ海サッカー連盟)ネーションズリーグ決勝のアメリカ代表vsメキシコ代表が6日に行われ、3-2で勝利したアメリカが優勝に輝いた。 今回が初開催となるCONCACAFネーションズリーグ。UEFAネーションズリーグを参考にした大会で、連盟に所属している42カ国のうち、2018年のワールドカップ北中米カリブ海予選で5回戦まで進んだ通称“ヘキサゴナル”と呼ばれる6カ国(アメリカ、パナマ、ホンジュラス、コスタリカ、メキシコ、トリニダード・トバゴ)を除いた34カ国による予選が2018年9月から始まった。 この結果をもとに、UEFAネーションズリーグのようにリーグAからリーグCまで組み分けられ、リーグAに入ったヘキサゴナルを含む12カ国が本選のグループステージ参加権を獲得。そして、その12カ国を3チーム4グループに分けたグループステージが2019年10月から11月にかけて行われた。 その結果、各グループで首位となったアメリカ、メキシコ、ホンジュラス、コスタリカが決勝トーナメントへ進出。この決勝トーナメントは、本来2020年6月に予定されていたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で現在まで延期に。 今月3日にようやく準決勝が行われ、ホンジュラスを1-0で下したアメリカと、PK戦でコスタリカを破ったメキシコが決勝へ進出。2019年のCONCACAFゴールドカップ決勝と同じカードとなった。 そして6日の決勝戦は、開始62秒でFWヘスス・マヌエル・コロナ(ポルト)がボックス左で相手のパスをカットし、そのままネットを揺らしてメキシコが先制する予想外のスタートを切る。 しかし、アメリカも27分のセットプレーで、左ポストに嫌われた味方のヘディングシュートのこぼれ球をMFジョバンニ・レイナ(ドルトムント)が押し込んで、同点で試合を折り返す。 後半はタイトな展開となったものの79分に、途中出場のMFディエゴ・ライネス(ベティス)のカットインからのゴールでメキシコが勝ち越し。しかしながら82分、アメリカは再びセットプレーからMFウェストン・マッケニー(ユベントス)がヘディングシュートを決めて、試合は延長戦に突入する。 そして延長後半9分、ここで試合が動く。速攻を仕掛けたアメリカは、右サイドからボックス中央のFWプリシッチ(チェルシー)にボールが渡ると、プリシッチがドリブルを仕掛けた際に、メキシコDFカルロス・サルセド(ティグレス)に倒されPKを獲得。これを自ら決めて土壇場で勝ち越すと、この後更なるドラマが。 試合終了間際の120分、メキシコのCKのシーンでMFルイス・ロモ(クルス・アスル)のヘディングシュートがDFマーク・マッケンジー(ヘンク)の手に当たり、PKを獲得。これを決めてPK戦突入かに思われたが、主将MFアンドレス・グアルダード(ベティス)のシュートを、先発したGKザック・ステッフェン(マンチェスター・シティ)の負傷交代によって投入されたGKイーサン・ホーヴァス(クラブ・ブルージュ)がストップしてみせた。 最後の最後まで目が離せない劇的な展開となった一戦は、3-2でアメリカが制し、初代王者に輝いた。 2021.06.07 18:07 Mon
twitterfacebook
thumb

なでしこジャパン、ウクライナに続きメキシコとも対戦

日本サッカー協会(JFA)は18日、なでしこジャパンがMS&ADカップ2021でメキシコ女子代表と対戦することを発表した。 MS&ADカップ2021は、6月13日に栃木SCの本拠地であるカンセキスタジアムとちぎで開催。14時にキックオフを迎える。 また、この試合はテレビ朝日系列で全国生中継されることとなる。 メキシコとはこれまで8試合対戦しており、6勝1分け1敗の成績を残している。 なでしこジャパンは6月10日(木)にエディオンスタジアム広島でウクライナ女子代表と対戦。東京オリンピックと同様に移動を含めた中2日でメキシコ戦を戦う。 2021.05.18 12:43 Tue
twitterfacebook
thumb

チチャリートがスターとしての苦悩を吐露…「ロボットではないし、完璧な人間でもない」

LAギャラクシーに所属するメキシコ代表FWハビエル・エルナンデス(32)は、スタープレーヤーとしての苦悩を吐露している。『ESPN』が伝えている。 チチャリートの愛称で知られるハビエル・エルナンデスは、祖父も父もメキシコ代表で活躍し、自身もマンチェスター・ユナイテッドやレアル・マドリーで活躍した同国スポーツ界屈指のサラブレッドだ。 それゆえにピッチ内外で感じるプレッシャーの大きさは常人には計り知れないものとなっている。 チチャリートはこれまでスーパースターとして多くの人たちが期待する振る舞いを意識していたが、「どん底だった」と後に語った昨シーズンのLAギャラクシーでの不振をキッカケに、自身の心境に変化が起きていることを明かした。 今回公式会見の場に出席したメキシコ代表FWは、スーパースターとしての苦悩を吐露すると共に、多くの人が個人的な問題に関してよりオープンに話せるようになることを願っていると語っている。 「僕はロボットではないし、完璧な人間でもない」 「話すのが難しいテーマだと思うけど、それが普通になることを願っているよ。その人が誰であろうと、どれだけのお金を持っていようと、そういった問題に違いはない。僕たちはみんな、人間なのだからね」 「もちろん、アスリートとしての自分たちの仕事には多くの責任が伴うものだし、とてもパプリックな存在にもなる。その言葉は大きな影響力を持つけど、誰に対しても完璧さを求めてはいけない。そんなものは存在しないのだからね」 また、チチャリートはこれまでの考え方を変えて、現在は自分の弱みを積極的に見せていくことに挑戦しているという。 「弱さを見せていくことは、僕がより積極的に取り組んでいることなんだ」 「個人的にすべての人たちが、誰であろうと単なる1人の人間であるということを早く理解してほしいと思っているよ」 「この立場にいるからといって、スタジアムやその他の場所で働いている他の人よりも自分たちに価値があるというわけではないよ」 「情熱を持って仕事をするために、常に向上心を持ち続けたいと思っている。僕らは互いにそれを要求する必要があると思うけど、それは完璧さを求めるということではないんだ」 2021.04.15 23:29 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly