ブレーメン戦に臨む長谷部誠、来季欧州の舞台に立つためには「改善しなければならない」

2020.10.30 20:30 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フランクフルトのMF長谷部誠が、ブレーメン戦に向けた記者会見に出席した。クラブ公式サイトが伝えた。今シーズンの開幕戦から無敗を続けていたフランクフルトだが、24日に行われた第5節のバイエルン戦では5-0で完敗。シーズン初黒星を喫していた。

長谷部は全5試合に先発出場している中で、このバイエルン戦の5失点についてコメント。「5失点は明らかに多すぎました。ちょっとした打撃でした。すでに試合を分析済みで、ネガティブな面とポジティブな面の両方を特定するとができました。重要なのは土曜日でそれを実行し、より良い結果を出すことです」と語り、すでに分析済みであると語った。

長谷部は開幕から5試合で先発し、今シーズンが現役ラストシーズンの可能性もささやかれている。コンディションも良い状況だが、それは試合数が少なくなったことが影響しているようだ。

「もちろん今シーズンの試合数は過去2年間よりも大幅に少ないです。体への負担も低くなっています。僕の体力だけじゃなく、メンタルにも影響を及ぼしますし、試合の間に回復する時間もあります」

現在は8位に位置しているフランクフルト。まずまずのスタートだが、この先の戦いが来季のヨーロッパの大会への出場権に影響すると考えているようだ。

「5試合で8ポイントを獲得しています。今の状態ではバイエルンに負けてもおかしくはありません。ただ、ビーレフェルトとケルンに対して4ポイントを落としてしまいました。だから、ある程度順調に進んでいると思います」

「ただ、来年ヨーロッパの舞台で戦いたいのであれば、改善しなければなりません。ブレーメンとシュツットガルトに対しては、可能であれば6ポイントを獲得したいです」

そのフランクフルトは、同じ勝ち点で並び日本代表FW大迫勇也が所属するブレーメンと31日に対戦する。フロリアン・コーフェルト監督に率いられるチームは2019-20シーズンはプレーオフも戦ったが、今シーズンは良いスタートを切ったと分析。長谷部は警戒した。

「ブレーメンはとても良いスタートを切ったと思います。彼らも最初の5試合で8ポイントを獲得しました。昨シーズンはブレーメンにとってとても難しい状況でしたが、彼らは今シーズンすでにそのクオリティを証明しています。だから簡単なゲームだとは思っていません」

「若い監督もいます。ほぼ同じ年齢です(コーフェルト監督は38歳、長谷部は36歳)。でも僕もまだ若いですね(笑)。フロリアン・コーフェルトはとても感情的で、ゲーム中はじっと見ているので、この感情が試合に反映されると思います」

ブンデスリーガは11月2日から再び無観客試合になることが決定した。会見時点では発表されていなかったものの、ブレーメン戦はフランクフルトの保健所から無観客開催を求められていた中、再び無観客試合となることについて、長谷部が見解を語った。

「とても残念です。僕たちにとってもちろんすごく悪いことです。サポーターがいない中でプレーすると、感情や情熱など多くの要素を欠くことになります。ただ、今まで10試合以上、無観客試合でプレーしました。サポーターがいなくても、執念を見せ、感情を持ってプレーしなければいけません」
コメント
関連ニュース
thumb

2アシストの鎌田大地をフランクフルト指揮官が評価「爪痕を残してくれた」

フランクフルトのアディ・ヒュッター監督が2アシストを記録した日本代表MF鎌田大地を評価した。クラブ公式サイトが伝えている。 鎌田は28日に敵地で行われたブンデスリーガ第9節のウニオン・ベルリン戦にフル出場。4分にはボールロストから失点に関与してしまった鎌田だが、27分にアンドレ・シルバのゴールを演出すると、79分にはバス・ドストのゴールをアシストしてチームの勝ち点獲得に貢献した。 試合を振り返ったヒュッター監督は前半序盤の内容を反省。そして、攻撃陣を牽引した鎌田を評価している。 「このような面白くて魅力的な試合が無観客で行われたのは残念だ。我々は非常に悪いスタートを切り、0-3にされなかったのはラッキーだ。そこから我々は素晴らしい士気を示した。3-3という結果はクルーゼのゴールによるもので我々の計画を妨害した」 「全体的フェアの引き分けだ。セバスティアン・ローデは全治14日間の負傷離脱していて今週からトレーニングに復帰していた。彼を最初から起用したかった。ジブリル・ソウとシュテファン・イルザンカーはライプツィヒ戦と同様に今日も上手くやっていた。まだたくさんの試合を控えている」 「鎌田大地は上手く試合に入れていなかったが、良い攻撃を見せてくれた。2つのアシストで引き分けに貢献し、経験豊富なマックス・クルーゼのように試合に爪痕を残してくれた」 2020.11.29 20:45 Sun
twitterfacebook
thumb

鎌田2アシストのフランクフルトが遠藤渓太欠場のウニオンと打ち合い3-3ドロー!《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第9節、ウニオン・ベルリンvsフランクフルトが28日に行われ、3-3で引き分けた。ウニオン・ベルリンのMF遠藤渓太は欠場し、フランクフルトのMF鎌田大地はフル出場、DF長谷部誠はベンチ入りも出場機会はなかった。 前節ケルン戦を競り勝って3連勝とした6位ウニオン・ベルリン(勝ち点15)は、前々節の試合でハムストリングを痛めた遠藤が引き続き欠場となった。 一方、前節ライプツィヒ戦を引き分け5試合勝利のない11位フランクフルト(勝ち点11)は、鎌田が開幕から9試合連続スタメンとなった一方、長谷部が前節に続いてベンチスタートとなった。 試合は開始2分に動く。左クロスをGKトラップがファンブルしたところをアンドリッヒが詰めてウニオンが先制した。 さらに4分、鎌田のボールロストからショートカウンターを受けると、ボックス内に侵入したタイウォがヒンテレッガーに倒されてPKを獲得。このPKをクルーゼが決めてウニオンに追加点が生まれた。 2点をリードしたウニオンは自陣に引いてカウンターを狙う展開とすると、11、15分とタイウォが決定的なシュートを浴びせて主導権を握り続ける。 フランクフルトの反撃は24分。ボックス左からコスティッチが決定的なシュートを放つと、27分に1点を返す。敵陣でボールを奪った流れから鎌田の右クロスをファーサイドのアンドレ・シウバが詰めきった。 鎌田のアシストで反撃の狼煙を上げたフランクフルトは36分、左サイドからのコスティッチのFKをニアサイドのアンドレ・シウバがバックヘッドでうまく逸らしてゴールに流し込み、一気に同点とした。 迎えた後半、52分にドストのヘディングシュートで逆転ゴールに迫ったフランクフルトだったが、その後は膠着状態に陥る。 そんな中79分にフランクフルトが逆転する。鎌田がスルーパスに抜け出してボックス右に侵入。クロスを入れ、ドストが合わせた。 鎌田の2アシスト目で逆転したフランクフルトだったが、87分に追いつかれる。ボックス手前中央のクルーゼがミドルシュートを叩き込んだ。 このまま3-3で終了。鎌田が2アシストと活躍したフランクフルトだったが、3-3の引き分けに終わり、6戦勝利なしとなっている。 2020.11.29 01:53 Sun
twitterfacebook
thumb

フランクフルト、バルコクがコロナ陽性…直近2試合では1ゴール2アシスト

MF長谷部誠とMF鎌田大地が在籍するフランクフルトは24日、モロッコ代表MFアイメン・バルコクに新型コロナウイルスの陽性反応が出たことを公表した。 バルコクは23日に頭痛を訴えたため、クラブはその日のうちにコロナウイルスの検査を実施。その検査の結果、陽性判定が出たという。そして、すでに自主的隔離措置を講じており、少なくとも28日のブンデスリーガ第9節、ウニオン・ベルリン戦を欠場することになるという。 なお、21日に行われたRBライプツィヒ戦の前に行われた検査で陰性判定だったバルコクは、22日にプライベートな事情により、クラブの許可を得て22日のトレーニングセッションを欠席しており、チーム内に濃厚接触者はいないという。 バルコクはデュッセルドルフからレンタルバックした今季、ここまでブンデスリーガ8試合に出場。前々節のシュツットガルト戦(2-2)では2アシスト、前節のライプツィヒ戦(1-1)では1ゴールを挙げていた。 2020.11.25 01:00 Wed
twitterfacebook
thumb

鎌田先発のフランクフルトが強豪ライプツィヒにドロー、長谷部は出場せず《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第8節、フランクフルトvsライプツィヒが21日に行われ、1-1で引き分けた。 フランクフルトのMF鎌田大地は63分までプレーし、DF長谷部誠はベンチ入りも出場しなかった。 前節、シュツットガルトの遠藤航との日本人対決を2-2の引き分けに持ち込んだフランクフルトは、5試合ぶりの勝利を目指す中、日本代表に合流していた鎌田がスタメンとなり、長谷部は今季初のベンチスタートとなった。 2位ライプツィヒ(勝ち点16)に対し、[3-4-2-1]でスタートしたフランクフルトは慎重な入りを見せていく。 すると15分、ライプツィヒに決定機。エンクンクのスルーパスでボックス左に侵入したダニ・オルモがループシュートを狙ったが、枠の上に外れた。 ひやりとしたフランクフルトは22分にCKからヒンテレッガーがヘディングシュートでゴールに迫ると、31分に鎌田がシュートに持ち込む。 すると43分、最初の決定機を生かしてフランクフルトが先制する。FKが流れ、ボックス右に走り込んだバルコクが胸トラップからシュートを蹴り込んだ。 後半からY・ポウルセン、フォルスベリ、オルバンの3選手を投入したライプツィヒに対し、フランクフルトは開始2分に鎌田のスルーパスからコスティッチが左ポスト直撃のシュートを浴びせる。 しかし57分、ライプツィヒが追いつく。アンヘリーニョの左クロスをY・ポルウセンが右足アウトでの絶妙なボレーでゴールに流し込んだ。 63分に鎌田が交代となって以降は膠着状態が続き、互いに睨み合いの状況が続いた中、78分にフランクフルトにチャンス。しかし、ボックス右に侵入したアンドレ・シウバのシュートはGKグラーチにセーブされた。 結局、終盤にかけては互いにチャンスを作れず1-1で終了。勝ち点1を分け合っている。 2020.11.22 04:27 Sun
twitterfacebook
thumb

長谷部&鎌田同僚のフランクフルト主将、「12、13歳の子供から死の脅迫があった」と明かす

フランクフルトでキャプテンを務めるアルゼンチン人DFダビド・アブラアムは、自身のプレーが原因で死の脅迫を受けていたと明かした。ドイツ『キッカー』が伝えている。 2015年7月からフランクフルトでプレーしているアブラアムはこれまで公式戦164試合に出場。キャプテンを任されるなど高い信頼を得ていたが、昨季のブンデスリーガ第11節のフライブルク戦でボールを拾いにサイドラインに向かった際、相手指揮官のクリスチャン・シュトライヒ監督を突き倒した。 これが原因で両チーム入り乱れての乱闘に発展すると、アブラアムのほか、彼の顔を掴んだフライブルクのMFヴィンチェンツォ・グリフォも退場に。試合後、7週間の出場停止処分を受けたアブラアムだが、今回のインタビューで公的な処分のほか、人々からの“私刑”もあったと明かしている。 「試合後は何度も(退場のシーンが)繰り返されていたね。悪い行いではあったけど、決して故意ではなかったんだ。(スタジアムの)通路で、シュトライヒ監督やグリフォとは話し合ったし、それで終わった問題だった」 「でもその後で、メディアが作為的に煽ったんだ。SNSには子供たちからも良くないコメントが寄せられたよ。12歳や13歳の子供たちが『殺してやる!』と書いてきた。親はこうした子供を見守る義務があると思うし、こんなことがあってはいけないんだ」 アブラアムはこの一件を経て、4歳になる息子にしっかりとした情操教育を行いたいと話した。また、自身がどんな人間であるかも人々に知ってほしいと語っている。 「僕は自分の過ちを分かっているし、真っ先に非を認めるよ。ただ、今回僕が学んだことは、父親として息子をしっかりと見つめ、SNSに死の脅迫などを書き込まないように育てたいということだ」 「僕は決して悪い人間ではないんだ。僕を知っている人々は、僕がどんな人間であるか理解してくれている。感情的な選手で、対戦相手のことは気にしないんだ。兄や母との対戦であっても何でもするだろう。息子とのトランプにも全力を尽くす、それが僕なんだ」 2020.11.20 13:10 Fri
twitterfacebook





NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly