フェイエ主将MFベルフハイスにローマ行きの可能性?

2020.10.30 18:28 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フェイエノールトに所属するオランダ代表MFステーフェン・ベルフハイス(28)にローマ行きの可能性があるようだ。『transfermarkt』が伝えている。トゥヴェンテでプロキャリアをスタートしたベルフハイスはAZ時代に台頭。その後、ワトフォードを経て2016年夏にフェイエノールトへレンタル移籍で加入すると、完全移籍に切り替わった2017年から絶対的な主力に君臨し、現在は背番号10と共にキャプテンを務めている。


右ウイングを主戦場に卓越した左足の技術、パス精度、決定力を併せ持つ万能型アタッカーは、直近3シーズンのエールディビジで毎シーズン20ゴール以上に関与しており、今シーズンここまでも6試合の出場で6ゴール4アシストを記録している。

オランダ代表としても通算15キャップを刻むベルフハイスに関しては以前からローマからの関心が伝えられており、今夏にも移籍に迫っていたとの報道もあった。

そういった中、フェイエノールトのキャプテンはオランダ『RTL 7』でローマとの関連について言及している。

「そのこと(ローマからの関心)については幾つかのことを知っているよ。だけど、僕はここにいる。確かに彼らからの関心はあったけど、具体的なものは何もなかったよ」

「これについてはかなり前から続いている話で、クラブと代理人は過去にそれについて話し合ったこともある」

「ローマ行きに関して具体的な考えはないよ。具体的な話がないのだからね。もちろん、その時が来れば、当然考えることになるはずさ。ただ、現時点で僕が焦点を当てるべきものではないよ」

なお、オランダ『Voetbal International』によると、ベルフハイスは2019年8月に2022年までの新契約にサインした際、金額は不明もクラブ側に不当な移籍金を要求しない旨を受け入れさせており、バーゲン価格での移籍が可能だという。

ローマは今夏、元スペイン代表FWペドロ・ロドリゲスを獲得した一方、トルコ代表FWジェンギズ・ウンデル、オランダ代表FWユスティン・クライファート、元アルゼンチン代表FWディエゴ・ペロッティら昨季の主力クラスがクラブを離れており、2列目の選手層に不安を抱えている。
関連ニュース
thumb

家族が銃を突きつけられ強盗被害に遭ったスモーリングが心境を明かす「もっと意味のある生き方を」

在宅時に強盗に襲われたローマの元イングランド代表DFクリス・スモーリングが、自身のSNSで心境をつづった。 負傷の影響で、15日に行われたヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグのアヤックス戦を欠場したスモーリング。家族と自宅で寝ていたところに、3人の武装した覆面の男たちが強盗に入ってきた。 これは16日の4時頃に起こった事件。家に侵入した強盗たちは、妻と2歳の息子を銃で脅し、スモーリングに金庫を開けさせていた。 金庫からはロレックスや宝石、その他貴重品などを盗んだとのこと。その後、警察に通報された。 スモーリングは自身のツイッターを更新し、多くの励ましの言葉に感謝。そして、強盗たちが真っ当な人生を歩むことを願った。 「みんなの支援と声援に感謝します。僕の家族はとても動揺しているけど、幸いにも無傷だった」 「こんな人たちが、他人を傷つけたり悩ませたりすることなく、もっと意味のある生き方を見つけられることを願っている」 最近では、イタリアやイングランド、フランスで選手や監督の自宅を狙った住居侵入が頻発しており、ローマでは昨年11月にパウロ・フォンセカ監督が強盗被害に遭っていた。 <span class="paragraph-title">【SNS】強盗被害を受けたスモーリングが心境を綴る</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">I’d like to thank everyone for your well wishes and support! My family although very shaken up are luckily unharmed! <br><br>Hoping these people can find a more meaningful way to live their lives without causing such harm and distress to others.</p>&mdash; Chris Smalling (@ChrisSmalling) <a href="https://twitter.com/ChrisSmalling/status/1383299934993059852?ref_src=twsrc%5Etfw">April 17, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.04.17 18:05 Sat
twitterfacebook
thumb

ローマDFスモーリングが強盗被害、金庫を開けさせられる

ローマの元イングランド代表DFクリス・スモーリングが強盗の被害に遭った。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。 負傷の影響で、15日に行われたヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグのアヤックス戦を欠場したスモーリング。家族と自宅で寝ているところに、3人の武装した覆面の男たちが強盗に入ったとのことだ。 報道によれば、強盗たちはスモーリング本人に金庫を開けるように命じ、ロレックスや宝石、その他貴重品などを盗んだとのこと。自宅にはスモーリングの他に、妻と2歳の息子もいたとのことだ。 スモーリングの妻は午前5時ごろに警察に通報。当局は可能な限りの方法でサポートしていくとのことだ。 ローマでは、パウロ・フォンセカ監督も昨年11月に強盗に侵入されたが、その際は家族やフォンセカ監督は不在だった。 <span class="paragraph-title">【写真】強盗被害に遭ったスモーリングと妻、息子の3ショット</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CDqQ2C0Hz9C/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CDqQ2C0Hz9C/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CDqQ2C0Hz9C/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Chris Smalling(@smalling)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.04.16 21:20 Fri
twitterfacebook
thumb

ELベスト4進出に貢献のジェコ、主将降板については「腕章ではなくチームのためプレーしている」

ローマのボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ジェコがヨーロッパリーグ(EL)の勝利を喜びつつ、キャプテン剥奪となった現状にも触れた。イタリア『スカイ』が伝えている。 ジェコは15日に行われたEL準々決勝2ndレグのアヤックス戦に先発出場。試合はボールを握られる苦しい展開となったものの、後半にジェコが冷静なシュートを決めて追いつき、1-1のドローに持ち込んだ。 チームのベスト4進出に多大な貢献を果たしたジェコは試合後、準決勝進出に向けた意気込みとともに、パウロ・フォンセカ監督との対立で一時的にチームから外され、復帰後にキャプテンマークを剥奪された件についても触れている。 「最終的に僕らは成功を収めた。それが最も重要なことだと思うよ。準決勝に進出して、マンチェスター・ユナイテッドと対戦できる。ブラガ、シャフタール、アヤックスといった強豪チームと戦ってきたこの道のりは決して簡単ではなかった」 「こうした強豪チームを打ち倒してきたが、今度はまた別のチームが待ち構えている。それでも、僕らはローマだ。ここまで来たのだから、すべてを出し切って決勝戦に臨みたい」 「僕にとってキャプテンマークは名誉だったが、僕は腕章ではなくチームのためにプレーしている。ローマの選手としてピッチに立ったら、これまでもこれからも常に全力を尽くすよ。受け入れがたいこともあったが、精神はいつも強くあった」 「もし僕が弱かったら、ここまで来られなかっただろう。このメンタルがいつも僕を支えてくれる。僕は決して後戻りはしないよ。最も重要なことはローマだ。腕章でも、エディン・ジェコでも、他の誰でもなくね」 「今、将来を考えるのは難しい。ELの準決勝があり、リーグ戦もあと8試合ある。現在のことに集中して、将来はそれから考えたい。僕はローマで6年目を迎える。浮き沈みが激しく、個人的にも今シーズンはベストではなかった」 「僕は過去を振り返るのが好きではなく、起こったことは起こったこととして、前を向いている。僕らはELの準決勝に進出しており、多くの人はこれを予想していなかっただろう。毎週、オールド・トラフォードでプレーできないわけではないのだから、楽しみたいね」 2021.04.16 12:28 Fri
twitterfacebook
thumb

スールシャール、EL4強で激突のローマを警戒 「守りが良い。ジェコめがけてのボールは全部危険」

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督がヨーロッパリーグ(EL)ベスト4入りに満足感を示すとともに、今後の戦いに意気込みを語った。 準々決勝でグラナダと激突したユナイテッド。敵地での1stレグを2-0の先勝で飾ると、15日に行われたホームでの2ndレグも2-0の勝利を収め、2戦合計スコア4-0でベスト4入りを決めた。 2年連続ベスト4進出のスールシャール監督は試合後、イギリス『BT Sport』で結果を喜び、18日に予定するプレミアリーグ第32節のバーンリーに向けても弾みがついたと述べた。 「グラナダはしっかりと戦ってきてくれ、フィジカルなゲームでも前に人をかけてくる。そのなかで、我々は2-0で勝ち、クリーンシートを達成した。個々のパフォーマンスも良かったね。これで日曜日のゲームに自信を持って挑める」 そんなユナイテッドは準決勝でローマとの対戦が決定。ラウンド16のミランに続くイタリア勢とのマッチアップとなるノルウェー人指揮官はローマとの決勝進出をかけた戦いを心待ちにしつつ、初のタイトル獲得に意欲を示した。 「彼らのことはあまり見ていない。アヤックスとの2試合でいずれも良い戦いをしたのは知っているがね。イタリアのチームは常にそうなのだが、守りが良い。我々が知っているエディン・ジェコもいて、彼をめがけてボックス内に入ってくるボールはすべて危険だ」 「楽しみだね。我々は準決勝に進出した。ローマは歴史のあるチームであり、これぞヨーロッパの戦いだという感じがするね。我々はイタリア勢を相手に良い結果を収めてきた。決勝に勝ち進みたい。トロフィーを手にして今季を終われたら、素晴らしいことだ」 2021.04.16 11:45 Fri
twitterfacebook
thumb

ELベスト4進出のローマ、フォンセカ監督は称賛 「誇りであり、満足すべき成果」

ローマのパウロ・フォンセカ監督がヨーロッパリーグ(EL)準決勝進出を決めたチームを称えている。クラブ公式サイトが伝えた。 ローマは15日に行われたEL準々決勝2ndレグでアヤックスとホームで対戦。敵地で行われた1stレグで2-1の勝利を収めての一戦で先制点を許す展開を強いられたが、後半に追いつき、そのまま1-1のドローで終えた。 2戦合計スコア3-2でベスト4進出を決めたフォンセカ監督は試合後のインタビューでこの日の勝利やイタリア勢で唯一欧州カップ戦を生き残っている現状を喜んだ。 「我々は良いプレーができており、とりわけディフェンス面で優れていた。アムステルダムでの1stレグはもっと苦労したからね。今日はアヤックスの攻撃を常に抑え込むことができていたと思う。もちろん、彼らは素晴らしいチームだった」 「イタリア勢唯一の生き残りとなったことはもちろん誇りだ。私はこれまでヨーロッパで準決勝に進出したことはなかった。誇りであり、満足すべき成果だと思う。そして、それはローマにとっても同じことが言えるだろう。今夜は皆で喜びたいね」 「先ほども言ったように、アヤックスは本当にいいチームだ。前線でのクオリティが高く、相手にするのは難しい。我々は1stレグでリードしたことを知っており、ある程度現実的なプレーを選択した。それを踏まえれば、今日はうまい試合運びができたと思う」 また、現在セリエAで7位に沈み、指揮官の地位が危うくなっているフォンセカ監督はこの試合が去就に影響するわけではないとコメント。一方で、クラブ会長との関係に問題はないとも強調している。 「来シーズンも監督を続けるかはわからない。ただ、私が次の試合も監督であることは確かだ。今は将来のことは重要ではない。何度も言っているが、重要なのはローマだ。それに自分の将来については少しも心配していない」 「会長とはこれまでと同じように親しいよ。会長は常にチームと密接な関係にある。彼はクラブにやって来た最初の日から、ずっとそうだった」 2021.04.16 11:07 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly